« ブラジル・サッカー:2008始動 その6 ロナウドは、ドュバイに到着。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その3。 »

quinta-feira, 3 de janeiro de 2008

ブラジル・サッカー:2008始動 その7 コリンチャンスのGKフェリッピの記者会見。

フェリッピFelipeは1月2日(水)に、コリンチャンスCorinthiansの技術担当役員のアントニオ・カルロス・ザーゴAntonio Carlos Zagoの悪口を確認した。

フェリッピの昇給のための交渉は全て当初はこの元DFのアントニオ・カルロス・ザーゴによって指揮されていた。
フェリッピの代理人が80%の昇給に合意しなかったあとに、アントニオ・カルロス・ザーゴはマスコミに金額を明かした。
フェリッピはこれを好まず、フルミネンセFluminenseとの交渉を始めた。

「アントニオ・カルロス・ザーゴの宣言は残念だった。 そのように金額を明かさない。 悪口だ。 しかしもう済んだ。 アントニオ・カルロス・ザーゴはサッカーで歴史を持っている。 自分は今始めたところで、尊敬しなければならない。 再集合の時に話をする」と、フェリッピFelipeは言った。

フェリッピは彼の代理人の会社で記者会見を行った。
コリンチャンスTimãoは、1月3日(木)16時に、パルケ・サン・ジョルジParque São Jorgeで仕事に戻る。

この水曜日に、アントニオ・カルロス・ザーゴはフェリッピFelipeとは不安はないと言って、再集合の時にフェリッピと細かいところを合意したがっている。

フェリッピFelipeを不愉快にした記者会見で、アントニオ・カルロス・ザーゴはまたフェリッピFelipeは3回降格(ヴィトリアVitória,で2回、コリンチャンスCorinthiansで1回)したと言い、それで大きな昇給に値しないと言っていた。

フェリッピFelipeは、全くコリンチャンスCorinthiansを出て行こうと考えたことはなかったが、フルミネンセのGKフェルナンド・エンリケFernando HenriqueとコリンチャンスTimãoが契約したというのを新聞で見て、2008年はサンパウロSão Pauloでプレイしないのかと想像したと言った。

フルミネンセは3百万レアル(=約19千万円)とフェルナンド・エンリケFernando Henriqueを提示していたが、アンドレス・サンシェスAndrés Sanches社長は交渉をしようともしなかった。
最終的に、フェリッピは167%の昇給で合意した。 2011年までの契約期間と12百万レアルの契約取り消し違約金は変わっていない。

「交渉にとても満足した。 ブラジル選手権が終わったときに社長と昇給の約束をしていた。 しかし、休みが終わるまで自分は静かにしていた。 マスコミデコの混乱を知って驚いた。 出るのか残るのか。 交渉を冷静に考えた」と、フェリッピは明言した。

フェリッピFelipeはサルヴァドールSalvador (BA)で休暇を過ごし、サンパウロSão Pauloにはこの水曜日に戻った。

-----------------------------
2007年まで選手だったアントニオ・カルロス・ザーゴは、
張り切りすぎたようだ。

|

« ブラジル・サッカー:2008始動 その6 ロナウドは、ドュバイに到着。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その3。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/17562100

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー:2008始動 その7 コリンチャンスのGKフェリッピの記者会見。:

« ブラジル・サッカー:2008始動 その6 ロナウドは、ドュバイに到着。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その3。 »