« ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その32 "Fabiana Cozza" 7。 | Main | サッカー・ブラジル杯2008 その13 準々決勝第1戦終了。 »

sexta-feira, 9 de maio de 2008

サッカー・ブラジル選手権2008 その2 開幕間近。

2008年のサッカー・ブラジル選手権セリエAが、5月11日(土)に開幕する。
※セリエBは、5月10日(金)に開幕。

だが、
ことしは、諸般の事情により
セリエBの試合について取り上げざるを得なくなった。

そのセリエBのコリンチャンスの開幕戦は、5月11日(土)16時から、サンパウロ市の中心部に最も近いパカエンブー競技場で行われる。
対戦相手は、CRBという、よく知らないチームである。
セリエBのチームについては、ほとんど何も知らないと言ってもよい。

パカエンブー競技場は、昨年11月28日に行われたブラジル選手権の対ヴァスコ・ダ・ガマ戦を最後に、12月から改修工事がおこなわれており、サッカー場は、ずっと閉鎖されていた。
この開幕戦が、改修後の初めての試合となる。

-----------------------------
この試合のチケットは、
5月8日(水)から発売が市内各所の販売所で開始された。

この日の16時過ぎに、販売所の一つである、サンパウロ市北部のカニンデ競技場(ポルツゲーザの本拠地)の横を通った時に多少列ができていたのであるが、大したことはないと思っていた。
Sps20080507ca

しかし、9日(木)の朝刊に、このコリンチャンスの試合はすでに18千枚(総数32千枚程度)が8日中に売れたという記事があったので、ちょっとあわてた。

朝の用事をきっちり済ませ、11時少し前に、パカエンブー競技場の窓口の横を通ったら、200メートルほどの列ができていて、すでに発売が開始されていた。

こういう時には、決断はすぐにしなくてはならない。

その列に並ぶことだ。
Sps20080508cc

すでに、安いほうの席などは売り切れ、
半額で買いたい学生などは真剣だ。
市内各所の売り場にいる友人などに携帯で連絡を取り、
売り場の状況を得ている。

窓口まであと15メートルくらいになって、
ダフ屋の一味と、窓口の整理員が喧嘩になって、
殴り合いを始めたりと、アトラクションもあった。

信じられないくらい長い時間ならんで、やっと、望みのチケットを買うことができた。
Sps20080508ce

Sps20080508cf

まだまだ、長い列が続いていた。
Sps20080508cj

5月10日(金)16時過ぎに、パカエンブー競技場の窓口の脇を通ったが、まだ列はあった。
売り切れになっていないようだ。
Sps20080509cu

ところで、
チケットの価格なのだが、値上がりしていた。

2007年のブラジル選手権のセリエAのパカエンブー競技場での最も高い席は、正面スタンド席で40レアル(=約2400円)であった。
今年は、セリエBなのに、50レアル(=約3000円)。
Sps20080508fa

Sps20080508fb

今年は、この先このブラジル選手権セリエBの試合と、ブラジル杯の試合しかないコリンチャンスだが、サンパウロでは圧倒的な人気クラブとはいえ、この価格は高い。

|

« ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その32 "Fabiana Cozza" 7。 | Main | サッカー・ブラジル杯2008 その13 準々決勝第1戦終了。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2008 その2 開幕間近。:

« ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その32 "Fabiana Cozza" 7。 | Main | サッカー・ブラジル杯2008 その13 準々決勝第1戦終了。 »