« ブラジル・サッカー:2008始動 その27 コエーリョはどこにもいかない。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その107 拙宅に来る鳥77。 »

domingo, 13 de janeiro de 2008

ブラジル・サッカー:2008始動 その28 アドリアーノが初ゴール。

アドリアーノAdrianoが、サンパウロのファンに、今期の大きな期待を与えるのには、わずか1分で十分だった。

1月13日(日)の朝、バッハ・フンダBarra Funda,のトレーニングセンターで行われた、サンパウロFCのユニフォームを消えての最初の練習試合で、アドリアーノは、サンパウロ州選手権Campeonato Paulistaの第3部のサン・ベルナルドSão Bernardoに3対0で勝利した試合で最初のゴールを決めた。

ボルジェスBorgesとフェルナンドFernando(オウン・ゴール)もゴールした。

よく動いて、いつものように体力を示して、アドリアーノImperadorはゴールを決めるのが遅れることはなかった。
1分で、ジョルジ・ヴァグネルJorge Wagnerが左からクロスをあげて、アドリアーノはボンバを決めた。

ボールはゴールに入る前にポストに当たった。
45分プレイして、アドリアーノはもう一度ゴールの機会があった。
頭だったがゴールの上に行った。

昨年との関係では、ムリシー・ラマーリョMuricy Ramalho監督は左SBジュニオールJúniorを外して、リシャリソンRicharlysonを置いた。
ファビオ・サントスFábio Santosも、エルナネスHernanesの隣で、MFのポジションを得た。

サイドからのプレイが、この親善試合でのサンパウロFCの大きな問題であった。
リシャリソンRicharlysonも最近契約したジョイルソンJoílsonも、攻撃には少ししか出てこなかった。
MFジョルジ・ヴァグネルJorge Wagnerに負担をかけた。

「チームは気に入った。 普通の動きだ」とムリシー・ラマーリョMuricy Ramalho監督と言うにとどまった。

新人では、ファビオ・サントスFábio Santosがもっとも目立った。
攻撃に良いところを見せて、チームの攻撃のオプションの一つになった。

前半、サンパウロFCは次のフォーメンションでプレイし、1対0で折り返した。
Rogério Ceni,
André Dias, Juninho, Miranda;
Joílson, Hernanes, Fábio Santos, Jorge Wagner, Richarlyson;
Dagoberto, Adriano.

後半は、控えのチームになったが、3対0と差を広げた。
Bosco,
Aislan, Alex, Carlinhos;
Reasco, Zé Luís, Hugo, Souza, Júnior;
Diego Tardelli, Borges.

-------------------------------
アドリアーノが、いいところを見せているようだ。

復調すれば、格違いであることを見せてくれるだろう。

|

« ブラジル・サッカー:2008始動 その27 コエーリョはどこにもいかない。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その107 拙宅に来る鳥77。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/17687923

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー:2008始動 その28 アドリアーノが初ゴール。:

« ブラジル・サッカー:2008始動 その27 コエーリョはどこにもいかない。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その107 拙宅に来る鳥77。 »