« abril 2008 | Main | junho 2008 »

sábado, 31 de maio de 2008

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その177 Os gêmeos 34。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ。

サンパウロ市が、きれい好きな市長のせいで、
市の管轄にある施設や道路にあるグラフィッチを消しているのである。
消える前に、消される前に少しでも早く写真にとっておこうという焦りもある。

サンパウロ市の全域に、こういったグラフィッチはあるのだが、程度の良いものは歴史的中心部のセントロを中心としたところに多い。

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、
もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、
その地域にマッチしている作品を
描き続けている作家は、
何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、
作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
バンドフォ兄弟は、多作である。

今も、描き続けている。

なかった所に、新作を発見することも多い。

ただし、消されてしまったものもある。

彼らの多くの作品は、
かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシ、リベルダーヂ、ベラ・ヴィスタのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

撮影には、かなり手間暇がかかったところもある。
作品を発見しても、その時は撮影不可能と判断して、
最適な撮影場所やタイミングを求めて、何度も通ったところもある。

描いた彼らはもっと大変だっただろうか。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロの南隣りのリベルダーヂ地区にあるパンドルフォ兄弟のグラフィッチの中で、もっとも安全なところにあるのが、ガルヴォン・ブエノ通りの大阪橋の南橋詰の鳥居の脇にある作品である。
※すでに一度取り上げたが、改めて撮影し直して、パンドルフォ兄弟の作品として紹介する。
Sps20080521ce

Sps20080521cc

彼らの作品に特徴的な小さな絵が描かれている。
Spd20071121czl

いまのところ、まだ塗り消されることもなく、永らえている。
Sps20080521cd

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その52 "Quarteto em Cy" 5。

4月19日(土)21時から、
サンパウロ市西部のSesc Pompeiaで、”3X4”というコンサート企画の初日に、"Quarteto em Cy"のコンサートがあった。

この”3X4”という企画は、
3人組と4人組のグループのジョイント・コンサートを4日間連続で行うというものであった。

最初に3人組のグループが演奏し、それが終了した後に4人組のグループが出てくるというのもで、両方のグループが一緒にステージ上がることはなかった。

3人組のグループはいずれもあまり有名なグループではなかったのだが、4人組のほうはブラジル音楽の歴史では超有名なグループが出演した。

初日19日の"Quarteto em Cy"につづいて、20日には"MPB4",21日は"Os Cariocas",そして最終日の22日には"Boca Livre"が出演した。

料金は、いずれも26レアルである。
※※SESCの会員はこれよりも安い。

このうちに"Os Cariocas"については、2007年12月に行われたものをすでに紹介している。

19日(土)に出演した3人組のグループは、"Trio Carapia"はギターを持った若い演奏家のグループだった。
10弦ギターを駆使した素晴らしい演奏だった。
いずれ紹介したい。

さて、"Quarteto em Cy"は結成から43年の歴史を持っている女性4人組のグループである。
Sps20080419sescph

もともとのメンバーでは、3人が姉妹だった。
その後何度かメンバーの改編はあったが、今に至っている。
Sps20080419sescpi

いうまでもなくボッサ・ノーヴァのグループである。
ということもあって、
観客の年齢はかなり高かった。

「sps20080419SESCPompeia-Quartetoency9.amr」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その236 拙宅に来る鳥206。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。
大木も多い。
花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。

小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる。

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダル(=スズメ)とロリーニャは食べない。
Sps20080317avj

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2008」 その8 パレード6。

世界最大級のブラジル・サンパウロの「ゲイパレード」が、
5月25日(日)に行われた。

そのパレードの模様を紹介していく。
Sps20080525gi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その2。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。
本当の富裕層は決して行かないし、その富裕層のように振舞いたい人も行かない海岸だ。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080225svh

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sexta-feira, 30 de maio de 2008

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その51 "Quarteto em Cy" 4。

4月19日(土)21時から、
サンパウロ市西部のSesc Pompeiaで、”3X4”というコンサート企画の初日に、"Quarteto em Cy"のコンサートがあった。

この”3X4”という企画は、
3人組と4人組のグループのジョイント・コンサートを4日間連続で行うというものであった。

最初に3人組のグループが演奏し、それが終了した後に4人組のグループが出てくるというのもで、両方のグループが一緒にステージ上がることはなかった。

3人組のグループはいずれもあまり有名なグループではなかったのだが、4人組のほうはブラジル音楽の歴史では超有名なグループが出演した。

初日19日の"Quarteto em Cy"につづいて、20日には"MPB4",21日は"Os Cariocas",そして最終日の22日には"Boca Livre"が出演した。

料金は、いずれも26レアルである。
※※SESCの会員はこれよりも安い。

このうちに"Os Cariocas"については、2007年12月に行われたものをすでに紹介している。

19日(土)に出演した3人組のグループは、"Trio Carapia"はギターを持った若い演奏家のグループだった。
10弦ギターを駆使した素晴らしい演奏だった。
いずれ紹介したい。

さて、"Quarteto em Cy"は結成から43年の歴史を持っている女性4人組のグループである。
Sps20080419sescpf

もともとのメンバーでは、3人が姉妹だった。
その後何度かメンバーの改編はあったが、今に至っている。
Sps20080419sescpg

いうまでもなくボッサ・ノーヴァのグループである。
ということもあって、
観客の年齢はかなり高かった。

「sps20080419SESCPompeia-Quartetoency7.WAV」をダウンロード

「sps20080419SESCPompeia-Quartetoency8.amr」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その176 Os gêmeos 33。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ。

サンパウロ市が、きれい好きな市長のせいで、
市の管轄にある施設や道路にあるグラフィッチを消しているのである。
消える前に、消される前に少しでも早く写真にとっておこうという焦りもある。

サンパウロ市の全域に、こういったグラフィッチはあるのだが、程度の良いものは歴史的中心部のセントロを中心としたところに多い。

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、
もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、
その地域にマッチしている作品を
描き続けている作家は、
何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、
作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
バンドルフォ兄弟は、多作である。

今も、描き続けている。

なかった所に、新作を発見することも多い。

ただし、消されてしまったものもある。

彼らの多くの作品は、
かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシ、リベルダーヂ、ベラ・ヴィスタのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

撮影には、かなり手間暇がかかったところもある。
作品を発見しても、その時は撮影不可能と判断して、
最適な撮影場所やタイミングを求めて、何度も通ったところもある。

描いた彼らはもっと大変だっただろうか。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロにある市営市場の東、タマンドゥアテイ川の対岸におおよそ廃墟のようなビルがある。
有名なビルである。
このあたり、かなりスラム化しており、サンパウロ市はこのあたりを再開発する計画を持っている。
もちろん、このビルも壊すことになっている。

エスタード大通りを北に向かっているときに、このビルの東側にある建物の壁面に、パンドルフォ兄弟によるグラフィッチがあるのを発見してしまった。

このあたりは、20年前も、そして今も、雰囲気が悪いところである。
いったいいつどうやって撮影しようか随分と考えた。

この建物の南側は、サン・ヴィット広場で広いところではあるのだが、平日はバスやトラックが止まっていて、ごった返している。
とても、車を止めることができる雰囲気ではない。

休日は、広場には車はないのだが、そのぶん人も少ない。
写真など撮っていたらとても目立ってしまうわけである。

だが、ある日曜日、その付近を通りかかることがあった時に、とうとう決行してしまった。

建物の南側の壁の上部に描かれており、
その建物の南側には飲料のデポジットがある。
グラフィッチに近接して、撮影することはできない。
Spd20080106cy

このデポジットの南側をうろうろとして、良い角度を求めた。
Spd20080106czc

Spd20080106cz

Spd20080106czb

そして、ズームで撮影した。
Spd20080106cza

デポジットの警備員がとても心配そうな顔をして覗いていた。
泥棒の下見と思ったのだろう。
あの絵を撮影していると言って安心させたつもりだったが、半信半疑のようだった。
当然だろう。
Spd20080106czd

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その235 拙宅に来る鳥205。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。
大木も多い。
花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。

小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる。

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダル(=スズメ)とロリーニャは食べない。
Sps20080317avi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2008」 その7 パレード5。

世界最大級のブラジル・サンパウロの「ゲイパレード」が、
5月25日(日)に行われた。

そのパレードの模様を紹介していく。
Sps20080525gh

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その1。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。
本当の富裕層は決して行かないし、その富裕層のように振舞いたい人も行かない海岸だ。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080225svg

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

quinta-feira, 29 de maio de 2008

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その48 "Quarteto em Cy" 3。

4月19日(土)21時から、
サンパウロ市西部のSesc Pompeiaで、”3X4”というコンサート企画の初日に、"Quarteto em Cy"のコンサートがあった。

この”3X4”という企画は、
3人組と4人組のグループのジョイント・コンサートを4日間連続で行うというものであった。

最初に3人組のグループが演奏し、それが終了した後に4人組のグループが出てくるというのもで、両方のグループが一緒にステージ上がることはなかった。

3人組のグループはいずれもあまり有名なグループではなかったのだが、4人組のほうはブラジル音楽の歴史では超有名なグループが出演した。

初日19日の"Quarteto em Cy"につづいて、20日には"MPB4",21日は"Os Cariocas",そして最終日の22日には"Boca Livre"が出演した。

料金は、いずれも26レアルである。
※※SESCの会員はこれよりも安い。
Sps20080421d

このうちに"Os Cariocas"については、2007年12月に行われたものをすでに紹介している。

19日(土)に出演した3人組のグループは、"Trio Carapia"はギターを持った若い演奏家のグループだった。
10弦ギターを駆使した素晴らしい演奏だった。
いずれ紹介したい。

さて、"Quarteto em Cy"は結成から43年の歴史を持っている女性4人組のグループである。

もともとのメンバーでは、3人が姉妹だった。
その後何度かメンバーの改編はあったが、今に至っている。
Sps20080419sescpe

いうまでもなくボッサ・ノーヴァのグループである。
ということもあって、
観客の年齢はかなり高かった。

「sps20080419SESCPompeia-Quartetoency5.WAV」をダウンロード

「sps20080419SESCPompeia-Quartetoency6.WAV」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その175 Os gêmeos 32。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ。

サンパウロ市が、きれい好きな市長のせいで、
市の管轄にある施設や道路にあるグラフィッチを消しているのである。
消える前に、消される前に少しでも早く写真にとっておこうという焦りもある。

サンパウロ市の全域に、こういったグラフィッチはあるのだが、程度の良いものは歴史的中心部のセントロを中心としたところに多い。

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、
もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、
その地域にマッチしている作品を
描き続けている作家は、
何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、
作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
バンドフォ兄弟は、多作である。

今も、描き続けている。

なかった所に、新作を発見することも多い。

ただし、消されてしまったものもある。

彼らの多くの作品は、
かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシ、リベルダーヂ、ベラ・ヴィスタのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

撮影には、かなり手間暇がかかったところもある。
作品を発見しても、その時は撮影不可能と判断して、
最適な撮影場所やタイミングを求めて、何度も通ったところもある。

描いた彼らはもっと大変だっただろうか。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロの南西に隣接するベラ・ヴィスタ地区もパンドルフォ兄弟の作品が多いところである。

ある日、ラヂアル・レスチ・オエスチ大通りを東に向かっていたら、並行する道路に面した建物に、パンドルフォ兄弟のグラフィッチがあるのを見逃さなかった。

早速、現地に向かった。
プロフェッソール・ラエルチ・ラモス・ヂ・カルヴァーリョ通りとウマイタ通りの角にある家の2階の壁に描かれていた。

この作品の撮影を終えて、周辺もついでに観察していたら、すぐ東側のブリガデイロ・ルイス・アントニオ大通り寄りに、さらに彼らのグラフィッチを発見した。
Spd20080107ch

3体が集中していた。
Spd20080107ce

Spd20080107cf

Spd20080107cg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その234 拙宅に来る鳥204。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。
大木も多い。
花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。

小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる。

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダル(=スズメ)とロリーニャは食べない。
Sps20080317avh

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2008」 その6 パレード4。

世界最大級のブラジル・サンパウロの「ゲイパレード」が、
5月25日(日)に行われた。

そのパレードの模様を紹介していく。
Sps20080525gg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その149。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

もちろん大西洋である。
Spd20071205ze

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

quarta-feira, 28 de maio de 2008

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その49 "Quarteto em Cy" 2。

4月19日(土)21時から、
サンパウロ市西部のSesc Pompeiaで、”3X4”というコンサート企画の初日に、"Quarteto em Cy"のコンサートがあった。

この”3X4”という企画は、
3人組と4人組のグループのジョイント・コンサートを4日間連続で行うというものであった。

最初に3人組のグループが演奏し、それが終了した後に4人組のグループが出てくるというのもで、両方のグループが一緒にステージ上がることはなかった。

3人組のグループはいずれもあまり有名なグループではなかったのだが、4人組のほうはブラジル音楽の歴史では超有名なグループが出演した。

初日19日の"Quarteto em Cy"につづいて、20日には"MPB4",21日は"Os Cariocas",そして最終日の22日には"Boca Livre"が出演した。

料金は、いずれも26レアルである。
※※SESCの会員はこれよりも安い。

このうちに"Os Cariocas"については、2007年12月に行われたものをすでに紹介している。

19日(土)に出演した3人組のグループは、"Trio Carapia"はギターを持った若い演奏家のグループだった。
10弦ギターを駆使した素晴らしい演奏だった。
いずれ紹介したい。

さて、"Quarteto em Cy"は結成から43年の歴史を持っている女性4人組のグループである。

もともとのメンバーでは、3人が姉妹だった。
その後何度かメンバーの改編はあったが、今に至っている。
Sps20080421c

いうまでもなくボッサ・ノーヴァのグループである。
ということもあって、
観客の年齢はかなり高かった。
Sps20080419sescpd

「sps20080419SESCPompeia-Quartetoency3.WAV」をダウンロード

「sps20080419SESCPompeia-Quartetoency4.WAV」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その174 Os gêmeos 31。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ。

サンパウロ市が、きれい好きな市長のせいで、
市の管轄にある施設や道路にあるグラフィッチを消しているのである。
消える前に、消される前に少しでも早く写真にとっておこうという焦りもある。

サンパウロ市の全域に、こういったグラフィッチはあるのだが、程度の良いものは歴史的中心部のセントロを中心としたところに多い。

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、
もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、
その地域にマッチしている作品を
描き続けている作家は、
何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、
作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
バンドフォ兄弟は、多作である。

今も、描き続けている。

なかった所に、新作を発見することも多い。

ただし、消されてしまったものもある。

彼らの多くの作品は、
かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシ、リベルダーヂ、ベラ・ヴィスタのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

撮影には、かなり手間暇がかかったところもある。
作品を発見しても、その時は撮影不可能と判断して、
最適な撮影場所やタイミングを求めて、何度も通ったところもある。

描いた彼らはもっと大変だっただろうか。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロの南西に隣接するベラ・ヴィスタ地区もパンドルフォ兄弟の作品が多いところである。

ある日、ラヂアル・レスチ・オエスチ大通りを東に向かっていたら、並行する道路に面した建物に、パンドルフォ兄弟のグラフィッチがあるのを見逃さなかった。

早速、現地に向かった。
プロフェッソール・ラエルチ・ラモス・ヂ・カルヴァーリョ通りとウマイタ通りの角にある家の2階の壁に描かれていた。
Spd20080107ca

Spd20080107cb

電線が邪魔になったが、何とかそれを避ける場所から撮影することができた。
Spd20080107cc

Spd20080107cd

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その233 拙宅に来る鳥203。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。
大木も多い。
花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。

小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる。

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダル(=スズメ)とロリーニャは食べない。
Sps20080317avg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2008」 その5 パレード3。

世界最大級のブラジル・サンパウロの「ゲイパレード」が、
5月25日(日)に行われた。

そのパレードの模様を紹介していく。
Sps20080525gc

Sps20080525gd

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その148。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

もちろん大西洋である。
Spd20071205zf

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

terça-feira, 27 de maio de 2008

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その48 "Quarteto em Cy" 1。

4月19日(土)21時から、
サンパウロ市西部のSesc Pompeiaで、”3X4”というコンサート企画の初日に、"Quarteto em Cy"のコンサートがあった。

この”3X4”という企画は、
3人組と4人組のグループのジョイント・コンサートを4日間連続で行うというものであった。

最初に3人組のグループが演奏し、それが終了した後に4人組のグループが出てくるというのもで、両方のグループが一緒にステージ上がることはなかった。
Sps20080421a

3人組のグループはいずれもあまり有名なグループではなかったのだが、4人組のほうはブラジル音楽の歴史では超有名なグループが出演した。

初日19日の"Quarteto em Cy"につづいて、20日には"MPB4",21日は"Os Cariocas",そして最終日の22日には"Boca Livre"が出演した。

料金は、いずれも26レアルである。
※※SESCの会員はこれよりも安い。

このうちに"Os Cariocas"については、2007年12月に行われたものをすでに紹介している。

19日(土)に出演した3人組のグループは、"Trio Carapia"はギターを持った若い演奏家のグループだった。
10弦ギターを駆使した素晴らしい演奏だった。
いずれ紹介したい。

さて、"Quarteto em Cy"は結成から43年の歴史を持っている女性4人組のグループである。

もともとのメンバーでは、3人が姉妹だった。
その後何度かメンバーの改編はあったが、今に至っている。
Sps20080419sescpc

いうまでもなくボッサ・ノーヴァのグループである。
ということもあって、
観客の年齢はかなり高かった。

「sps20080419SESCPompeia-Quartetoency1.WAV」をダウンロード

「sps20080419SESCPompeia-Quartetoency2.WAV」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その173 Os gêmeos 30。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ。

サンパウロ市が、きれい好きな市長のせいで、
市の管轄にある施設や道路にあるグラフィッチを消しているのである。
消える前に、消される前に少しでも早く写真にとっておこうという焦りもある。

サンパウロ市の全域に、こういったグラフィッチはあるのだが、程度の良いものは歴史的中心部のセントロを中心としたところに多い。

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、
もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、
その地域にマッチしている作品を
描き続けている作家は、
何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、
作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
バンドフォ兄弟は、多作である。

今も、描き続けている。

なかった所に、新作を発見することも多い。

ただし、消されてしまったものもある。

彼らの多くの作品は、
かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシ、リベルダーヂ、ベラ・ヴィスタのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

撮影には、かなり手間暇がかかったところもある。
作品を発見しても、その時は撮影不可能と判断して、
最適な撮影場所やタイミングを求めて、何度も通ったところもある。

描いた彼らはもっと大変だっただろうか。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロから西のほうに延びるサン・ジョアン大通りの上に、ミニョコン(=大きなミミズの意味)と呼ばれる高架道路がかぶさってくる手前のビルの2階に、パンドルフォ兄弟の作品がある。

ミニョコンから見ることができる作品を、後日、地上からも確認しに行った。
Spd20071206ch

やはり、作品の下部はどの角度からもとらえることができなかった。
Spd20071206cg

ビルの周辺を回っていて、発見したのだが、
このビルのサン・ジョアン大通り側には、さらに3体もの作品が描かれていた。
Spd20071206ci

Spd20071206cj

この建物だけで、合計4体もの作品があるわけである。
ちなみにこの建物は、ちゃんと使用されている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その232 拙宅に来る鳥202。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。
大木も多い。
花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。

小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる。

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダル(=スズメ)とロリーニャは食べない。
Sps20080317avf

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2008」 その4 パレード2。

世界最大級のブラジル・サンパウロの「ゲイパレード」が、
5月25日(日)に行われた。

そのパレードの模様を紹介していく。
Sps20080525gb

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その147。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

もちろん大西洋である。
Spd20071205zc

Spd20071205zd

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

segunda-feira, 26 de maio de 2008

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その172 Os gêmeos 29。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ。

サンパウロ市が、きれい好きな市長のせいで、
市の管轄にある施設や道路にあるグラフィッチを消しているのである。
消える前に、消される前に少しでも早く写真にとっておこうという焦りもある。

サンパウロ市の全域に、こういったグラフィッチはあるのだが、程度の良いものは歴史的中心部のセントロを中心としたところに多い。

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、
もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、
その地域にマッチしている作品を
描き続けている作家は、
何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、
作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
バンドフォ兄弟は、多作である。

今も、描き続けている。

なかった所に、新作を発見することも多い。

ただし、消されてしまったものもある。

彼らの多くの作品は、
かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシ、リベルダーヂ、ベラ・ヴィスタのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

撮影には、かなり手間暇がかかったところもある。
作品を発見しても、その時は撮影不可能と判断して、
最適な撮影場所やタイミングを求めて、何度も通ったところもある。

描いた彼らはもっと大変だっただろうか。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロから西のほうに延びるサン・ジョアン大通りの上に、ミニョコン(=大きなミミズの意味)と呼ばれる高架道路がかぶさってくる手前のビルの2階に、パンドルフォ兄弟の作品がある。
Spd20071111h

このミニョコンは、
平日の21時から6時までと、休日は、沿線住民の生活を考えて、閉鎖されている。
休日は、歩行者天国になっているので、多くの人が、普段は車が走り抜けるこの道をゆっくりと歩いている。
そうやって歩きながら、見つけた作品である。

建物のベランダの内側の壁に描かれているので、作品の下部がベランダに隠れてどうしても見ることができなかった。
Spd20071111i

後日、この作品を地上からも確認することにした時に、大きな発見をすることになった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その47 Sala Sao Paulo。

ブラジル・サンパウロには、
常設のオーケストラ演奏の会場が2か所ある。

サンパウロ市立劇場とサーラ・サンパウロSala Sao Pauloである。
既に紹介している前者は、おもにサンパウロ市交響楽団が演奏会を開いており、州立のサーラ・サンパウロはサンパウロ州交響楽団が定例演奏会を開いている。

どちらがどちらというほどのそれぞれの交響楽団の評価をするような耳も感性も全く持ち合わせていない。
ただ、おおいに違うのは、料金設定である。

通常、サンパウロ市立劇場での交響楽団のコンサートは、最も高い席でわずか15レアル(=約950円)である。
四重奏などの場合には10レアルである。

ところが、サーラ・サンパウロは、通常でも、最も安い席でも28レアルで、最も高い席は98レアルである。

当然のことながら、値段に相応して、客層は見た目かなり違う。
とはいえ、クラシックを聴きに行こういう人は、随分と趣味が良いわけで、上品な人たちであることには変わりはない。

サーラ・サンパウロはセントロの北の端のあのクラコランヂアに隣接している。
サーラ・サンパウロから一歩離れると、もうそこにはクラシックとは縁もゆかりもない人たちが、その日その日を生きている。
収入で100倍以上、財産では月とすっぽんの差がある人たちが数十メートルの距離にいるのだが、決して交わることはない。
サーラ・サンパウロ自身は、鉄道駅の使わない部分を改造してコンサート会場にしたものである。
駅としても近郊電車の終着駅としてまだ機能しているのだが、
その料金は均一で2.4レアルである。

同じ駅の利用者でも、ガラス2枚隔てて、交わることがない。
Sps20080419sspb

4月19日(土)に、
そのサーラ・サンパウロのコンサートに行った。

どうしても聴きたい曲目だったからである。
毎日1回聴いてもいいくらい好きなラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」がプログラムにあったからだ。

この日を含めて、3日間の演奏スケジュールがあった。
1年間のプログラムは年初に発表されており、すべてのチケットが前売りで発売されていて、早めに買おうかと思っているうちに、コンサートの週になってしまった。
サーラ・サンパウロに出かけて、チケットを買おうと思ったら、この19日にチケットがわずか4枚しか残っていなかった。

それも、一番安い席だけ。
Sps20080416a

でも、その席がピアノ・コンツェルトにとっては決して悪い席ではなかった。
ステージ上のピアニストの右後方で、演奏している指の動きを見下ろすことができる席である。
Sps20080419sspf

この会場はまだ10年にもならず、音響効果を最良にするために、天井は高さを変えることができるというものだろうだ。
Sps20080419sspg

Sps20080419ssph

Sps20080419sspi

Sps20080419sspj

Sps20080419sspk

おもしろいのは、オーケストラの後ろ側にも、観客席が設けられていることである。
演奏家たちは、演奏終了後、両方にあいさつをする。
Sps20080419sspn

演奏そのものは絶品であった。
感動した。
Sps20080419sspp

そして、観客の拍手にこたえて、ちょっと弾いてくれたのが、ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」のあの部分である。

