« ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その35 "Fabiana Cozza" 10。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その217 拙宅に来る鳥187。 »

segunda-feira, 12 de maio de 2008

ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その127 ロデオとパイ投げ。

ブラジルで大人気の日系人タレントのサブリナ・サトウSabrina Sato
Sps20080406sbc

サブリナ・サトウは、rede TV!局が毎週日曜日20時30分頃から約2時間放送している、ブラジルで最も下品な馬鹿番組panico na TVにレギュラー出演している。
Sps20080406sba

この番組の企画で、今まで考えられないくらい数々ハードな(そして時には馬鹿馬鹿しい)チャレンジをさせられてきたサブリナ・サトウである。
Sps20080406sbb

------------------------------
2007年11月頃から、
サブリナ・サトウ単独のチャレンジが減って、
いつも番組ではビキニ姿でゆらゆらしているだけのレギュラーの女性も加わってのチャレンジ企画が増えた。

今や伝説となった「牛」ファッションショーの評判が良かったのか、視聴率が良かったのかしらないが、
その二番煎じとしか言いようのない「犬」ファッションショーを行い、見事に外した後は「ネズミ」である。

「ネズミ」もいい加減馬鹿らしかったのだが、これで味をしめた企画が「罰ゲーム」である。
チームに分かれて競技をした後に、負けたチームが必ず「罰」をうけるようになった。

このところは、チャレンジ性は低くなってきて、ばかばかしいゲームとそのあとの「穢い」罰ゲームに重きがある趣向になってきた。

サブリナ・サトウと女性たちがまた集まった。
Sps20080406sbe

サブリナ・サトウとサマンバイア嬢。
Sps20080406sbd

この日のゲームは、ロデオ。
Sps20080406sbf

サブリナ・サトウの額に巻かれているのは、なんだ。
Sps20080406sbi

爪を噛むサブリナ・サトウ。
Sps20080406sbj

ときどきお尻をカメラに向けて、視聴率を上げようとするサブリナ・サトウ。
大事なことだ。
Sps20080406sbk_2

場所を移動した。
Sps20080406sbl

まずは、ガビーとダニ・ボリーナの対戦。
Sps20080406sbm

ロデオといっても機械仕掛けのもので、
それに乗って相手にパイを投げるというものだ。
Sps20080406sbn

落ちても負けではないが、
どれだけ当てられたかがポイントだ。
顔にまともに当てられると、負けだ。
Sps20080406sbo

上からのアングル。
Sps20080406sbp

それほどロデオ・マシンの動きは早く設定していないのだが、
結構狙いにくいようだ。
お尻のショットは、ブラジルでは必須。
Sps20080406sbq

だんだんと汚れてくる。
Sps20080406sbr

次の対戦は
サマンバイア嬢とピウ・ピウ。
Sps20080406sbs_2

ロデオ・マシンは、かなりシンプルでアイロン台のような感じだ。
座りは悪い。
Sps20080406sbt

サマンバイア嬢は、メリハリのあるボディーなので、
さらにお尻からのショットは続く。
Sps20080406sbu

台がクリームで滑りやすくなっていることもあり、
サマンバイア嬢が落ちそうになる。
Sps20080406sbv

で、落ちた。
Sps20080406sby

Sps20080406sbz

サマンバイア嬢。
Sps20080406sbx

最後の対戦は、タニーアとサブリナ・サトウ。
Sps20080406sbza

サブリナ・サトウは、どういうわけかうまく乗ることができない。
お尻が座らないのだ。
相当ぬるぬるとしているようだ。
Sps20080406sbzb

落ちそうになる。
Sps20080406sbzc

Sps20080406sbzh

で、落ちた。
Sps20080406sbzd

サブリナ・サトウのお尻。
Sps20080406sbze

顔に当たってしまった。
Sps20080406sbzf

Sps20080406sbzg

「20080406paniconaTV-SabrinaSato2.wmv」をダウンロード

ゲームが終わった。
なぜかみんな真っ白。
Sps20080406sbzi

負けたのは、もちろんサブリナ・サトウのチーム。
Sps20080406sbzj

罰ゲームは、
普通に食べている食材をミックスして食べるというもの。
米、フェイジョン(=黒い豆)というブラジル人にとっての主食に加えて、
オレンジのスライス、レモン、カシャサ等々。
Sps20080406sbzk
Sps20080406sbzl

ミキサーで一気に混ぜる。
Sps20080406sbzm

panico風フェジョアーダを試食するわけだ。
Sps20080406sbzn

最初に食べたガビーは、こんな顔になってしまった。
Sps20080406sbzo

サブリナ・サトウも、一気に飲む。
Sps20080406sbzp

悲しい顔になってしまった。
Sps20080406sbzq

そして、口から溶岩のように吐き出す。
Sps20080406sbzr

悲しくなるような味だったようだ。
Sps20080406sbzs

--------------------------
単なる「お色気」ゲームになってきた最近。

もうちょっと、大じかけにやってほしいものだ。

|

« ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その35 "Fabiana Cozza" 10。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その217 拙宅に来る鳥187。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/41122463

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その127 ロデオとパイ投げ。:

« ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その35 "Fabiana Cozza" 10。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その217 拙宅に来る鳥187。 »