« ブラジルのロナウドが「おかま」とトラブル後、はじめてマスコミに登場。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その126。 »

terça-feira, 6 de maio de 2008

ブラジルのロナウドが「おかま」とトラブル後、ユニセフ大使ではなかった。

5月5日(月)に、ユニセフFundo das Nações Unidas para a Infância (Unicef)は公式サイトで、ロナウドRonaldoはユニセフの大使ではないとの文書を発表した。
この文書によって、ロナウドが言ったことをマスコミに対して正した。

ファンタスチコ "Fantástico"のインタビューの中で、ユニセフUnicef大使の仕事について聞かれて、ロナウドRonaldoはリオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroでのおかまtravestiとの問題はユニセフでの彼のイメージを傷つけていないと明言していた。

事実、ロナウドFenômeno は国連開発計画Programa das Nações Unidas para o Desenvolvimento (PNUDの親善大使である。
ユニセフに関して言うならば、ただ一人の選手が大使である。
デヴィット・ベッカムDavid Beckhamである。

国連ONUに関する組織の大使となっている選手もしくは元選手は、
カカKakáとロナウヂーニョ・ガウーショRonaldinho Gaúchoが世界食糧計画(Programa Alimentar Mundial )、ロベルト・バッジオRoberto Baggioが国際食糧機関(FAO)の大使となっている。

そのほかは次の通り、Michael Ballack (Unaids), Zidane e Drogba (PNUD), Figo (Programa contra a Tuberculose)。

---------------------------
ロナウドは、自分がどこの大使だったのかを、認識していなかったわけだ。
また、「伝説」を作ってしまった。

|

« ブラジルのロナウドが「おかま」とトラブル後、はじめてマスコミに登場。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その126。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジルのロナウドが「おかま」とトラブル後、ユニセフ大使ではなかった。:

« ブラジルのロナウドが「おかま」とトラブル後、はじめてマスコミに登場。 | Main | ブラジル・サンパウロの「春の海」 その126。 »