« ブラジル・サッカー:2008始動 その36 ファボンが回復治療を始めた。 | Main | ブラジル・サッカー:2008始動 その38 エヂムンド登場。 »

segunda-feira, 21 de janeiro de 2008

ブラジル・サッカー:2008始動 その37 アドリアーノが、将来はイタリアにあると語る。

インテル・ミランInter de MilãoからサンパウロFCに半年間レンタルされているFWアドリアーノAdrianoがイタリアのクラブに戻り舞台に復帰することが第1の目標だと明言した。

「サンパウロFCでの最初の日から、自分は自分の将来は元のようにインテル・ミランInter de Milãoにいることを希望していると言った。 悪い表現であるとは思うが、自分の最善を尽くし責任を果たし、頭を上げて戻ることを希望している。 その能力はあると知っている」と、サンパウロFCがリオ・プレットRio Pretoに勝つ前に、アドリアーノは言った。

そのキャリアにおいて、現在をどう定義付けるかと問われて、アドリアーノAdrianoは自然に答えた。
「自分は、やる気いっぱいで、ゼロからの再出発している選手として自分を定義している。 グラウンドの内外でより落ち着こうとする人のように、自分はプレイの時に集中させることが出来る。 ここブラジルではより静かな人である」と、分析した。

アドリアーノAdrianoは、また自分が生まれ育った国にいることについても語った。

「ここは、自分の家族に近い。 自分を好きな人たち、チームの同僚、監督、ファンの近くに戻れた。 ただ期待していることは間違ったことをしたといわないこと。 自分は、それが事実ではなくても、もう沢山のことをしたことを認めている」と、締めた。

--------------------------------
どうも、アドリアーノのインタビューは危うさを感じる。

繊細すぎるようだ。

正直なのだろうが。

|

« ブラジル・サッカー:2008始動 その36 ファボンが回復治療を始めた。 | Main | ブラジル・サッカー:2008始動 その38 エヂムンド登場。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/17782438

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー:2008始動 その37 アドリアーノが、将来はイタリアにあると語る。:

« ブラジル・サッカー:2008始動 その36 ファボンが回復治療を始めた。 | Main | ブラジル・サッカー:2008始動 その38 エヂムンド登場。 »