« ブラジル・サンパウロのコンサート2007 その19 Roland Chaparro & Renato Borghetti 2。  | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その15。 »

terça-feira, 15 de janeiro de 2008

ブラジル・サッカー:2008始動 その31 コエーリョは、セルチックの”あの色”のユニフォームを着なくてよかったと語った。

コエーリョCoelhoはコリンチャンスCorinthiansに戻ってきて、”あの色”のユニフォームを着る必要が無くなったことを祝った。
ほとんどセルチックCelticと交渉が固まっていて、コエーリョはコリンチャンスTimãoの最大のライバルのパルメイラスPalmeirasの色でプレイするところだった。

「自分はインターネットで見た、セルチックCelticは”あの色verde”ということ見た。 考えた。 難しい!!!!。 うまく行かなくて良かった。 これで、あの色のユニフォームを着る必要がない」と、コエーリョCoelhoは冗談を言った。

コリンチャンスCorinthiansはコエーリョCoelhoを2百万ユーロで売ることにセルチックCelticと合意した。
セルチックは最初は一括で支払うとしていた。
しかしそのあとでコエーリョに対してもコリンチャンスに対しても分割払いを希望した。
アンドレス・サンシェスAndrés Sanches社長はこれに合意しなかった。

「彼らはそのあとでレンタルを望んだ。 自分は電話して、そちらで問題があるかときいた。 信じられなくなった。 それでアンドレス・サンシェスAndrés Sanches社長が戻るように言った」と、新たな交渉は諦めて、2009年の半ばにコリンチャンスCorinthiansとの契約が終了するまではいるとコエーリョCoelhoが保証した。

コエーリョは、2005年にコリンチャンスCorinthiansでの良いデビューをしていた。
しかし、2006年のリベルタドーレスLibertadores杯のリーベル・プレーチRiver Plate戦で敗退してからは批判された
コエーリョCoelhoは外されて、2007年はアツレチコ・ミネイロAtlético-MGでプレイした。

「ここでのプレイには問題はない。 コリンチャンスが好きだ。 自分の給与が高いと言うが、そんなことはない。 生きるためだ」と、コエーリョCoelhoはコメントした。

-------------------------------
コリンチャンスの生え抜きの選手にとって、「あの色」を着るのはどうしようもない屈辱に違いない。

|

« ブラジル・サンパウロのコンサート2007 その19 Roland Chaparro & Renato Borghetti 2。  | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その15。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/17701594

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー:2008始動 その31 コエーリョは、セルチックの”あの色”のユニフォームを着なくてよかったと語った。:

« ブラジル・サンパウロのコンサート2007 その19 Roland Chaparro & Renato Borghetti 2。  | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その15。 »