« ブラジル・サッカー:2008始動 その12 サントスのロドリゴ・タバタは楽観視。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その7。 »

domingo, 6 de janeiro de 2008

ブラジル・サッカー:2008始動 その13 DFベットンが14年間過ごしたコリンチャンスを去った。

DFベットンBetãoは14年の後にコリンチャンスCorinthiansを去った。

ベットンは今週初めに新しい契約を結ぶのにコリンチャンスCorinthians を満足させる必要はなくなったと宣言していた。

ベットンとコリンチャンスTimãoの契約は12月31日で終了した。
ベットンは、1月4日(金)にコリンチャンスに置いていた私物をすべて回収した。

パルケ・サン・ジョルジを出て行くベットン選手を見た人は、服、サッカーシューズなどを大きなビニール袋に入れていたという。

「コリンチャンスCorinthiansに悪口はない。 コリンチャンスは自分の道につながっている」と、ベットン24歳は先週初めに言った。
ベットンBetãoは代理人のクラウヂオ・グァダニョCláudio Guadagnoからオファーについて聞いている。 彼はイスラエルIsraelのマカビー・ハイファMaccabi Haifaからのオファーについては拒絶した。 彼の将来はブラジルのサッカーに違いない。

コリンチャンスは4人のDFと今期に向けて契約した。
シコンChicão, クリスティアン・スアレスCristian Suárez, ウィリアンWilliam, ヴァレンサValença。
ヴァレンサの契約はリスキーで4ヵ月だけである。
恥骨の手術を最近したばかりだからである。

人数的にはちょうど良いと考えているマノ・メネゼスMano Menezes監督の5人目のDFはファビオ・フェヘイラFábio Ferreiraである。

------------------------------
ベットンBetãoはコリンチャンスCorinthiansが彼に背中を向けたわけではないと保証した。
彼もまたコリンチャンスTimãoに背中を向けたわけではない。

共通の合意で、コリンチャンスとベットンは12月31日に終了した契約を更新しないことに決定した。

ベットンは、コリンチャンスに私物を回収に行く前の日は心配だったと明らかにした。

「袋はいっぱいになった(笑いながら)。 14年だからね。 残らないことが最善だと決めた前の日はとても不安だった。
コリンチャンスCorinthiansは自分にオファーを出すまではした。しかし、他のところを求めるときが来たと思った。 コリンチャンスCorinthiansはそれに合意した」と、ベットンBetãoは言った。

誰かの悪口?そんなことは全くない。
ベットンBetãoは、午後いっぱいコリンチャンスの職員とお別れをしたといった。

「門番から社長まで言った。 悪口なんか割るわけもない。 コリンチャンスCorinthiansでは悲しいときよりも幸せなときがもっと多かった。 社長のアンドレス・サンシェスAndrés Sanchesはいつも自分に正しい。 ファンにも感謝したい。 降格したのは残念だ。 デモし方がない。 いつもコリンチャンスの優しさを思い出す」と、1993年にコリンチャンスCorinthiansのジュニアから始めたベットンBetãoは言った。

ベットンBetãoはコリンチャンスCorinthiansでは215試合で4ゴールを決めた。
そのうちの3ゴールは、降格した2007年に決めたものだ。

------------------------------
DFベットンBetãoの行き先はサントスSantosになるだろう。

ベットンはエーメルソン・レオンEmerson Leão監督に関心を持たれている。
ベットンがコリンチャンスとの契約の交渉を止めた理由であろう。

契約は12月31日に終了した。
両者の合意で、社長のアンドレス・サンシェスAndrés Sanchesは契約を更新しないことにした。

「知っている限り、サントスSantosからの打診があった。 しかし、何も固まってはいない」と、交渉を代理人のクラウヂオ・グァダニョCláudio Guadagnoに委ねているベットンBetãoは言った。

コリンチャンスCorinthiansはベットンBetãoに3年間の契約の更新を示した。

しかし、社長のアンドレス・サンシェスAndré Sanchesから今ベットンにとって最善なのはコリンチャンスCorinthiansを出ることだと聴いた。
社長の言葉によると、「この何年かとても打たれ役になった」。
ベットンBetãoも同意した。
アンドレ・サンシェスはベットンにどのクラブも受け入れないときはコリンチャンスCorinthiansは今年でも、また新しいところで適応しなかったら2009年でも門は開けると言った。

「ベットンBetãoは大文字の人間だ。 コリンチャンスはいつでも門を開けている人物である。 今は他のチームに行くのがたぶんいいと思う。 しかしそれがうまくいかなかったら戻る」とアンドレス・サンシェスは言った。

------------------------------
2007年のキャプテンのベットンの退団の物語である。

とても良い話である。

降格するようなチームはつまりゴールを入れられたチームということである。
DF陣は当然責められる。

ベットンはキャプテンとしてDFとして、
ずっとファンから非難されてきていた。

アンドレス・サンシェスの助言も正鵠を得ているのである。

|

« ブラジル・サッカー:2008始動 その12 サントスのロドリゴ・タバタは楽観視。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その7。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー:2008始動 その13 DFベットンが14年間過ごしたコリンチャンスを去った。:

« ブラジル・サッカー:2008始動 その12 サントスのロドリゴ・タバタは楽観視。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その7。 »