« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その133。 | Main | サッカー・サンパウロ州選手権2008 その27 第17節終了。 »

sexta-feira, 28 de março de 2008

サッカー:ロマリオの日々 その104 「もうプレイしない」と。

ヴァスコ・ダ・ガマでもなく、フラメンゴFlamengoでもない。
ロマリオRomárioは栄光と論議に満ちたキャリアの終わりを発表した。

1000ゴールの目標を達成し、2月の初めにヴァスコ・ダ・ガマの監督の職を返上してからグラウンドからは離れていたロマリオBaixinhoはもうプロとしてのサッカーではプレイしない。

ロマリオRomário自身が、リオ・デ・ジャネイロの新聞"'O Dia"紙でのインタビューで保証した。

「もうプレイしない。 プレイはもうやめている。 もうそういう状態ではない。 11月から自分はプレイしていない。 間違っていなければ、自分の最後の試合はパルメイラスPalmeiras戦だった。 もうだいぶん経った。 もうできないと、最後の試合を間違って(*正しくは11月4日に行われたブラジル選手権Campeonato BrasileiroのインテルナシオナウInternacional戦)、語った。

インタビューで、ロマリオは今度の月曜日から(*ヴァスコ・ダ・ガマとの契約は3月30日まで)は失業者になって、時間を旅行することに利用し、新しい職を見つけたいと明言した。

もうサッカーの選手にはならない。
2007年5月20日に1000ゴールをマークしたヴァスコ・ダ・ガマにはもう戻らないと言った。

「いや、もうヴァスコ・ダ・ガマには戻らない。 仕事はしない。 彼らもまた自分に払うことはない。 友情は続く。 すでにヴァスコ・ダ・ガマには出ていくと知らせた。 しかし契約は全うしなければならない。 自分の考えがなんなのかはエウリコ・ミランダEurico Miranda社長に伝えてある。 何も彼には反対していない。 意見の相違である」と、FWアラン・カルデッキAlan Kardecを試合で使うことを否定した後に監督の職を去ることになったエピソードを指摘して語った。

ヴァスコ・ダ・ガマには戻ることはないと保証して、ロマリオRomárioはフラメンゴFlamengoで働く可能性を認めた。

「もう何度か話をした。 フラメンゴTVFla TVに関係する何か自分がする可能性はあった。 クレーベル・レイチKléber Leite(フラメンゴの副社長)は自分を求めていた。 でも今まで何も決まっていない。 自分に関心があれば、そういうことにかかっている。 でも、まだ何もない。 今はプレイをやめたので、何かしなくてはならない。

----------------------------
3月28日(金)の午前に報じられたものである。

これには続報がある。

|

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その133。 | Main | サッカー・サンパウロ州選手権2008 その27 第17節終了。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ロマリオの日々 その104 「もうプレイしない」と。:

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その133。 | Main | サッカー・サンパウロ州選手権2008 その27 第17節終了。 »