« ブラジル・サンパウロの「春の海」 その37。 | Main | サッカー・ブラジル代表 親善試合 アイルランド戦 その6 試合。 »

quarta-feira, 6 de fevereiro de 2008

ブラジル・サンパウロのカルナヴァル2008 その22 日本移民100周年がテーマ。

2月1日(金)と2日(土)にサンボードゥローモで行われたサンパウロのカルナヴァル(=カーニバル)のデスフィーリ(=パレード)

その第1日目の3番目に登場したのが「日本移民100周年」をテーマにしたヴィラ・マリアだった。

どんなものになるかと思っていたのだが、意外によかった。
真面目にそして友好的にできていた。

ものすごく首をかしげるようなこともなかった。

※※テレビ中継の全編は録画済みである。

「日本移民100周年のシンボルマーク」のついた旗をもってあらわれたポルタ・バンデイラとメストレ・サーラ。
Spd20080201cvma

こういうきれいな着物を着た人は、みんなゲイシャと呼ばれる。
というか「ゲイシャ」は、かなり連呼されていた。
これにはちょっと引っかかった。
※※花魁とでもいったほうがいいとおもうが。
Spd20080201cvme

Spd20080201cvmzt

アーラ・バイアーナ。
女性だけのアーラ(=連)で、通常はやや太り気味のバイア女性が多い。
ふっくらしたスカートで、くるくると回りながら進む。
Spd20080201cvmd

これも「ゲイシャGueixa」というのだが。
Spd20080201cvmm

顔が白塗りなので、ちょっと不気味。
Spd20080201cvmu

アレゴリア(=山車)のひとつ。
Spd20080201cvmf

アーラの一つ。
Spd20080201cvmg

でも漢字がどれも裏向きなのが惜しい。
Spd20080201cvmh

またもや、メストレ・サーラとポルタ・バンデイラ。
Spd20080201cvmi

「富士山」のアーラ。
頭の部分が、雪をかぶった富士山。
Spd20080201cvmk

Spd20080201cvmj

一応こういう女性もいた。
Spd20080201cvml

Spd20080201cvmn

バンダ隊は、上から見ると日本国旗になっているという芸の細かさ。
Spd20080201cvmo

これたぶん「忍者」というアーラ。
Spd20080201cvmp

「サムライ」だったはずだ。
Spd20080201cvmq

「カブキ」というアーラ。
手にした棒の先には生首があるんだけど。
Spd20080201cvmt

Spd20080201cvms

アレゴリアのひとつ。
鶴の後ろは、最初の移民船の笠戸丸。
Spd20080201cvmv

Spd20080201cvmzd

Spd20080201cvmx

「友好条約」というアーラ。
Spd20080201cvmy

Spd20080201cvmz

「移民」というアーラ。
Spd20080201cvmza

Yuka-chanである。
Spd20080201cvmzb

「約束の土地」というアーラ。
Spd20080201cvmzc

「統合された移民」というアレゴリア。
Spd20080201cvmze

「外交関係」というアーラ。
Spd20080201cvmzf

メストレ・サーラとポルタ・バンデイラ。
Spd20080201cvmzg

七福神の乗ったアレゴリア。
Spd20080201cvmzh

「綿」というアーラ。
サンパウロ州の奥地には、綿の産地がある。
このあたりは、農業への貢献を示している。
Spd20080201cvmzi

「空手」というアーラ。
「柔術」はなかった。
Spd20080201cvmzj

「出稼ぎ」のアーラ。
アタッシュケースが何とも悲しい。
Spd20080201cvmzk

「茶セレモニー」のアーラ。
Spd20080201cvmzl

「農業のマジック」というアレゴリア。
農業と食品についての貢献。
Spd20080201cvmzm

きれいなお姉さんが胸のところにいる。
Spd20080201cvmzq

寿司を握っているつもり。
Spd20080201cvmzn

太鼓。
Spd20080201cvmzo

日本移民がいなければ、野菜や果物は本当にお粗末なままだったはずだ。
Spd20080201cvmzp

メストレ・サーラとポルタ・バンデイラ。
Spd20080201cvmzr

Spd20080201cvmzu

「招き猫」というアーラ。
Spd20080201cvmzs

「漫画・アニメ」のアーラ。
Spd20080201cvmzv

バンダ隊の太鼓にも鳥居が。
Spd20080201cvmzw

「広島と長崎」というアーラ。
Spd20080201cvmzx

「最新技術」というアレゴリア。
Spd20080201cvmzy

一番上にはきれいなお姉さん。
Spd20080201cvmzz

おとしよりだけのアーラである、「ヴェーリャ・グァルダ」。
Spd20080201cvmzza

「会長の友達」というアーラ。
関係者と言ったほうがよい。
しんがりだ。
Spd20080201cvmzzb

バンダ隊の「日の丸」はよく目立つ。
Spd20080201cvmzzc

※※ニュース映像から。
「20080202JNsp-Carnaval-VilaMaria.wmv」をダウンロード


リオ・デ・ジャネイロでのデスフィーリでも、「日本移民100周年」をテーマにしたエスコーラ・ヂ・サンバがあった。
これについても追って紹介する。

|

« ブラジル・サンパウロの「春の海」 その37。 | Main | サッカー・ブラジル代表 親善試合 アイルランド戦 その6 試合。 »

Comments

Sao Pauloさん、早速くわしい写真入りでVila Mariaを紹介下さってありがとうございます!今年初めてこのエスコーラで参加しましたが、練習から本番までずっとVila Maria一色で過ごしたものですから、にわか隊員ではありますが、すごく愛着が沸いています。だからとてもうれしいです、このように書いていただけると!!
アーラで踊る私たちには、パレードの全容がわからないので、こちらの写真でずいぶんイメージが湧きました。思ったより良かったみたいで安心です。金曜日のチャンピオンズパレードも頑張ります!
(Sao Pauloさんも参加されれば良かったのに~最高でしたよ!)

Posted by: Caolin | quarta-feira, 6 de fevereiro de 2008 at 15:29

>Caolin様
2007年9月頃に、ヴィラ・マリアの偉いさんとお話をしたことはあったし、また12月・1月と機会をいただいたのですが、今年はこちらの諸々の事情があって、参加はしないということにしました。
リオの「日本移民100周年」のほうは、カルナバレスコが中国に憧憬があった人で、日本と中国を混同した部分が多かったですが、サンパウロはそういうことはなかったですね。
日本とカルナヴァルがどういう具合に表現されるのかと思っていましたが、意外な程マッチしていましたね。
うまくやってくれたと思っています。

Posted by: Sao_paulo | sexta-feira, 8 de fevereiro de 2008 at 01:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/40013646

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのカルナヴァル2008 その22 日本移民100周年がテーマ。:

« ブラジル・サンパウロの「春の海」 その37。 | Main | サッカー・ブラジル代表 親善試合 アイルランド戦 その6 試合。 »