« ブラジル・サンパウロの小鳥 その172 拙宅に来る鳥142。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その78。 »

quarta-feira, 19 de março de 2008

ブラジル・サンパウロの「動物学博物館」。

ブラジル・サンパウロには、意外と、博物館がある。
地道に回っているところだ。

サンパウロ市の中心部のセントロから南東に当たるイピランガ地区。
この地区の高台には、学校が多く、住宅地区としてもよい雰囲気である。

かつては、低地に町工場が多く、交通量も多かったのだが、そういった工場が郊外に移転して、やや静かになってきているところである。

そのイピランガ地区にあるインデペンデンシア公園の南のはずれの、ナザレ大通りに面した所に、「動物学博物館」がある。
Spd20080106mgz

Spd20080106mga


サンパウロ大学の施設で、入場料は2レアル(=約130円)である。
1969年に開館しているが、その後何度か改装されて、そのたびに閉まっていたのだが、今回は2004年5月に再開しているようだ。
Spd20080106mgy

入り口前に設置されている地球。
Spd20080106mgb

館内の案内図。
Spd20080106mgx


入口をはいってすぐのロビーに設置されている恐竜の骨格のレプリカ。
Spd20080106mgc

右側のほうが順路の始まりで、左側が出口になる。
Spd20080106mgg

ブラジルの地質学的な説明と化石の発掘の説明が最初にあった。
Spd20080106mgh

動物の発達の系統的説明。
Spd20080106mgi

ゾウやサーベル・タイガーなどの骨格のレプリカ。
Spd20080106mgj

ブラジルでの化石発掘の説明と、大陸移動についての説明。
Spd20080106mgk

いろいろな動物の骨格標本。
Spd20080106mgl

反対側には、ブラジルのいくつかの地域にすむ動物相について説明展示していた。
アマゾン、セラード、大西洋林、そしてパンタナルのジオラマに、その地域を代表する動物の剥製が展示されている。

Spd20080106mgm

Spd20080106mgn

Spd20080106mgo

Spd20080106mgp

Spd20080106mgq

まじめな博物館である。
動物学についての説明もあり、動物学の役割や仕事について理解させようとしていた。
とても大事な学問であることが理解できた。

順路を終えて、ロビーにもどってくるのだが、
階段の吹き抜けにも、骨格のレプリカが展示されている。
Spd20080106mgr

Spd20080106mgs

Spd20080106mgv

上階は、標本のアーカイブとなっている。
Spd20080106mgt

階段の途中のステンドグラスも、動物の絵である。
Spd20080106mgu

ロビーには、ショップもあるが、これはちょっとお粗末。
Spd20080106mgw

--------------------------
ロビーの左右の廊下の壁が塗り絵でうめられていた。
将来の動物学者も、きっと出てくるはずだ。
Spd20080106mgd

Spd20080106mge

Spd20080106mgf

--------------------------
生きている動物がいるわけではないし、
それほど広い館内でもないのだが、
説明が充実しているので、
真面目に読んでいくと、時間がかかる博物館である。
※ポルトガル語の説明しかないが、
 基本的なことを知っていれば、読み取ることは可能だろう。

来館者は、休日でもそれほど多くはない。

動物園もよいが、
こういったところで、
知識をつけても悪くはないはずだ。

駐車場はないが、
休日は周辺道路に路上駐車が可能。
ただし、フラネリーニャが出没している。

|

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その172 拙宅に来る鳥142。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その78。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/40555874

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「動物学博物館」。:

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その172 拙宅に来る鳥142。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その78。 »