« ブラジル・サンパウロの小鳥 その143 拙宅に来る鳥113。 | Main | ブラジル・サンパウロで死んだハイアン・グレーシーの死因。 »

segunda-feira, 18 de fevereiro de 2008

サッカー・サンパウロ州選手権2008 その18 アドリアーノは有罪。

FWアドリアーノAdrianoは、2月10日(日)にモルンビーMorumbi競技場で行われたサンパウロFC対サントスSantos戦で、相手のDFドミンゴスDomingos,に頭を出したことにより、2試合の出場停止という有罪になった。

この行為により、アドリアーノImperadorは最高540日間の出場停止になるかもしれなかった。
すでに2月17日(日)に対マリリアMarília戦の1試合が行われていることもあり、アドリアーノはこの水曜日に行われるパウリスタPaulista戦は出場停止であるが、24日(日)にモルンビーMorumbi.競技場で行われる対ノロエスチNoroeste,戦には戻ってくる。

弁護の中で、サンパウロFCの弁護士はテレビの映像を使った。
もっとも興味深かったのは、アドリアーノAdrianoがドミンゴスDomingosに頭突きをしたところと、ジダンZidaneがマテラツィMaterazziに頭突きをしたところを、テレビの画面で分割して見せたところであった。
そのあとで、アドリアーノAdrianoの弁護士は「本当に頭突きだろうか」と尋ねた。

そのほかに、このことについてドミンゴスDomingos自身が語っているところも使われた。 ドミンゴスはアドリアーノは処分を受けるようなことはないと言っていた。 ドミンゴスをけがさせるような気はなく、1試合の出場停止で十分と言っていた。 
それで、アドリアーノの弁護士は、アドリアーノに適用される条項を「身体的な喧嘩」から、より処分の少ない「脅し」にすることができた。
 
最初の条項を適用するほうに投票した人は、5人のうち誰もいなかった。
最終的に、決定は2試合の出場停止となった。

----------------------------
ものすごく軽い処分で終わった。

ちょうど良い休暇になったはずだ。

|

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その143 拙宅に来る鳥113。 | Main | ブラジル・サンパウロで死んだハイアン・グレーシーの死因。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/40178600

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・サンパウロ州選手権2008 その18 アドリアーノは有罪。:

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その143 拙宅に来る鳥113。 | Main | ブラジル・サンパウロで死んだハイアン・グレーシーの死因。 »