« ブラジル・サッカー:2008始動 その32 レアンドロがサンパウロFCにお別れ。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その16。 »

terça-feira, 15 de janeiro de 2008

ブラジル・サッカー:2008始動 その33 MFカルロス・アルベルトがサンパウロFCへ。

元フルミネンセFluminense・元コリンチャンスCorinthiansのMFカルロス・アルベルトCarlos Albertoは2008年の前半の新加入選手となる。
ドイツのヴェルデル・ブレーメンWerder Bremen (ALE)での問題で、カルロス・アルベルトは、可能性があるかどうかサンパウロFCにオファーされていた。

カルロス・アルベルトは、健康診断を受け、6ヵ月の契約に署名するために木曜日までにはサンパウロFCに到着する。

FWアドリアーノAdrianoと同じように、カルロス・アルベルトはリベルタドーレス杯アメリカ選手権Taça Libertadores da Américaの最後までサンパウロFCにいる。

オファーされたあと、カルロス・アルベルトCarlos Albertoはその考えが気に入ったムリシー・ラマーリョMuricy Ramalho監督に名前を挙げられていた。

6ヵ月に合意し、更に同じ期間更新することが出来る。
サンパウロFCには何のコストも発生しない。

「合意した。 しかしカルロス・アルベルトは健康診断をして、多少の詳細を決める必要がある」と、サンパウロFCの役員のマルコ・アウレリオ・クンニャMarco Aurélio Cunhaは確認した。

カルロス・アルベルトCarlos Albertoは、グレミオGrêmioにいたが、権利を持っているベンフィカBenfica (POR),により多くを払うとしたパルメイラスPalmeirasに結局行ったMFヂエゴ・ソウザDiego Souza,との契約失敗を越えるものになる。

23歳で、タイトル・コレクター(フルミネンセFluminenseでリオ・デ・ジャネイロ州選手権とブラジル杯Copa do Brasil、コリンチャンスCorinthiansでブラジル選手権、ポルトPortoでポルトガル選手権、チャンピオンリーグLiga dos Campeões、世界クラブ選手権Mundial de Clubes)であるが、また問題も多く起こしている

反抗的で、今サントスSantosにいるエーメルソン・レオンEmerson Leão監督との間の諍いでコリンチャンスをでた
サンパウロFCでは、役員がカルロス・アルベルトはちゃんとしていると言った。

「今は、もう既婚者だ。 妻は妊娠していて、彼は冷静だ。 問題があったが今は模範的若者のヂエゴ・タルデリDiego Tardelliと同じである」と、マルコ・アウレリオ・クンニャMarco Aurélio Cunhaは例えた。

-------------------------------
カルロス・アルベルトは問題児であったことは間違いない。

一度、ブラジル代表にもなっている

ドイツでうまくいかなかった理由は何だろう。

|

« ブラジル・サッカー:2008始動 その32 レアンドロがサンパウロFCにお別れ。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その16。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/17711596

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー:2008始動 その33 MFカルロス・アルベルトがサンパウロFCへ。:

« ブラジル・サッカー:2008始動 その32 レアンドロがサンパウロFCにお別れ。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その16。 »