« ブラジル・サッカー:2008始動 その66 アドリアーノの残留の可能性はない。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その92。 »

terça-feira, 1 de abril de 2008

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その137。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ。

サンパウロ市が、きれい好きな市長のせいで、
市の管轄にある施設や道路にあるグラフィッチを消しているのである。
消える前に、消される前に少しでも早く写真にとっておこうという焦りもある。

サンパウロ市の全域に、こういったグラフィッチはあるのだが、程度の良いものは歴史的中心部のセントロを中心としたところに多い。

-----------------------------
リベルダイーヂのカルロス・ゴメス広場の駐車場の塀に描かれていたグラフィッチ。
Spd20071105cb

グラフィッチのまん前には電柱があって、真正面からは撮影ができなかった。
Spd20071126e

場所を考えて、描いてほしいものだった。

|

« ブラジル・サッカー:2008始動 その66 アドリアーノの残留の可能性はない。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その92。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その137。:

« ブラジル・サッカー:2008始動 その66 アドリアーノの残留の可能性はない。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その92。 »