「sps20080419SalaSP-OESP3.WAV」をダウンロード

そういえば見たことある人がいた。
Sps20080419sspm

---------------------------
個人的には、サンパウロ市立劇場のほうが、何となくリラックスできる。
音響だって悪くない。

この二つの会場の価格設定が大きく違うのは、
客層を明らかに絞っているからだと思う。
貧富の差の大きなブラジルでは、そういった操作は簡単である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その231 拙宅に来る鳥201

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。
大木も多い。
花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。

小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる。

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダル(=スズメ)とロリーニャは食べない。
Sps20080317ave_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2008 その14 セリエA第3節ポルツゲーザ対パルメイラス戦 観戦1。

5月25日(日)18時10分から、
サンパウロのパカエンブー競技場で、
ブラジル選手権セリエA第4節の、
ポルツゲーザ対パルメイラス戦が行われた。

観戦に行った。

16時過ぎ、競技場のすぐ近くのイターポリス通りには「あの色」の人たちが、腹ごしらえをしていた。
Sps20080525fa

騎馬警官も、「あの色」の人たちの動きを警戒中。
トボガンは、パルメイラスのファン組織マンシャ・ヴェルヂの入り口だった。
Sps20080525fb

17時30分ごろ、トボガンには列ができていた。
Sps20080525fc

競技場西側にも、「あの色」がいっぱい。
本来、この地区にはバスのルートがほとんど設定されていない。
住宅専用街の環境を守るためと、
バスを必要する住民がほとんどいないからだろう。
だが、この日はゲイ・パレードのために、バスのルートが変わったので、バスが走っている。
Sps20080525fd

競技場正面のシャルレス・ミラー広場。
Sps20080525ff

観戦に行く親子3人連れ。
Sps20080525fe

競技場正面入り口。
この日は、ポルツゲーザのファンだけの入り口だったので、閑散としている。
Sps20080525fg

入口の向こうに見えるのが、パルメイラスのファンが陣取るトボガン席である。
Sps20080525fh

シャルレス・ミラー広場に集まっているポルツゲーザのファンの”精鋭”。
Sps20080525fi

この日のシャルレス・ミラー広場。
ポルツゲーザのファンしかいないので、とても静かだった。
Sps20080525fj
※クリックすると拡大する。

つづく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2008」 その3 パレード1。

世界最大級のブラジル・サンパウロの「ゲイパレード」が、
5月25日(日)に行われた。

そのパレードの模様を紹介していく。
Sps20080525ga

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その146。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

もちろん大西洋である。
Spd20071205za

Spd20071205zb

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

domingo, 25 de maio de 2008

サッカー・ブラジル選手権2008 その13 セリエA第3節終了。

サッカー・ブラジル選手権セリエAの第3節が、
5月24日(土)及び25日(日)に行われた。

結果は、次の通り。


5月24日(土)     第3節第1日目
試合開始        試合結果                  競技場
18h10  Grêmio     2 x 0  Náutico          Olímpico
18h10  Flamengo    2 x 1  Internacional       Maracanã
18h10  Vitória      4 x 0  Figueirense        Barradão
「20080524JN-BA3.wmv」をダウンロード
※インテルナシオナウは、ニウマールがゴールを決めていた。

5月25日(日)     第3節第1日目
試合開始        試合結果                  競技場
16h   Cruzeiro     4 x 0  Santos         Mineirão
16h   São Paulo    1 x 1  Coritiba         Morumbi
16h   Sport       2 x 1  Fluminense      Ilha do Retiro
16h   Goiás       1 x 1  Ipatinga         Serra Dourada
18h10  Portuguesa   1 x 1  Palmeiras        Pacaembu
18h10  Atlético-PR   1 x 1  Atlético-MG      Arena da Baixada
18h10  Botafogo     1 x 1  Vasco          Engenhão
「20080525GN22-BA3a.wmv」をダウンロード
「20080525GN22-BA3b.wmv」をダウンロード
※サントスは大敗。
 木曜日にリベルタド-レス杯から敗退したことが尾を引いているのか。
※サンパウロFCは地元で引き分け。
 このところチームの状態が悪い。
 罵声が飛んだようだ。
パルメイラスは引き分け
※ボタフォゴ対ヴァスコ・ダ・ガマの「クラシコ」は引き分けに終わっている。


次節の第4節の予定は次の通り。

5月31日(土)     第4節第1日目
試合開始        試合予定                  競技場
18h10  Vasco        x  Grêmio          São Januário
18h10  Internacional    x  Sport           Beira-Rio
18h10  Figueirense     x  Goiás           Orlando Scarpelli

6月1日(日)     第4節第2日目
試合開始        試合予定                  競技場
16h   Náutico        x  Botafogo         Aflitos
16h   Santos        x  São Paulo        Vila Belmiro
16h   Coritiba        x  Cruzeiro        Couto Pereira
16h   Ipatinga        x  Vitória          Ipatingão
18h10  Palmeiras       x  Atlético-PR      Parque Antarctica
18h10  Atlético-MG     x  Portuguesa       Mineirão
18h10  Fluminense     x  Flamengo        Maracanã
※サンパウロFCは、アウェーでサントスと対戦だが。
※パルメイラスは、地元パレストラ・イタリアに、アツレチコ・パラナエンセを迎える。


(第3節を終了した時点での順位)
Spf20080525a

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2008 その12 セリエA第3節ポルツゲーザ対パルメイラス戦。

5月25日(日)18時10分から、
サンパウロのパカエンブー競技場で、
ブラジル選手権セリエA第4節の、
ポルツゲーザ対パルメイラス戦が行われた。

ともに、サンパウロ市のクラブで、
自前の競技場は持っているのだが、
クラブ同士の話し合いで、
両クラブの試合は、
サンパウロ市営のパカエンブー競技場で行うことにした。

いつもホームのようにこのパカエンブー競技場を使っているコリンチャンスが、ああいうことになって、今年は日曜日にパカエンブー競技場を使うことがないこともあるだろう。

-------------------------
関心がないクラブの試合を観戦することほど、つまらないことはないことは重々承知しているのだが、24日(土)にチケットを買ってしまった。

パカエンブー競技場の北西端にあるいつものチケット売り場まで歩いて行ったら、
売り場は開いていたのだが、ほとんど誰もいない。
Sps20080524a

だが、係員がここはコリンチャンスの売り場だという。
「いつの試合」か聞いてみたら、
28日(水)のブラジル杯準決勝第2戦のチケットだという。
売り切れ」のはずではと言ったら、
高いいくつかの席はまだあるのだと言っていた。
報道でも、確かにそう言っていた。

ところで、パルメイラスの試合はどこで売っているのかと聞いたら、
なんと拙宅のすぐそばで売っているという。
そういえば、人がいたなと思って、
またてくてくと戻った。
Sps20080524b

そちらも、数名の列ができていた。
パカエンブーなのに、堂々と「あの色」の連中が歩いていた。
Sps20080524c

この試合も、
50レアル(=約2500円)もした。
Sps20080524fb
Sps20080524fc

-------------------------
この試合があったので、
ゲイパレードもそこそこで引き上げてこなければならなかった。

13時過ぎには、屋台を広げ始める人など現れたのだが、
16時でもまだ静か。
16時30分頃から、観客らしい人が見受けられ始めた。

拙宅を出たのは、17時30分過ぎ。
競技場の周辺に、「あの色」の人たちがいっぱいで、何とも変な感じ。

パカエンブー競技場の正面広場には、ほとんど「あの色」の人はいなかった。
なぜならパルメイラスのファン組織の席は南側のゴール裏のトボガン席で、
ポルツゲーザのファン組織の席が北側のゴール裏席になっていたからである。

何百人かのポルツゲーザのファンがいた。

だいたいこの試合は、
ポルツゲーザの主催試合であるのだが、
観客の90%はパルメイラスのファン。
ポルツゲーザのファンの席は、
北側ゴール裏席の西半分だけであった。
どういうわけか、北側ゴール裏席の東半分には観客を入れなかった。
その部分は、コリンチャンスの最強ファン組織のガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆様のお席なので、そこを穢すことがないように配慮したのだろうか。

試合は、
パルメイラスが前半に1点を入れて折り返したが、
後半にポルツゲーザのFWヂオゴにゴールを決められて同点。

結局、1対1で終了した。

入場者数は、6000人余。

関心のないクラブの試合は、やっぱりかなり居心地が悪かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その171 Os gêmeos 28。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ。

サンパウロ市が、きれい好きな市長のせいで、
市の管轄にある施設や道路にあるグラフィッチを消しているのである。
消える前に、消される前に少しでも早く写真にとっておこうという焦りもある。

サンパウロ市の全域に、こういったグラフィッチはあるのだが、程度の良いものは歴史的中心部のセントロを中心としたところに多い。

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、
もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、
その地域にマッチしている作品を
描き続けている作家は、
何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、
作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
バンドフォ兄弟は、多作である。

今も、描き続けている。

なかった所に、新作を発見することも多い。

ただし、消されてしまったものもある。

彼らの多くの作品は、
かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシ、リベルダーヂ、ベラ・ヴィスタのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

撮影には、かなり手間暇がかかったところもある。
作品を発見しても、その時は撮影不可能と判断して、
最適な撮影場所やタイミングを求めて、何度も通ったところもある。

描いた彼らはもっと大変だっただろうか。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロの南に隣接するリベルダーヂ地区も彼らの作品が多いところである。

サン・ジョアキン通りにも、パンドルフォ兄弟による作品がある。
プロドゥソンと彼らが呼ぶ巨大な壁画である。

曹洞宗の寺院の前である。
Spd20071215cj

廃墟となっていたかつての学校が、今リフォーム工事をしているのだが、そこの壁に描かれている。
Spd20071215cm

ここは、
日本移民100年記念事業の一つとして、
間部学美術館として生まれ変わることになっている。
Spd20071215ci

Spd20071215ch


巨大な作品なので、道の反対側から撮影しても、全貌をとらえることができない。
(相応の広角レンズが必要だ。)
Spd20071215cd

Spd20071215cf

Spd20071215cc

Spd20071215ca

この大きな人物画の左の二人は、実はパンドルフォ兄弟である。
彼ら自身が登場しているのは、いまだここだけしか知らない。
Spd20071215cb

そして、壁絵の下部に小さく同じ人の顔が並んでいるのだが、これは間部学画伯の顔である。
Spd20071215cg

すでに、故人となっているのだが、間部学画伯は非常に著名な画家であった。
なんどかご尊顔を拝したこともあった。
日本経済新聞の「私の履歴書」にも登場された方である。

※この作品が描かれてすぐに、ある方からその旨のご連絡をいただいた。
 市内のどこに描かれているか分からない作品を見つけ出すのは大変なことなので、
 こういったご協力は大変にありがたい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2008」 その2 大盛況。

世界最大級のブラジル・サンパウロの「ゲイパレード」が、
5月25日(日)に行われた。

快晴の秋空の下、
出発点のパウリスタ大通りは、今まで以上に超大混雑。
「20080525encimadahora-ParadaGay.wmv」をダウンロード

13時ころに、パレードは出発し、
コンソラソン大通りを下って、
レパブリカ広場に向かった。

コンソラソン大通りから、直線で数百メートル離れている拙宅でも、いつものように大音響が14時ころから2時間ほど轟いた。

--------------------------
サンパウロのゲイパレードは、
毎年、聖体節の週末に行われることになっている。

聖体節の木曜日くらいから、
参加者が続々とサンパウロに集まってきて、
あちこちの「発展場」はその筋の人たちがいつも以上にあふれていた。

金曜日には、
「発展場」で拾われて、
ホテルに連れていかれた男性が、
そのプールで死んだという事件が起きた。
原因は、薬物だという。
ホテルに連れて行った男性二人が事情聴取されたが、かれらの映像がテレビのニュースに出ていた。

今年は、今まであまり目立たなかった「レズ」の方々がパワーを増していて、
お手手をつないだ方々がいっぱいになっていた。

パレードでは、
交通事故があったり、
マコーニャ(=マリファナ)を使っている人がいたり、
いろいろなことがあったが、
総じて平和的に終了したようだ。

なんでも、5百万人が集まったという報道もある。

パレードの模様は、また追って紹介したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その46 "Maria Dapaz" 7。

4月24日(水)20時30分から、
サンパウロ市のメモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナでマリア・ダパスMaria Dapazのコンサートがあった。
Sps20080424malm

会場は、シモン・ボリバール公会堂の隣の「鏡の部屋」。
シモン・ボリバール公会堂に出演する演奏家のレッスンルームとしても使われているところである。
その名前のとおり、部屋の片面は鏡張りである。
Sps20080424maln

Sps20080424malo

「20080424MAL-MariadaPaz4.3gp」をダウンロード

Sps20080424malw

「sps20080424MAL-MariaDaPaz7.WAV」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その230 拙宅に来る鳥200

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。
大木も多い。
花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。

小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる。

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダル(=スズメ)とロリーニャは食べない。
Sps20080317avd

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その145。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

もちろん大西洋である。
Spd20071205y

Spd20071205z

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sábado, 24 de maio de 2008

サッカー・ブラジル選手権2008 その11 セリエB第3節終了。

サッカー・ブラジル選手権のセリエBの第3節が、
5月20日(火)、23日(金)及び24日(土)に行われた。

結果は次の通り。


5月20日(火)   第3節第1日目
試合開始     試合結果                 競技場
20h30  Marília       0 x 0  Paraná      Bento de Abreu
20h30  Criciúma     2 x 1  São Caetano   Heriberto Hulse
20h30  Vila Nova-GO   2 x 1  CRB        Serra Dourada

5月23日(金)   第3節第3日目
試合開始     試合結果                 競技場
20h30  Bragantino   0 x 1  Juventude      Marcelo Stéfani
20h30  Fortaleza    5 x 1  Gama         Castelão
20h30  Brasiliense   1 x 0  América-RN     Boca do Jacaré
「20080523sporTVnews-BB3.wmv」をダウンロード

5月24日(土)   第3節第3日目
試合開始     試合結果                 競技場
16h    Ponte Preta   3 x 2  Ceará       Moisés Lucarelli
16h    Santo André   2 x 0  Bahia       Bruno José Daniel
16h    ABC        0 x 1  Corinthians   Frasqueirão
20h30  Barueri      0 x 0  Avaí Arena Barueri
「20080524JN-BB3.wmv」をダウンロード
※コリンチャンスは3連勝。
 単独首位を保持。
(国歌独唱)
「20080524Futebol-BB3-ABC-Corinthians-Hino2.wmv」をダウンロード


次節の第4節の予定は次の通り。

5月27日(火)   第4節第1日目
試合開始     試合予定                 競技場
20h30  Ceará     x  Brasiliense        Castelão
20h30  Paraná     x  Bragantino        Durival Britto
20h30  Avaí      x  Santo André       Ressacada

5月30日(金)   第4節第2日目
試合開始     試合予定                 競技場
20h30  Juventude       x  Marília       Alfredo Jaconi
20h30  São Caetano     x  Vila Nova-GO   Anacleto Campanella
20h30  CRB           x  Criciúma     Rei Pelé

5月31日(土)   第4節第3日目
試合開始     試合予定                 競技場
16h    América-RN   x  Ponte Preta     Machadão
16h    Corinthians   x  Fortaleza       Pacaembu
16h    Bahia       x  Barueri        Jóia da Princesa
20h30  Gama        x  ABC          Mané Garrincha
※コリンチャンスは、地元パカエンブー競技場での試合。


(第3節を終了した時点での順位)
Sps20080524fa

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その170 Os gêmeos 27。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ。

サンパウロ市が、きれい好きな市長のせいで、
市の管轄にある施設や道路にあるグラフィッチを消しているのである。
消える前に、消される前に少しでも早く写真にとっておこうという焦りもある。

サンパウロ市の全域に、こういったグラフィッチはあるのだが、程度の良いものは歴史的中心部のセントロを中心としたところに多い。

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、
もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、
その地域にマッチしている作品を
描き続けている作家は、
何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、
作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
バンドフォ兄弟は、多作である。

今も、描き続けている。

なかった所に、新作を発見することも多い。

ただし、消されてしまったものもある。

彼らの多くの作品は、
かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシ、リベルダーヂ、ベラ・ヴィスタのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

撮影には、かなり手間暇がかかったところもある。
作品を発見しても、その時は撮影不可能と判断して、
最適な撮影場所やタイミングを求めて、何度も通ったところもある。

描いた彼らはもっと大変だっただろうか。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロの南に隣接するリベルダーヂ地区も彼らの作品が多いところである。

リベルダーヂ大通りとヴィセンチ・プラド通りのT字路には、ガソリンポストとバールがある。
そのバールの建物のヴィセンチ・プラド通りに面した所にも、
パンドルフォ兄弟の作品がある。
※すでに、一度掲載したがパンドルフォ兄弟の作品として改めて撮り直したので紹介する。
Sps20080421ci

Sps20080421cb

ここには、2体の作品がある。
Sps20080421cd

Spd20071225ct

Spd20071225cq

Spd20071225cs

そして、さらにその西側の高い塀には、
彼らがプロドゥソンと呼ぶ巨大な壁画がある。
Spd20071225cv

Sps20080421cc

Spd20071225cn

Sps20080421cg

彼らの手によるこのようなプロドゥソンは、
ここだけではなく何箇所かすでに発見している。

プロドゥソンの場合は、グラフィッチとは随分とタッチが異なっている。
グラフィッチの人物は、あたかもそこに本当にいるような人が描かれているのだが、プロドゥソンはそうではない。
それぞれにテーマを持っているようだし、
ややSF的である。
Spd20071225co

Spd20071225cp

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル代表のカカがひざの手術後退院。

カカKakáは、リオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroで、金曜日(5月23日)に左ひざの内視鏡手術を受けた後、土曜日(24日)にパステウル病院Hospital Pasteurを退院した。

手術の責任医師は、ブラジル代表のジョゼ・ルイス・ルンコJosé Luiz Runcoであった。
カカはこの週末から、前の所属クラブであるサンパウロFCで回復治療を始める。
「20080524GN22-Kaka-Alta.wmv」をダウンロード

予定では、カカは15日間でグラウンドに戻る。
これにより、米国Estados Unidosで5月31日に行われる対カナダCanadá戦と6月6日に行われる対ベネズエラVenezuela戦の親善試合のブラジル代表からは外れる。

---------------------------
手術の痕は本当に小さい。
Spf20080524akaka014741589ex00

---------------------------
5月23日(金)のサンパウロの新聞の多くに、カカ夫妻の写真が掲載されていた。
カカが信奉するキリスト伝道者再生教会の大集会に出席した時のものだ。
Sps20080523czq

Sps20080523czr

Sps20080523czs

いわゆる「広告塔」になっているわけである。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その45 "Maria Dapaz" 6。

4月24日(水)20時30分から、
サンパウロ市のメモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナでマリア・ダパスMaria Dapazのコンサートがあった。
Sps20080424malk

会場は、シモン・ボリバール公会堂の隣の「鏡の部屋」。
シモン・ボリバール公会堂に出演する演奏家のレッスンルームとしても使われているところである。
その名前のとおり、部屋の片面は鏡張りである。
Sps20080424mall

「20080424MAL-MariadaPaz3.3gp」をダウンロード
Sps20080424malv

「sps20080424MAL-MariaDaPaz6.WAV」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その229 拙宅に来る鳥199。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。
大木も多い。
花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。

小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる。

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダル(=スズメ)とロリーニャは食べない。
Sps20080317avc

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル杯2008 その17 準決勝第2戦コリンチャンス対ボタフォゴのチケット売り切れ。

5月28日(水)21時50分からサンパウロ市のモルンビーMorumbi競技場で行われるブラジル杯Copa do Brasil準決勝第2戦の対ボタフォゴBotafogo戦の試合のコリンチャンスCorinthiansのファンのための入場券はもう無い。
コリンチャンスTimãoのファンに向けられていた58,800枚すべてが、5月23日中に売れてしまった。

まだ、コリンチャンスのファンに向けられたものではない10、137枚が残っている。
それらは、モルンビーMorumbi競技場の指定椅子席のオーナーと個室camaroteの人たちのほかに、ボタフォゴBotafogoのフォンに向けられたものである。

5月23日(木)も、入場券を求める人がサンパウロでは多かった。
前日には、発売が開始されて6時間余で46,500枚が売れた。

金曜日に残っていたのは、黄色椅子席cadeiras amarelas (R$ 30), 赤地上席térreas vermelhas (R$ 25), 青特別椅子席cadeiras especiais azuisと赤特別椅子席vermelhas (R$ 40)そしてVIP席setor vip (R$ 50)だった。

-------------------------
試合の1週間前に発売開始されるは、ブラジルにしてはかなり早いのだが、それがわずか2日間で売り切れてしまった。
コリンチャンスのファンは、とにかくものすごい動員力を持っている。
サンパウロでは断トツの人気だし、ブラジル全体ではフラメンゴについで2番目である。

サンパウロ以外でも、ブラジルのどこに行っても、コリンチャンスのファンがスタンドを埋める。

-------------------------
5月22日(木)も、23日(金)も、発売所の一つのパカエンブー競技場の横を通ったのだが、長い列ができていた。
Sps20080523ca

23日(金)も、11時には300-400メートルの列ができていた。
Sps20080523cb

Sps20080523cc

すでに、窓口が開いていた。
Sps20080523cd

窓口付近にたむろしているのは、ダフ屋関係も多い。

16時頃には、列は100メートルくらいだった。
もう、高い席しか残っていなかったからだろう。
Sps20080523czw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル杯2008 その16 準決勝第1戦終了。

サッカー・ブラジル杯の準決勝第1戦が、
5月20日(火)及び21日(水)に行われた。

結果は次の通り。

5月20日(火)    第1日目
試合開始      試合結果                競技場
20h30    Botafogo   2 x 1  Corinthians      Engenhão
※コリンチャンスは先制したが、逆転された。
「20080520GN22-CB-SF1-Botafogo-Corinthians.wmv」をダウンロード

5月21日(水)    第2日目
試合開始      試合結果                競技場
21h50    Sport     2 x 0  Vasco         Ilha do Retiro
「20080521JG-CB-SF1-Sport-Vasco.wmv」をダウンロード
※スポルチの監督は、名古屋グランパスには懐かしいネルシーニョ・バチスタ監督である。


準決勝第2戦の予定は次の通り。

5月28日(水)    
試合開始      試合予定                競技場
21h50   Corinthians    x  Botafogo       Morumbi
21h50   Vasco       x  Sport         São Januário
※コリンチャンスの試合は、もうチケットが売り切れてしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その144。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

もちろん大西洋である。
Spd20071205x

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー:ロマリオの日々 その111 父親のエデヴァイールの埋葬で混乱。

プライバシーが無かった。
リオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroの北部のイニャウーマ墓地cemitério de Inhaúmaで、5月23日(金)に行われたロマリオRomárioの父親のエデヴァイール・ファリアEdevair Fariaの埋葬では感情が無視された。

多くの野次馬の存在が、木曜日の午後に亡くなったロマリオの父親の通夜でも埋葬でも、混乱の大きな理由だった。

とても激情して、ロマリオRomárioは、父親の心のクラブであるアメリカAméricaの旗に包まれた棺桶に寄りかかって泣いた。
「20080523sporTvnews-Romario-EdivairFaria2.wmv」をダウンロード

マスコミの相手をしなかったロマリオBaixinhoは、ヴァスコ・ダ・ガマの社長のエウリコ・ミランダEurico Mirandaのほかアルフレッド・サンパイオAlfredo Sampaio監督やアントニオ・ロペAntônio Lopesス監督のようなサッカーでの元同僚の助けを得て、埋葬に参加した。

「われわれはとても親しかった。 大きな痛みだ。 しかしアメリカAméricaを助けることについて話す時ではない」と、2部からアメリカを救うためにできる限りの助けをするかという質問に対してエウリコ・ミランダは答えた。


混乱のために遅れた埋葬の間、人々は儀式を見るために密集し、穴に落ちた。

---------------------------
エデヴァイール・ファリアのご冥福をお祈りする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sexta-feira, 23 de maio de 2008

