« ブラジル・サンパウロの「春の海」 その58。 | Main | ブラジル・サンパウロの「韓国人だけが捕まった」摘発。 »

sexta-feira, 29 de fevereiro de 2008

ブラジル・サンパウロの公園 その97 Parque Jacintho Alberto。

ブラジル・サンパウロ市域内にある公園を紹介している

今迄に紹介してきた公園は、2006年にサンパウロ市の環境緑地局が発行した「緑の地図」に掲載されたものである。
すでに、市営公園と、州営の公園を紹介してきた。

緑の地図が発行されて約2年。
その後に開設された公園や、どういうわけが掲載されていなかった公園がある。
サンパウロ市の環境緑地局のサイトでも、まだ「緑の地図」の公園は改定されていない。

だが、
サンパウロ市が、1月26日に「100公園計画」を発表したことによって、さらに多くの公園を紹介しなくてはならなくなった。

まだ、その半分もないのに、2008年末までに64か所にそして近年中に100か所にするというのだから、極めて大胆な計画である。

※※サンパウロ市の公園の数については、
   実は非常に不明確である。
   「緑の地図」では32か所が市営として掲載されているのだが。

「緑の地図」刊行以降に開園した公園や、開設予定の公園や、その他公園と思しき所を紹介し続けることにする。

------------------------------
今回紹介する公園は、ジャシント・アルベルト公園Parque Jacintho Albertoである。

このジャシント・アルベルト公園Parque Jacintho Albertoは、2008年1月26日(土)に開園したばかりの新しい公園である。

住所: rua Talófitos, 216, Jardim Cidade Pirituba (Zona Norte)

面積: 40.910 m²

設備: 遊歩道pista de cooper スケート場skate,  複合コートquadras poliesportiva,
     ボシャ場bocha、 テニスコートtênis

開園時間: 6時-18時

※クリックすると拡大する。
Sps20080226pjac

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロからは、北西に直線で約9キロの距離にある。

セントロからのアプローチには、いくつかの方法が考えられるが、マルジナル・チエテを使うのが、休日には時間的に早いだろう。

ジェネラル・エドガル・ファッソ大通りに入り、さらにマヌエル・バルボーザ通り、カボ・アドン・ペレイラ大通り、そしてロドリゴ・デ・ガスペル公園ノ南側のマヌエル・ヂ・カストロ大通りさらにライムンド・ペレイラ・ヂ・マガリャンエス大通りに入る。

ライムンド・ペレイラ・ヂ・マガリャンエス大通りは、北西部のペレウス地区に向かう重要な幹線道路である。

ライムンド・ペレイラ・ヂ・マガリャンエス大通りに入って、道なりに進み、左側にシェルのガソリンポルトがあるところを入る。
Sps20080226pjat

そこが、タロフィトス通りで、すぐにジャシント・アルベルト公園の入り口がある。
Sps20080226pjae

※クリックすると拡大する。
Sps20080226pjaa

駐車場はないが、路上駐車は可能である。

できるだけ、入り口に近い所にとめることをお勧めする。

※近郊電車のピリツーバ駅から公園の南端までは約1.2キロ。
 鉄道を使うことを全く厭わない人や、乗客に溶け込める人は
 考慮に入れてもよい。
 ただし、鉄道駅構内、車両内および駅から公園までの道で何が起きても、
 当方は一切関知しない。

------------------------------
ジャシント・アルベルト公園に、実際に行ってみた。

この公園は細長い形をしていて、北側が高く、南側が低い。
管理事務所、テニスコートがあるところは平らであるが、その先は急に下っている。
その先には、ほとんど平らなところはない。

南端部は細く、ただ緑地となっているだけである。

通常使用されている入口は2か所である。
確実に警備員がいる、北側の入り口を使用したい。

テニスコートとボシャ場。
Sps20080226pjaf

テニスコートの端から、南側をみた。
傾斜はかなりきつい。
※クリックすると拡大する。
Sps20080226pjad

公園内のテーブルは、チェスができるように市松模様になっている。
Sps20080226pjag

公園南部のわずかな広場。
砂場と東屋がある。
Sps20080226pjah

砂場。
Sps20080226pjaj

男一人に、女4人というハーレム状態。
うらやましかった。
Sps20080226pjai

公園内の通路。
南から北を見た。
Sps20080226pjak

公園の工事の表示板がまだ南側の入り口付近に残っている。
Sps20080226pjal

公園最南部の西側。
Sps20080226pjam

公園最南端部の住所表示。
ジャシント・アルベルト広場という。
Sps20080226pjan

公園最南部の東側。
人通りはほとんどない。
Sps20080226pjao

スケート場の端から南側。
Sps20080226pjap

スケート場。
早くも落書きでいっぱいである。
Sps20080226pjaq

スケート場。
Sps20080226pjar

公園の管理事務所にある表示。
ここでは、日付が2004年12月30日となっている。
今回の開園は、再開園ということのようだ。
Sps20080226pjas

------------------------------
この公園の周辺には、規模はどれもそれほど大きくはないが市営の公園が既に4か所も存在していたところである。

しかし、それぞれの公園のある地区は、高速道路や鉄道で分断されており、どの公園も歩いていくことは容易ではなかった。
しかし、このジャシント・アルベルト公園とロドリゴ・ヂ・ガスペル公園は最も近いところでは500-600メートルしかない。

このジャシント・アルベルト公園がある地区は、ライムンド・ペレイラ・ヂ・マガリャンエス大通りと鉄道に挟まれた地区である。
北側には、個人の所有であるが、まだ広大な未開発地がある。
一部は、富裕層のクラブとなっている。

ライムンド・ペレイラ・ヂ・マガリャンエス大通りを尾根として、鉄道が谷になっている。

この地区は、近年開発された地区のようで、まだ空地もあるし、家も割と新しい。
家は中流の中もしくは下程度といったところである
この地区には、ファヴェーラはない。

しかし、ライムンド・ペレイラ・ヂ・マガリャンエス大通りの東側には、ファヴェーラもあるし、下層の住宅地が広がっている

ただし、ファヴェーラの住民が、大挙してこの公園にやってきているようではなかった。

鉄道の南側の地区の住民の利用は、相互の地区を結ぶアクセス手段がないのでまず考えられない。

この公園を利用するであろう地区の人口は、とても少ないといえる。

まだ、この公園が真新しいこともあって、利用者は多くない。
さらに、この公園にはサッカーグラウンドではなく、テニスコ-トがメインということなので、サッカーをする人はロドリゴ・ヂ・ガスペル公園に向かっているようだ。

もちろん、日本人の姿はないし日系人も居そうにない地区である。
※クリックすると拡大する。
Sps20080226pjab

----------------------------
この公園の評価は、「行く必要は全くない」といったところである。

サンパウロ市の中心部からはるかに遠く、さらに規模は小さく、この公園でなければならないという特色もない。

|

« ブラジル・サンパウロの「春の海」 その58。 | Main | ブラジル・サンパウロの「韓国人だけが捕まった」摘発。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/40310181

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの公園 その97 Parque Jacintho Alberto。:

« ブラジル・サンパウロの「春の海」 その58。 | Main | ブラジル・サンパウロの「韓国人だけが捕まった」摘発。 »