« ブラジル・サンパウロの「春の海」 その137。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その222 拙宅に来る鳥192。 »

sábado, 17 de maio de 2008

ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その130 くるくるボウリング。

ブラジルで大人気の日系人タレントのサブリナ・サトウSabrina Sato
Sps20080427sbp

サブリナ・サトウは、rede TV!局が毎週日曜日20時30分頃から約2時間放送している、ブラジルで最も下品な馬鹿番組panico na TVにレギュラー出演している。
Sps20080427sbq

この番組の企画で、今まで考えられないくらい数々ハードな(そして時には馬鹿馬鹿しい)チャレンジをさせられてきたサブリナ・サトウである。
Sps20080427sbj

------------------------------
2007年11月頃から、
サブリナ・サトウ単独のチャレンジが減って、
いつも番組ではビキニ姿でゆらゆらしているだけのレギュラーの女性も加わってのチャレンジ企画が増えた。

今や伝説となった「牛」ファッションショーの評判が良かったのか、視聴率が良かったのかしらないが、
その二番煎じとしか言いようのない「犬」ファッションショーを行い、見事に外した後は「ネズミ」である。

「ネズミ」もいい加減馬鹿らしかったのだが、これで味をしめた企画が「罰ゲーム」である。
チームに分かれて競技をした後に、負けたチームが必ず「罰」をうけるようになった。

このところは、チャレンジ性は低くなってきて、ばかばかしいゲームとそのあとの「穢い」罰ゲームに重きがある趣向になってきた。

【正直なところ、この頃ちょっと飽きてきた。】

------------------------------
そして、サブリナ・サトウのコーナーが始まった。

ゲームの前にいつもちょっとしたお茶らけがあるところなど、かなりパターン化している。

サブリナ・サトウと女性たちがまた集まった。
Sps20080427sbc

サブリナ・サトウのメイクがきつい。
Sps20080427sbb

今回はボーリング対決。
負けるとまた「罰」がある。
Sps20080427sba

「大きな胸」も毎週なので気にもしなくなったが、
画像として切り取ってみると、結構すごい露出だと思う。
日本では、こんなタレントさんはいないはず。
Sps20080427sbd

チームの名称が発表された。
Sps20080427sbr

ただのボーリングではない。
めまいがするなかでのボーリング競技である。
Sps20080427sbe

サブリナ・サトウが手にしているのは野球のバット。
Sps20080427sbf

いよいよ競技開始だが、
その前に一人ずつサービスカットがあった。
ターニアだ。
Sps20080427sbg
Sps20080427sbh

もう日本ではおなじみのやり方だが、
バットを立てて、それを中心にくるくる回る。
Sps20080427sbi

そして目が回ったままで、ボールを投げるというものだ。

ピウピウ。
Sps20080427sbk
Sps20080427sbl

バットを使うところなど、
この企画には日系人が絡んでいると見た。
ブラジル人は野球などほとんど知らないからだ。
Sps20080427sbm

お尻を写さんがための企画でもある。
非日常的なお尻を求めているのだ。
確かに、バットを中心にクルクル回るお尻など、日常生活では見ることはできない。
Sps20080427sbn

そして、ふらふらしながらボールを投げる。
Sps20080427sbo

ガビー。
Sps20080427sbs
Sps20080427sbt

ひっくり返った。
Sps20080427sbzi

サマンバイア。
Sps20080427sbu
Sps20080427sbv

ボールを投げた。
Sps20080427sbw

そのあとに滑って転んだ。
Sps20080427sbx

そして、赤くはれた。
体を張ったお仕事なのだ。
Sps20080427sby

ボリーナ。
Sps20080427sbz
Sps20080427sbza

くるくる回る。
Sps20080427sbzb
Sps20080427sbzc

フラフラしながら、ボールを求める。
Sps20080427sbzd

ボールをつかむ。
カメラマンの畢生のショット。
Sps20080427sbzf

そして、倒れた。
Sps20080427sbze

ボールはもう初めからガーターレーンに入った。
企画の意図したとおりの演技だ。
Sps20080427sbzg

カメラマンは、ボールを捉えつつも、お尻は逃さない。
Sps20080427sbzh

そして、サブリナ・サトウ。
Sps20080427sbzj
Sps20080427sbzr

ポーズを決める。
Sps20080427sbzk

気合いを入れる。
Sps20080427sbzl

腰をひねりつつ、くるくる回る。
Sps20080427sbzm

そして倒れつつ、投げた。
Sps20080427sbzn

ボールは隣のレーンへ。
ボーリングのレーンに穴が開くと支配人にたっぷり叱られるはずだ。
ところで、お尻は逃さない。
Sps20080427sbzo

ボーリング場の床は意外に汚れているようだ。
Sps20080427sbzp

痛かった。
Sps20080427sbzq

「20080427paniconaTV-SabrinaSato3.wmv」をダウンロード

でも、勝ったのはサブリナ・サトウのチームだった。
「罰」は靴だ。
Sps20080427sbzs

靴底を煮込んで食べるというもの。
革の底ならまだよいが。
Sps20080427sbzt

よく煮た。
Sps20080427sbzu

勝ったほうのサマンバイア嬢が食べるわけでもないのに渋い顔。
Sps20080427sbzv

よく煮ても、相当固かった。
Sps20080427sbzw

ガビー。
この人いつも鼻をつまむのだが、
今回は別に臭くないと思うのだが。
Sps20080427sbzx

ターニア。
Sps20080427sbzy

そして、ボリーナ。
Sps20080427sbzz

お決まりの表情。
Sps20080427sbzza

そして、コーナー終了。
Sps20080427sbzzb

-----------------------------
毎週毎週、
この女性たちを使った企画を考えるのも大変だろうが、
見るのも大変。

さらに、このブログにまとめるのも、負荷大。

今更、止めるわけにもいかないし。

|

« ブラジル・サンパウロの「春の海」 その137。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その222 拙宅に来る鳥192。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/41224803

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その130 くるくるボウリング。:

« ブラジル・サンパウロの「春の海」 その137。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その222 拙宅に来る鳥192。 »