« ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その29 "Fabiana Cozza" 4。 | Main | サッカー:ロマリオの日々 その109 引退試合はベンフィカ戦。 »

sexta-feira, 2 de maio de 2008

ブラジル・サンパウロは「秋」2008 その2 「寒い」。

5月2日(金)の午後、国立気象研究所Instituto Nacional de Meteorologia (Inmet)によると、サンパウロSão Paulo市は今年もっとも寒くなった。
正午から15時までの間に記録された最低気温は16.7度だった。
一日を通しての最高気温は17.3度で、最低気温は未明に15.1度だった。
予想では、この5月4日(日)までは明け方冷え込む。

しかし、日中は気温は上がるに違いない。
「予想では土曜日と日曜日は、最高気温は20度から21度になる」と国立気象研究所の気象予報士のエステル・レジーナ・イトウEster Regina Itoは言った。
彼女によると、雨はこの金曜日は強く降るが、土曜日までは続かない。
「寒冷前線はもうない」。

朝、国立気象研究所は、サンパウロ市における観測場所のミランチ・サンタナMirante do Santanaでの、この金曜日の0時から9時までのサンパウロ市の気温は今年最低で、15.1度であった。

サンパウロ州では、サンパウロから167キロ離れたカンポス・ド・ジョルドンCampos do Jordãoで、9時までに最低の10.8度を記録した。

5月1日(木)に、サンパウロ市は、朝に、13.7度を記録して、今年で一番寒かった。
2番目に寒かったのは1月23日で、サンパウロ市では15度だった。
気温の低下は、火曜日(4月29日)に寒冷前線がサンパウロ州に到達した後に起きた。
寒冷前線は、南極からの冷たい気団を伴ってきた。

---------------------------I
エステル・レジーナ・イトウは、この金曜日に見られた天気は、秋のもので、続く。
「秋は、南極気団は見られ始めるときである。 すでに先月最初のものがやってきた。 寒冷前線か南極気団がやってくると、気温が下がる」。

エステル・レジーナ・イトウによると、秋は昨年より早くやってきた。
ラ・ニーニャLa Niña現象の影響である。

-----------------------------
寒い寒い季節がやってきた。

5月2日(金)は、ほぼ終日雨が降っていた。

4月25日(金)から28日(月)までは、最高気温は30度近かったのだが、急激に冷えた。
これが、サンパウロである。

|

« ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その29 "Fabiana Cozza" 4。 | Main | サッカー:ロマリオの日々 その109 引退試合はベンフィカ戦。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/41074905

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロは「秋」2008 その2 「寒い」。:

« ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その29 "Fabiana Cozza" 4。 | Main | サッカー:ロマリオの日々 その109 引退試合はベンフィカ戦。 »