サッカー・ブラジル代表のカカのひざの手術終了。

カカKakáの最初の手術は成功した。
約1時間かかった。
「20080523GloboEsporte-Kaka.wmv」をダウンロード

ジョゼ・ルイス・ルンコJosé Luis Runco医師によって左ひざの半月板の内視鏡手術が行われた。

カカは、5月24日(土)9時に、リオ・デ・ジャネイロRio de Janeiro北部のパステウル病院hospital Pasteurを退院する。

「すべて予想の範囲内だった。 けがは発見されていた。 手術の進行は完ぺきだった」と、ジョゼ・ルイス・ルンコは明言した。

ジョゼ・ルイス・ルンコはカカKakáの問題について説明した。

「半月板のこのけがは、まわったり走ったり止まったりする動きが過剰なことによって起きる。 とても不快である。 靴の中の石のようなものだ」と、ブラジル代表seleção brasileiraの医師は説明した。
ミランの医師マシミリアーノ・サーラMassimiliano Salaも手術にはつきあった。
「globoesporte.com Selecao Brasileira - NOTICIAS - Cirurgia de Kaka e bem-sucedida.swf」をダウンロード
「globoesporte.com Selecao Brasileira - NOTICIAS - Cirurgia de Kaka e bem-sucedida.meta」をダウンロード
※real player用。

ジョゼ・ルイス・ルンコによると、カカの回復は急ぐことはない。

「いろいろなメニューがある。 毎日新たに評価する。 ブラジル代表の試合からは自由になるだろうから、急ぐことはない」と、ジョゼ・ルイス・ルンコは語った。

カカは、この土曜日から回復治療を始める。
カカKakáは、サンパウロFCのReffis (Reabilitação Esportiva Fisioterápica e Fisiológica)で手当てをする。

--------------------------
カカは、サンパウロFCの出身なので、Reffisでの治療は自然。
Reffisでは、欧州で活動している多くのブラジル人選手の治療を無料で引き受けている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル代表 親善試合 カナダ戦・ベネズエラ戦 その3 アドリアーノが追加招集。

ブラジル・サッカー協会CBFは、5月23日(金)の午後、サンパウロFCのアドリアーノAdrianoを、5月31日と6月6日に米国Estados Unidosで行われる対カナダCanadá及び対ベネズエラVenezuelaのブラジル代表の親善試合にも召集すると発表した。

ドゥンガDunga代表監督が親善試合への代表リストを発表した時には、2010年のワールドカップCopa do Mundoの南米予選として行われる6月14日の対パラグアイParaguai戦及び18日のアルゼンチンArgentina戦のブラジル代表も発表されており、アドリアーノAdrianoは南米予選にだけ招集されていた。


このことは、リベルタドーレス杯Taça Libertadores da Américaの準決勝を戦うことがなくなったサンパウロFCに悪い影響を与えない。
それは、この水曜日に、サンパウロFCは準々決勝でフルミネンセFluminenseによって敗退させられたからである。

これで、7月10日のサンパウロFCとの契約の最後の日までアドリーアのには8試合が残っていたが、4試合になった。

アドリアーノAdrianoは、アドリアーノの要求でコリチーバCoritiba戦、ブラジル代表参加でサントスSantos戦、アツレチコ・ミネイロAtlético-MG戦そしてフラメンゴFlamengo戦に出場できなくなった。

----------------------------
アドリアーノは、サンパウロFCではタイトルを獲ることはできなかった。

サンパウロFCにとっても、リベルタドレース杯に敗退した今、アドリアーノに大きく期待するものはなくなった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その169 Os gêmeos 26。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ。

サンパウロ市が、きれい好きな市長のせいで、
市の管轄にある施設や道路にあるグラフィッチを消しているのである。
消える前に、消される前に少しでも早く写真にとっておこうという焦りもある。

サンパウロ市の全域に、こういったグラフィッチはあるのだが、程度の良いものは歴史的中心部のセントロを中心としたところに多い。

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、
もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、
その地域にマッチしている作品を
描き続けている作家は、
何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、
作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
バンドフォ兄弟は、多作である。

今も、描き続けている。

なかった所に、新作を発見することも多い。

ただし、消されてしまったものもある。

彼らの多くの作品は、
かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシ、リベルダーヂ、ベラ・ヴィスタのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

撮影には、かなり手間暇がかかったところもある。
作品を発見しても、その時は撮影不可能と判断して、
最適な撮影場所やタイミングを求めて、何度も通ったところもある。

描いた彼らはもっと大変だっただろうか。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロの南に隣接するリベルダーヂ地区も彼らの作品が多いところである。

コンデ・ヂ・サルゼーダス通りに入って最初の角を右に入ると、ドトール・トーマス・ヂ・リマ通りで、そこに沖縄県人会がある。

その沖縄県人会館のすぐ脇にある作品はすでに紹介した。Spd20071202czzp

Spd20071202czzq

そこから30メートルほど下った家にも、パンドルフォ兄弟のグラフィッチがある。
Spd20071202czzt

Spd20071202czzu

わずか30メートルほどの距離なのだが、雰囲気はぐっと悪くなる。
十分に警戒が必要である。
Spd20071202czzv

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その44 "Maria Dapaz" 5。

4月24日(水)20時30分から、
サンパウロ市のメモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナでマリア・ダパスMaria Dapazのコンサートがあった。
Sps20080424mali

会場は、シモン・ボリバール公会堂の隣の「鏡の部屋」。
シモン・ボリバール公会堂に出演する演奏家のレッスンルームとしても使われているところである。
その名前のとおり、部屋の片面は鏡張りである。
Sps20080424malj

「20080424MAL-MariadaPaz2.3gp」をダウンロード
Sps20080424malu

「sps20080424MAL-MariaDaPaz5.WAV」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その228 拙宅に来る鳥198。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。
大木も多い。
花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。

小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる。

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダル(=スズメ)とロリーニャは食べない。
Sps20080317avb

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル代表のカカが、ひざの手術。

カカは、サンパウロに戻っている

--------------------------
5月22日(木)に、ブラジル代表seleção brasileira の医師のジョゼ・ルイス・ルンコJosé Luís Runcoは、カカKakáが23日(金)朝にリオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroのパステウル病院Hospital Pasteurで左ひざを内視鏡手術すると明言した。

ジョゼ・ルイス・ルンコによると、カカはすでにリオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroにいる。
回復までの期間はこの手術の場合は15日間である。
それで、カカKakáは米国Estados Unidosで行われる対カナダCanadá及び対ベネズエラVenezuelaの親善試合ブラジル代表から外れることになった。

2010年のワールドカップCopa do Mundoの南米予選対パラグアイParaguai戦と対アルゼンチンArgentina戦については、未確定である。

「カカが内視鏡手術をすることは決まった。 彼は朝入院する。 血液検査をして、午前中には手術を開始することになる」と、ジョゼ・ルイス・ルンコは明言した。

ミランMilanの副社長のアドリアーノ・ガリャーニAdriano Gallianiは、ミランの医師のマシミリャアーノ・サーラMassimiliano Salaもブラジルにいてカカに付き添う。
ガリャーニは、カカについては心配していない。

---------------------------
カカは、
5月22日(木)は忙しかったはずだ。

22日(木)は、聖体節Corpus Christi。

ブラジルは休日だった。

カカは、所属するキリスト再生伝道者教会Igreja Apostólica Renascer em Cristoなどのエヴァンジェリカ系の教会が合同で行ったパレードに参加した。
「20080522JNsp2-CorpusChristi-Renasser-Kaka.wmv」をダウンロード

主催者発表で6百万人、警察発表では1.2百万人が、サンパウロ市北部のカンポ・ヂ・バガテリ広場に集まった。

カカの所属する再生教会の創立者の夫婦は、まだ米国で拘束されて、服役中(自宅軟禁刑)なので、参加できなかった。
映像での参加だった。
「20080522JN-CorpusChristi-Renasser-Kaka.wmv」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー:ロマリオの日々 その110 父親のエデヴァイールが亡くなった。。

ロマリオRomárioの父親のエデヴァイール・ファリアEdevair Fariaが、5月22日(木)16時過ぎに、リオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroの西部のバッハ・ダ・チジュッカBarra da Tijucaの病院で、3回心臓が止まったあとに亡くなった。

彼は、先週から尿感染症のために入院していた。
腎臓の問題で、3年前から溶血症になっていた。

エデヴァイールEdevairは76歳だった。
23日(金)16時に、デル・カスチーリョDel Castilhoのイニャウーマ墓地Cemitério de Inhaúmaに埋葬される。
家族は、ロマリオRomárioがフォルタレーザFortalezaから到着するのを待っている。

「彼は腎臓の問題があった。 明け方に心臓が止まった。 埋葬はイニャウーマ墓地Cemitério de Inhaúmaになる。 ロマリオRomárioはフォルタレーザFortalezaにいて、すでに知らせた」と、ロマリオBaixinhoの母親のリタdona Litaが明言した。

リタLitaによると、夫の最後の願いはアメリカAméricaのユニフォームと旗と一緒に埋葬してというものだった。

「彼は自分に、ユニフォームとメダルと、アメリカAméricaのすべてとにっしょにと頼んだ」と、アメリカAméricaのファンから多くの電話を受けていたリタdona Litaは明言した。

ロマリオRomárioの妻のイザベラ・ビッテンコウルチIsabella Bittencourtは、ロマリオBaixinhoは火曜日には病院にいた。
6月に発売されるDVDの"Romário é gol"の広報の最後にフォルタレーザFortalezaに行く前である。
エデヴァイールSeu Edevairは体調がよくて、ロマリオは水曜日に出かけることを決めた。
父親の具合が悪くなったことを知って、イザベラIsabellaはそれをロマリオをに電話で知らせた。

ロマリオBaixinhoは亡くなった知らせを受けて、フォルタレーザでの約束をキャンセルした。
ロマリオRomárioは、リオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroへ戻るためにすでに空港にいる。

「家族はロマリオRomárioの父親に付き添っていた。 しかし残念ながら、こういうことになった。 ロマリオはとてもショックを受けている。 リオ・デ・ジャネイロに戻ってきているところだ。 ロマリオRomárioはどうするのかを決めるために病院で我々と会う」と、イザベラIsabellaは語った。

--------------------------
ロマリオの父親は、アメリカの大ファンだった。
ロマリオが、アメリカのユニフォームを着ることを夢見ていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その143。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

もちろん大西洋である。
Spd20071130cy

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

quinta-feira, 22 de maio de 2008

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その168 Os gêmeos 25。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ。

サンパウロ市が、きれい好きな市長のせいで、
市の管轄にある施設や道路にあるグラフィッチを消しているのである。
消える前に、消される前に少しでも早く写真にとっておこうという焦りもある。

サンパウロ市の全域に、こういったグラフィッチはあるのだが、程度の良いものは歴史的中心部のセントロを中心としたところに多い。

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、
もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、
その地域にマッチしている作品を
描き続けている作家は、
何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、
作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
バンドフォ兄弟は、多作である。

今も、描き続けている。

なかった所に、新作を発見することも多い。

ただし、消されてしまったものもある。

彼らの多くの作品は、
かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシ、リベルダーヂ、ベラ・ヴィスタのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

撮影には、かなり手間暇がかかったところもある。
作品を発見しても、その時は撮影不可能と判断して、
最適な撮影場所やタイミングを求めて、何度も通ったところもある。

描いた彼らはもっと大変だっただろうか。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロの南に隣接するリベルダーヂ地区も彼らの作品が多いところである。

リベルダーヂ地区を東西に貫通するラヂエル・レスチ・オエスチが高架道路になっているグリセーリオ通りとの交差地点の橋脚にも、パンドルフォ兄弟によるグラフィッチが描かれていた。
Spd20071209cs

Spd20071225ca

5体の人物が描かれていたのだが、一番右側の1体は、上部からの汚水によって、ほとんど見えなくなっていた。
Spd20071209ce

Spd20071209cf

この作品は、
2007年4-5月に塗りつぶされてしまい、今はもう見ることはできない。

その後、塗りつぶされた橋脚には、新たに文字絵が描かれた。
Sps20080516ch

Sps20080516cg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その43 "Maria Dapaz" 4。

4月24日(水)20時30分から、
サンパウロ市のメモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナでマリア・ダパスMaria Dapazのコンサートがあった。
Sps20080424malg

会場は、シモン・ボリバール公会堂の隣の「鏡の部屋」。
シモン・ボリバール公会堂に出演する演奏家のレッスンルームとしても使われているところである。
その名前のとおり、部屋の片面は鏡張りである。
Sps20080424malh

「20080424MAL-MariadaPaz1.3gp」をダウンロード

Sps20080424malt

「sps20080424MAL-MariaDaPaz4.WAV」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その227 拙宅に来る鳥197。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。
大木も多い。
花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。

小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる。

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダル(=スズメ)とロリーニャは食べない。
Sps20080317ava

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その142。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

もちろん大西洋である。
Spd20071130cx

Spd20071130cza

Spd20071130cz

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

quarta-feira, 21 de maio de 2008

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その167 Os gêmeos 24。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ。

サンパウロ市が、きれい好きな市長のせいで、
市の管轄にある施設や道路にあるグラフィッチを消しているのである。
消える前に、消される前に少しでも早く写真にとっておこうという焦りもある。

サンパウロ市の全域に、こういったグラフィッチはあるのだが、程度の良いものは歴史的中心部のセントロを中心としたところに多い。

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、
もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、
その地域にマッチしている作品を
描き続けている作家は、
何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、
作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
バンドフォ兄弟は、多作である。

今も、描き続けている。

なかった所に、新作を発見することも多い。

ただし、消されてしまったものもある。

彼らの多くの作品は、
かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシ、リベルダーヂ、ベラ・ヴィスタのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

撮影には、かなり手間暇がかかったところもある。
作品を発見しても、その時は撮影不可能と判断して、
最適な撮影場所やタイミングを求めて、何度も通ったところもある。

描いた彼らはもっと大変だっただろうか。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロの南に隣接するリベルダーヂ地区も彼らの作品が多いところである。
ただ、そのほとんどはコンセリェイロ・フルタード通りよりも東側にある。
つまり、危険な雰囲気のところだ。

リベルダーヂ地区を断ち切って、サンパウロ市の東西を結ぶラヂアル・レスチ・オエスチ。
その高架道路とグリセーリオ通りの南西側の交差点にある小さなガソリンポスト。
ここは、もうリベルダーヂ地区でも一番下のところだ。

このガソリンポストも、あのサンパウロ通りにも面している。
これは、サンパウロ通りと交差するシンブー通り。
Spd20071209cx

このガソリンポストの裏の建物の壁にも、パンドルフォ兄弟の作品があるをの発見してしまった。
Sps20080523czl

発見したのは、ラヂアル・レスチ・オエスチを西に向かっているときに、つい発見してしまった。
Sps20080523czm

この道路の西行きからでは、作品を完全にとらえることはできない。
かといって東行きからでは後方に向かって撮影しなくてはならない、大幹線道路なので交通量が多くてとても悠長に写真などとってはいられない。
Sps20080523czn

地上から、撮影することにしたのだが、ロケーションハンティングには大変苦労した。

なにしろ、ここはもうかなりまがまがしいところだからである。

日曜日に決行することにしたのだが、
その日は、ガソリンポストの正面から東に向かうサンパウロ通りではフェイラ(=青空市)が開催されている。

それが終わるの時間を狙っていったのだが、遅くなればなるほど客層が落ちるのがフェイラである。
余計に雰囲気は悪くなっていた。
Spd20071209ca

ガソリンポストに近づきすぎると、その屋根で隠れてしまう。
Spd20071209cb

高架の下あたりでなければ、作品の全貌をとらえることができない。
Spd20071209cc

そこが唯一のポイントであった。
Spd20071225cm

Spd20071209cd

ただ、高架の脇の様子はこんな感じ。
Spd20071209cg

Spd20071225cb

Spd20071209cr

Spd20080209ci

Spd20080209cj

高架に沿って、お住まいになっている方も多いところだ。
Spd20071209cq

その後も何度か時間を変えて、曜日も変えてみたが、
一眼レフで望遠でもなければ、きれいにとらえることは難しい。
ただ、このあたりで一眼レフで望遠は、勘弁してもらいたい。

※このところこの高架下に警察の車が常駐している。
 一眼レフで望遠でトライしてみるか検討中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その42 "Maria Dapaz" 3。

4月24日(水)20時30分から、
サンパウロ市のメモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナでマリア・ダパスMaria Dapazのコンサートがあった。
Sps20080424male

会場は、シモン・ボリバール公会堂の隣の「鏡の部屋」。
シモン・ボリバール公会堂に出演する演奏家のレッスンルームとしても使われているところである。
その名前のとおり、部屋の片面は鏡張りである。
Sps20080424malf

このコンサートは、一連のProjeto Adniranアドニラン・プロジェクトのひとつとして開催された。
アドニラン・プロジェクトについての説明が以下にある。
ポルトガル語に堪能な方は自力で呼んでいただきたい。
Sps20080424malr
※クリックすると拡大する。

マリア・ダパスについての説明である。
Sps20080424mals
※クリックすると拡大する。

「sps20080424MAL-MariaDaPaz3.WAV」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その226 拙宅に来る鳥196。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。
大木も多い。
花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。

小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる。

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダル(=スズメ)とロリーニャは食べない。
Sps20080315avzx

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジルのロナウド2008 その4 ロナウドとおかまの今。

ロナウドRonaldoと、そしてロナウドに一度は見染められたおかまは、今それぞれの道を歩き始めている。

----------------------------

ロナウドRonaldoとビア・アントニーBia Antonyは、5月18日(日)にフランスFrançaのパリParisに向かって出発した。
おかまtravestiとロナウドがもめた後、二人は元に戻ったところを証明した。

ロナウドは微笑みながら、平静で、何度も恋人に接吻した。
しかし、ビア・アントニーは執拗なカメラマンにいらいらしたところを見せて、手で隠すしぐさを見せた。
ロナウドは、27日(火)に、ケガをしたひざの診察を受ける予定がある。

Spf20080519a014693857exh00
※クリックすると拡大する。

----------------------------
そして、ロナウドと出会って、幸運をもらったおかまについてである。

ロナウドRonaldo Fenômenoとのもめごとを利用して、おかまのアンドレーア・アルベルチーニAndrea Albertiniはポルノ・フィルムfilme pornôを発売する準備をしている。 アンドレーア・アルベルチーニは4人の俳優(3人の男優と1品の女優)と5本のフィルムをとった。

「彼女は有名人」"Ela é Um Fenômeno", というフィルムは、6月後半にレンタル・ビデオ店に出るとみられている。

あのことを利用しながらも、プロデューサーはフィルムの中で、ロナウドを暗示するようなものは一切ないと保証した。

Spf20080520a014696063exh00
※クリックすると拡大する。

ロナウド絡みなので、見てみたい人はいっぱいいると思う。
でも、レンタル店で借りるのは、かなり恥ずかしい。

----------------------------

リオ・デ・ジャネイロ州の公共省は、刑法Código Penal158条の恐喝extorsãoで、4月末にロナウドRonaldoと揉めたアンドレーアAndréiaとして知られているおかまtravestiのアンドレ・アルベルトーニAndré Albertoniを告発した。

告発で、検事のアレシャンドレ・ムリーロ・グラサAlexandre Murilo Graçaは「通称アンドレーアAndreiaのアンドレ・ルイス・リベイロ・アルベルトーニAndré Luiz Ribeiro Albertoniは、金銭的な利益を得ようとして、脅迫することで、ロナウド・ルイス・ナザリオ・ヂ・リマRonaldo Luís Nazário de Limaを抑えつけた」と言っている。

検事によると、アンドレーアAndréiaは4月28日(月)の明け方5時に、売春の場所であるバッハ・ダ・チジュッカBarra da Tijucaのオ広場Praça do Óで、ロナウドRonaldoの車に入った。

ホテルに行くまでに、ロナウドRonaldoはアンドレーアAndréiaにさらに二人の女友達を呼ぶように頼んだ。
おかまのカルラCarlaことジュニオール・リベイロ・ダ・シウヴァJúnior Ribeiro da SilvaとヴェイダVeidaことヴィニシウス・ヂ・ソウザ・ダ・シウヴァVinicius de Souz da Silvaである。
告発状によると、オ広場Praça do Óにあるモーテル・パピオンMotel Papillonで、ロナウドRonaldoはやっと3人がおかまと気付いた。

グラッサ検事は、ロナウドRonaldoがリオ・デ・ジャネイロ州選手権Campeonato CariocaでフラメンゴFlamengoがボタフォゴBotagoに勝利したことを祝って夜の店でアルコールを飲んだ、と思っている。

告発状では、
「3時間部屋の中にいた後で、被害者は女性ではなくておかまと気付いた。 それで、やるのを断念した。 それでロナウドRonaldoはおかまたちtravestisと支払の交渉した。 カルラ'Carla'とヴェイダ'Veida'は提示された金額1300レアル(=約8万円)に同意した」という。

検事は、アンドレーアAndréiaは顧客がサッカーの超有名な選手ということを利用して、5万レアルを要求した。 そうしないと名声を傷つけ、CM契約を失わせるために、新聞や雑誌に話すと脅した。 

告発は、アンドレーアAndréiaは重大な罪と考えられる犯罪の脅迫をしたとして、4-10年の禁錮を要求している。

検事はpromotor、4人(ロナウドRonaldoと3人のおかま)、モーテルの従業員と、聴取した警察官たちを、証人として要求いる。

告発状で、今まで報じられていなかったことまで出てきた。
モーテルで、おかまと気付くまで、3時間も何をしていたのだろうか。

-----------------------------
ロナウドは、パリに行ったので、
ロナウドについては沈静化するだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その141。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

もちろん大西洋である。
Spd20071130czb

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

terça-feira, 20 de maio de 2008

ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その132 ほくろは取らない。

サブリナ・サトウSabrina Satoは、額testaのほくろpintaを取るのを断念した。

「もう取る事は望んでいない。 怖かった。 ほくろは自分に幸運をくれた。 ほくろは自分の幸運のしるしになる」と、サブリナ・サトウSabrina Satoは言った。

パニコ"Pânico"はサブリナ・サトウを、額のほくろを取る手術をして、それをボーラBolaに移植するために、海外に送ろうとした。

「彼らはほくろをダニだと呼んでいる。 でも自分は気にしない」と、サブリナ・サトウは話した。

手術費用は、5000米ドルになりそうだった。

-----------------------------
サブリナ・サトウの額の中央にあるほくろのことだ。

ボーラとは、サブリナ・サトウがレギュラー出演している、このブログではおなじみのpanico na TVという番組の、サブリナ・サトウのコーナーにいつも出演しているデブの男性のことである。
ほくろを取って、移植しようとは、panico na TVの考えそうなことである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その166 Os gêmeos 23。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ。

サンパウロ市が、きれい好きな市長のせいで、
市の管轄にある施設や道路にあるグラフィッチを消しているのである。
消える前に、消される前に少しでも早く写真にとっておこうという焦りもある。

サンパウロ市の全域に、こういったグラフィッチはあるのだが、程度の良いものは歴史的中心部のセントロを中心としたところに多い。

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、
もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、
その地域にマッチしている作品を
描き続けている作家は、
何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、
作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
バンドフォ兄弟は、多作である。

今も、描き続けている。

なかった所に、新作を発見することも多い。

ただし、消されてしまったものもある。

彼らの多くの作品は、
かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシ、リベルダーヂ、ベラ・ヴィスタのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

撮影には、かなり手間暇がかかったところもある。
作品を発見しても、その時は撮影不可能と判断して、
最適な撮影場所やタイミングを求めて、何度も通ったところもある。

描いた彼らはもっと大変だっただろうか。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロの南に隣接するリベルダーヂ地区も彼らの作品が多いところである。
ただ、そのほとんどはコンセリェイロ・フルタード通りよりも東側にある。
つまり、危険な雰囲気のところだ。

タマンダレ通りとラヴァーペス通りが交差するところにガソリンポストがある。
Spd20071209cy

そのガソリンポストのラヴァーぺス通りに面した所にも、パンドルフォ兄弟の作品がある。
Spd20071209czb

Spd20071209czc

いつも足元にはゴミ袋が置かれているような気がする。
Spd20080124cm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その41 "Maria Dapaz" 2。

4月24日(水)20時30分から、
サンパウロ市のメモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナでマリア・ダパスMaria Dapazのコンサートがあった。

無料の、そしてわずか100人終了の会場でのコンサートだが、いつものようにプログラムは用意されている。
Sps20080424malp

Sps20080424malq

Sps20080424malc

会場は、シモン・ボリバール公会堂の隣の「鏡の部屋」。
シモン・ボリバール公会堂に出演する演奏家のレッスンルームとしても使われているところである。
その名前のとおり、部屋の片面は鏡張りである。

