« ブラジル・サンパウロの「春の海」 その75。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その170 拙宅に来る鳥140。 »

domingo, 16 de março de 2008

ブラジル・サンパウロの密輸王ラウ・キン・ション その3 釈放。

ラウ・キン・ションLaw Kin Chongが、サンパウロSão Paulo州内陸部の刑務所を出た。

この釈放のニュースは、金曜日(3月14日)頃から話題になっていた。

-----------------------------
刑務所管理局SAP (Secretaria de Administração Penitenciária)の発表では、企業家ラウ・キン・ションLaw Kin Chongが、3月16日(日)14時30分にサンパウロSão Paulo州内陸部のトレメンベ2刑務所penitenciária Tremembé 2を出た。

ラウ・キン・ションは連邦裁判所Justiça Federalによって釈放が認められていたが、書類が不足していたので出所が今日に延びた。

連邦裁判所Justiça Federalによると、裁判をするまでの100日の期間が過ぎた。
その理由で、第4法廷のアレシャンドレ・カセッターAlexandre Cassetariリ判事はラウ・キン・ションの釈放を認めた。

ブラジルに帰化した中国人ラウ・キン・ションは、11月14日にサンパウロ市西部のモルンビーMorumbi (zona oeste de São Paulo)の自宅で密輸によって連邦警察PF (Polícia Federal)に逮捕された。

ラウ・キン・ションは買収の罪で、昨年6月からの自宅禁錮prisão domiciliarの刑をつとめた。

この前に、ラウ・キン・ションは2004年6月1日からサンパウロから343キロのバウル農業刑務所Instituto Penal Agrícola de Bauruにいた。

11月17日に、連邦公共省Ministério Público Federalはラウ・キン・ションを密輸の罪(禁止された商品の輸出入もしくは関税の脱税)で告発した。

-----------------------------
ラウ・キン・ションにとっては、密輸は一家の家業。

何度捕まっても、ほかにやることはない。

彼が所有する建物では、数多くの中国人が、彼が輸入した密輸品を売っている。
いつも混雑している。
何度も閉鎖されるが、またいつの間にか営業を始めている。

なれ合いだ。

|

« ブラジル・サンパウロの「春の海」 その75。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その170 拙宅に来る鳥140。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの密輸王ラウ・キン・ション その3 釈放。:

« ブラジル・サンパウロの「春の海」 その75。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その170 拙宅に来る鳥140。 »