« ブラジル・サンパウロの小鳥 その133 拙宅に来る鳥103。 | Main | サッカー:ロマリオの日々 その92 ロマリオの母は語る。 »

sexta-feira, 8 de fevereiro de 2008

サッカー・ブラジル代表 親善試合 アイルランド戦 その7 ドゥンガ代表監督は語る。

2月6日(水)にダブリンDublinで、アイルランドIrlanda代表に1対0で勝った後、ブラジル代表のドゥンガDunga代表監督は、北京おりんピックで戦う年齢の選手たちをテストするための試合と最後まで期待されていた理由について説明した。

「その若者たちはここで試合を見るためと世界的なおもなリーグでの選手たちとの試合形式の練習を試合として戦うために来た。 彼らは成長している。 キャリアの中では、年齢は重要だ。 急ぐことはない」と、ドゥンガは明言した。


ドゥンガDunga代表監督によると、試合結果は若い選手たちを手とするよりもっと重要である。

「ブラジル代表では結果がとても重要であることを無視できない。 変更は小さくしなければならない」と、ドゥンガ代表監督は締めた。

3月26日に、ロンドンLondresで行われる、次の親善試合であるスウェーデンSuécia戦でも同様な計画であることを認めた。

-------------------------------
2008年のブラジル代表の重要な目標について、ドゥンガDunga代表監督によると主代表のオプションの選手を観察することが重要であると言った。

「重要な試合だった。 アレックスAlexとルイゾンLuisãoはまだ一緒にプレイしたことがなかった。 ジエゴDiegoが先発でプレイしたことがなかった。 ジュリオ・バチスタJúlio Baptistaが異なった機能を果たした。 両翼をテストした。 重要な観察をした」

最後に、ドゥンガ代表監督は活動に満足したと言った。

「チームはよくプレイした。 特に誰がということなく、すべてがよかった」

-------------------------------
オリンピック年齢の選手を11人も呼んでおいて使わなかったので、ドゥンガ代表監督にその点について質問が集中した。

|

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その133 拙宅に来る鳥103。 | Main | サッカー:ロマリオの日々 その92 ロマリオの母は語る。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 親善試合 アイルランド戦 その7 ドゥンガ代表監督は語る。:

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その133 拙宅に来る鳥103。 | Main | サッカー:ロマリオの日々 その92 ロマリオの母は語る。 »