« ブラジル・サッカー:2008始動 その58 ファボンはまだ不十分。 | Main | ブラジル・サッカー:2008始動 その59 アドリアーノへの処罰。 »

sábado, 1 de março de 2008

サッカー:ロマリオの日々 その102 4月4日にフラメンゴで。

すべてが示していることは、ロマリオRomárioはフラメンゴFlamengoのユニフォームを着て引退をする。

フラメンゴの社長はヴァスコ・ダ・ガマを尊重してこの件を秘密にしている。
しかし、この情報はガヴェーアGáveaからもサン・ジャヌアリオSão JanuárioからもロマリオBaixinhoは4月4日に正式に紹介されると漏れてきている。

ロマリオは、3月30日まではヴァスコ・ダ・ガマと契約がある。 その日以降は、フラメンゴと契約するの自由になる。

フラメンゴのサッカー担当副社長のクレーベル・レイチKléber Leiteが提示した計画にはロマリオRomárioの3つの状況を含んでいる。
--何試合かのお別れ試合、フラメンゴ・テレビおよびフラメンゴへの参加。

クレーベル・レイチKléber Leiteが、スポーツ最高裁判所STJDから無罪になったあともサン・ジャヌアリオSão Januárioには現れないロマリオRomárioと直接に交渉している。

電話での接触では、クレーベル・レイチはロマリオBaixinhoをガヴェーアGáveaに連れてくることに関心があると繰り返しているが、社長のマルシオ・ブラーガMarcio Bragaが欧州Europaから戻ってくるのを待っているという。

「いまのところ、ロマリオRomárioとは何もない。 あるのはたくさんの提案だ。 社長がみんなとともに座って、ロマリオRomárioの件について会議するのを待っている。 ロマリオRomárioがフラメンゴFlamengoでほしいし、ロマリオもここでプレイしたがっている」と、クレーベル・レイチKleber Leiteは言った。

2月24日(日)にロマリオRomárioはマラカナMaracanã競技場に行ってグァナバラ杯Taça Guanabaraの決勝のフラメンゴFlamengo対ボタフォゴBotafogo戦を観戦した
ロマリオはフラメンゴを応援した。

ヴァスコ・ダ・ガマの社長のエウリコ・ミランダEurico MirandaはロマリオRomárioの件についてはロマリオがクラブを出てフラメンゴFlamengoに行ったあとに話したいと明言した。

------------------------------
ロマリオは、トレーニングをどこかで続けているのだろうか。

それだけが、心配である。

|

« ブラジル・サッカー:2008始動 その58 ファボンはまだ不十分。 | Main | ブラジル・サッカー:2008始動 その59 アドリアーノへの処罰。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ロマリオの日々 その102 4月4日にフラメンゴで。:

« ブラジル・サッカー:2008始動 その58 ファボンはまだ不十分。 | Main | ブラジル・サッカー:2008始動 その59 アドリアーノへの処罰。 »