« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その126 我慢と靴下汁。 | Main | ブラジルのロナウドが「おかま」とトラブルで、彼女に捨てられる。 »

quarta-feira, 30 de abril de 2008

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その120。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している
Spd20071128czn

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

|

« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その126 我慢と靴下汁。 | Main | ブラジルのロナウドが「おかま」とトラブルで、彼女に捨てられる。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/40989060

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「春の海」 その120。:

« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その126 我慢と靴下汁。 | Main | ブラジルのロナウドが「おかま」とトラブルで、彼女に捨てられる。 »