« ブラジル・サンパウロから2008年の新年のメッセージ。 | Main | ブラジル・サンパウロの年越し。 »

terça-feira, 1 de janeiro de 2008

ブラジルの建築家オスカー・ニエマイヤー その6 メモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナ 4。

12月15日に100歳を迎えたブラジルの建築家オスカー・ニエマイヤー

サンパウロにも、彼の作品が少なからずある。

サンパウロ市の西部バッハ・フンダ複合駅の横にあるのが、敷地面積約85千平米のメモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナMemorial da America Latinaである。
※※「地球の歩き方」には「ラテンアメリカ記念公園」として紹介されているが、公園ではない。
   
1989年に、オスカー・ニエマイヤーによる全体設計で建設された、複合文化施設である。
ラテンアメリカの文化芸術の発信センターという位置づけである。

建物は、オスカー・ニエマイヤーによる設計で、いかにも彼らしく曲線で形作られているが、どれもこれもいつも開館しているわけではなく、中に入りづらい。

ここにある施設は、次の通りである。

シモン・ボリヴァール公会堂
市民広場。
マルタ・ツゥラバ・ギャラリー。
ヴィクトール・シヴィッタ・ラテン・アメリカ図書館
ダルシー・リベイロ・クリアチヴィダーヂ・パビリオン。
チラデンテス行動サロン。

------------------------------
シモン・ボリヴァール公会堂は、夜になるとその美しい造形を一層引き立たせる。

照明の妙もある。

入り口。
Spd20071029cj

入り口の脇にあるこの像は、シモン・ボリヴァール。
Spd20071029cl

更に美しくなるのは、ロビーである。
上手く配置された照明が、曲面を光でそして影で彩なす。
Spd20071216cs

Spd20071029ci

Spd20071207male

2つある会場のうち、手前の会場には、スロープを登っていく。
そのスロープがターンするところに、黄金の鳥の像がある。
Spd20071212cz

その影が、天井にくっきりと映し出される。
Spd20071207malf

Spd20071216ct

奥の会場に行くには、
螺旋階段を上り、
手前の会場の脇の通路を通っていく。
Spd20071212cza

そこには、絵画が飾られている。
Spd20071212czb

Spd20071212czc

|

« ブラジル・サンパウロから2008年の新年のメッセージ。 | Main | ブラジル・サンパウロの年越し。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/17542361

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの建築家オスカー・ニエマイヤー その6 メモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナ 4。:

« ブラジル・サンパウロから2008年の新年のメッセージ。 | Main | ブラジル・サンパウロの年越し。 »