« ブラジル・サッカー:2008始動 その14 サントスのGKファビオ・コスタはエーメルソン・レオン監督との不仲を否定した。 | Main | ブラジル・サンパウロのコンサート2007 その13 Demônios Da Garoa 1。  »

segunda-feira, 7 de janeiro de 2008

ブラジル・サンパウロの「悲しきエア・ギター」。

ブラジル・サンパウロは、ナタウ(=クリスマス)も新年のお祝いも終わったのだが、人の動きや車の通りはまだ少ない。

1月いっぱいは、休暇シーズンなので、まだまだ休みを取っている人が多いからである。
学校のほうも、12月中旬から1月末もしくは2月初めまで、夏休みとなっている。

1月6日(日)の午後、
サンパウロ市の中心部からそれほど遠くないカンブシ地区を通りかかった。
独立記念碑へ向かって南に延びるドン・ペドロ1世大通り。

男の子の兄弟が2人いた。
道路の中央分離帯である。

まだ、5-6歳くらいだろうか。
手に棒を持っているのは、棒だ。
本来なら、信号で止まった車の前に立ち、この棒3本を使って、曲芸を見せる。
そして、ドライバーから幾ばくかのお金を貰うのだ。
Spd20080106a

でも、この子は棒を1本しか持っていない。
まだ、小さいから曲芸が出来ないのだ、

車の前に立って、
その棒をギターに見立てて、掻き鳴らした。
Spd20080106b

何も曲芸をみたからといって、ドライバーに支払う義務は全くない。
でも、貰えた。
何か感じたのだろう。
Spd20080106c

でも、いつも貰えるわけではない。
貰えないことがほとんどなのだ。

この子供たちのすぐ側に、大人がいた。
大人がこんなでは絶対にお金は貰えない。
小さな子供だからこそ、小さな子供だから、エア・ギターでお金が貰えるのである。

こういった子供たちにはもう見慣れているはずなのだが、
今日は、心がかなり痛んだ。

何もしてやることも出来ないし、
何をしたらいいのかもよく分からない。
あまりに、対象が多すぎるからだ。
「20080106a.MOV」をダウンロード

|

« ブラジル・サッカー:2008始動 その14 サントスのGKファビオ・コスタはエーメルソン・レオン監督との不仲を否定した。 | Main | ブラジル・サンパウロのコンサート2007 その13 Demônios Da Garoa 1。  »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/17608118

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「悲しきエア・ギター」。:

« ブラジル・サッカー:2008始動 その14 サントスのGKファビオ・コスタはエーメルソン・レオン監督との不仲を否定した。 | Main | ブラジル・サンパウロのコンサート2007 その13 Demônios Da Garoa 1。  »