Sps20080424mald

「sps20080424MAL-MariaDaPaz2.WAV」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その225 拙宅に来る鳥195。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。
大木も多い。
花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。

小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる。

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダル(=スズメ)とロリーニャは食べない。
Sps20080315avzw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その131 絞って絞って、すってんころりん。

ブラジルで大人気の日系人タレントのサブリナ・サトウSabrina Sato

サブリナ・サトウは、rede TV!局が毎週日曜日20時30分頃から約2時間放送している、ブラジルで最も下品な馬鹿番組panico na TVにレギュラー出演している。
Sps20080504sbb

この番組の企画で、今まで考えられないくらい数々ハードな(そして時には馬鹿馬鹿しい)チャレンジをさせられてきたサブリナ・サトウである。

------------------------------
2007年11月頃から、
サブリナ・サトウ単独のチャレンジが減って、
いつも番組ではビキニ姿でゆらゆらしているだけのレギュラーの女性も加わってのチャレンジ企画が増えた。

今や伝説となった「牛」ファッションショーの評判が良かったのか、視聴率が良かったのかしらないが、
その二番煎じとしか言いようのない「犬」ファッションショーを行い、見事に外した後は「ネズミ」である。

チームに分かれて競技をした後に、負けたチームが必ず「罰」をうけるようになった。

このところは、チャレンジ性は低くなってきて、ばかばかしいゲームとそのあとの「穢い」罰ゲームに重きがある趣向になってきた。

【正直なところ、この頃飽きてきた。】

---------------------
また、サブリナ・サトウとパニ・カッチPanicatsが集まった。
Sps20080504sbc

今日の競技は、「絞って、また絞って」ゲームである。
Sps20080504sbd

まんなかにいるボーラは、魚の着ぐるみを着ている。
Sps20080504sbe

それぞれのチームの名前が発表された。
Sps20080504sbf

そして、競技会場に移動した。
Sps20080504sbg

ボーラが持っているプラスチックのボールに、
後方にある水槽の緑と黄色の塗料を、それぞれのチームがどれだけ入れることができるかを競うのである。
Sps20080504sbh

水槽は、本来はビニール製の子供用プールである。
Sps20080504sbi

まず最初の選手が位置についた。
Sps20080504sbj

Sps20080504sbk

水槽に飛び込んで、服を浸す。
Sps20080504sbl

たっぷりと、浸み込ませる。
Sps20080504sbm

そして、素早くボールに向かう。
Sps20080504sbn

ボールの真上に立って、ボールに向かって浸みこんだ塗料を落とすのである。
Sps20080504sbo

服を絞って、塗料をボールに入れる。
Sps20080504sbp

後方からのカメラの映像は、なかなか迫力がある。
ブラジルのテレビとしては、外すことができない映像である。
Sps20080504sbq

大体絞り切ったら、また水槽に戻る。
Sps20080504sbr

持ち時間は1分間でこれを繰り返すのである。
Sps20080504sbs

二組目の開始だ。
Sps20080504sbt

グットな映像。
Sps20080504sbu

女性たちの身体を張った戦いに、頭が下がる。
Sps20080504sbv

二組目が終了。
Sps20080504sbw

三組目つまりサブリナ・サトウがはいっている組である。
Sps20080504sbx

ところが、そのサブリナ・サトウは、
最初にボールの真上で塗料を落とそうとしたときに、
あわてていて滑ってしまった。
Sps20080504sbzb

そして、ボールを飛ばして、今までの分も全部こぼしてしまったのだ。
Sps20080504sby

Sps20080504sbzc

Sps20080504sbza

Sps20080504sbz

それから、気を取り直して、頑張ったのだが。。。。
Sps20080504sbzd

Sps20080504sbze

サブリナ・サトウは、後方のカメラからの映像をしっかり意識している。
タレントの鏡だ。
Sps20080504sbzf

サブリナ・サトウの仲間はもううつむいている。
Sps20080504sbzg

とても頑張った。
不自然なまでに、お尻を上げているようにも思えるが、ディレクターの指示に従っているのだろう。
Sps20080504sbzh

最後まで、サブリナ・サトウは全力を尽くした。
Sps20080504sbzi

同じチームのサマンバイア嬢はもう顔の表情が固まっている。
Sps20080504sbzj

サブリナ・サトウが謝るのだが、そっぽを向いている。
Sps20080504sbzs

Sps20080504sbzk

サマンバイア嬢は、完全に怒っている。
Sps20080504sbzl

「20080504paniconaTV-SabrinaSato2.wmv」をダウンロード

計量を行うまでもなく、緑の量が圧倒的に少ない。
サブリナ・サトウのチームの負けである。
Sps20080504sbzm

そして、
「罰」である。
生のマスが出てきた。
Sps20080504sbzn

それをそのまま頭からジューサーに入れる。
Sps20080504sbzo

出てきた液。
これを飲むのだ。
Sps20080504sbzp

サブリナ・サトウの隣で、サマンバイア嬢は完全に無表情。
Sps20080504sbzq

何よりも責任があるサブリナ・サトウが最初に飲む。
Sps20080504sbzr

サマンバイア嬢は吐き出した。
Sps20080504sbzt

こうして、コーナーは楽しく終了した。
Sps20080504sbzu

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その140。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

もちろん大西洋である。

曇っていて、
海に入るのは、ちょっとつらかったこの日に、
大勢で海に入っている一団があった。
Spd20071130cq

なんだろうと思って近づいてみた。
Spd20071130cr

いろいろな障害を持った人たちを、
それ以上の人数のボランティアの人たちが、
海に連れてきていたのだった。
ブラジルは、こういった社会福祉活動をする団体がいっぱいある。
障害者には、一般に優しい社会である。
障害者が、多いこともあるようだが。
Spd20071130cs

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

segunda-feira, 19 de maio de 2008

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その40 "Maria Dapaz" 1。

4月24日(水)20時30分から、
サンパウロ市のメモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナでマリア・ダパスMaria Dapazのコンサートがあった。

会場は、シモン・ボリバール公会堂の隣の「鏡の部屋Sala dos Espelhos」。
シモン・ボリバール公会堂に出演する演奏家のレッスンルームとしても使われているところである。
その名前のとおり、部屋の片面は鏡張りである。

この会場の収容人数は、わずか100人。
先着順である。
先着順というのは結構面倒だ。
1時間前にいけば、まだ誰もいないのかいるのかと、大いに悩むからである。
せっかく行って、すでに100人いたら、
すごすごと帰ることになる。
そんな目にはあいたくないと思う。
だから、早目と思う時刻に行く。

そして、このコンサートも無料。
Sps20080424mala

マリア・ダパスが、ギターを持って現れた。
Sps20080424malb

「sps20080424MAL-MariaDaPaz1.WAV」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その165 Os gêmeos 22。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ。

サンパウロ市が、きれい好きな市長のせいで、
市の管轄にある施設や道路にあるグラフィッチを消しているのである。
消える前に、消される前に少しでも早く写真にとっておこうという焦りもある。

サンパウロ市の全域に、こういったグラフィッチはあるのだが、程度の良いものは歴史的中心部のセントロを中心としたところに多い。

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、
もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、
その地域にマッチしている作品を
描き続けている作家は、
何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、
作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
バンドフォ兄弟は、多作である。

今も、描き続けている。

なかった所に、新作を発見することも多い。

ただし、消されてしまったものもある。

彼らの多くの作品は、
かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシ、リベルダーヂ、ベラ・ヴィスタのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

撮影には、かなり手間暇がかかったところもある。
作品を発見しても、その時は撮影不可能と判断して、
最適な撮影場所やタイミングを求めて、何度も通ったところもある。

描いた彼らはもっと大変だっただろうか。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロの南に隣接するリベルダーヂ地区も彼らの作品が多いところである。
ただ、そのほとんどはコンセリェイロ・フルタード通りよりも東側にある。
つまり、危険な雰囲気のところだ。

コンセリェイロ・フルタード通りは、バロン・ヂ・イグアペ通りの次に、ラヴァぺス通りと交差する。
この交差点の南東角にあるビルの壁に、パンドルフォ兄弟の作品がある。
Spd20071209cza

Spd20071209ct

ラヴァぺス通りに面している。
Spd20071209czbb

Spd20080124cn

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その224 拙宅に来る鳥194。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。
大木も多い。
花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。

小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる。

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダル(=スズメ)とロリーニャは食べない。

インコである。
Sps20080315avg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その139。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

もちろん大西洋である。
Spd20071130ct

Spd20071130cu

Spd20071130cw

Spd20071130cv

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

domingo, 18 de maio de 2008

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その164 Os gêmeos 21。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ。

サンパウロ市が、きれい好きな市長のせいで、
市の管轄にある施設や道路にあるグラフィッチを消しているのである。
消える前に、消される前に少しでも早く写真にとっておこうという焦りもある。

サンパウロ市の全域に、こういったグラフィッチはあるのだが、程度の良いものは歴史的中心部のセントロを中心としたところに多い。

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、
もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、
その地域にマッチしている作品を
描き続けている作家は、
何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、
作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
バンドフォ兄弟は、多作である。

今も、描き続けている。

なかった所に、新作を発見することも多い。

ただし、消されてしまったものもある。

彼らの多くの作品は、
かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシ、リベルダーヂ、ベラ・ヴィスタのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

撮影には、かなり手間暇がかかったところもある。
作品を発見しても、その時は撮影不可能と判断して、
最適な撮影場所やタイミングを求めて、何度も通ったところもある。

描いた彼らはもっと大変だっただろうか。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロの南に隣接するリベルダーヂ地区も彼らの作品が多いところである。
ただ、そのほとんどはコンセリェイロ・フルタード通りよりも東側にある。
つまり、危険な雰囲気のところだ。

そのコンセリェイロ・フルタード通りから東に降りる道の一つに、コンデ・ヂ・サルゼーダス通りという道がある。
この道が、サンパウロ市で最初に日本人が住み着いたと言われている道である。
もともと農業移民で、サンパウロ市のような都市にはいなかったのだが、農業から商業に転身して、この道に住んだということだ。
20年ほど前までは、まだ宮本書店や太陽堂と言った書店もあり、確かにもう外れてはいたけれど、日本人がいた雰囲気はあった。
しかし、今はそういう雰囲気はない。

下れば下るほど、雰囲気は悪くなる。
日中に、車で通るだけにしておきたい。
Spd20071202czzo

さて、そのコンデ・ヂ・サルゼーダス通りに入って最初の角を右に入ると、ドトール・トーマス・ヂ・リマ通りで、そこに沖縄県人会がある。
ブラジルへの移民の半分は、沖縄県人と言われている。
ここで、日本文化と言われているものにも、沖縄由来のものがとても多い。

その沖縄県人会のすぐ左隣にもパンドルフォ兄弟の作品がある。
Spd20080210ce

この通りは、もう雰囲気がかなり悪くなってくるので、沖縄県人会からあまり低いほうに離れたところに行かないことをお勧めする。
Spd20080210cf

沖縄県人会館ができたときは、もっと安全だったのだろうが、いまは雰囲気が変わってしまった。
Spd20080210cg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その223 拙宅に来る鳥193。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。
大木も多い。
花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。

小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる。

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダル(=スズメ)とロリーニャは食べない。
Sps20080314avt

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2008 その10 セリエA第2節終了。

サッカー・ブラジル選手権のセリエAの第2節が、
5月17日(土)および18日(日)に行われた。

結果は次の通り。

5月17日(土)      第2節第1日目
試合開始       試合結果             競技場
18h10  Cruzeiro   1 x 0  Botafogo      Mineirão
18h10  Vasco    3 x 1  Portuguesa     São Januário
18h10  Sport     0 x 0  Vitória        Ilha do Retiro
「20080517GN22-BA2.wmv」をダウンロード


5月18日(日)      第2節第2日目
試合開始       試合結果             競技場
16h   Grêmio      0 x 0  Flamengo    Olímpico
16h   Atlético-PR   1 x 1  São Paulo    Kyocera Arena
16h   Fluminense   0 x 2  Náutico     Maracanã
16h   Goiás       1 x 1  Atlético-MG  Serra Dourada
18h10  Santos      4 x 0  Ipatinga     Vila Belmiro
18h10  Palmeiras    2 x 1  Internacional  Parque Antarctica
18h10  Figueirense   2 x 1  Coritiba     Olrando Scarpelli

※サンパウロFCは、リベルタドーレス戦に備えて、主力を休ませた。


次節の第3節の予定は次の通り。

5月24日(土)      第3節第1日目
試合開始       試合予定             競技場
18h10  Grêmio     x  Náutico        Olímpico
18h10  Flamengo    x  Internacional    Maracanã
18h10  Vitória      x  Figueirense     Barradão

5月25日(日)      第3節第2日目
試合開始       試合予定             競技場
16h   Cruzeiro     x  Santos       Mineirão
16h   São Paulo    x  Coritiba       Morumbi
16h   Sport       x  Fluminense    Ilha do Retiro
16h   Goiás       x  Ipatinga      Serra Dourada
18h10  Portuguesa   x  Palmeiras      Pacaembu
18h10  Atlético-PR  x  Atlético-MG    Kyocera Arena
18h10  Botafogo    x  Vasco        Engenhão
※サンパウロ市内のクラブ同士のポルツゲーザとパルメイラスの試合は、
 2試合ともパカエンブー競技場で行われると、
 両チームの話し合いで決まった。

(第2節を終了した時点での順位は次のとおり)
Sps20080518fa

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2008 その9 セリエB第2節終了。

サッカー・ブラジル選手権のセリエBの第2節が、
5月13日(火)、16日(金)および17日(土)に行われた。

結果は次の通り。

5月13日(火)    第2節第1日目
試合開始       試合結果              競技場
20h30  Santo André   1 x 3  Brasiliense    Bruno José Daniel
20h30  Marília       2 x 2  Barueri      Bento de Abreu

5月16日(金)    第2節第2日目
試合開始       試合結果              競技場
20h30  Juventude    1 x 0  Criciúma     Alfredo Jaconi
20h30  Ponte Preta   1 x 0  Bragantino    Moisés Lucarelli
20h30  Vila Nova-GO  1 x 0  Ceará       Serra Dourada

5月17日(土)    第2節第3日目
試合開始       試合結果              競技場
16h    América-RN   0 x 1  Bahia       Machadão
16h    Fortaleza     4 x 1  Paraná      Castelão
16h    Gama       1 x 3  Corinthians   Boca do Jacaré
16h    CRB        1 x 1  São Caetano  Rei Pelé
20h30  Avaí        0 x 0  ABC       Ressacada
「20080517JNsp2-BB2-Gama-Corinthians.wmv」をダウンロード
「20080517GN22-BB2.wmv」をダウンロード
※コリンチャンスは一度は同点に追いつかれるが、
 自力で突き放した。
 ブラジリアでもコリンチャンスのファンはいっぱいだ。
 唯一の2連勝で勝ち点6の単独トップ。


次節の第3節の予定は次の通り。

5月20日(火)    第3節第1日目
試合開始       試合予定              競技場
20h30  Marília        x  Paraná      Bento de Abreu
20h30  Criciúma       x  São Caetano  Heriberto Hulse
20h30  Vila Nova-GO    x  CRB       Serra Dourada

5月23日(金)    第3節第2日目
試合開始       試合予定              競技場
20h30  Bragantino     x  Juventude    Marcelo Stéfani
20h30  Fortaleza      x  Gama       Castelão
20h30  Brasiliense     x  América-RN   Boca do Jacaré

5月24日(土)    第3節第3日目
試合開始       試合予定              競技場
16h    Ponte Preta    x  Ceará       Moisés Lucarelli
16h    Santo André    x  Bahia       Bruno José Daniel
16h    ABC         x  Corinthians   Frasqueirão
20h30  Barueri       x  Avaí       Arena Barueri


(第2節を終了した時点での順位)
Sps20080517fa

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その138。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

もちろん大西洋である。
Spd20071130cm

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sábado, 17 de maio de 2008

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その163 Os gêmeos 20。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ。

サンパウロ市が、きれい好きな市長のせいで、
市の管轄にある施設や道路にあるグラフィッチを消しているのである。
消える前に、消される前に少しでも早く写真にとっておこうという焦りもある。

サンパウロ市の全域に、こういったグラフィッチはあるのだが、程度の良いものは歴史的中心部のセントロを中心としたところに多い。

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、
もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、
その地域にマッチしている作品を
描き続けている作家は、
何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、
作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
バンドフォ兄弟は、多作である。

今も、描き続けている。

なかった所に、新作を発見することも多い。

ただし、消されてしまったものもある。

彼らの多くの作品は、
かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシ、リベルダーヂ、ベラ・ヴィスタのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

撮影には、かなり手間暇がかかったところもある。
作品を発見しても、その時は撮影不可能と判断して、
最適な撮影場所やタイミングを求めて、何度も通ったところもある。

描いた彼らはもっと大変だっただろうか。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロの南に隣接するリベルダーヂ地区も彼らの作品が多いところである。
ただ、そのほとんどはコンセリェイロ・フルタード通りよりも東側にある。
つまり、危険な雰囲気のところだ。

そのコンセリェイロ・フルタード通りとサンタ・ルイーザ通りの角あたり、コンセリェイロ・フルタード通りに面したところに作品がある。
Spd20071209cj_2

最初に発見したときは、よく晴れた日でちょうど作品に、電柱の影がかかっていた。
Spd20071202czzm

それでも、いつなくなるか分からないのがこのグラフィッチの宿命なので、とりあえず写真におさめた。
Spd20071202czzn

後日、うす曇りの日に行って、取り直しをした。
Spd20071209ci

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル代表のアドリアーノに、また子供が生まれるのだが。

5月14日(水)にモルンビーMorumbi競技場で行われたリベルタドレースLibertadores杯の対フルミネンセFluminense戦で、サンパウロFCの勝利のゴールを決めたアドリアーノAdrianoはテレビカメラに向かっていき、このゴールをジョアナJoanaに捧げた。

この木曜日、アドリアーノImperadorは彼女を病院に連れていくために練習を休んだ。
彼女が妊娠しているのではという疑いが広がった。
しかし、アドリアーノは今回はそういうことはないと明らかにした。

それでも、彼はもうすぐ父親になる。
というのは、前の妻ダニエラDanielaが妊娠しているからだ。

「自分の恋人は妊娠していない。 ただ具合が悪くなっただけだ。 新たな子供にはまだ早い。 というのは元の妻との二人目が今生まれるからだ。 子供が健康であることを期待している。 とても幸せである」と、アドリアーノは強調した。

アドリアーノAdrianoは、個人的な生活における悪い状態から回復したと言える。 それの回復のために彼はサンパウロFCにやってきた。 そして、それができた。 アドリアーノは、元に戻るのにおいて、家族、友人、選手そしてムリシー・ラマーリョMuricy Ramalhoが大事だったと強調した。

-------------------------------
アドリアーノというのはよくわからない人だ。

最初の子供が生まれたのは、2006年6月。
その母親はダニエリDanielleだったはずだ。
それに、その時にはもう別れていたはずだ。

今ごろ、2人目が生まれるということは、
その後またよりを戻していたということになる。
さらに、いまジョアナという恋人がいるので、
またダニエリとは別れたわけだ。

子供が生まれる頃になると、別れるのは、偶然なのか。

どうでもよいことだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その222 拙宅に来る鳥192。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。
大木も多い。
花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。

小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる。

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、インコなどの小鳥たちがやってくる。
サビア・ラランジャ。
Sps20080315avf

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その130 くるくるボウリング。

ブラジルで大人気の日系人タレントのサブリナ・サトウSabrina Sato
Sps20080427sbp

サブリナ・サトウは、rede TV!局が毎週日曜日20時30分頃から約2時間放送している、ブラジルで最も下品な馬鹿番組panico na TVにレギュラー出演している。
Sps20080427sbq

この番組の企画で、今まで考えられないくらい数々ハードな(そして時には馬鹿馬鹿しい)チャレンジをさせられてきたサブリナ・サトウである。
Sps20080427sbj

------------------------------
2007年11月頃から、
サブリナ・サトウ単独のチャレンジが減って、
いつも番組ではビキニ姿でゆらゆらしているだけのレギュラーの女性も加わってのチャレンジ企画が増えた。

今や伝説となった「牛」ファッションショーの評判が良かったのか、視聴率が良かったのかしらないが、
その二番煎じとしか言いようのない「犬」ファッションショーを行い、見事に外した後は「ネズミ」である。

「ネズミ」もいい加減馬鹿らしかったのだが、これで味をしめた企画が「罰ゲーム」である。
チームに分かれて競技をした後に、負けたチームが必ず「罰」をうけるようになった。

このところは、チャレンジ性は低くなってきて、ばかばかしいゲームとそのあとの「穢い」罰ゲームに重きがある趣向になってきた。

【正直なところ、この頃ちょっと飽きてきた。】

------------------------------
そして、サブリナ・サトウのコーナーが始まった。

ゲームの前にいつもちょっとしたお茶らけがあるところなど、かなりパターン化している。

サブリナ・サトウと女性たちがまた集まった。
Sps20080427sbc

サブリナ・サトウのメイクがきつい。
Sps20080427sbb

今回はボーリング対決。
負けるとまた「罰」がある。
Sps20080427sba

「大きな胸」も毎週なので気にもしなくなったが、
画像として切り取ってみると、結構すごい露出だと思う。
日本では、こんなタレントさんはいないはず。
Sps20080427sbd

チームの名称が発表された。
Sps20080427sbr

ただのボーリングではない。
めまいがするなかでのボーリング競技である。
Sps20080427sbe

サブリナ・サトウが手にしているのは野球のバット。
Sps20080427sbf

いよいよ競技開始だが、
その前に一人ずつサービスカットがあった。
ターニアだ。
Sps20080427sbg
Sps20080427sbh

もう日本ではおなじみのやり方だが、
バットを立てて、それを中心にくるくる回る。
Sps20080427sbi

そして目が回ったままで、ボールを投げるというものだ。

ピウピウ。
Sps20080427sbk
Sps20080427sbl

バットを使うところなど、
この企画には日系人が絡んでいると見た。
ブラジル人は野球などほとんど知らないからだ。
Sps20080427sbm

お尻を写さんがための企画でもある。
非日常的なお尻を求めているのだ。
確かに、バットを中心にクルクル回るお尻など、日常生活では見ることはできない。
Sps20080427sbn

そして、ふらふらしながらボールを投げる。
Sps20080427sbo

ガビー。
Sps20080427sbs
Sps20080427sbt

ひっくり返った。
Sps20080427sbzi

サマンバイア。
Sps20080427sbu
Sps20080427sbv

ボールを投げた。
Sps20080427sbw

そのあとに滑って転んだ。
Sps20080427sbx

そして、赤くはれた。
体を張ったお仕事なのだ。
Sps20080427sby

ボリーナ。
Sps20080427sbz
Sps20080427sbza

くるくる回る。
Sps20080427sbzb
Sps20080427sbzc

フラフラしながら、ボールを求める。
Sps20080427sbzd

ボールをつかむ。
カメラマンの畢生のショット。
Sps20080427sbzf

そして、倒れた。
Sps20080427sbze

ボールはもう初めからガーターレーンに入った。
企画の意図したとおりの演技だ。
Sps20080427sbzg

カメラマンは、ボールを捉えつつも、お尻は逃さない。
Sps20080427sbzh

そして、サブリナ・サトウ。
Sps20080427sbzj
Sps20080427sbzr

ポーズを決める。
Sps20080427sbzk

気合いを入れる。
Sps20080427sbzl

腰をひねりつつ、くるくる回る。
Sps20080427sbzm

そして倒れつつ、投げた。
Sps20080427sbzn

ボールは隣のレーンへ。
ボーリングのレーンに穴が開くと支配人にたっぷり叱られるはずだ。
ところで、お尻は逃さない。
Sps20080427sbzo

ボーリング場の床は意外に汚れているようだ。
Sps20080427sbzp

痛かった。
Sps20080427sbzq

「20080427paniconaTV-SabrinaSato3.wmv」をダウンロード

でも、勝ったのはサブリナ・サトウのチームだった。
「罰」は靴だ。
Sps20080427sbzs

靴底を煮込んで食べるというもの。
革の底ならまだよいが。
Sps20080427sbzt

よく煮た。
Sps20080427sbzu

勝ったほうのサマンバイア嬢が食べるわけでもないのに渋い顔。
Sps20080427sbzv

よく煮ても、相当固かった。
Sps20080427sbzw

ガビー。
この人いつも鼻をつまむのだが、
今回は別に臭くないと思うのだが。
Sps20080427sbzx

ターニア。
Sps20080427sbzy

そして、ボリーナ。
Sps20080427sbzz

お決まりの表情。
Sps20080427sbzza

そして、コーナー終了。
Sps20080427sbzzb

-----------------------------
毎週毎週、
この女性たちを使った企画を考えるのも大変だろうが、
見るのも大変。

さらに、このブログにまとめるのも、負荷大。

今更、止めるわけにもいかないし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その137。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

