« ブラジル・サンパウロの「春の海」 その43。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その137 拙宅に来る鳥107。 »

terça-feira, 12 de fevereiro de 2008

ブラジル・サンパウロは「夏」2007-2008 その6 暑くなったり、そうでもなかったり。

ブラジル・サンパウロは、まだ「夏」だ。
3月20日ころまでは「夏」だ。

カルナヴァルが終って、もうすぐ一週間で、
一応公立学校なども長い夏休みが終わり、それとともに大人のほうも休暇シーズンはほぼ終わりである。
これから、12月のナタル(=クリスマス)までは、長期に休みにはならない。

でも、行事だけは次々とおとづれる。
カルナヴァルが終わると、早速スーパーでは
パスコア(=イースター)の卵型チョコレートの棚が設置されて、卵が吊るされた。
Spd20080206a

まだ、先のことと思っていると、売れ筋は売り切れてしまう。
売れ筋とは、キャラクターものである。
中身は毎年同じだろうけど、子どもにとってはすぐに捨ててしまう外装が大事なのだ。

この卵は、チョコレートなので、安くはない。
大人なので、これだけの甘いものを、とても食べ切れない。
季節ものとして、1個くらい買っても、それすらも食べきれない。
食べる人は、何個でもというのだが。

サンパウロ州を含むブラジル南部は今夏時間を採用している。
だから、日本との時差は11時間である。
この夏時間も、来週末で終わりである。
土曜日の24時に、23時に戻すことになる。
そうすると時差は12時間だ。

「夏」は確実に終りに近づいている。

「夏」に暑い日があるだけではなく、寒い日があるサンパウロ。
ほかの季節も、同様だ。

|

« ブラジル・サンパウロの「春の海」 その43。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その137 拙宅に来る鳥107。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/40096654

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロは「夏」2007-2008 その6 暑くなったり、そうでもなかったり。:

« ブラジル・サンパウロの「春の海」 その43。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その137 拙宅に来る鳥107。 »