« ブラジル・サンパウロのカルナヴァル2008 その14 Pérola Negra。 | Main | ブラジル・サッカー:2008始動 その40 エヂムンドとロマリオの出会い。 »

quinta-feira, 24 de janeiro de 2008

サッカー・サンパウロ州選手権2008 その8 サントスのロドリゴ・タバタは不愉快。

2008年のサンパウロ州選手権の最初の2試合で、サントスSantosはまだネットを揺らしていない。

初戦は、ポルツゲーザPortuguesa戦で2対0で敗れた
第2節は、先週日曜日に行われたパルメイラスPalmeiras戦で0対0であった。

彼の第一の使命はゴールを決めることではないにしろ、MFロドリゴ・タバタRodrigo Tabataはこのことを不愉快に感じている。

エーメルソン・レオンEmerson Leão監督のチームの10番のロドリゴ・タバタはしっかりカバーすると言った。
そして、彼の責任はFWにボールを届けることである。

「この2試合で、決定的なパスを全くすることが出来なかった。 このことが不愉快だ。 それは自分がFWがゴールするためにボールを出す使命を持っているからだ」と言った。

ロドリゴ・タバタは、しかし、彼の同僚に冷静でいるように言っている。
彼は、チームが機会を作り決めるために冷静でいればゴールは出て来ると言った。

「どんなにしてもゴールをしたいと望んでもだけだ。 より難しくなる。 我々は基礎を完全にするために毎日仕事をしている。 それはゴールは自然に出て来る。 ジュヴェントスJuventus戦でと期待している」と、ロドリゴ・タバタは、サンパウロ州選手権の第3節の試合として、24日(木)19時30分に行われる試合を引き合いに出して、明言した。

--------------------------------
この2試合での、ロドリゴ・タバタの働きについて、
翌日の新聞での評価は低かった。

ただ、サントスは、補強が絶対的に足りない。

エーメルソン・レオン監督は、
もう移籍は諦めている。
若手を抜擢するしかないと言っているが、
育成は間に合うだろうか。

育成には、
定評があるエーメルソン・レオン監督である。

この記事に付いていたロドリゴ・タバタの写真。
金髪の女性は、妻だと思われる
この妻は、あまりにゴージャスで、日本の生活には向いていないと思う。
だから、ロドリゴ・タバタの日本への移籍はない。
Spm20080123012001539ex00

|

« ブラジル・サンパウロのカルナヴァル2008 その14 Pérola Negra。 | Main | ブラジル・サッカー:2008始動 その40 エヂムンドとロマリオの出会い。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・サンパウロ州選手権2008 その8 サントスのロドリゴ・タバタは不愉快。:

« ブラジル・サンパウロのカルナヴァル2008 その14 Pérola Negra。 | Main | ブラジル・サッカー:2008始動 その40 エヂムンドとロマリオの出会い。 »