もちろん大西洋である。

曇天で、寒い日。
人間がほとんどいない浜には、
鳥が降りてきた。
Spd20071130cl

Spd20071130co

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sexta-feira, 16 de maio de 2008

サッカー・ブラジル選手権2008 その8 コリンチャンス対CRB戦 観戦3。

5月10日(土)16時から、サンパウロ市のパカエンブー競技場で行われたブラジル選手権セリエBの第1節コリンチャンス対CRB戦を観戦に行った。

続きである

試合開始とともに、ガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆様が、また一つの幕を広げた。
上から下に広げていった。
パカエンブー競技場のガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆様がいつもおすわりになっているスタンドの形状にぴったり合わせたもので、昨年はなかったものである。
ガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆様も、今年は一段と気合が入っている。
Sps20080510fzq

この日のパカエンブー競技場。
Sps20080510fzr
※クリックすると拡大する。

試合開始1分で、このセットプレイからゴールを決められた。
競技場が一瞬嫌な雰囲気になった。
Sps20080510fzzb

気を取り直しての、キックオフ。
まんなかにいるのは、19番のルリーニャとエヘイラ。
31番はデンチーニョ。
この後すぐにエヘイラがゴールを決め、同点に追いついた。
Sps20080510fzzc

腕を広げるDFファビーニョ。
Sps20080510fzzd

腕を広げるDFシコン。
Sps20080510fzze

腕を広げるGKフェッリペ。
Sps20080510fzzf

FWエヘイラ。
Sps20080510fzzg

MFドウグラス。
Sps20080510fzzh

FWデンチーニョ。
Sps20080510fzzi

MFドウグラス。
Sps20080510fzzj

FWデンチーニョ。
Sps20080510fzzk

このブログではおなじみのpanico na TVに出演しているコメディアンが、正面スタンドの上段のrede TV!の実況ブースに現れた。
ブラジル大統領夫妻に扮しているのである。
Sps20080510fzzl

その騒ぎを見つめるこの人も、もうおなじみの人である。
昨年は、当時の社長アルベルト・ドゥアリビなどに抗議するメッセージを書いたTシャツを着ていた
Sps20080510fzzm

この人は、メッセージが好きなタイプのようだ。
Sps20080510fzzn

ビン・ラディン調の背中。
Sps20080510fzzo

振り返ってポーズ。
結構試合を見ていない。
Sps20080510fzzp

そして、コリンチャンスが追加点。
ガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆様のほうに行って、応援にお礼をした。
Sps20080510fzzq

インターバルに、またアトラクションが行われた。
Sps20080510fzzr

グラウンドの真ん中に座った人を、多くのマスコミが取り囲むので、何が何だか分からない。
Sps20080510fzzs

これは、8月にパカエンブー競技場にできるサッカー博物館に展示するための足型をとったのだ。
Sps20080510fzzt

足型の主は、リベリーノ。
Sps20080510fzzu

ビン・ラディンから左に一人おいた白髪の老婦人が、
これまた超有名人。
つまり、この試合観戦には、開幕戦にふさわしくいつもの顔ぶれが全部そろっていたということだ。
Sps20080510fzzv

そこにまたpanico na TVの連中が出てきた。
頭を後ろから叩かれていた。
Sps20080510fzzw

マノ・メネゼス監督。
Sps20080510fzzx

この白髪の老婦人は、
コリンチャンスのファンであるけれど、
ガヴィオンエス・ダ・フィエウではない。
カルナヴァルのときには、ヴァイ・ヴァイVai Vaiにいた。
Sps20080510fzzy

この有能な球拾いは今年も健在だった。
Sps20080510fzzz

コリンチャンス大好きおばあさんが、颯爽とマントを翻している。
Sps20080510fzzza

後半になって、コリンチャンスが3ゴール目を決めた。
「20080510n-Gol.MOV」をダウンロード

ルリーニャに替わり、アレサンドロが入る。
Sps20080510fzzzb

ドウグラスに替わり、ペルヂゴンが入る。
Sps20080510fzzzc

CRBの監督ロベルヴァウ・ダヴィーノ。
州選手権などではいくつかタイトルを取っている。
資料によると、日本のIECということろにもいたらしい。
彼にとって、CRBは37番目のクラブ。
Sps20080510fzzzd

アレサンドロ。
Sps20080510fzzze

ペルヂゴン。
Sps20080510fzzzf

有料入場者数は32,232人。
Sps20080510fzzzg

エラーノに替わり、アコスタが入る。
Sps20080510fzzzh

試合は、3対2でコリンチャンスが勝利。
Sps20080510fzzzi

インタビューを受けるドウグラス。
Sps20080510fzzzj

インタビューを受けるGKフェリッペ。
Sps20080510fzzzk

まあたらしそうなハイビジョンカメラ。
ブラジルのハイビジョンは日本のシステム。
Sps20080510fzzzl

控えにいて試合に出場しなかった選手たちはしばらく走りまわっていた。
左はDFファビオ・エヘイラ。
右はFWフィナヅィ。
Sps20080510fzzzm

終わり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジルのロナウド2008 その3 もめたおかまの今。

ロナウドRonaldoとのスキャンダルの当人のおかまのアンドレイア・アルベルチニーニAndréia Albertineは、とてもよくなった。
「ありがとう」
1時間100レアル(=約6000円)から300レアルに上がった。
「お口sexo oral」だけだと、30レアルから100レアルになった。

彼(彼女)のことに気づいたお客は、「サインを求め、一緒に写真を撮ってくれ」と言う。
もう道でやることがなくなったのはとても良いという。
「ホテルでだけ」
唯一の条件は、支払いは前払い。
「もう立派な家には騙されない」と言った。

---------------------------
予想通りとはいえ、よくできた話だ。

お金持ちのロナウドに後払いを認めたのが、トラブルのものと言いたいわけだ。

何時まで、このような状況が続くことか。

そのロナウドだが、近日中に欧州Europaへ向かう。
最初に、20日(火)にパリParisで手術をした病院で診察を受ける。
そのあとで、マドリッドMadriに行って、息子のロナウドRonaldのところに行く。

今週発売の週刊誌2誌の表紙を、ロナウドとマリア・ベアトリス・アントニーの写真が飾った。
ロナウドがマリア・ベアトリス・アントニーを、空港で出迎えた時のものだ。
この写真が、その日に発表されなかった理由は、雑誌の表紙に使うためだったのだ。
取り引きがあったわけだ。
Sps20080516a013360700

そのうちの一つは、”Quem”誌。
ブラジル最大のメディアグループのGlobo系の雑誌である。
Globoグループが総力をあげて、ロナウドのイメージ回復に努めている

---------------------------
写真のマリア・ベアトリス・アントニーも、なんとくなくあのおかまっぽいところがある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル杯2008 その15 準決勝戦の日程。

2008年のサッカー・ブラジル杯の準決勝の日程が、正式に決り、ブラジルサッカー協会CBFから発表された。

5月20日(火)
試合開始        試合予定          競技場
20h30    Botafogo  x  Corinthians     Engenhão
※今まで比較的楽な相手と当たってきたコリンチャンスだが、
 ボタフォゴではそうはいかない。

5月21日(水)
試合開始        試合予定          競技場
21h50    Sport    x  Vasco        Ilha do Retiro

5月28日(水)
試合開始        試合予定          競技場
21h50    Corinthians  x  Botafogo    Pacaembu
21h50    Vasco      x  Sport      São Januário
※コリンチャンスは、パカエンブー競技場で試合を行うようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その221 拙宅に来る鳥191。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。
大木も多い。
花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。

小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる。

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、インコなどの小鳥たちがやってくる。
サビア・ラランジャ。
Sps20080315ave

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その39 "Fabiana Cozza" 14。

4月4日(金)21時から、
サンパウロ市南部ヴィラ・クレメンチーノ地区の地下鉄サンタ・クルーズ駅に近いジョアン・カエターノ劇場Teatro João Caetanoファビアーナ・コッザFabiana Cozzaのコンサートがあった。

特別ゲストが現れた。
Sps20080405tjcm

オズワルド・ドス・サントスである。
Sps20080405tjcn

彼は、サンパウロのエスコーラ・ヂ・サンバのヴェルヂ・イ・ブランコで、エンヘードの歌手だった。
Sps20080405tjco

そして何よりも、ファビアーナ・コッザの父親である。
彼女のルーツが、ここにあったのである。
Sps20080411tjcg

ファビアーナ・コッザとオズワルド・ドス・サントスとのすばらしいドュエット。
最初はスローに始まり,そしてアップ・テンポのサンバになる。
Sps20080411tjch

今はもう引退しているオズワルド・ドス・サントスが、徐々に調子を取り戻していくのがよくわかる。
Sps20080411tjci

Sps20080411tjcj

「20080404TJC-FabianaCozza6.3gp」をダウンロード

「20080405TJC-FabianaCozza4.MOV」をダウンロード

「20080405TJC-FabianaCozza5.MOV」をダウンロード

そして、ここでコンサートは大盛り上がりで終了する。
Sps20080405tjcp

Sps20080411tjck

アンコールにこたえて、登場したファビアーナ・コッザが歌ったのは、
彼女の最初のアルバムの1曲目の「オ・サンバ・エ・メウ・ドン」という曲で、アルバムタイトルにもなっている。
この曲を名まで聴きたいがために、このコンサートに通ったようなものである。

「20080404TJC-FabianaCozza7.3gp」をダウンロード

「20080404TJC-FabianaCozza8.3gp」をダウンロード

「sps20080404TJC-FabianaCozza14.WAV」をダウンロード

Sps20080404tjczg

※※4月5日(土)には、この後もう一曲歌って終了した。

※※ファビアーナ・コッザのCDは、日本ではまだ発売されていない。
   輸入盤ではあるかもしれない。
   とてもお勧めである。
   日本で正式に発売されるようなことになれば、コンサート関係のファイルは削除するつもりである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その162 Os gêmeos 19。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ。

サンパウロ市が、きれい好きな市長のせいで、
市の管轄にある施設や道路にあるグラフィッチを消しているのである。
消える前に、消される前に少しでも早く写真にとっておこうという焦りもある。

サンパウロ市の全域に、こういったグラフィッチはあるのだが、程度の良いものは歴史的中心部のセントロを中心としたところに多い。

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、
もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、
その地域にマッチしている作品を
描き続けている作家は、
何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、
作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
バンドフォ兄弟は、多作である。

今も、描き続けている。

なかった所に、新作を発見することも多い。

ただし、消されてしまったものもある。

彼らの多くの作品は、
かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシ、リベルダーヂ、ベラ・ヴィスタのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

撮影には、かなり手間暇がかかったところもある。
作品を発見しても、その時は撮影不可能と判断して、
最適な撮影場所やタイミングを求めて、何度も通ったところもある。

描いた彼らはもっと大変だっただろうか。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロの西に延びるコンソラソン通りがパウリスタ大通りと交差するあたり。

新しい作品を発見した。
Sps20080513ch

工事中の地下鉄の駅になる予定地なのか閉鎖中の建物の塞がれた入口に描かれていた。
Sps20080513ck

Sps20080513cg

彼らの作品が、今次々と塗りつぶされている中で、新しい作品も生まれている。
Sps20080513cj

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その129 大開脚と風船ガム。

ブラジルで大人気の日系人タレントのサブリナ・サトウSabrina Sato
Sps20080420sbb

Sps20080420sbzq

サブリナ・サトウは、rede TV!局が毎週日曜日20時30分頃から約2時間放送している、ブラジルで最も下品な馬鹿番組panico na TVにレギュラー出演している。
Sps20080420sba

この番組の企画で、今まで考えられないくらい数々ハードな(そして時には馬鹿馬鹿しい)チャレンジをさせられてきたサブリナ・サトウである。
Sps20080420sbc

------------------------------
2007年11月頃から、
サブリナ・サトウ単独のチャレンジが減って、
いつも番組ではビキニ姿でゆらゆらしているだけのレギュラーの女性も加わってのチャレンジ企画が増えた。

今や伝説となった「牛」ファッションショーの評判が良かったのか、視聴率が良かったのかしらないが、
その二番煎じとしか言いようのない「犬」ファッションショーを行い、見事に外した後は「ネズミ」である。

「ネズミ」もいい加減馬鹿らしかったのだが、これで味をしめた企画が「罰ゲーム」である。
チームに分かれて競技をした後に、負けたチームが必ず「罰」をうけるようになった。

このところは、チャレンジ性は低くなってきて、ばかばかしいゲームとそのあとの「穢い」罰ゲームに重きがある趣向になってきた。

コーナーの始まる前に、サブリナ・サトウが身体がとても柔らかいところを見せている。
Sps20080420sbd

サブリナ・サトウはもともとダンサーである。
体が柔らかいことはとても重要なことである。
Sps20080420sbe

そして、サブリナ・サトウのコーナーが始まった。
Sps20080420sbf

ゲームの前にいつもちょっとしたお茶らけがあるところなど、かなりパターン化している。
Sps20080420sbg

サブリナ・サトウと女性たちがまた集まった。
何だかサブリナ・サトウは、むちむちしている。
Sps20080420sbh

大開脚のゲームをやる。
「大開脚」というだけで、もういろんなことを想像してしまうはずだ。
Sps20080420sbi

それにしても、唯一の男性のボーラの身体はあまりにひどい。
Sps20080420sbj

ゲームの説明である。
地上1・6メートルくらいの高さに、二本の棒が地面に対して平行に設置されている。
この二本の棒の間隔は、先に行くにつれて徐々に広がっている。
進むにつれて、開脚が進んでいく。
柔軟性があるところをテストされるのだ。
Sps20080420sbk

下には、塗料が撒かれる。
Sps20080420sbl

サブリナ・サトウがやるきをみせている。
Sps20080420sbm

いよいよ競技に入る。
Sps20080420sbn

チーム名が発表された。
Sps20080420sbo

最初はガビー。
Sps20080420sbp

Sps20080420sbq

このお尻ショットは、ブラジルでは絶対に必要だ。
Sps20080420sbr

慎重に進んでいく。
Sps20080420sbs

視聴者の期待通りのショットである。
Sps20080420sbt

でも、落ちてしまった。
Sps20080420sbu

タニアは、割と頑張った。
Sps20080420sbv

かなり進んだ。
Sps20080420sbw

でも、落ちた。
Sps20080420sbx

このショットをカメラマンは逃さない。
Sps20080420sby

ダニ・ボリーナ。
Sps20080420sbz

一歩一歩歩くというよりも、足指でじりじりと進んでいく。
Sps20080420sbza

先端に近づいた。
Sps20080420sbzb

すごい柔らかさだ。
Sps20080420sbzc

でも、ついに落ちた。
真剣な表情が、この競技がかなりきついことを思わせる。
Sps20080420sbzd

観客になれた人たちはとても幸せだ。
Sps20080420sbze

そして、サブリナ・サトウの番。
Sps20080420sbzf

サブリナ・サトウのお尻。
Sps20080420sbzg

サブリナ・サトウも慎重に進んだ。
Sps20080420sbzh

でも、落ちた。
Sps20080420sbzi

着地。
Sps20080420sbzj

「20080420paniconaTV-SabrinaSato2.wmv」をダウンロード

結局、優勝はサブリナ・サトウのチームだった。
Sps20080420sbzk

負けたチームへの「罰」だ。
ただ、ガムを嚙むというものだ。
Sps20080420sbzl

ボーラのメイクはすごい。
Sps20080420sbzm

出てきたのは、「くしゃおじさん」。
この人が一度嚙んだガムを、女性たちが嚙むのだ。
ひどい趣向である。
Sps20080420sbzn

3つのガムを嚙んだ。
Sps20080420sbzo

こんな顔になるのも当然。
Sps20080420sbzp

その嚙んだガムに何かついているらしい。
文句を言っているが無視だ。
Sps20080420sbzr

口に入れる。
Sps20080420sbzs

そして、よく嚙んで、風船を膨らませなくてはならない。
Sps20080420sbzt

サマンバイア嬢の番だ。
Sps20080420sbzu

口に入れるのもおぞましい。
でも、一旦サマンバイア嬢の口に入った物なら話は別だ。
Sps20080420sbzv

サマンバイア嬢は、口からいろんなものをガムとともに大量に吐き出した。
Sps20080420sbzw

---------------------------
「罰」の趣味の悪さは何とかならないのだろうか。

本当に悪趣味だ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その136。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

もちろん大西洋である。

曇天で、寒い日。
人間がほとんどいない浜には、
鳥が降りてきた。
Spd20071130ci

Spd20071130cn

Spd20071130cp

Spd20071130cj

Spd20071130ck

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

quinta-feira, 15 de maio de 2008

サッカー・ブラジル選手権2008 その7 コリンチャンス対CRB戦 観戦2。

5月10日(土)16時から、サンパウロ市のパカエンブー競技場で行われたブラジル選手権セリエBの第1節コリンチャンス対CRB戦を観戦に行った。

続きである

競技場内に入ったのは、15時前だ。
すでに、もうすでにセレモニーははじまっていた。

グラウンド中に、MCがいて、盛り上げていた。
Sps20080510fl

ロデオの人みたいだ。
サッカーの試合にはちょっと似合わない服装だ。
Sps20080510fn

競技場の真ん中から四方にリボンが延びていた。
Sps20080510fm

コリンチャンスのGKででてきて、ウォーミングアップを始めたのは15時15分過ぎだった。
Sps20080510fp

正GKのフェリッペ。
Sps20080510fq

この試合は、Globo局の地上波でサンパウロでは中継された。
ブラジルでは、国際大会を除いて、
原則としては、
試合の行われている地区では地上波およびケーブルのでは生中継放送をしないことになっている。
競技場がほぼ満員になることが確実だったから、
急遽放送が決定したわけでもないだろう。
サンパウロで、最大の人気クラブのコリンチャンスの開幕試合だからかな。
Sps20080510fs

ガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆様のお席も徐々に埋まってきた。
Sps20080510ft

セレモニーに出席する来賓の人たちが現れて、マスコミによる写真撮影が行われていた。
Sps20080510fw

コリンチャンス大好きおばあさんも、
一段と盛装して現れた。
紫は、2008年のコリンチャンスの3番目のユニフォームのカラーである。
ここまで決めている人は、彼女ただ一人である。
Sps20080510fx

刀なんか本当は持ち込み禁止のはずだが、彼女は例外なんだろう。
Sps20080510fy

「20080510k.MOV」をダウンロード

テープカットの瞬間である。
茶のスーツ姿の人は、連邦スポーツ大臣である。
Sps20080510fz

テープカットの後、白黒の風船が飛ばされた。
白黒はコリンチャンスのカラーである。
Sps20080510fza

ガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆様の前からも風船が飛んだ。
Sps20080510fzb

「20080510h.MOV」をダウンロード

リボンが片づけられて、国旗とそれよりも大きな幕が引き出された。
Sps20080510fzc

スポーツ大臣。
彼は、10分間も競技場にはいなかった。
忙しいのだろう。
Sps20080510fzd

そして、コリンチャンスの選手が入ってきた。
当然大歓声である。
Sps20080510fze

コリンチャンスの控えの選手たち。
Sps20080510fzf

子供たちに一番の人気は、GKフェリッペである。
※クリックすると拡大する。
Sps20080510fzg

右は、コリンチャンスのマノ・メネゼス監督。
Sps20080510fzh

CRBの選手たちが、CRBのファンにあいさつ。
当然、競技場全体からは大罵声が飛ぶ。
Sps20080510fzi

コリンチャンスの選手たちが、グラウンドの真ん中で、ファンにあいさつ。
Sps20080510fzj

コリンチャンスの選手の記念撮影。
CRBは行わなかった。
※クリックすると拡大する。
Sps20080510fzk

ガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆様が、新しい横断幕を披露した。
上部を、左から右にF1カーが動き、そして下からアイルトン・セナの幕が上がった。
Sps20080510fzl

アイルトン・セナは、有名なことだが、コリンチャンスのファンだった。
隣にいた人は、これを見て「感激した」と言って、目に涙をいっぱいに浮かべた。
Sps20080510fzm

両チームの選手が整列した。
Sps20080510fzn

国歌は、女性歌手がアカペラで歌いきった。
約2分かかった。
Sps20080510fzo

「20080510l-Hino.MOV」をダウンロード
「20080510m-Hino.MOV」をダウンロード

美しい女性だ。
Sps20080510fzp

DFシコン。
Sps20080510fzs

左は、右SBカルロス・アルベルト。
右は、たぶんエドルアルド・ラモス。
Sps20080510fzt

DFファビーニョ。
Sps20080510fzu

左から、
エドルアルド・ラモス、FWデンチーニョ、
カルロス・アルベルト、
そして新加入のMFドウグラス。
Sps20080510fzv

珍しくグラウンドで円陣を組んだ。
Sps20080510fzw

MFルリーニャ。
Sps20080510fzx

シコンとDFウィリアン。
Sps20080510fzy

ビン・ラディン調」も登場。
すっかり有名人だ。
彼が、14時5分頃に、パカエンブー大通りを、バッハ・フンダからパカエンブー競技場に向かって歩いているところを見つけていたのだが、車で来るような身分ではないらしい。
Sps20080510fzza

続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その38 "Fabiana Cozza" 13。

4月4日(金)21時から、
サンパウロ市南部ヴィラ・クレメンチーノ地区の地下鉄サンタ・クルーズ駅に近いジョアン・カエターノ劇場Teatro João Caetanoでファビアーナ・コッザFabiana Cozzaのコンサートがあった。
Sps20080404tjczh

Sps20080404tjczi

Sps20080404tjczj

Sps20080417b

Sps20080417a

ファビアーナ・コッザは、まだ2枚しかCDを出していない。

2004年と2007年に、それぞれ1枚ずつだ。
ともに、日本では発売されていないようだ。
Sps20080422d

Sps20080422e

今回のショーは、その2007年のCDからの曲が多かった。

ファビアーノ・コッザによる12曲目である。
「sps20080404TJC-FabianaCozza13.WAV」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その220 拙宅に来る鳥190。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。
大木も多い。
花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。

小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる。

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、インコなどの小鳥たちがやってくる。
もうおなじみのサンニョット・シンゼント。
Sps20080315avb

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル代表 親善試合 カナダ戦・ベネズエラ戦 その2 ブラジル代表発表。 アドリアーノが代表復帰。

5月15日(木)に、大きな発表があった。

-------------------------
アドリアーノAdrianoが、ブラジル代表seleção brasileiraに復帰した。
サンパウロFCのFWアドリアーノは、ドゥンガDunga代表監督によって、6月14日および18日に行われる2010年ワールドカップ南米予選の対パラグアイParaguai戦と対アルゼンチンArgentina戦のために招集された。

ロナウヂーニョ・ガウーショRonaldinho Gaúchoは、また、リストから外れた。

--------------------------
ドゥンガDunga代表監督は
5月31日にシアトルSeattleで行われる対カナダCanadáとの、6月6日ボストンBostonで行われる対ベネズエラVenezuelaとの親善試合と、上記の南米予選のための選手を、同じ日に招集した。
全部で25人の選手である。

彼らのうち、アドリアーノAdrianoとサントスSantosの左SBクレーベルKléberの二人は、南米予選の試合だけのために、6月10日にテレゾポリスTeresópolis(*リオ・デ・ジャネイロ州にある代表合宿所)に集合する。
それは、サンパウロFCとサントスSantosは、リベルタドーレス杯Taça Libertadoresを戦っているからである。

さらに次の2選手たちは、米国Estados Unidosでの親善試合の後に自由になり、南米予選のグループには入らない。
左SBマルセロMarcelo (Real Madrid)とFWラファエル・ソビスRafael Sobis (Bétis)である。
ふたりはオリンピック年齢である。

