« サッカー:ロマリオの日々 その97 ロマリオが泣いた。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その46。 »

sexta-feira, 15 de fevereiro de 2008

サッカー:ロマリオの日々 その98 満場一致で無罪。

ヴァスコ・ダ・ガマのエウリコ・ミランダEurico Miranda社長が見ているところで、ロマリオRomárioは2月14日(木)にドーピングの処分から満場一致で無罪になった。

ロマリオの控訴は、スポーツ最高裁判所Superior Tribunal de Justiça Desportiva (STJD)の法廷で2時間15分審理された。
この決定により、ロマリオBaixinhoはプレイに戻るのが自由になった。

ロマリオRomárioは脱毛を防ぐためにフィナステリーダfinasteridaを使ったことにより120日間の出場停止となっていた。
この処罰は、2007年12月5日に始まっていた。

ロマリオは、審理に出席するために13時に到着し、2列目に座った。
ヴァスコ・ダ・ガマがロマリオの弁護を諦めたために、ロマリオはマリオ・プシェウMário Pucheu弁護士とこの件のために契約した。

しかし、ヴァスコ・ダ・ガマの主な役員は審理に出席した。
社長のエウリコ・ミランダのほかに、サッカー担当スーパーバイザーのパウロ・アンジオーニPaulo Angioni、副社長のジョセ・ルイズ・モレイラJosé Luiz Moreiraが、審理でロマリオRomárioを応援するために裁判所に現れた。

審理は、14時を少し過ぎたころに始まった。
ロマリオは尋問のために呼ばれて、この状況にとても神経質になっていると言った。
このようになったのはキャリアの中で初めてであると言った。

スポーツ最高裁判所の検事のパウロ・シュミットは、フィナステリーダは禁止された物質であるといい、ほかの物質を隠すものであると言った。
検事局は彼らの意見を述べて、120日間の処罰を保持するように要求した。


投票結果

法務官                              投票
Caio César Vieira Rocha                   Absolvido(無罪)
José Mauro Couto de Assis                 Absolvido
Paulo Valed Perry                       Absolvido
Francisco Antunes Maciel                  Absolvido
Eduardo Machado Costa                    Absolvido
Marcílio Krieger                         Absolvido
Rubens Approbato Machado (presidente do STJD)    Absolvido


行き先は不明:
ロマリオRomárioはヴァスコ・ダ・ガマで3月30日まで契約がある。
しかしエウリコ・ミランダ社長と意見の相違があって、先週クラブを離れた。
ロマリオBaixinhoはフラメンゴFlamengoから誘いを受けているが、まだ行き先は決定していない。

------------------------------
泣き落としがきいたわけである。
「20080214JG-Romario.wmv」をダウンロード

一応、約70日間は出場停止であった。
そのうち35日間は、シーズンオフであった。

|

« サッカー:ロマリオの日々 その97 ロマリオが泣いた。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その46。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/40129938

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ロマリオの日々 その98 満場一致で無罪。:

« サッカー:ロマリオの日々 その97 ロマリオが泣いた。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その46。 »