« ブラジル・サンパウロの小鳥 その196 拙宅に来る鳥166。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その104。 »

domingo, 13 de abril de 2008

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その10 "Juan Falú & Yamandu Costa" 2。

3月28日(金)21時から、
メモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナMemorial da América Latinaシモン・ボリヴァール公会堂Auditório Simón Bolívarで、”Juan Falú & Yamandu Costa”のコンサートがあった。
Sps20080327c

このコンサートは、
メモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナで開催するに相応しく、
ラテンアメリカのミュージシャンのジョイントコンサートを行っている
Conexão Latinaシリーズの一つとして企画された。

ラテンアメリカの音楽文化により親しむことにより
ラテン・アメリカの国の間での
研究、情報や経験の交換、文化の強化と統合を行っていくというものである。

------------------------------
ヤマンドゥ・コスタYamandu Costaは、ブラジル人で7弦ギターの超絶技法の持ち主。
フアン・ファルーJuan Falúは、アルゼンチンの作曲家でギター演奏家である。
Sps20080328malf

ヤマンドゥ・コスタの演奏会は、2007年の末にも、このメモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナで開催されており、その模様は、このブログで紹介している。
そして、まずフアン・ファルーJuan Falúが一人でステージに登場し、演奏を始めた。

「sps20080328MAL-Yamandu2.WAV」をダウンロード

-------------------------------
いつも、コンサートといえば、
ポピュラー・ミュージックを紹介しているが、
クラシック・コンサートにも同じくらい行っている。

ただ、クラシックといえば、作曲家はブラジル人であることはほとんどない。
クラシックの世界で著名なブラジル人作曲家はヴィラ・ロボスくらいだろう。
アルゼンチンの作曲家としては、ジネステラ。

クラシックのコンサートに行く度に、ブラジルはやはり欧州だと思う。
ポピュラー・ミュージックの宝庫であるブラジルだが、
分厚いクラシックの素養がそのベースになっているのだと思う。

いずれクラシック・コンサートについても取り上げていきたい。

|

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その196 拙宅に来る鳥166。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その104。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その10 "Juan Falú & Yamandu Costa" 2。:

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その196 拙宅に来る鳥166。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その104。 »