全部で、ドゥンガDungaは6人の選手を北京でのオリンピックを戦うとして招集した。
彼らを別として、GKヂエゴ・アウヴェスDiego Alves、FWアレチャンドレ・パトAlexandre Pato、MFアンデルソンAndersonがいる。

親善試合は、6月の南米予選のための練習試合となる。
パラグアイParaguai戦は、6月14日にアスンシオンAssunçãoで行われ、アルゼンチンArgentina戦は18日にベロ・オリゾンチBelo Horizonteで行われる。


25人の招集選手は次の通り。

GK:
Júlio César (Inter de Milão)
Diego Alves (Almería)
Doni (Roma)

DF:
Alex (Chelsea)
Juan (Roma)
Lúcio (Bayern de Munique)
Luisão (Benfica)

SB:
Daniel Alves (Sevilla)
Marcelo (Real Madrid)
Gilberto (Tottenham)
Kléber (Santos)
Maicon (Inter)


MF:
Anderson (Manchester United)
Diego (Werder Bremen)
Elano (Manchester City)
Gilberto Silva (Arsenal)
Josué (Wolfsburg)
Julio Baptista (Real Madrid)
Kaká (Milan)
Mineiro (Hertha Berlin)


FW:
Adriano (São Paulo)
Alexandre Pato (Milan)
Luis Fabiano (Sevilla)
Robinho (Real Madrid)
Rafael Sobis (Bétis)

--------------------------
いつもながらすばらしいメンバーばかりである。

ブラジル国内でプレイしている選手は2人だけである。
そのうちの一人のアドリアーノも、サンパウロFCとの契約が切れる7月には欧州に戻ることになるだろう。
インテル・ミランに戻るかどうかは知らないが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジルの奴隷制廃止から120年。

5月14日は、ブラジルの奴隷制廃止Abolição da escravaturaから120年目の記念日である。

奴隷制は、1888年に廃止された。
ブラジルは、キューバと並んで、世界でも最も遅く奴隷制を廃止した国である。
米国でのそれが1860年代のリンカーン大統領がきっかけでそして南北戦争を起こしたことは、日本では常識だろうが、ブラジルの奴隷制など知っている人はほとんどいないだろう。

ブラジルの奴隷制の廃止も、一日で成ったわけではない。
数十年にわたる論議と制度の変更の末に、最終的に廃止された。
もともと奴隷貿易をおこなっていた英国からの圧力もあった。

奴隷制の廃止が一つのきっかけで、ブラジルは独立以来の帝政がほどなく終わり、共和制になった。
それだけインパクトがあったことなのだ。

もっとも、奴隷制が廃止されたからといって、元奴隷の境遇が大きく改善されたわけではない。
120年たったいまでも、最底辺にいると言ってもよい。
その理由について語るのは、簡単なことではないので、、またの機会にしたい。

奴隷制の廃止は、日本人移民とも深い関係がある。
奴隷を失った農場主が、代わりの労働力を求めていたというのが、日本人移民の受け入れの理由だ。
その前に、欧州からの移民をすでに受け入れていたのだが、あまりの待遇の悪さに、イタリア政府などがブラジルへの移民を禁止したこともあって、あらたな移民を供給国として、日本を選んだのだ。

奴隷廃止から、わずか20年後のことであるから、
受け入れる農場主の側としては、
奴隷と同様の扱いという頭がまだまだあったはずだ。

ちょうど100年前の日本人の最初移民の人たちは、さぞかし大変だったことだろう。

ただちがうのは、
奴隷は無理やり連れてこられ、文化も言葉も失われたのであるが、移民の人たちにはやむを得ない事情があったとしてもそこには強制はなかったことだ。

-----------------------------
この奴隷制廃止から120年年目の5月14日(水)の夜、
それに関係する一つのイベントに行ってきた。

ブラジルの大歌手の一人ウィルソン・シモナウWilson Simonalの伝記的ドキュメンタリー映画の上映会に行った。
Sps20080514malb

1939年に生まれ、2000年に62歳で亡くなっている。
黒人であった。

1960年代から70年代にかけて、テレビ番組などを通じて、ロベルト・カルロス及び彼に関係の深いジョウヴェンン・グァルダを上回る人気を持っていた。
1970年には、ワールドカップのためにメキシコまで出かけて、ブラジルの第3回目の優勝に立ち会った。
Sps20080514mala

ところが、彼の持っている会社の経理事件に巻き込まれ、さらに当時の軍政の情報組織の情報提供者との疑惑が沸き起こり、テレビからは追放されてしまった。

その後、1994年には、テレビにも復帰したのだが、失意の期間に深酒で痛めた肝臓病のために、2000年に亡くなった。

その後、情報組織との関係などは、正式に否定されている。

この事件は、ブラジルのマスコミが、
なんの明らかな証拠もないのに、
一人の人間をパージした恥ずべきこととして、
記憶されている。

まず、Globo系の黒人のジャーナリストが、この上映会の趣旨などを話した。
Sps20080514malf

その後、白人の監督が出てきて、
撮影の苦労やこの映画を製作するに至る経緯をインタビューに答えるような形で話をした。

映画は、その彼の輝かしい活躍時代の貴重な映像そして関係者の証言映像そして事件に関係した人の証言などで構成されていて、1時間半の上映時間はとても短く思われた。

ブラジル映画に多いくどい演出もなかった。

そして、その映画がおわったあとに、スクリーンが上がり、
映画にも出演していたウィルソン・シモナウの二人の息子の
ウィルソン・シモニーニャWilson Simoninhaとマクス・ヂ・カストロMax de Castroのミニ・コンサートが始まった。

ブラジルには、純粋の黒人は多くない。
多いのは、混血化した人たちである。
ブラジル全体では、約半分が黒人と混血の人たちである。

でも、コンサートなどでは、そのジャンルにも場所にもよるが、白人系の観客が多いのが現実だ。

だが、
この映画の上映会には、
黒人もしくはかなり肌の色の濃い混血の人たちがとても多かった。
Sps20080514male

8割以上がそうだった。
それも、黒人の中でも、何かリーダー的な人が多かった。
Sps20080514malc

終了後、
出口の警備の人に聞いてみたら、
1000人弱の観客で、
東洋人は2人だけだったと言っていた。
自分だけかと思っていたのだが、もう一人いたわけだ。

このイベントを選び、
そして参加者の一人としてそこにいたことは、
自分にとって、
大きな誇りである。

ブラジルは、本当に良い国になってきている。

このイベントは無料だった。
Sps20080514mald


| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル杯2008 その14 準々決勝第2戦終了。

サッカー・ブラジル杯の準々決勝の第2戦が、
5月13日(火)及び14日(水)に行われた。

結果は次の通り。

5月13日(火)    準々決勝第2戦第1日目
試合開始      試合結果                  競技場
20h30    São Caetano  1 x 3  Corinthians      Ribeirão Preto
「20080513encimadahora-CB-SaoCaetano-Corinthians.wmv」をダウンロード
※コリンチャンスは、圧倒的なファンに支えられて、勝利。
 サン・カエターノのファンは60人程度。
Sps20080513fa
(サン・カエターノの先発と控え)
Sps20080513fe
Sps20080513fb
(コリンチャンスの先発と控え)
Sps20080513fc
Sps20080513fd

5月14日(水)    準々決勝第2戦第2日目
試合開始      試合結果                  競技場
15h    Corinthians-AL  1 x 3  Vasco        Nelson Feijó
21h50   Botafogo      2 x 0  Atlético-MG    Engenhão
21h50   Sport        3 x 1  Internacional    Ilha do Retiro


この結果、
コリンチャンス、ヴァスコ・ダ・ガマ、ボタフォゴ、スポルチ(*下線のクラブ)が、
準決勝に進むことが決まった。

コリンチャンスはボタフォゴと対戦する。
ヴァスコ・ダ・ガマはスポルチと対戦する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その135。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

もちろん大西洋である。

曇天の日。
お客がいない。
Spd20071130ch

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

quarta-feira, 14 de maio de 2008

ブラジルのロナウド2008 その2 恋人と再会。

ロナウドRonaldoとビア・アントニーBia Antonyは、良い仲に戻った。

ロナウドは、リオ・デ・ジャネイロのアントニオ・カルロス・ジョビン国際空港Aeroporto Internacional Antonio Carlos Jobimで彼女を見つけたところだ。
ビア・アントニーは、彼女の両親が住むブラジリアBrasíliaからやってきた。
いま、ふたりはロナウドRonaldoの母親の家にいる。

ロナウドが、リオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroでおかまたちtravestisとのスキャンダルに巻き込まれてから、ビア・アントニーBia Antonyは恋愛関係を終わらせた。
しかし、愛はより強かった。
一週間前、フランスFrançaに住んでいるがブラジルでは両親の家に泊っているビア・アントニーは、ロナウドの電話を避けるのをやめた。
会話は毎日続いていた。

5月13日(火)に、ビア・アントニーは公式に妊娠していることをロナウドの両親に告げる。

グローボ局のアナ・マリア・ブラガAna Maria Bragaが司会するという"Mais Você"番組の中のインタビューで、ロナウドは娘が欲しいと明らかにした。
すでに、ロナウドは、ミレーニ・ドミングェスMilene Dominguesとの結婚での、7歳になるロナウドRonaldの父親である。

-----------------------------
アナ・マリア・ブラガの司会する"Mais Você"とは、
月曜日から金曜日まで毎朝8時過ぎから9時半ころまで
Globo局で放送の、
女性向けの番組。
Sps20080513fb

Sps20080513fc

Globo局にしては、
視聴率はよくない。
Sps20080513fd

本来ならば、ロナウドが出るような番組ではないが、
おかま事件があったので、
Globo局に無理強いされたのだろう。
Sps20080513fe

Sps20080513ff

Sps20080513fg

このロナウドが出演した番組は、
完全に録画しておいたのだが、
番組の初めから終わりまで、
ほぼ出ずっぱりで可哀そうだった。
Sps20080513fh

おかま事件のせいだろう。
Sps20080513fi

出ずっぱりなので、
まだ内容のチェックができていない。
Sps20080513fj

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2008 その6 コリンチャンス対CRB戦 観戦1。

5月10日(土)16時から、サンパウロ市のパカエンブー競技場で行われたブラジル選手権セリエBの第1節コリンチャンス対CRB戦を観戦に行った。

サッカーの試合を観戦に行くのは、
2007年11月末以来である。

パカエンブー競技場が、改装のために閉鎖になっていたからである。

13時45分頃、パカエンブー競技場の東側のイターポリス通りを北に向かった。
すでに、列ができていた。
Sps20080510fa

赤信号もなんのその、コリンチャンスのファンはパカエンブー競技場を目指す。
Sps20080510fb

14時10分頃、競技場の正面のシャルレス・ミラー広場には、コリンチャンスのファンが続々と集まってきている。
Sps20080510fc

競技場の西側の回る。
腕を振っている人は病気ではない。
駐車スペースがあると誘っているのだ。
公共の道で商売をしているフラネリーニャといわれる人たちだ。
「20080510a.MOV」をダウンロード

競技場の北側を回る。
「20080510b.MOV」をダウンロード

14時40分頃、向こう正面のスタンド入口から見た正面スタンド。
いつもよりずっと人の入りが早く、席が埋まり始めていた。
Sps20080510fd

14時45分頃、シャルレス・ミラー広場では、
ファン組織の一つの「カミーザ12」(=背番号12番の意味)が、斜面に横断幕を広げ、旗を揺らして、気勢を上げていた。
Sps20080510fe

「カミーザ12」は、「ガヴィオンエス・ダ・フィエウ」に比べると危険な組織ではないので、ちょっと近づいてみた。
Sps20080510fg

Sps20080510fj

「20080510c.MOV」をダウンロード

パカエンブー競技場の正面入り口。
塗装を塗り替えて、多少きれいに見える。
まだ、サッカー博物館の工事の関係で、入口は完全には整備されていない。
Sps20080510fh

入り口の上部にかかっている幕は、8月に開館予定のサッカー博物館のものだ。
Sps20080510fi

シャルレス・ミラー広場。
「20080510d.MOV」をダウンロード

※クリックすると拡大する。
Sps20080510fk

続く。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その219 拙宅に来る鳥189。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。
大木も多い。
花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。

小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる。

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、インコなどの小鳥たちがやってくる。
もうおなじみのサンニョット・シンゼント。
Sps20080315ava

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その37 "Fabiana Cozza" 12。

4月4日(金)21時から、
サンパウロ市南部ヴィラ・クレメンチーノ地区の地下鉄サンタ・クルーズ駅に近いジョアン・カエターノ劇場Teatro João Caetanoでファビアーナ・コッザFabiana Cozzaのコンサートがあった。

「sps20080404TJC-FabianaCozza12.WAV」をダウンロード

Sps20080405tjcl

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その134。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

もちろん大西洋である。

ブラジル人は、本当に写真好きになった。
デジタルカメラや携帯電話のカメラなどの普及のためだ。
Spd20071130ce

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

terça-feira, 13 de maio de 2008

ブラジル・サンパウロの「サンパウロFCのファン」。

4月20日(日)16時から、サンパウロ市西部のパルケ・アンタルチカにあるパレストラ・イタリア競技場で、サンパウロ州選手権準決勝のパルメイラス対サンパウロFC戦が行われた。

その日の10時半ころ、サンパウロ市の歴史的中心部セントロにいた。
セントロから西に延びるサン・ジョアン大通りにあるパイサンドゥ広場には、黒人教会がある。
この教会の裏手は、いつもサンパウロ市の東部方面に住んでいるサンパウロFCのファン組織の人が、サンパウロFCの試合のある日に集まるところである。
その時間でも、すでにそれらしい服装をしたものが数十人はいた。

それから約2時間半後の、13時過ぎ。

パイサンドゥ広場のほうから、大音響がとどろき始めた。

サン・ジョアン大通りをふさいで、
サンパウロFCのファン組織のインデペンデンチIndependenteの連中が気勢を上げていた。
Sps20080420ci

旗を振り、爆竹を鳴らしていた。
Sps20080420cj

もちろん、バンダ隊も全開だった。
Sps20080420ck

数百人はいたようだ。
Sps20080420cl

コリンチャンス、パルメイラス、そしてサントスのファン組織に比べると、はるかにおとなしいインデペンデンチなので、危険は感じられない。
Sps20080420cm

道路をふさいで、交通を遮断していたのだが、クラクションもならない。
諦めているのだ。
Sps20080420cn

15分くらいのことだっただろうか、パイサンドゥ広場の裏手に、やっと移動し始めた。
Sps20080420co

パイサンドゥ広場からでてきた修道会の人たち。
Sps20080420cp

警察は、ちゃんといたのだが、無理をして規制をすることはない。
それなりの話はできていたのだろう。
Sps20080420cq

「20080420a.MOV」をダウンロード

「20080420b.MOV」をダウンロード

彼らは、
この後歩いて、5キロ離れた、パルメイラスの本拠地のパレストラ・イタリア競技場に向かっている。
「20080421Jnsp-PASF2-Palmeiras-SaoPaulo-TorcidaSaoPaulo.wmv」をダウンロード

この試合では、サンパウロFCは破れて、敗退した

パルメイラスが、サンパウロ州選手権では優勝した

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その218 拙宅に来る鳥188。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。
大木も多い。
花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。

小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる。

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、インコなどの小鳥たちがやってくる。
Sps20080315avd

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その128 水上玉子剝きとビン・ラディン調ミネストローネ。

ブラジルで大人気の日系人タレントのサブリナ・サトウSabrina Sato
Sps20080413sbb

サブリナ・サトウは、rede TV!局が毎週日曜日20時30分頃から約2時間放送している、ブラジルで最も下品な馬鹿番組panico na TVにレギュラー出演している。
Sps20080413sba

この番組の企画で、今まで考えられないくらい数々ハードな(そして時には馬鹿馬鹿しい)チャレンジをさせられてきたサブリナ・サトウである。
Sps20080413sbc

------------------------------
2007年11月頃から、
サブリナ・サトウ単独のチャレンジが減って、
いつも番組ではビキニ姿でゆらゆらしているだけのレギュラーの女性も加わってのチャレンジ企画が増えた。
Sps20080413sbd

今や伝説となった「牛」ファッションショーの評判が良かったのか、視聴率が良かったのかしらないが、
その二番煎じとしか言いようのない「犬」ファッションショーを行い、見事に外した後は「ネズミ」である。

「ネズミ」もいい加減馬鹿らしかったのだが、これで味をしめた企画が「罰ゲーム」である。
チームに分かれて競技をした後に、負けたチームが必ず「罰」をうけるようになった。

このところは、チャレンジ性は低くなってきて、ばかばかしいゲームとそのあとの「穢い」罰ゲームに重きがある趣向になってきた。
Sps20080413sbe

サブリナ・サトウと女性たちがまた集まった。
Sps20080413sbg

どなたも立派な体をしている。
全員が、すでに雑誌(Playboy誌もしくはSexy誌)で、その裸体を披露している。
奇特な方がどこかにアップしているのがブラジルなので、ちょっと探すと必ず写真は見つかる。
Sps20080413sbh

それにしても、サブリナ・サトウのお尻から太ももにかけてのボリュームも凄い。
Sps20080413sbi

今回のゲームは、ゆで卵の皮むき競争である。
その個数を競うのだ。
ただし、水上で剝くのである。
Sps20080413sbj

さらに、負けたチームに対する今回の「罰」を聞いて、驚くサブリナ・サトウ。
Sps20080413sbk

すでに、このブログで何度も登場している、あの「ビン・ラディン調」が登場だ。
この人、今やかなり有名人になっていて、
テレビでもよく見かけるようになってきた。
彼が、「罰」に関係するのだ。
Sps20080413sbl

いつものように、サブリナ・サトウが、カメラにお尻を向けて、視聴率アップに努める。
このところ、このpanico na TVは視聴率がひところに比べて、かなり落ちている。
Sps20080413sbn

Sps20080413sbo

いよいよ、ゲームの開始。
それにしても、サブリナ・サトウのお尻から太もものラインはすごい。
だが、サマンバイア嬢のそれは、もっと凄いので、画面からはみ出ている。
Sps20080413sbp

それぞれのチームの名前が発表された。
Sps20080413sbq

競技は、モーターボートに引っ張られたゴムボートに乗って、皮むきをするというものだ。
Sps20080413sbs

サマンバイア嬢のひきつった顔。
Sps20080413sbt

スピードを上げて、船首が下がっていると、しぶきがすごい。
Sps20080413sbu

そして、水にもぐってしまう。
Sps20080413sbv

とても、卵の皮など剥いている余裕はない。
Sps20080413sbw

時には、波にはねてしまう。
Sps20080413sbx

そして、落ちる。
Sps20080413sby

Sps20080413sbz

Sps20080413sbza

一人がいなくなると、さらにバランスも悪くなる。
Sps20080413sbzb

見ているサブリナ・サトウの顔も曇る。
Sps20080413sbzc

サンパウロ市から北東に70キロのブラガンサ・パウリスタ市の人工湖で撮影をしている。
Sps20080413sbzd

そして、サブリナ・サトウの出番だ。
Sps20080413sbze

たまごをむくときは、ボートにつかまることができない。
手を離していると、落ちやすいのだ。
Sps20080413sbzf

サブリナ・サトウは、ずっとボートに摑まっていた
Sps20080413sbzg

サブリナ・サトウは、全然剝くことができなかった。
Sps20080413sbzh

いつものように、サブリナ・サトウのチームは負けてしまったのだ。
視聴率的に、サブリナ・サトウが負けて、その「罰」を受けるところを見たい人が圧倒的に多いのだから、負けるようになっているのは演出上、当然だが。
Sps20080413sbzi

そして、「罰」は、ビン・ラディン風ミネストローネを食するというもの。
いつも、食べることに関する罰のような気がする。
Sps20080413sbzj

ビン・ラディン風ミネストローネとは、
彼のひげを浸けたミネストローネのこと。
Sps20080413sbzk

こんなのは、完全に「食品衛生法」に違反する、
Sps20080413sbzl

ただ、これだけのために出演したこの「ビン・ラディン調」だった。
Sps20080413sbzm

一すくいずつ食べる。
Sps20080413sbzo

サブリナ・サトウの顔が凍っている。
Sps20080413sbzp

こんな顔になるもの当然。
Sps20080413sbzq

サブリナ・サトウも意を決して口にする。
Sps20080413sbzr

吐き気を催したサブリナ・サトウ。
Sps20080413sbzs

そのあと、
ちょっと、芝生の上でひとじゃれして、コーナーは終了した。
Sps20080413sbzt

---------------------------
こういうゲームもあきられて、
ちょっと視聴率を取るのは難しいだろう。

女性たちも、毎週見ていると、
別に慣れてきて、
なんでもなくなる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その36 "Fabiana Cozza" 11。

4月4日(金)21時から、
サンパウロ市南部ヴィラ・クレメンチーノ地区の地下鉄サンタ・クルーズ駅に近いジョアン・カエターノ劇場Teatro João Caetanoでファビアーナ・コッザFabiana Cozzaのコンサートがあった。
Sps20080405tjck

このコンサートで、彼女が歌った10曲目。
「sps20080404TJC-FabianaCozza11.WAV」をダウンロード

タンボリン(=タンバリン)だけで、歌った。
Sps20080411tjce

Sps20080411tjcf

4月4日(金)のもの。
「20080404TJC-FabianaCozza5.3gp」をダウンロード

4月5日(土)のもの。
「20080405TJC-FabianaCozza2.MOV」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル代表のカカの妻が、サンパウロに到着。

カカKakáは、父親になる時間を数えている。

カカの妻カロリーニ・セリコCaroline Celicoは先週末に、夫婦の最初の子供の誕生に備えて、サンパウロSão Pauloに到着した

名前は既に選ばれている。
ルーカLuca。

カカは、イアリア選手権Campeonato Italianoの最終節でウヂネーゼUdineseと日曜日に試合をした後に、ブラジルに来週到着Brasilする。

予定では、ルーカLucaの誕生は5月の終わりか、6月の初めになる。

----------------------------
カカのことだから、
ほとんどが、マスコミにも、内密に行われるだろう。

5月15日(木)に、
5月31日(土)にカナダ代表と、そして6月6日(金)にベネズエラ代表との間で行われる親善試合のためのブラジル代表の招集メンバーの発表があるのだが、カカはその中に入るだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジルのロナウド2008 その1 別れた彼女が妊娠していることを、ロナウドの母親が確認。

ロナウドはやはり大物で、「おかま」事件以来、このところ話題が途切れない。

----------------------------
5月12日(月)のヂア "O Dia"紙の報道によると、
FWロナウドの母親は、ロナウドRonaldoの恋人のマリア・ベアトリス・アントニーMaria Beatriz Antonyが妊娠してしていることを確認した。

ソニア・ナザーリオSônia Nazárioは、また孫がやってきてとても幸せだと言った。
「とても幸せだ。 みんな祝っている。 土曜日に知った。 ビアBiaは今週リオ・デ・ジャネイロに来る」と明言した。

----------------------------
肝心のマリア・ベアトリス・アントニーだが、
「おかま」事件以来、
まったく登場していない。

事の真偽は、まだ不明であるともいえる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その133。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

もちろん大西洋である。
Spd20071130cd

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

segunda-feira, 12 de maio de 2008

ブラジル・サンパウロの衣料品の寄付2008

サンパウロの高級アパート街パライゾの、とある薬局。

2週間ほど前のことだが、店の入り口に、一つの段ボール箱がおいてあった。
Sps20080426cb

段ボール箱には、ポスターが貼ってある。

「衣料品のキャンペーン」と書いてある。
つまり、「衣料品の寄付」をしてくれということである。

今年も、このキャンペーンが始まっていた。
Sps20080426ca

今年はもうかなり寒くなっているサンパウロ。
冬物の衣料品を買えない人は少なくない。

不要な衣料を持ち寄ってこの箱に入れることで、
少なからぬ人を少しでも寒さから守ることができる。

サンパウロ州当局の主導によるキャンペーンである。

この箱は、市内の薬局やスーパーなど、各所に置かれている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その217 拙宅に来る鳥187。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。
大木も多い。
花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。

小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる。

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、インコなどの小鳥たちがやってくる。
Sps20080315avc

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その127 ロデオとパイ投げ。

ブラジルで大人気の日系人タレントのサブリナ・サトウSabrina Sato
Sps20080406sbc

サブリナ・サトウは、rede TV!局が毎週日曜日20時30分頃から約2時間放送している、ブラジルで最も下品な馬鹿番組panico na TVにレギュラー出演している。
Sps20080406sba

