« ブラジル・サンパウロの「春の海」 その42。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その136 拙宅に来る鳥106。 »

segunda-feira, 11 de fevereiro de 2008

サッカー・サンパウロ州選手権2008 その14 アドリアーノがもうサンパウロ州選手権には出場できなくなる。

サンパウロFCは、サンパウロ州選手権の試合で、アドリアーノAdrianoをもう使うことができない恐れがある。

アドリアーノは、2月10日(日)に行われた3対2で勝った”クラシコ”の対サントスSantos戦でドミンゴスDomingosに対して頭突きをしたことにより最高540日間の処分を受けるかもしれない。

アントニオ・ロジェリオ・バチスタ・ド・プラーAntônio Rogério Batista do Pradoド主審はアドリアーノの頭突きについて報告をしている。
これにより、アドリアーノはスポーツ裁判所TJD (Tribunal de Justiça Desportiva)によって告発される。

「主審、副審もしくはその他のあらゆるスポーツイベントへの参加者に対する肉体的な暴行」というブラジル・スポーツ裁判法Código Brasileiro de Justiça Desportivaの253条違反である。
もし有罪になると、処罰は120日から540日とみられる。
しかし、出場停止はリベルタドーレス杯Libertadoresには適用されず、それでアドリアーノはサンパウロ州選手権だけ出場できない。

スポーツ裁判所TJDは、告発リストは公式にはこの水曜日に公表すると、発表した。
審理は、次の月曜日になる。
アドリアーノAdrianoは、退場処分を受けたことで、今度の日曜日の対マリリアMaríliaの試合は、自動的に出場停止となっている。

------------------------------
後半47分に起きた。
Spd20080210fg

その前後半45分には、ロドリゴ・タバタも、審判に悪態をついて退場となっている。
Spd20080210fe

|

« ブラジル・サンパウロの「春の海」 その42。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その136 拙宅に来る鳥106。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・サンパウロ州選手権2008 その14 アドリアーノがもうサンパウロ州選手権には出場できなくなる。:

« ブラジル・サンパウロの「春の海」 その42。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その136 拙宅に来る鳥106。 »