« ブラジル・サンパウロの「衝突事故」。 | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その119 「犬」ファッションショー。 »

segunda-feira, 24 de março de 2008

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その2 João Bosco 1。 

3月18日(火)は、メモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナの開設19周年の日であった。
Sps20080315mala

メモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナでは、昼から記念行事が行われた。
夕刻には、サンパウロ州知事のジョゼ・セッハとサンパウロ市長のジルベルト・カサビも参加して、今後のプロジェクトを披露している。
ちなみに、このメモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナは、サンパウロ州の施設である。

そして、一連の行事の終りに、21時からはシモン・ボリバール公会堂で、ジョアン・ボスコJoão Boscoのコンサートがあった。

ジョアン・ボスコは、ボサノバが終わった後から1970-80年代によく活動をしていた歌手で、今もかなり現役ある。

その前日の17日(月)14時に、メモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナで、入場券が無料で配布された。

もともとの発表では、12日(水)からの配布と発表がなっていて、おかしいと思っていながら、一応行ってみたのだが、案の定その日は配布していないかった。
張り紙が一枚あっただけ、ブラジルにしてはましだ。

17日(月)は一日雨の日だったのだが、ジョアン・ボスコということで、いつもより早く13時すぎには列に並んだ。
前には、20人ほどがもういた。

14時の配布開始には、60人ほどの列になっていた。
雨が降ったせいで出足が遅れたのだろう。
一人2枚という中での配布だった。
もっとほしい人は並びなおすだけである。

20時半頃に、シモン・ボリバール公会堂に行った。
その前に行われた行事のあとで、まだその参加者が多く残っていて、いつもとは雰囲気が違った。
Sps20080318malf

Sps20080318malg

Sps20080318malh

Sps20080318mali

会場はもちろん満員になり、予備の席まで設けてあった。

演奏者は、ジョアン・ボスコただ一人。
ステージの中央に椅子とギターが置いてあった。
Sps20080318malb

開演になり、
舞台の袖からあらわれ、
そして、椅子に座り、
しばらく調弦した後に、
歌い始めた。
「sps20080318MAL-JoaoBosco1.WAV」をダウンロード

|

« ブラジル・サンパウロの「衝突事故」。 | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その119 「犬」ファッションショー。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/40633243

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その2 João Bosco 1。 :

« ブラジル・サンパウロの「衝突事故」。 | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その119 「犬」ファッションショー。 »