この番組の企画で、今まで考えられないくらい数々ハードな(そして時には馬鹿馬鹿しい)チャレンジをさせられてきたサブリナ・サトウである。
Sps20080406sbb

------------------------------
2007年11月頃から、
サブリナ・サトウ単独のチャレンジが減って、
いつも番組ではビキニ姿でゆらゆらしているだけのレギュラーの女性も加わってのチャレンジ企画が増えた。

今や伝説となった「牛」ファッションショーの評判が良かったのか、視聴率が良かったのかしらないが、
その二番煎じとしか言いようのない「犬」ファッションショーを行い、見事に外した後は「ネズミ」である。

「ネズミ」もいい加減馬鹿らしかったのだが、これで味をしめた企画が「罰ゲーム」である。
チームに分かれて競技をした後に、負けたチームが必ず「罰」をうけるようになった。

このところは、チャレンジ性は低くなってきて、ばかばかしいゲームとそのあとの「穢い」罰ゲームに重きがある趣向になってきた。

サブリナ・サトウと女性たちがまた集まった。
Sps20080406sbe

サブリナ・サトウとサマンバイア嬢。
Sps20080406sbd

この日のゲームは、ロデオ。
Sps20080406sbf

サブリナ・サトウの額に巻かれているのは、なんだ。
Sps20080406sbi

爪を噛むサブリナ・サトウ。
Sps20080406sbj

ときどきお尻をカメラに向けて、視聴率を上げようとするサブリナ・サトウ。
大事なことだ。
Sps20080406sbk_2

場所を移動した。
Sps20080406sbl

まずは、ガビーとダニ・ボリーナの対戦。
Sps20080406sbm

ロデオといっても機械仕掛けのもので、
それに乗って相手にパイを投げるというものだ。
Sps20080406sbn

落ちても負けではないが、
どれだけ当てられたかがポイントだ。
顔にまともに当てられると、負けだ。
Sps20080406sbo

上からのアングル。
Sps20080406sbp

それほどロデオ・マシンの動きは早く設定していないのだが、
結構狙いにくいようだ。
お尻のショットは、ブラジルでは必須。
Sps20080406sbq

だんだんと汚れてくる。
Sps20080406sbr

次の対戦は
サマンバイア嬢とピウ・ピウ。
Sps20080406sbs_2

ロデオ・マシンは、かなりシンプルでアイロン台のような感じだ。
座りは悪い。
Sps20080406sbt

サマンバイア嬢は、メリハリのあるボディーなので、
さらにお尻からのショットは続く。
Sps20080406sbu

台がクリームで滑りやすくなっていることもあり、
サマンバイア嬢が落ちそうになる。
Sps20080406sbv

で、落ちた。
Sps20080406sby

Sps20080406sbz

サマンバイア嬢。
Sps20080406sbx

最後の対戦は、タニーアとサブリナ・サトウ。
Sps20080406sbza

サブリナ・サトウは、どういうわけかうまく乗ることができない。
お尻が座らないのだ。
相当ぬるぬるとしているようだ。
Sps20080406sbzb

落ちそうになる。
Sps20080406sbzc

Sps20080406sbzh

で、落ちた。
Sps20080406sbzd

サブリナ・サトウのお尻。
Sps20080406sbze

顔に当たってしまった。
Sps20080406sbzf

Sps20080406sbzg

「20080406paniconaTV-SabrinaSato2.wmv」をダウンロード

ゲームが終わった。
なぜかみんな真っ白。
Sps20080406sbzi

負けたのは、もちろんサブリナ・サトウのチーム。
Sps20080406sbzj

罰ゲームは、
普通に食べている食材をミックスして食べるというもの。
米、フェイジョン(=黒い豆)というブラジル人にとっての主食に加えて、
オレンジのスライス、レモン、カシャサ等々。
Sps20080406sbzk
Sps20080406sbzl

ミキサーで一気に混ぜる。
Sps20080406sbzm

panico風フェジョアーダを試食するわけだ。
Sps20080406sbzn

最初に食べたガビーは、こんな顔になってしまった。
Sps20080406sbzo

サブリナ・サトウも、一気に飲む。
Sps20080406sbzp

悲しい顔になってしまった。
Sps20080406sbzq

そして、口から溶岩のように吐き出す。
Sps20080406sbzr

悲しくなるような味だったようだ。
Sps20080406sbzs

--------------------------
単なる「お色気」ゲームになってきた最近。

もうちょっと、大じかけにやってほしいものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その35 "Fabiana Cozza" 10。

4月4日(金)21時から、
サンパウロ市南部ヴィラ・クレメンチーノ地区の地下鉄サンタ・クルーズ駅に近いジョアン・カエターノ劇場Teatro João Caetanoでファビアーナ・コッザFabiana Cozzaのコンサートがあった。
Sps20080405tjcj

ファビアーナ・コッザFabiana Cozzaは、新進気鋭の女性サンバ歌手である。
Sps20080411tjca

このコンサートでは、
ファビアーナ・コッザはアンコールも入れて14曲を歌っている。
Sps20080411tjcb

登場から、7曲目でいったん舞台を去り、
バンドが1曲演奏し、
そのあとに衣装を変えて再登場した。
このブログでは、そのバンドだけの演奏も紹介した。

再登場時の曲とともに、
ダンサーがあらわれ、奇怪な振り付けで舞台を回った。
この曲の内容が、イエマンジャーなので、
それに合っていた。

「20080404TJC-FabianaCozza4.3gp」をダウンロード

「20080405TJC-FabianaCozza1.MOV」をダウンロード

そして、これは、ファビアーナ・コッザとしては、再登場後の2曲目となる。
「sps20080404TJC-FabianaCozza10.WAV」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その132。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

もちろん大西洋である。
Spd20071128czz

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

domingo, 11 de maio de 2008

ブラジル・サンパウロの小鳥 その216 拙宅に来る鳥186。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。
大木も多い。
花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。

小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる。

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、インコなどの小鳥たちがやってくる。
Sps20080314avu

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2008 その5 セリエA第1節終了。

DIA 10 - 1ª rodada
サッカー・ブラジル選手権のセリエAの第1節が、
5月10日(土)と11日(日)に行われた。

結果は次の通り。

5月10日(土)      第1節第1日目
試合開始       試合結果              競技場
18h10  Náutico    2 x 1  Goiás         Aflitos
18h10  São Paulo   0 x 1  Grêmio        Morumbi
18h10  Vitória     0 x 2  Cruzeiro       Barradão
「20080510sporTVnews-BA1.wmv」をダウンロード
※サンパウロFCは地元で敗戦。
 昨年10月以来の地元での敗戦。
 リベルタドーレス杯に備えて、主力をかなり休ませていた。

5月11日(日)      第1節第2日目
試合開始       試合結果              競技場
16h   Internacional   1 x 0  Vasco      Beira-Rio
16h   Coritiba      2 x 0  Palmeiras    Couto Pereira
16h    Botafogo     2 x 0  Sport      Engenhão
16h   Ipatinga      0 x 1  Atlético-PR  Ipatingão
18h10  Atlético-MG   0 x 0  Fluminense   Mineirão
18h10  Portuguesa    5 x 5  Figueirense  Canindé
18h10  Flamengo     3 x 1  Santos     Maracanã
「20080511GN22-BA1.wmv」をダウンロード
※サンパウロ州選手権に優勝したパルメイラスは負け。
※ポルツゲーザは地元で引き分け。
※前監督のジョエル・サンタナが南アフリカの監督となったため、
 ゴイアスから移ったフラメンゴの新監督のカイオ・ジュニオールは
 初戦を勝つことができた。
 この試合は無観客試合だった。
 サントスはリベルタドーレス杯の試合に備えて、主力をかなり休ませた。


次節の第2節の予定は次の通り。

5月17日(土)      第2節第1日目
試合開始       試合予定              競技場
18h10  Cruzeiro    x  Botafogo       Mineirão
18h10  Vasco     x  Portuguesa      São Januário
18h10  Sport      x  Vitória         Ilha do Retiro

5月18日(日)      第2節第2日目
試合開始       試合予定              競技場
16h   Grêmio      x  Flamengo      Olímpico
16h   Atlético-PR   x  São Paulo      Kyocera Arena
16h   Fluminense   x  Náutico       Maracanã
16h   Goiás       x  Atlético-MG    Serra Dourada
18h10  Santos      x  Ipatinga       Vila Belmiro
18h10  Palmeiras    x  Internacional    Parque Antarctica
18h10  Figueirense  x  Coritiba       Olrando Scarpelli

(第1節を終了した時点での順位)
Spf20080511a

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジルのロナウドが「おかま」とトラブル後、別れた彼女が妊娠している。

おかまとおめたロナウドの話題が続いている。

---------------------------
FWロナウドRonaldoが、2度目の、父親になる。
ロナウドの恋人のマリア・ベアトリス・アントニーMaria Beatriz Antonyは妊娠している。
情報は、恋人25歳の家族に近い人物からだ。

ミレーニ・ドミングェスMilene Dominguesとの結婚の結果としてのロナウドRonaldo7歳の父の、ロナウドRonaldは父親になる状況にある。

----------------------------
ロナウドRonaldo Fenômenoの家族は、
ロナウドの元恋人のマリア・ベアトリス・アントニーMaria Beatriz Antonyが妊娠しているというニュースに驚いている。

経済学の学生のマリア・ベアトリス・アントニーの妊娠のニュースは、5月11日(月)に出てきた。

しかし、ロマリオの両親のネリオNélioとソニア・ナザリオSônia Nazárioはこの情報を知らない。

マリア・ベアトリス・アントニーは妊娠していないだろう。
しかし、さらにロナウドRonaldoと親しくなっている。
二人は毎日話している。
彼女は、ロナウドからの電話を拒絶していない。

この日曜日、ロナウドRonaldoはリオ・デ・ジャネイロのバッハ・ダ・チジュッカBarra da Tijucaにあるロナウドのアパートの隣にある母親の家にいて、母の日Dia das Mãesのお祝いをするために、母親ドナ・ソニアDona Sôniaの到着を待っている。

ソニアSôniaは、土曜日にノッサ・シニョーラ・アパレシーダ大聖堂Basílica de Nossa Senhora Aparecidaのミサに出るためにサンパウロSão Paulo州にいて、昼食の時間にリオ・デ・ジャネイロに戻る。

----------------------------
事実は、そのうち明らかになるだろう。

ロナウドの子供ができることは、とても大きな意味を持つ。
とてつもない養育費と、その後の相続人の資格を得ることができるからだ。

ロナウドも何をやってもよいが、それだけは慎重にしなくてはならない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その34 "Fabiana Cozza" 9。

4月4日(金)21時から、
サンパウロ市南部ヴィラ・クレメンチーノ地区の地下鉄サンタ・クルーズ駅に近いジョアン・カエターノ劇場Teatro João Caetanoでファビアーナ・コッザFabiana Cozzaのコンサートがあった。
Sps20080405tjca

ファビアーナ・コッザFabiana Cozzaは、新進気鋭の女性サンバ歌手である。
Sps20080405tjcb

「sps20080404TJC-FabianaCozza9.WAV」をダウンロード

このジョアン・カエターノ劇場でのファビアーノ・コッザのコンサートは、
4月4日(金)のほか、
5日(土)、6日(日)そして翌週の11日(金)、12日(土)、13日(日)の合計6回行われた。
Sps20080405tjcc

日曜日のコンサートは、無料であった。
Sps20080405tjcd

実は、4日(金)のほかに、5日(土)及び11日(金)の合計3回も、このファビアーノ・コッザのコンサートに行ったである。
Sps20080405tjce

回によって、曲の順番が変わるようなことはなかったが、
もちろん合間の話の内容などは違う。
Sps20080405tjcf

3回のうち、本人のノリが一番よかったのは、5日(土)の回だった。
Sps20080405tjcg

11日(金)は、
音響的なトラブルもあり、いま一つだった。
Sps20080405tjch

いつものことながら、日本人いない。
Sps20080405tjci

「20080404TJC-FabianaCozza3.3gp」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2008 その4 セリエB第1節終了。

2008年は、諸般の事情により、ブラジル選手権セリエBについても、結果を掲載する。

-----------------------------
サッカー・ブラジル選手権のセリエBの第1節が、
5月9日(金)及び10日(土)に行われた。

結果は次の通り。
※太字4クラブは大サンパウロ都市圏内のクラブ。
Sps20080509fa
※下線7クラブがサンパウロ州のクラブ。
Sps20080509fb

5月9日(金)      第1節第1日目
試合開始       試合結果               競技場
20h30  Barueri     2 x 0  Gama        Arena Barueri
20h30  Paraná     0 x 1  Avaí         Durival Britto
20h30  Brasiliense  2 x 2  Marília       Boca do Jacaré
20h30  Bragantino  1 x 0  Santo André    Antônio Guimarães
「20080510GloboEsporte-BB1.wmv」をダウンロード

5月10日(土)      第1節第2日目
試合開始       試合結果               競技場
16h    Ceará       2 x 1  Juventude     Castelão
16h    São Caetano  3 x 0  Ponte Preta    Bruno José Daniel
16h    Corinthians   3 x 2  CRB         Pacaembu
16h    Criciúma     1 x 0  América-RN    Heriberto Hulse
16h    Bahia       1 x 1  Fortaleza      Jóia da Princesa
20h30  ABC        3 x 2  Vila Nova-GO    Frasqueirão
「20080510sporTVnews-BB1-Corinthians.wmv」をダウンロード
「20080510sporTVnews-BB1.wmv」をダウンロード
コリンチャンスは、初戦勝利


次節の第2節の予定は次の通り。

5月13日(火)      第2節第1日目
試合開始       試合結果               競技場
20h30  Santo André    x  Brasiliense      Bruno José Daniel
20h30  Marília        x  Barueri        Bento de Abreu
20h30  CRB         x  São Caetano     Rei Pelé

5月16日(金)      第2節第2日目
試合開始       試合結果               競技場
20h30  Juventude    x  Criciúma      Alfredo Jaconi
20h30  Ponte Preta   x  Bragantino     Moisés Lucarelli
20h30  Vila Nova-GO   x  Ceará        Serra Dourada

5月17日(土)      第2節第3日目
試合開始       試合結果               競技場
16h    América-RN  x  Bahia        Machadão
16h    Fortaleza    x  Paraná       Castelão
16h    Gama       x  Corinthians    Mané Garrincha
20h30  Avaí        x  ABC         Ressacada
※コリンチャンスは、ブラジリアでガマと対戦する。


(第1節を終了した時点での順位)
Spf20080510a_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その131。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

もちろん大西洋である。
Spd20071128czy

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sábado, 10 de maio de 2008

サッカー・ブラジル選手権2008 その3 コリンチャンス対CRB戦。

5月10日(土)16時から、2008年のブラジル選手権のセリエBの開幕試合の、コリンチャンス対CRB戦が、サンパウロ市のパカエンブー競技場で行われた。

12時頃までは静かなパカエンブー地区であったのだが、その後徐々に騒がしくなった。

13時50分頃に、ちょっと車で出かけたのだが、
どんどんと競技場に向かってくる人たちがいた。
いつもよりずっと早い人の動き方である。

14時15分には、また戻ってきたのだが、更に人の波は大きくなっていた。

もともと15時ころには出かけようと思っていたのだが、
14時40分には家を出た。

正面のシャルレス・ミラー広場も、久しぶりにコリンチャンスのファンで埋まっていた。

競技場に入り、いつもの場所あたりに座った。

15時前なのだが、楽団が更新したり、
グラウンドに白いリボンが置いてあったりと、
この試合が改修後の最初の試合となるパカエンブー競技場は、
いかにも開幕という雰囲気で一杯であった。

スポーツ大臣のモッタが現れて、
テープカットをした。

試合の前の国歌も、
アカペラであった。

そして、
いつもの「コリンチャンス大好きおばあさん」も、
「ビン・ラディン調」も、
盛装をして競技場に現れていた。

panico na TVの連中も登場した。

インターバルには、リヴェリイーノも出てきて、
グラウンドの中で足型をとった。
8月にパカエンブー競技場内に開館する予定のサッカー博物館のためだろう。

試合は、
開始早々にあっという間に、コリンチャンスは1点を失った。

しかし、前半に2点を入れて逆転。

さらに、後半も1点を入れて、3対1とした。
でも、後半30分前に、ゴールを決められてしまった。

結局、18時前に試合は終了し、
3対2で、
コリンチャンスは初戦に勝利することができた。

とても寒い中での試合だったが、
観客はとりあえず満足して帰った。

19時過ぎには、パカエンブーはまた静かになった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その33 "Fabiana Cozza" 8。

4月4日(金)21時から、
サンパウロ市南部ヴィラ・クレメンチーノ地区の地下鉄サンタ・クルーズ駅に近いジョアン・カエターノ劇場Teatro João Caetanoでファビアーナ・コッザFabiana Cozzaのコンサートがあった。

ファビアーナ・コッザFabiana Cozzaは、新進気鋭の女性サンバ歌手である。
Sps20080404tjcm

「sps20080404TJC-FabianaCozza8.WAV」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その130。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

もちろん大西洋である。
Spd20071128czx

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sexta-feira, 9 de maio de 2008

サッカー・ブラジル杯2008 その13 準々決勝第1戦終了。

サッカー・ブラジル杯の準々決勝の第1戦が、
5月6日(火)、7日(水)及び8日(木)に行われた。

結果は次の通り。


5月6日(火)    第1日目
試合開始     試合結果               競技場
21h    Corinthians  2 x 1  São Caetano     Morumbi
「20080506JG-CB-Corinthians-SaoCaetano.wmv」をダウンロード
※コリンチャンスは一度は同点に追いつかれたが、地力の差で逃げ切った。
Sps20080506fn
(国歌演奏)
「20080506Futebol-CB-Corinthians-SaoCaetano-Hino.wmv」をダウンロード
(コリンチャンスの先発と控え)
Sps20080506fj
Sps20080506fk
(サン・カエターノの先発と控え)
Sps20080506fl
Sps20080506fm

5月7日(水)    第2日目
試合開始     試合結果               競技場
19h30  Vasco       5 x 1  Corinthians-AL  São Januário
21h50  Internacional  1 x 0  Sport         Beira-Rio
「20080507encimadahoracbvascocorinthiansal.wmv」をダウンロード
※アラゴアス州のコリンチャンスは、ついに大敗。
 ここまで残っていたことが奇跡。

5月8日(木)    第3日目
試合開始     試合結果               競技場
20h30  Atlético-MG  0 x 0  Botafogo       Mineirão
「20080508JG-CB-AtleticoMineiro-Botafogo.wmv」をダウンロード


準決勝第2戦の予定は次の通り。

5月13日(火)    第1日目
試合開始     試合予定               競技場
20h30  São Caetano  x  Corinthians       Ribeirão Preto

5月14日(水)    第2日目
試合開始     試合予定               競技場
15h    Corinthians-AL   x  Vasco        Nelson Feijó
21h50  Botafogo       x  Atlético-MG    Engenhão
21h50  Sport         x  Internacional    Ilha do Retiro

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2008 その2 開幕間近。

2008年のサッカー・ブラジル選手権セリエAが、5月11日(土)に開幕する。
※セリエBは、5月10日(金)に開幕。

だが、
ことしは、諸般の事情により
セリエBの試合について取り上げざるを得なくなった。

そのセリエBのコリンチャンスの開幕戦は、5月11日(土)16時から、サンパウロ市の中心部に最も近いパカエンブー競技場で行われる。
対戦相手は、CRBという、よく知らないチームである。
セリエBのチームについては、ほとんど何も知らないと言ってもよい。

パカエンブー競技場は、昨年11月28日に行われたブラジル選手権の対ヴァスコ・ダ・ガマ戦を最後に、12月から改修工事がおこなわれており、サッカー場は、ずっと閉鎖されていた。
この開幕戦が、改修後の初めての試合となる。

-----------------------------
この試合のチケットは、
5月8日(水)から発売が市内各所の販売所で開始された。

この日の16時過ぎに、販売所の一つである、サンパウロ市北部のカニンデ競技場(ポルツゲーザの本拠地)の横を通った時に多少列ができていたのであるが、大したことはないと思っていた。
Sps20080507ca

しかし、9日(木)の朝刊に、このコリンチャンスの試合はすでに18千枚(総数32千枚程度)が8日中に売れたという記事があったので、ちょっとあわてた。

朝の用事をきっちり済ませ、11時少し前に、パカエンブー競技場の窓口の横を通ったら、200メートルほどの列ができていて、すでに発売が開始されていた。

こういう時には、決断はすぐにしなくてはならない。

その列に並ぶことだ。
Sps20080508cc

すでに、安いほうの席などは売り切れ、
半額で買いたい学生などは真剣だ。
市内各所の売り場にいる友人などに携帯で連絡を取り、
売り場の状況を得ている。

窓口まであと15メートルくらいになって、
ダフ屋の一味と、窓口の整理員が喧嘩になって、
殴り合いを始めたりと、アトラクションもあった。

信じられないくらい長い時間ならんで、やっと、望みのチケットを買うことができた。
Sps20080508ce

Sps20080508cf

まだまだ、長い列が続いていた。
Sps20080508cj

5月10日(金)16時過ぎに、パカエンブー競技場の窓口の脇を通ったが、まだ列はあった。
売り切れになっていないようだ。
Sps20080509cu

ところで、
チケットの価格なのだが、値上がりしていた。

2007年のブラジル選手権のセリエAのパカエンブー競技場での最も高い席は、正面スタンド席で40レアル(=約2400円)であった。
今年は、セリエBなのに、50レアル(=約3000円)。
Sps20080508fa

Sps20080508fb

今年は、この先このブラジル選手権セリエBの試合と、ブラジル杯の試合しかないコリンチャンスだが、サンパウロでは圧倒的な人気クラブとはいえ、この価格は高い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その32 "Fabiana Cozza" 7。

4月4日(金)21時から、
サンパウロ市南部ヴィラ・クレメンチーノ地区の地下鉄サンタ・クルーズ駅に近いジョアン・カエターノ劇場Teatro João Caetanoでファビアーナ・コッザFabiana Cozzaのコンサートがあった。

ファビアーナ・コッザFabiana Cozzaは、新進気鋭の女性サンバ歌手である。
Sps20080404tjcl

「sps20080404TJC-FabianaCozza7.WAV」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その129。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

もちろん大西洋である。
Spd20071128czw

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

quinta-feira, 8 de maio de 2008

ブラジルのロナウドが「おかま」とトラブル後、別れた彼女が許すかも。

ロナウドRonaldoは、リオ・デ・ジャネイロの西部のモーテルでの3人のおかまtravestiとの揉めごとにも関わらず、学生のビア・アントニーBia Anthonyと寄り戻すかもしれない。

ビア・アントニーBia Anthonyは、このスキャンダルについてロナウドRonaldoをすでに許している。

ビア・アントニーは、ブラジリアBrasíliaの家族のもとにいて、ロナウドと電話で話をして、アングラ・ドス・レイスAngra dos Reisに避難しているロナウドを訪れることを計画している。

ビア・アントニーBia Anthonyに近い人物は、彼女は別れに傷ついて痩せて、よりを戻すことについては彼女の家族次第である、彼女は言ったという。

----------------------------
細かいことは我慢して、
ロナウドともう少しからんでいたほうが、
彼女の人生とってすごく得であることに気がついたのだろう。

おかまだって、ロナウドによって選ばれたということで、この先当分お客が増えるに違いない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「秋」2008 その3 最低気温11.1度。

5月7日(水)の未明は、サンパウロSão Paulo市は今年もっとも寒くなった。

簡易測定で、11度になっていた。
9時45分過ぎに、国立気象研究所Instituto Nacional de Meteorologia (Inmet)はサンパウロ市北部Zona Norteのミランチ・ヂ・サンタナMirante de Santanaで最低気温11.1度を記録していたことを確認した。

サンパウロSão Paulo市の気温だけが下がったわけではない。
サンパウロ市から167キロのカンポス・ド・ジョルドンCampos do Jordãoでは、温度計は2.7度になった。
サンパウロSão Paulo市から100キロのソロカバSorocaba市では、7.1度。
179キロのサン・ミグェル・アルカンジョSão Miguel Arcanjo市では4.9度だった。

サンパウロ州の最低気温は、5月6日(火)にカンポス・ド・ジョルドンCampos do Jordãoで5・6度を記録していた。
サンパウロ市では、5月4日(日)と5日(月)に12.3度だった。

