« ブラジル・サンパウロの「春の海」 その113。 | Main | ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その20 "Juan Falú & Yamandu Costa" 12。 »

quarta-feira, 23 de abril de 2008

ブラジル・サンパウロの「文化の総ざらい」2008 その1 今回は、800の出し物。

サンパウロ市の「文化の総ざらいVirada Cultural」は、今年は、サンパウロ市中心部だけで、全部で26の舞台で、5千人以上のアーチストによって800の出し物がある。

4月26日(土)の18時から27日(日)18時まで市によって行われるこの文化のイベントは、第4回の今回は、ショーに3百万人以上がいろいろなイベントに集まり、9千万レアル(=約54億円)が動くとみられている。

今回出演するアーチストの中には、ガル・コスタGal Costa、ジョルジ・ベンジョールJorge Benjor、ムータンテスMutantes、オルケストラ・インペリアルOrquestra Imperial、テアトロ・マジコTeatro Mágico、セザリア・エーヴォラCesária Évoraなどがいる。

市内中心部のセントロの26の舞台の中で、2か所だけが24時間は空いていない。
市内中心部のの部隊以外にも、文化センターcentros culturais、各所のSesc、統合教育センターCentros Educacionais Unificados (CEUS)でアトラクションがる。

この催しに集まる観客のために、公共サービスは時間を延長する。
市によると、地下鉄は24時間運行する。
そのほかに、中心部のセントロの交通は迂回処置がとられることになる。
約1200人の警備員が配される。

2キロメートルの柵と、350基の簡易トイレが設置される。

80万ワットの55トンの音響機器が用意される。
イベントの照明は8.1kVAの能力がある。

---------------------------
このイベントについては、
2週間まえに、
具体的なことは市当局によって正式に発表された。

印刷されたプログラムも、早めに手に入れたので、
じっくりと予定を立てることができた。
Sps20080422b

インターネットでも、
プログラムなどは知ることができる。

ほとんどのイベントが無料なので、駐車料くらいしか必要ない。

惜しむらくは、移動の時間などを考えると、いくつかのイベントに行けそうなことがない。

ガル・コスタのショーは、歴史的中心部セントロのサン・ジョアン大通りに設けられる舞台で、26日(土)の21時から行われることになっているが、おそらくもうそこは早くからいっぱいになっているはずである。
ショーの間も含めて、3-4時間も立ちっぱなしはつらいので、断念の方向である。

何しろ、無料なのでいろいろな人が集まる。

|

« ブラジル・サンパウロの「春の海」 その113。 | Main | ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その20 "Juan Falú & Yamandu Costa" 12。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/40969188

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「文化の総ざらい」2008 その1 今回は、800の出し物。:

« ブラジル・サンパウロの「春の海」 その113。 | Main | ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その20 "Juan Falú & Yamandu Costa" 12。 »