« ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その33 "Fabiana Cozza" 8。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その131。 »

sábado, 10 de maio de 2008

サッカー・ブラジル選手権2008 その3 コリンチャンス対CRB戦。

5月10日(土)16時から、2008年のブラジル選手権のセリエBの開幕試合の、コリンチャンス対CRB戦が、サンパウロ市のパカエンブー競技場で行われた。

12時頃までは静かなパカエンブー地区であったのだが、その後徐々に騒がしくなった。

13時50分頃に、ちょっと車で出かけたのだが、
どんどんと競技場に向かってくる人たちがいた。
いつもよりずっと早い人の動き方である。

14時15分には、また戻ってきたのだが、更に人の波は大きくなっていた。

もともと15時ころには出かけようと思っていたのだが、
14時40分には家を出た。

正面のシャルレス・ミラー広場も、久しぶりにコリンチャンスのファンで埋まっていた。

競技場に入り、いつもの場所あたりに座った。

15時前なのだが、楽団が更新したり、
グラウンドに白いリボンが置いてあったりと、
この試合が改修後の最初の試合となるパカエンブー競技場は、
いかにも開幕という雰囲気で一杯であった。

スポーツ大臣のモッタが現れて、
テープカットをした。

試合の前の国歌も、
アカペラであった。

そして、
いつもの「コリンチャンス大好きおばあさん」も、
「ビン・ラディン調」も、
盛装をして競技場に現れていた。

panico na TVの連中も登場した。

インターバルには、リヴェリイーノも出てきて、
グラウンドの中で足型をとった。
8月にパカエンブー競技場内に開館する予定のサッカー博物館のためだろう。

試合は、
開始早々にあっという間に、コリンチャンスは1点を失った。

しかし、前半に2点を入れて逆転。

さらに、後半も1点を入れて、3対1とした。
でも、後半30分前に、ゴールを決められてしまった。

結局、18時前に試合は終了し、
3対2で、
コリンチャンスは初戦に勝利することができた。

とても寒い中での試合だったが、
観客はとりあえず満足して帰った。

19時過ぎには、パカエンブーはまた静かになった。

|

« ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その33 "Fabiana Cozza" 8。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その131。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2008 その3 コリンチャンス対CRB戦。:

« ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その33 "Fabiana Cozza" 8。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その131。 »