この時期には日中も低い気温は続く。
最高気温は、サンパウロ市で25度を超えることはない。
太陽は現れて、すべての地方で強く輝く。
雨は降らず、とても乾燥する。

湿度は、通常最低70%であるが、35%にまで下がる。
天気は、この何日か変化しない。
少なくとも9日(金)までは、太陽が出て、雨は降らず、寒さが続く。

----------------------------
毎年のことながら、
寒いサンパウロ市である。

特に夜は底冷えがする。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その128。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

もちろん大西洋である。
Spd20071128czv

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

quarta-feira, 7 de maio de 2008

ブラジル・サンパウロの14年目のアイルトン・セナ。

5月1日(木)、ブラジルは「労働者の日」で休日であった。

この日の午後、
サンパウロ市の南西部にあるモルンビー墓地に行った。
モルンビー墓地は、正確にはモルンビー地区にあるのではない。
ヴィラ・アンドラーヂというところにあるのだが、モルンビーの地名を使ったほうがイメージが良いのか、モルンビーの地名はこれに限らずかなり拡大して使われている。

5月1日は、アイルトン・セナのあの事故の日である。

あれから、14年目のこの日、
アイルトン・セナの眠る場所には、少なからぬ人が集まってきていた。

モルンビー墓地のゲートをくぐってそのまままっすぐ進んだところのとてもわかりやすいところに、セナの場所はある。
セナを称える横断幕もいくつか掲げられていた。
Sps20080501a

いつも花は絶えることはないのだが、この日はまた一段と多かった。
Sps20080501b

さらに、写真を並べた立て看板まであった。
ファンの人が建てたようだ。
Sps20080501c

墓碑もよく磨かれて、輝いていた。
Sps20080501d

---------------------------------
この墓地は、もう21年ほど前から、時々行くことがある。

今回も、1993年12月に交通事故で亡くなった夫婦の墓がここにあることがわかったので、そこに行ったのである。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その127。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

もちろん大西洋である。
Spd20071128czu

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

terça-feira, 6 de maio de 2008

ブラジルのロナウドと揉めた「おかま」の尋問。

5月6日(火)に、バッハ・ダ・チジュッカの16分署での約4時間の尋問の後、4月28日の未明にロナウドRonaldo Fenômenoとの間にトラブルを起こした2人のおかまは、ロナウドの要求で薬を買おうとしたこと以外にモーテル・パピロンMotel Pappilonでロナウドと性的な関係をしたということも否定した。

警部によると、アンドレイア・アルベルチーナAndréia Albertinaとカルラ・タミニCarla Tamineはこの件についての発言を変えた。
Spf20080506a014611392ex00

「彼らは今までに行ったことはすべて嘘だと告白した。 薬も、あの夜に彼らの間で性的な関係もなかった。 恐喝未遂で要求したお金を得ることができなかったからでっち上げたと言った」と、カルロス・アウグスト・ノグェイラCarlos Augusto Nogueiraは語った。
まだ、このふたりをに最初の捜査で言っていたように、盗み、恐喝、脅迫で告発するかは決めていない。

「アンドレイア・アルベルチーナはそうなる可能性がある」と、カルロス・アウグスト・ノグェイラは言った。
「しかし、本当に彼がロナウドの書類の盗んだのかを確認する必要がある」と、付け加えた。

アンドレイア・アルベルチーナは、ファヴェーラfavelaに薬を買いに行こうとしたときにモーテルに残っていたロナウドRonaldoの保証として、ロナウドの車の書類を持っていようとしていた。

警部は、ほかの証人から話を聞いたり、尋問のためにロナウドを呼ぶことについては進めるつもりだ。

「今日は、二人に態度に驚いた。 感動までした。 あの人生から抜け出す機会だと思うとまで言っていた」と、カルロス・アウグスト・ノグェイラはは明言した。

おかまtravestiが尋問で態度を変えたことを、警部は弁護士の指導によるものだとは思っていない。
「そうは思っていない。彼らは素直になった。 突然に警察にやってきた。 自分は、もっと静かになるだろう来週にも彼らを呼ぼうと思っていた」。

カルロス・アウグスト・ノグェイラは、二人のおかまが警察に尋問のために先に現れた事実は告発の状況を活発にするだろうと言った。
警部は、恐喝を専門にしているおかまの一味についての捜査の継続については明言していない。

「最後まで進行を期待している。 予断についてはコメントしたくない」と、話を大きくしなかった。
「20080506encimadahora-Ronaldo-Travesti.wmv」をダウンロード

----------------------------
おかまが、完全に前言を翻したところに、何か作為を感じないわけでもない。

超富豪で著名人のロナウドと、客を引いているおかまでは、その境遇は、まさしく天国と地獄である。

冷静になれば、賢い取引をすることが、最も大切であることは、わかるはずだ。

事実が何かとか、正義が何かとか、そんなことよりもはるかに大事なことはある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジルのロナウドが「おかま」とトラブル後、まだスポンサーを失っていない。

携帯電話のオペレーターであるチンTIMは、5月6日(火)に、広報から正式な文書で、FWロナウドRonaldoとのスポンサー契約を取り消すことはないと発表した。

リオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroのモーテルでのロナウドと3人のおかまtravestiとのトラブルの後、このスキャンダルで企業のマークのイメージを気づ付けたとして、契約を取り消すだろうと見られていた。

チンTIMはこの件について検討しているという発表をしていた。
この火曜日に、チンは「ロナウドとの契約の取り消しの理由はない」と確認し、論議を終わりにした。

この火曜日には、この件に関係したおかまたちtravestisがリオ・デ・ジャネイロの警察で尋問に応じ、この件についての話を変えた。

アンドレイア・アルベルチンAndréia Albertineとクララ・タチニCarla Tamineは、ロナウドFenômenhoと性的な関係を持ったこととロナウドがモーテルで薬を使ったことを否定した。

-------------------------------
一部の報道で、このチンが契約を取り消すと言われていた。

契約には、ロナウドが逮捕され、起訴されるようなことがあれば、取り消すという条項があったらしい。
おかまに脅されたという被害者のロナウドは、契約が取り消されるとは思っていなかった。

この件の話題は当分尽きないが、
ブラジルの報道としては、
ロナウドを非難するようなものではない。

とても恥ずかしいことには違いないのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・サンパウロ州選手権2008 その35 表彰。

2008年のサンパウロ州選手権のチャンピオンのパルメイラスPalmeirasは、ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴVanderlei Luxemburgo監督とともに、4人の選手が、サンパウロ選手権の優秀選手に選ばれた。
このほかに、MFヴァウヂヴィアValdiviaが最優秀選手に選ばれた。

5月5日(月)にサンパウロSão Pauloで行われたサンパウロ州サッカー連盟Federação Paulista de Futebolのフェスタで、発表された。

5月4日(日)にポンチ・プレッタに5対0で勝って選手権のチャンピオンとなったパルメイラスからは、ヴァウヂヴィアValdiviaのほかに、DFエンリキHenrique、MFピエヘPierreとレオ・リマLéo Limaが選ばれた。
FWアレックス・ミネイロAlex Mineiroは得点王だった。

準優勝のポンチ・プレッタPonte Pretaからは、GFアラーニャAranhaと右SBエドゥアルド・アホースEduardo Arrozが入った。
MHレナッタRenatoは内陸杯の最優秀選手に選ばれた。.

準決勝にすすめなかったコリンチャンスCorinthiansは左SBアンドレ・サントスAndré Santosがはいった。
このほかに、DFウィリアンWilliamがフェアプレイ選手賞を得た。
さらに、GFフィリッピFelipeが最少被ゴール賞を得た。


2008年サンパウロ州選手権のベスト11Seleção do Paulista-2008は次の通り。

GK: アラーニャAranha (Ponte Preta)
右SB: エドゥアルド・アホースEduardo Arroz (Ponte Preta)
DF: エンリキHenrique (Palmeiras)
DF: ミランダMiranda (São Paulo)
左SB: アンドレ・サントスAndré Santos (Corinthians)
MF: ピエヘPierre (Palmeiras)
MF: レオ・リマLéo Lima (Palmeiras)
MF: エルナーネスHernanes (São Paulo)
MF: ヴァウヂヴィアValdivia (Palmeiras)
FW: アドリアーノAdriano (São Paulo)
FW: クレーベル・ペレイラKléber Pereira (Santos)

---------------------------
アドリアーノも入っている。

ヴァウヂヴィアは、チリ代表でもある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その126。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

もちろん大西洋である。
Spd20071128czt

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジルのロナウドが「おかま」とトラブル後、ユニセフ大使ではなかった。

5月5日(月)に、ユニセフFundo das Nações Unidas para a Infância (Unicef)は公式サイトで、ロナウドRonaldoはユニセフの大使ではないとの文書を発表した。
この文書によって、ロナウドが言ったことをマスコミに対して正した。

ファンタスチコ "Fantástico"のインタビューの中で、ユニセフUnicef大使の仕事について聞かれて、ロナウドRonaldoはリオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroでのおかまtravestiとの問題はユニセフでの彼のイメージを傷つけていないと明言していた。

事実、ロナウドFenômeno は国連開発計画Programa das Nações Unidas para o Desenvolvimento (PNUDの親善大使である。
ユニセフに関して言うならば、ただ一人の選手が大使である。
デヴィット・ベッカムDavid Beckhamである。

国連ONUに関する組織の大使となっている選手もしくは元選手は、
カカKakáとロナウヂーニョ・ガウーショRonaldinho Gaúchoが世界食糧計画(Programa Alimentar Mundial )、ロベルト・バッジオRoberto Baggioが国際食糧機関(FAO)の大使となっている。

そのほかは次の通り、Michael Ballack (Unaids), Zidane e Drogba (PNUD), Figo (Programa contra a Tuberculose)。

---------------------------
ロナウドは、自分がどこの大使だったのかを、認識していなかったわけだ。
また、「伝説」を作ってしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

segunda-feira, 5 de maio de 2008

ブラジルのロナウドが「おかま」とトラブル後、はじめてマスコミに登場。

ちょうど1週間まえに、リオ・デ・ジャネイロ州選手権Campeonato Cariocaの決勝の第1戦の間に、ロナウドRonaldoはフラメンゴFlamengoのユニフォームを着て、グラウンドへの復帰のための計画を持っていて、膝次第だが夢の実現を語っていた。

その何時間か後に、日曜日の夜に、リオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroのモーテルでの3人のおかまtravestiともめることで、彼の人生でまた一つ論議を呼んだエピソードの当事者になった。

この1週間、ロナウドFenômenoはマスコミの接近から距離をとり、アングラ・ドス・レイスAngra dos Reisに避難していた。
南フルミネンセの海岸の街で、ロナウドは独占インタビューのためにファンタスチコ "Fantástico" のレポーターを受け入れ、心を開いた。
Sps20080505fb

「自分の個人生活での大きな愚かなことをした。 みんながこの件については好意的だ。 この件について話をするのは恥ずかしい。 個人的な問題で、マスコミに個人的な生活を明かしてはない。 特別で、馬鹿な行為だった。 後悔し、恥ずかしい」。

ロナウドは、あの夜にどのように起きたのかすべて説明をした。

「おかまだったとわかった時に家に戻ろうとした。 しかしできなかった。 脅迫が始まった。 おかまだとは全く知らなかった。 自分はホモセクシャルではない。 それだけははっきりと言っておきたい。 自分の過ちが大きな問題を作ってしまった。 でも、捜査の尋問ですべて話したことは事実で、認められた。
Sps20080505fa

ロナウドRonaldoは、おかまと性的な関係を持ったこととその間に薬を使おうとしたことを否定した。

「関係はなかった。 あの時自分はグラウンドでのチームを棄てようというようなことはなかった。 薬は使っていない。 自分は運動選手で、けがのために外れてはいるが、それはいつもそうだ。 おかまだとわかってすぐに出た。」

ロナウドRonaldoはおかまtravestiのグループの罠の被害者であったことに疑いを持っていない。
恋人のマリア・ベアトリス・アントニーMaria Beatriz Antonyを失った事実を悲しんでいる。

「約束していたものを支払って終わりにしたかった。 二人は合意した。 3人目が自分を脅し始めた。 マスコミに知らせないために大きな金額を要求した。 操作によって、そういうことをすることに慣れている一味だとわかった。 自分には彼女がいるのだから、ともかくも大きな間違いだった。 いたと言ったほうが良い」 
Sps20080505fe

薬は使ったことを否定し、ロナウドはお酒に酔っていなかったこともまた保証した。
ロナウドによると、あの夜は社交的に飲んだ。

「フラメンゴFlamengoの試合のあとほんの少し飲んだ。 でもおかしくなるような量ではなかった」

このエピソードが世界中に知れたことで、ロナウドRonaldoは自分の伝記にこの件に関することが永遠に残ることを知っている。 しかし、ロナウドは長い経歴で勝ち取った名声がすべて失われるとは思っていない。

「自分の人生で最悪の決定だった。 いつもの自分の個人生活を進む。 何も選手としての自分の経歴を混乱させない。 ユニセフUnicefの大使としての自分の地位にも影響しない」。
Sps20080505fd

告白の機会を利用して、ロナウドFenômenoは将来の計画について触れ、フラメンゴFlamengoのユニフォームを着る望みを再確認した。

「自分のミラMilanンとの契約は6月に終了する。 その時から誰とでも交渉するのは自由である。 それは多かれ少なかれすでに起きている。 自分の大きな夢で、それはフラメンゴFlamengoが自分に門を開くことであるのは間違いない」
Sps20080505fc

ロナウドRonaldoは家族とともにアングラ・ドス・レイスAngra dos Reisにいる。
左ひざの手術からの回復治療を続けるために期間は決まっていないが、この町にいる。
Sps20080505ff

----------------------------
ファンタスチコは、毎週日曜日の20時半ころから約2時間放送されるGlobo局の看板番組のひとつで、視聴率は20%をいつも超えている。
rede TV!局のpanico na TVとは、桁違いの視聴率である。

その週に起きたニュースなどをまとめて取り上げて、掘り下げる情報バラエティー番組のこの番組を見ておかないと、月曜日の朝の、職場のでの話題には取り残されてしまう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その125。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

もちろん大西洋である。
Spd20071128czs

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

domingo, 4 de maio de 2008

ブラジル・サンパウロの美人の線審 その25 公式サイトが荒らされた。

線審のアナ・パウラ・オリヴェイラAna Paula Oliveiraの公式サイト (http://www.anapaulaoliveira.com.br/)が、たぶんボタフォゴBotafogoのファンのハッカーに侵入された。

入り口ページに、侵入者はアナ・パウラ・オリヴェイラが昨年プレイボーイ誌で披露したヌード写真を置いた。

左太ももに仮想的にボタフォゴBotafogoのエンブレムescudoを加えた。
その下には、ハッカーの署名があり、英語で「セキュリティを破った'quebrou sua segurança'」'Broke Your Security'と書いた。

昨年のブラジル杯Copa do Brasilの準決勝の対フィグェイレンセFigueirense戦で仕事をしボタフォゴの2ゴールを取り消した後、アナ・パウラ・オリヴェイラはボタフォゴBotafogoのファンの間では「好ましくない人物persona non grata」である。

これによって、ボタフォゴはブラジル杯から敗退した。

Spf20080504a014595240ex00

--------------------------
どうして、この時期に。
もう1年たっているのだが、執念深い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・サンパウロ州選手権2008 その34 パルメイラスが優勝し、終了。

サッカー・サンパウロ州選手権の決勝第2戦が、
5月4日(日)16時から、
サンパウロ市のパレストラ・イタリア競技場で行われた。
Sps20080504fd

この結果、パルメイラスが12年ぶりに優勝した。
Sps20080504fb
Sps20080504fc

5月4日(日)    本選決勝第2戦
試合開始      試合結果                競技場
16h    Palmeiras  5 x 0  Ponte Preta       Parque Antarctica
Sps20080504fa

(パルメイラスの先発と控え)
Sps20080504fe
Sps20080504ff
(ポンチ・プレッタの先発と控え)
Sps20080504fg
Sps20080504fh

なお、これに先立ち内陸部杯の決勝第2戦が、
5月3日(土)に行われバルエリが優勝している。

5月3日(土)    内陸部杯決勝第2戦
試合開始      試合結果                競技場
18h10  Barueri    4 x 0  Noroeste        Arena Barueri

--------------------------
各州選手権もすべて終了した。

ブラジル選手権は、
セリエBは5月9日(金)に、セリエAは5月10日(土)に開幕する。

--------------------------
決勝戦前の
ロッカールームでのパルメイラスと優勝後のフェスタ。

ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督の長口上と、
キャプテンのGKマルコスの「ピー音」が気になる。

フェスタでも、
ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督が指揮をしたというから、サッカーにはサンバが必要だということがわかる。

「20080505JNsp2-PA-Palmeiras2.wmv」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その31 "Fabiana Cozza" 6。

4月4日(金)21時から、
サンパウロ市南部ヴィラ・クレメンチーノ地区の地下鉄サンタ・クルーズ駅に近いジョアン・カエターノ劇場Teatro João Caetanoでファビアーナ・コッザFabiana Cozzaのコンサートがあった。

ファビアーナ・コッザFabiana Cozzaは、新進気鋭の女性サンバ歌手である。
Sps20080404tjck

「sps20080404TJC-FabianaCozza6.WAV」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その124。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

もちろん大西洋である。
Spd20071128czr

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sábado, 3 de maio de 2008

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その30 "Fabiana Cozza" 5。

4月4日(金)21時から、
サンパウロ市南部ヴィラ・クレメンチーノ地区の地下鉄サンタ・クルーズ駅に近いジョアン・カエターノ劇場Teatro João Caetanoでファビアーナ・コッザFabiana Cozzaのコンサートがあった。

ファビアーナ・コッザFabiana Cozzaは、新進気鋭の女性サンバ歌手である。
Sps20080404tjcj

「sps20080404TJC-FabianaCozza5.WAV」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その123。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

もちろん大西洋である。
Spd20071128czq

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sexta-feira, 2 de maio de 2008

サッカー:ロマリオの日々 その109 引退試合はベンフィカ戦。

ロマリオRomárioは、サン・ジャヌアリオSão Januárioで行われるベンフィカBenficaとの親善試合で、ヴァスコ・ダ・ガマでプレイしてサッカーからの公式の引退をするかもしれない。

社長によるとまだ試合は決まっていないが、両クラブの間で昨年末になされた合意よって行われるだろう。
2007年12月に、エウリコ・ミランダEurico Miranda社長は考えと文化の交換をするための会議に出席するためにポルトガルPortugalにいた。

エウリコ・ミランダEurico Mirandaは、ロマリオRomárioの引退の試合のためという合意を否定した。
しかし、試合が行われることになれば、試合にロマリオが参加することを交渉するだろうと認めた。

「ロマリオRomárioとは長いこと話をしていない。 もしロマリオがやってくるか社長が提案を受ければ、この件を検討する」役員は明言した。

----------------------------
エウリコ・ミランダ社長の話なので、全く当てにはならない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「秋」2008 その2 「寒い」。

5月2日(金)の午後、国立気象研究所Instituto Nacional de Meteorologia (Inmet)によると、サンパウロSão Paulo市は今年もっとも寒くなった。
正午から15時までの間に記録された最低気温は16.7度だった。
一日を通しての最高気温は17.3度で、最低気温は未明に15.1度だった。
予想では、この5月4日(日)までは明け方冷え込む。

しかし、日中は気温は上がるに違いない。
「予想では土曜日と日曜日は、最高気温は20度から21度になる」と国立気象研究所の気象予報士のエステル・レジーナ・イトウEster Regina Itoは言った。
彼女によると、雨はこの金曜日は強く降るが、土曜日までは続かない。
「寒冷前線はもうない」。

朝、国立気象研究所は、サンパウロ市における観測場所のミランチ・サンタナMirante do Santanaでの、この金曜日の0時から9時までのサンパウロ市の気温は今年最低で、15.1度であった。

サンパウロ州では、サンパウロから167キロ離れたカンポス・ド・ジョルドンCampos do Jordãoで、9時までに最低の10.8度を記録した。

5月1日(木)に、サンパウロ市は、朝に、13.7度を記録して、今年で一番寒かった。
2番目に寒かったのは1月23日で、サンパウロ市では15度だった。
気温の低下は、火曜日(4月29日)に寒冷前線がサンパウロ州に到達した後に起きた。
寒冷前線は、南極からの冷たい気団を伴ってきた。

---------------------------I
エステル・レジーナ・イトウは、この金曜日に見られた天気は、秋のもので、続く。
「秋は、南極気団は見られ始めるときである。 すでに先月最初のものがやってきた。 寒冷前線か南極気団がやってくると、気温が下がる」。

エステル・レジーナ・イトウによると、秋は昨年より早くやってきた。
ラ・ニーニャLa Niña現象の影響である。

-----------------------------
寒い寒い季節がやってきた。

5月2日(金)は、ほぼ終日雨が降っていた。

4月25日(金)から28日(月)までは、最高気温は30度近かったのだが、急激に冷えた。
これが、サンパウロである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その29 "Fabiana Cozza" 4。

4月4日(金)21時から、
サンパウロ市南部ヴィラ・クレメンチーノ地区の地下鉄サンタ・クルーズ駅に近いジョアン・カエターノ劇場Teatro João Caetanoでファビアーナ・コッザFabiana Cozzaのコンサートがあった。

ファビアーナ・コッザFabiana Cozzaは、新進気鋭の女性サンバ歌手である。
Sps20080404tjci

「sps20080404TJC-FabianaCozza4.WAV」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その215 拙宅に来る鳥185。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。
大木も多い。
花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。

小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる。

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、インコなどの小鳥たちがやってくる。

ロリーニャも、このグアヴァの木にとまる。
だが、ロリーニャはグアヴァの実をついばむことはない。

ただ、休んでいるだけだ。
Sps20080314avr

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その122。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

もちろん大西洋である。
Spd20071128czp

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

quinta-feira, 1 de maio de 2008

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その28 "Fabiana Cozza" 3。

4月4日(金)21時から、
サンパウロ市南部ヴィラ・クレメンチーノ地区の地下鉄サンタ・クルーズ駅に近いジョアン・カエターノ劇場Teatro João Caetanoでファビアーナ・コッザFabiana Cozzaのコンサートがあった。

ファビアーナ・コッザFabiana Cozzaは、新進気鋭の女性サンバ歌手である。
Sps20080404tjch

「sps20080404TJC-FabianaCozza3.WAV」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル杯2008 その12 ベスト8決定。

サッカー・ブラジル杯の第3フェーズの第4節が、4月30日(水)に行われた。

結果は、次の通り。

4月30日(水)
試合開始      試合結果                開催都市
20h30  Atlético-GO   1 x 2  São Caetano      Goiânia
20h30  Juventude    3 x 1  Corinthians-AL    Caxias do Sul
21h50  Sport       4 x 1  Palmeiras        Recife
22h   Corinthians   4 x 0  Goiás           São Paulo
22h   Atlético-MG  1 x 0  Náutico         Belo Horizonte
※アラゴアス州のコリンチャンスがベスト8に入った。
 ブラジル選手権のセリエC程度のクラブにしては奇跡。
※パルメイラスはアウェーで大敗。
 週末のサンパウロ州選手権の決勝第2戦に注力したわけでもないようだった。
※コリンチャンスが大勝。
 第1戦の敗戦をひっくり返した。

この結果により、ベスト8がすべて決定した
※※下線のクラブがベスト8に新たに決まったクラブ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その214 拙宅に来る鳥184。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。
大木も多い。
花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。

小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる。

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、インコなどの小鳥たちがやってくる。

ロリーニャも、このグアヴァの木にとまる。
だが、ロリーニャはグアヴァの実をついばむことはない。

ただ、休んでいるだけだ。
Sps20080314avq

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「春の海」 その121。

このブログでは、ブラジルのサンパウロ市を中心にした話題を取りあげることを基本としている。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
中心部からは1時間半は必要である。
サントスの隣になるサン・ヴィセンチもしくはプライア・グランヂの海が時間的に一番早く到達できる。

その一番近い海岸を紹介している。

高級なところでもないし、庶民のところでもない。

雑誌やテレビに出て来るようなブラジルの海岸は、リオ・デ・ジャネイロの海岸がほとんどだ。
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している
Spd20071128czo

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« abril 2008 | Main | junho 2008 »