« ブラジル・サンパウロの「春の海」 その94。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その188 拙宅に来る鳥158。 »

sexta-feira, 4 de abril de 2008

サッカー:ロマリオの日々 その106 エウリコ・ミランダ社長は支払ったと言った。

ロマリオRomárioとヴァスコ・ダ・ガマとの契約は、3月31日(月)に終了した。

それで、ヴァスコ・ダ・ガマの社長のエウリコ・ミランダEurico Mirandaは、アラン・カルデッキAlan Kardecのチームへの起用をめぐって起きた社長とのいさかいをした2月6日からロマリオBaixinhoがクラブには現れなかったにもかかわらず、最後までロマリオの給与を支払うという約束を全うしたことは誇りであると言った。

先週のインタビューで、ロマリオBaixinhoはトレーニングをしていないし、それでヴァスコ・ダ・ガマからも受け取っていないと言った。

「仕事に入っていなかった。 でも彼らもまた自分に支払っていない。 友情は続いている。 すでに、ヴァスコ・ダ・ガマには出ていくと言ってある。しかし契約は最後まで終わらせる」と言った。

しかし、エウりコ・ミランダ社長はロマリオとの約束は誇りだと言った。

「わずかな給与だ。 しかし、契約の最後まで、すべて支払った。 ロマリオRomárioだけではない、すべての選手たちに決まった日に支払った」と、エウリコ・ミランダ社長は言った。
 
そして、まだロマリオBaixinhoがヴァスコ・ダ・ガマのユニフォームを着て引退試合をすると信じている。

ヴァスコ・ダ・ガマでのロマリオRomárioの最後の公式戦は、2007年11月4日に行われたブラジル選手権Campeonato Brasileiroの対インテルナシオナウInternacional戦である。

----------------------------
ヴァスコ・ダ・ガマとの契約は終了したとのだが、
フラメンゴと契約するという話もこのところ出てこない。

|

« ブラジル・サンパウロの「春の海」 その94。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その188 拙宅に来る鳥158。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/40760512

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ロマリオの日々 その106 エウリコ・ミランダ社長は支払ったと言った。:

« ブラジル・サンパウロの「春の海」 その94。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その188 拙宅に来る鳥158。 »