« ブラジル・サッカー:2008始動 その50 ヴァグネル・マンシーニがグレミオの監督を解任された。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その140 拙宅に来る鳥110。 »

sexta-feira, 15 de fevereiro de 2008

サッカー:ロマリオの日々 その99 誇りを救うことができた。

スポーツ最高裁判所STJDの所長ルーベンス・アプロバットRubens Approbatoから投票の結果を聞き、満場一致で無罪となったことを確認した、ロマリオBaixinhoはこの木曜日ドーピングの審理の間、涙を止めることができなかった。

そのあとで、彼に有利な投票をした裁判所の7人の法務官の一人一人に感謝をした後で、ロマリオはこんなに感情をあらわにした理由について説明した。

「神様のおかげで、ほっとした。 ここで自分をきれいにできた。 自分の誇りを救うことができた。 裁判所は良識があった。 勝利して、幸せだ。 清廉な人間でいつづける」

ロマリオRomárioは、審理の間ほとんどずっと泣いていた
ロマリオは、最大の勝利はまたプレイするために自由になったことではないと言った。
社会に対して模範となっていることに戻れたことである。

「使っていた薬については、何年もみんな知っていることであった。 自分を尊敬している人たちがいることを知っているので、清廉でいる。 いつも清廉で、この3ヶ月間自分の人生でこのような道にいなくてはならなかった。 いま自分は無罪ということができる。 軽くなった。 より若くなったように思う。 人生は続く。 正義がなされた」

------------------------------
ロマリオは、過去にもいろいろな物議を醸してきたはずだが、
決して道を踏み外していないと思っていたようだ。

そうでなければ、
こういう発言にはならない。

|

« ブラジル・サッカー:2008始動 その50 ヴァグネル・マンシーニがグレミオの監督を解任された。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その140 拙宅に来る鳥110。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/40131476

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ロマリオの日々 その99 誇りを救うことができた。:

« ブラジル・サッカー:2008始動 その50 ヴァグネル・マンシーニがグレミオの監督を解任された。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その140 拙宅に来る鳥110。 »