« ブラジル・サンパウロの小鳥 その139 拙宅に来る鳥109。 | Main | サッカー:ロマリオの日々 その97 ロマリオが泣いた。 »

quinta-feira, 14 de fevereiro de 2008

ブラジル・サンパウロの公園 その92 Parque do Cordeiro。

ブラジル・サンパウロ市域内にある公園を紹介している

今迄に紹介してきた公園は、2006年にサンパウロ市の環境緑地局が発行した「緑の地図」に掲載されたものである。
すでに、市営公園と、州営の公園を紹介してきた。

緑の地図が発行されて約2年。
その後に開設された公園や、どういうわけが掲載されていなかった公園がある。
サンパウロ市の環境緑地局のサイトでも、まだ「緑の地図」の公園は改定されていない。

サンパウロ市の地図で、公園と思しき所をピックアップし、それらを実際に可能なかぎりくまなく回って、紹介を続けていくつもりである。

----------------------------
最初は、市営公園として、この2年間に開設された公園を紹介する。
2か所あるのだが、
2か所目はコルデイロ公園Parque do Cordeiroである。

広義の意味でのサント・アマロSanto Amaro地区のなかのシャカラ・モンチ・アレグレChácara Monte Alegreにあり、面積は11千平方メートルと、かなり小ぶりである。

2007年9月23日に開設されている。

住所: rua Breves, 969, Chácara Monte Alegre, Santo Amaro

Spd20080214pcdc
※クリックすると拡大する。

----------------------------
サンパウロ市の中心部セントロからは、南南西に直線で約12キロの距離にある。

セントロからのアプローチには、それほど選択肢はない。

コンゴニアス空港の前を通ってワシントン・ルイス大通りを南に下り、
ワシントン・ルイス陸橋を渡って、600メートルくらいの所を右折する。
シャヴェス通りに入る。
シャカラ・モンチ・アレグレという高級住宅街の中のそれほど広くないエスツアリオ通り、マルコンデシーア通りと進み、ギリェルメ・アスバール・ネット通りを左折し、道なりに行くと公園に到る。

帰路は、
公園の北側のプロフェッソール・ルーベンス・ゴメス・ヂ・ソウザ大通りをくだり、プロフェッソール・ヴォセンチ・ラオ大通りを右折する。
ワシントン・ルイス陸橋をいったん右に入り、すぐにセントロ方向に入る。
プロフェッソール・ヴィセンチ・ラオ大通りをわたり、陸橋沿いに進むと、ワシントン・ルイス大通りの北行きに入る。
Spd20080214pcdb
※クリックすると拡大する。

-------------------------------
施設としては、
小ステージteatro de arena, 複合コートquadra poliesportiva, ローラスケート場pista de cooper, サイクリング・ロードciclovia, ボッシャ場quadra de bocha, 水遊び場espelho d'água, 遊び場playgroundなどとなっている。

狭い割には盛りだくさんである。

-------------------------------
入口に掲示されている公園使用上の注意等の規則。
Spd20071225pct

正面入り口から、まっすぐに通路がある。
Spd20071225pcr

公園内の事務所棟に掲げられている公園の表示。
Spd20071225pcf

公園西側にある駐車スペース。
Spd20071225pca

一番高い所になる北西端からみた公園。
棚があるところが小ステージの観客席となっている。
Spd20071225pcb

小ステージ。
Spd20071225pcg

西側からみた公園内。
Spd20071225pcs

北側から見た公園内。
公園内の通路は非舗装である。
Spd20071225pch

東側にある1面しかない複合コート。
Spd20071225pci

その複合コートの南側にあるローラースケート設備。
Spd20071225pcj

ボリッシャ場。
Spd20071225pck

遊び場。
Spd20071225pcl

公園の周囲をめぐるサイクリングロード。
Spd20071225pco

公園内の南西端にある池。
この付近のコルデイロ川の水を浄化し、監視しているので、水質は良いという。
上流は、約三千人の住民がいるシャカラ・モンチ・アレグレとシャカラ・フローラの両地区。
特にシャカラ・フローラは広大なその地区の敷地全体が高い塀に囲まれていて、その中に森に囲まれた数千平米の家が点在している超高級住宅地区。
ここに、日本人・日系人がただ一家族住んでいる。
セントロから遠くなかったら、住みたかったところである。
Spd20071225pcm

Spd20071225pcn

北東端にある、サンパウロ市営公園に共通の公園表示。
Spd20071225pcp

公園の東側の大通りは、幹線道路で、騒音が激しい。
Spd20071225pcq

公園北側の住宅地。
Spd20071225pcc

公園南西端付近。
Spd20071225pcd

-------------------------------
2007年1月のまだ工事中であったころ。
工事の表示。
Spd20070111pcrc

南西端に工事用の入り口があった。
Spd20070111pcrb

公園の北西端。
Spd20070111pcra

-------------------------------
このコルデイロ公園の評価。

あまりに小さい。
さらに新しい公園なので、園内の樹木がまだ育っておらず、落ち着かない。
日陰もない。
芝生も根付いていない。

東側を通るプロフェッソール・ヴィセンチ・ラオ大通りは交通量が多いので、騒音がひどい。

とても落ち着ける公園ではない。
複合コートを使うことか目的であればともかくも、それ以外ではまだ未完成といってもよい。

そもそも、
周囲は超高級住宅地区シャカラ・フローラChácara Floraやジャルジン・ボア・ヴィスタ、シャカラ・モンチ・アレグレChácara Monte Alegreという一戸建て住宅専用地区で、このような公園が必要なのかどうかも疑問である。

そういった住宅地の住民は、まずこの公園には来ないと思われる。

いったいこの公園を利用しに来る人はどこからやっているのかと思う。
わざわざ来るまでやってこなくてはならない。

東に1-2キロ行くと、シダーヂ・アデマールという危険地区が広がっているが、そこには別のナブコ公園がある。

この公園でなければという点は全くない。

樹木が育てば、また雰囲気も変わるのだろうが、
いまのところは、訪れる価値は全くない。
Spd20080214pcda
※クリックすると拡大する。

|

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その139 拙宅に来る鳥109。 | Main | サッカー:ロマリオの日々 その97 ロマリオが泣いた。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/40119337

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの公園 その92 Parque do Cordeiro。:

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その139 拙宅に来る鳥109。 | Main | サッカー:ロマリオの日々 その97 ロマリオが泣いた。 »