« ブラジル・サンパウロのパカエンブー競技場の改装工事 その1 工事進行中。 | Main | サッカー・サンパウロ州選手権2008 その23 第13節終了。 »

domingo, 9 de março de 2008

ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その111 【蔵出し】男性のチャレンジ例。

ブラジルで大人気の日系人タレントのサブリナ・サトウSabrina Sato
Spd20071024sd

サブリナ・サトウは、rede TV!局が毎週日曜日20時頃から約2時間放送している、ブラジルで最も下品な馬鹿番組panico na TVにレギュラー出演している。
Spd20071117se

この番組の企画で、今まで考えられないくらい数々ハードな(そして時には馬鹿馬鹿しい)チャレンジをさせられてきたサブリナ・サトウである。

------------------------------
いつも、サブリナ・サトウが単独で、若しくは女性陣だけが、何かにチャレンジしてきているこのpanico na TVであるが、ごく稀に男性出演者がチャレンジをしたことがある。

------------------------------
rede TV!のスタジオ搬入口の前にフェラーリが止めてあった。
Spd20071024sn

サブリナ・サトウではなく、その隣に座っているボノという男性がチャレンジする。
Spd20071024sm

いつものように番組に終了前に、スタジオを出て
rede TV!前の公道にむかう。
公道を占有してしまうのだ。

今回のチャレンジは、
ボノの胸毛に粘着テープを付けて、それをフェラーリで引っ張り、引き剥がすという、「豪快な」チャレンジ。
Spd20071024sf

テープを付ける。
Spd20071024sg

Spd20071024sh

そして、フェラーリのほうも準備万端だ。
Spd20071024se

スタートして、一気に加速。
フェラーリならではである。
Spd20071024sk

Spd20071024sl

胸毛がまだらになった。
Spd20071024sj

サブリナ・サトウがとても楽しそうだった。
Spd20071024si

確かに、このチャレンジはサブリナ・サトウにはできないチャレンジだった。

-----------------------------
もうひとつ、レギュラーのセアラという出演者がいて、いつもはシルヴィオ・サントスのものまねをするのでシルヴィオとも呼ばれているのだが、ときには別のキャラクターを演じることがある。
Spd20071117sf

この時ただ一回の企画になったのだが、ゲイの一団のようにして現れた。
セアラ以外は、普段は番組で全く見ない連中だ。
Spd20071117sg

Spd20071117sm

パウリスタ大通りで、ちょっと騒いだ後に、ビルの屋上にやってきた。
Spd20071117sl

そこにはかって見たことがある、人が入る大きさの透明のアクリル・ケースが用意されていた。
Spd20071117sn

ここに、男たちが入り、そして蛇を入れる。
Spd20071117so

男が苦悶する。
Spd20071117si

Spd20071117sh

Spd20071117sj

まったく「絵」にならないことがよくわかった。

-----------------------------
どちらも「痛そう」なだけで、笑えない。

やっぱり、これからもサブリナ・サトウに頑張ってもらうしかない。

|

« ブラジル・サンパウロのパカエンブー競技場の改装工事 その1 工事進行中。 | Main | サッカー・サンパウロ州選手権2008 その23 第13節終了。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/40441772

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その111 【蔵出し】男性のチャレンジ例。:

« ブラジル・サンパウロのパカエンブー競技場の改装工事 その1 工事進行中。 | Main | サッカー・サンパウロ州選手権2008 その23 第13節終了。 »