« ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その21 "Juan Falú & Yamandu Costa" 13。 | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その125 「うさぎ」、「チョコレート」、「イノブタ」。 »

quinta-feira, 24 de abril de 2008

ブラジルの「武士道を守って実行する事」。

2008年10月は、ブラジルは議員選挙がおこなわれる。
いつもの電子投票なので結果はあっという間に出てしまう。

ブラジルでは、昔から、大体20時過ぎに、地上波の全局は、ときどき、政府の番組を一律に放送しなくてはならないことがある。

インフレ時代は、大統領が明日からガソリンが上がるとかを発表して、つまらんことを大統領がいうものだと思ったことがある。

サルネイ大統領の「プラノ・クルザード」も、このようにして突然発表された。
ただ、物価を凍結するということと、当時の貨幣クルゼイロをデノミしてクルザードにすると、発表したのだが、その施行細目が全く分からなかった。

今も、ときどき大統領や大臣が、ときどき政府のメッセージを流すが、驚きの発表をするようなことはなくなった。

この頃、20時30分には、各政党が順番に10分程度の枠で、政党のPRをしている。
ブラジルは、小党乱立状態なので、政党の数は多い。
各政党は、それぞれ固有の番号を割り当てられている。

先日、
33番の政党で、PARTIDO DA MOBILIZAÇÃO NACIONAL(国家流動党?)というのが、その時間にPRをした。

「武士道を守って実行する事」と出てきた。
背景の画面も、日本の何かの映画から拝借したような映像が流れる。
Sps20080414tb

アイヌのイヨマンテのようで、武士道とは関係ないようだが、日本のものには違いない。
Sps20080414ta

いきなり、日本人(日系人)が、「武士道を守って実行する事」と、ややもたつきながら言った。
Sps20080414tc

「20080410JN-CM-PMN33.wmv」をダウンロード

この映像のあとに、
サンパウロ州の支部長が出てきて、
日本人は、恥だと感じたら「ハラキリ」まですると言った。
ブラジルには、倫理観が足りないということを言いたいらしい。
その後、議員などが次々にでてきたが、
もう日本人(=日系人)はまったく出てくることはなかった。
※映像録画済み

この政党のサイトをちょっとみてみたのだが、軍政終焉期の民生復帰の過程でできた政党で、それなりの歴史はある。
でも、、何名かの国会議員を出しているが、どこかの州知事を出しているわけでもない。
州議会議員や市会議員などは、それなりにいる。
ただ、全国的に組織を持っているようではない。

で、なぜ武士道なのか。
日系人が、党首もしくは執行部にいるようでもない。
日系人が多い、サンパウロ州やパラナ州の役員にも、日系人の名前はない。

サイトでは、「武士道を守って実行する事」は、発見できなかった。

この政党は、武士道をどのように理解しているのだろうか。

何しろ、ほとんどブラジル人は、せいぜい「サムライ」と「ゲイシャ」しか知らないのだから。

それに、「武士」は腹を切ったり切らされたりしたが、
「政治家」は日本でも「ハラキリ」はしないことは知らないようだ。

---------------------------
こういうことがあるので、
ブラジルのテレビからは目が離せない。

NHKばかり見ている日本移民や駐在員の方々には、
永遠にブラジルのテレビの面白さはわからないだろう。

|

« ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その21 "Juan Falú & Yamandu Costa" 13。 | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その125 「うさぎ」、「チョコレート」、「イノブタ」。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/40978823

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの「武士道を守って実行する事」。:

« ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その21 "Juan Falú & Yamandu Costa" 13。 | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その125 「うさぎ」、「チョコレート」、「イノブタ」。 »