« ブラジル・サンパウロの「春の海」 その44。 | Main | ブラジルのカルナヴァルの人々 その1 Ângela Bismarchi。 »

quarta-feira, 13 de fevereiro de 2008

サッカー・サンパウロ州選手権2008 その16 アドリアーノが告発された。

サンパウロFCの社長が恐れていたことが起きた。
スポーツ裁判所の検事アントニオ・カルロス・メクシアAntônio Carlos Mecciaがアドリアーノを肉体的喧嘩で告発した。 処罰は540日までの出場停止である。

この条項による、最低の処罰は120日間である。
アントニオ・カルロス・メクシアは審判の報告によって決定したもので、テレビの映像だけではないと言った。

2月10日(日)にサンパウロFCとサントスSantosの間で行われた“クラシコclássico”で、アドリアーノAdrianoはDFドミンゴスDomingosに頭突きをした。
このことが審判のアントニオ・ロドリゴ・バチスタ・ド・プラードAntônio Rogério Batista do Pradoの報告書に書かれた。

「彼は頭を出した。 それで253条で裁かれる。 大きな暴力で、見過ごせない。 彼が有罪になるのを期待している。 しかし彼の弁護士は、より処罰の少ない条項を適用しようとするだろう。 自分の見通しでは、アドリアーノは無罪にはならないだろう。 でも、それは自分が決めることではない」と、説明した。

審判は、2月18日(月)に行われる。

--------------------------------
頭突きというよりは、頭を相手にくっつけたというところだが、
頭を出したことには違いない。

120日間でも、アドリアーノの契約期間がほとんど終了してしまう。

|

« ブラジル・サンパウロの「春の海」 その44。 | Main | ブラジルのカルナヴァルの人々 その1 Ângela Bismarchi。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・サンパウロ州選手権2008 その16 アドリアーノが告発された。:

« ブラジル・サンパウロの「春の海」 その44。 | Main | ブラジルのカルナヴァルの人々 その1 Ângela Bismarchi。 »