« ブラジル・サンパウロの小鳥 その211 拙宅に来る鳥181。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その119。 »

segunda-feira, 28 de abril de 2008

ブラジルのロナウドが「おかま」とトラブルで警察へ。

4月28日(月)未明、ミランMilanのFWロナウドRonaldoがもめごとに巻き込まれた。
(参考画像)
Sps20080428tf

リオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroのあるナイトクラブに行ったあと、ロナウドは、アンドレイア・アルベルチンAndréia Albertineとして知られているおかまtravestiのアンドレ・ルイス・リベイロ・アルベルチーノAndré Luis Ribeiro Albertinoともめて、バッハ・ダ・チッジュカBarra da Tijucaの警察の16分署で夜を過ごした。
Sps20080428tb

おかまはロナウドを「薬」にかかわっていると訴え、ロナウドと示すビデオを"youtube"にアップした。

ビデオでは、フラメンゴのユニフォームを着たロナウドを見ることができる。

警察の情報によると、ロナウドRonaldoは恐喝未遂の犠牲者だと言う。
アンドレ・ルイス・リベイロ・アルベルチーノはもめごとが起きたモーテルの前で記者会見をして、ほかに二人のおかまも夜にはいたと言った。
アンドレ・ルイス・リベイロ・アルベルチーノは更にロベルト・ルイス・ナザリオ・ヂ・リマRonaldo Luiz Nazário de Lima(=ロナウドの本名)の名前の車の書類を見せた。
支払いを保証するために、彼のものに残したものである。

ロナウドFenômenoの広報担当者は、いまのところ、ロナウドRonaldoはおかまとのもめごとについて発表することはないと言った。

月曜日午後の記者会見で、バッハ・ダ・チジュッカBarra da Tijucaの16分署のカルロス・アウグスト・ノグェイラCarlos Augusto Nogueira警部は、朝の尋問でのロナウドの発言を語った。
警察によると、ロナウドRonaldoはおかまのアンドレ・ルイス・リベイロ・アルベルチーノによる5万レアル(=約3百万円)の恐喝未遂の犠牲者であると言った。
Sps20080428ta

警察によると、ロナウドRonaldoはおかまを売春婦と思って契約をして、バッハ・ダ・チジュッカBarra da Tijucaのモーテルに連れて行った。
そこで、さらに二人の売春婦を頼んだ。
Sps20080428tc

おかまとわかり、一人がファヴェーラのシダーヂ・ヂ・デウスCidade de Deusで「薬」を探しているとわかって、ロナウドはもう「やらない」と決めて、彼らのうちの二人に1千レアル(=約6万円)を渡した。
アンドレ・ルイス・リベイロ・アルベルチーノと思われるもう一人はそれは望まずに、マスコミにこの出来事を言わないために5万レアルを要求した。
(アンドレイア・アルベルチンAndréia Albertine嬢ことアンドレ・ルイス・リベイロ・アルベルチーノ)
Sps20080428tg

Sps20080428ti

Sps20080428th

ロナウドRonaldoは恐喝未遂tentativa de extorsãoに憤慨して、モーテルの門でおかまとのもめた後に警察が呼ばれた。
警部によると、ロマリオは一人で朝警察で尋問された。
カルロス・アウグスト・ノグェイラCarlos Augusto Nogueiraはロナウドの言葉のほうがより信じられると言った。

「ロナウドRonaldoの話はより信じられる。おかまは尋問の途中で出て行った。0から10までのうち、9割はロナウドの尋問だった。ロナウドRonaldoはとても興奮していて、楽しむために出て行った、そしてこの件をマスコミが知ることを望んでいないと言った。ロナウドは自分に回復中で精神的な問題があったと言った」と、警部は語った。

モーテルの部屋に「薬」があったというおかまの訴えについて、警察はそういったものは見つけていないと発表した。 警部によると、ロナウドRonaldoは薬はしていないと保証した。

「ロナウドRonaldoは自分に次のように言った: 『自分は飲んだと言った、少し飲んだだけだ。 しかし自分はだれらにシダーヂ・ヂ・デウスCidade de Deusに薬を探しに行こうと頼んだというのはばかげた話だと思う』」と、カルロス・アウグスト・ノグェイラCarlos Augusto Nogueira警部は言った。

ロナウドRonaldoの車の書類をアンドレ・ルイス・リベイロ・アルベルチーノが持っていたことについて、警部はロナウドが警察に行こうとした動機の一つがそれを取り戻すためだと明言した。
(書類)
Sps20080428td

4月28日(月)の午後、このもめごとに加わっていたべつのカルラCarlaというおかまが尋問のために呼ばれて、警察に入った。
(カルラ嬢)
Sps20080428te

カルロス・アウグスト・ノグェイラ警部は、まだ3番目のおかまとも話をしたいし、アンドレ・ルイス・リベイロ・アルベルチーノをまた尋問することを諦めていないと明言した。

ロナウドRonaldoは、まだ別の日にまだ呼ばれることになるだろう。

警部は、傷害(ロナウドはおかまにけがをさせる脅されたが、何もなかった)と恐喝未遂で捜査すると発表した。

------------------------------
サッカー選手による面白い話題が、このところないとブログに書いたら、さっそく大物中の大物のロナウドが、話題を作ってくれた。

それも、ロナウドらしい脇の甘い事件である。

ロナウドは、靭帯断裂のあとの再生手術のあとの回復治療中で、リオ・デ・ジャネイロで過ごしている。

歯医者の彼女とすごしているところをパパラッチに撮られたりと、適当に話題になっていた。

この事件で、その彼女との関係はどうなるのか。

もちろんこのニュースは、20時の全国ニュースで、映像つきで報道された

---------------------------
おかまかどうかわかりそうなものだ。
それに、ロナウドの趣味もよくわかった。

モーテルも、ごく普通のもので、ロナウドともあろう人が行くようなところではない。

ロナウドの健在ぶりを示してくれた一件である。

|

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その211 拙宅に来る鳥181。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その119。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジルのロナウドが「おかま」とトラブルで警察へ。:

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その211 拙宅に来る鳥181。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その119。 »