« サッカー:ロマリオの日々 その102 4月4日にフラメンゴで。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その117。 »

sábado, 1 de março de 2008

ブラジル・サッカー:2008始動 その59 アドリアーノへの処罰。

2月29日(金)にサンパウロFCのトレーニングに28分遅れていついたことと、活動が終わる前に許可なくサンパウロFCのトレーニングセンターを出ることを決定したことは、FWアドリアーノAdrianoに高くついた。
夜に、サンパウロFCの役員は、クラブの公式サイトに出された文章で、アドリアーノは“規律違反により“給与の40%の罰金という発表をした。

この件は、金銭的な処罰だけでは終わらない。
アドリアーノは、土曜日の朝、ジュヴェナル・ジュヴェンコJuvenal Juvêncio.社長との会議の呼ばれた。
要件は、クラブの文書によると”選手の将来の取扱”についてである。
契約の取り消しの可能性も捨てられない。

サンパウロFCのサッカー担当副社長のレコLecoことカルロス・アウグスト・バホス・エ・シウヴァCarlos Augusto Barros e Silvaは、契約の中途解約の可能性も確認した。

「もし彼が処罰に合意しないならば、出ていく」と、カルロス・アウグスト・バホス・エ・シウヴァは言った。

サッカーのスーパーバイザーのマルコ・アウレリオ・クンニャMarco Aurélio Cunhaは、サンパウロFCは、トレーニング・センターを出て行く時にカメラマンと口論をしたアドリアーのとの契約を切ることもできると認めた。

「処罰は決して機能しない。 唯一の結果はそういう態度をした人が満足することだ。 もし約束があれば、続けることができる。 もしなければ、もう関係はない」と、マルコ・アウレリオ・クンニャは語った。

また、マルコ・アウレリオ・クンニャMarco Aurélio Cunhaはアドリアーノはこの土曜日のトレーニングで期待されていて、日曜日にミラソルMirassolで行われる対ミラソルMirassol戦に出場するに違いないと保証された。

「明日はトレーニングは朝からだ。 合宿し、サン・ジョゼ・ド・リオ・プレットSão José do Rio Pretoに飛行機で行くのは日曜日の朝である。 彼はたぶんミラソルMirassol戦に関係する」と言った。

マルコ・アウレリオ・クンニャは、アドリアーノがトレーニング・センターを出て行くちょっと前にアドリアーのと話をした。
アドリアーノAdrianoは未明に起きた彼の車の事故によってとても神経質になっていたと、言った。

「彼は事故のことで少し混乱して到着したと思う。 それで、機能回復センターReffisに行き、興奮して出て行った。 彼とちょっと話をした。 彼はユーモアにしようとした。 話をする。 この件を彼のためになるように解決するのに何ができるのか考える。 ここに来た時に世界に戻りたいと言ったアドリアーノの望みをかなえるために考える」と言った。

アドリアーノの代理人のジルマール・リナルヂGilmar Rinaldiは、この件についてコメントしたがらず、ただ土曜日の会議の結果を待つという。

-----------------------------
アドリアーノの精神的な脆さは、全く克服できていない。

|

« サッカー:ロマリオの日々 その102 4月4日にフラメンゴで。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その117。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー:2008始動 その59 アドリアーノへの処罰。:

« サッカー:ロマリオの日々 その102 4月4日にフラメンゴで。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その117。 »