« ブラジル・サンパウロの「日本移民100周年」 その10 「移民百周年記念切手」発売。 | Main | ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その30。 »

sexta-feira, 27 de junho de 2008

サッカー・ブラジル選手権2008 その24 サントスのロドリゴ・タバタは、移籍要員。

MFロドリゴ・タバタRodrigo Tabataとボランチのマルシーニョ・グェヘイロMarcinho Guerreiroは、サントスSantosのクーカCuca監督のプランにはもう入っていない。

クーカ監督は、6月27日(金)に、二人は出ていくことになるから、土曜日に行われる対ポルツゲーザPortuguesa戦の試合には関係することはないと確認した。

マルシーニョ・グェヘイロのレンタル契約は7月までで更新されない。
ロドリゴ・タバタRodrigo Tabataの契約は今年の末までであるが、ブラジル選手権で戦うほかのクラブへの移籍を可能にするために、6試合出場の限度を超えないためにもう関係させない。

クーカCucaは、選手をきれいにするところと明言し、二人はそういう状態にあるとはっきりさせた。

「何も二人と喧嘩をしているのではない。 マルシーニョ・グェヘイロの契約は終了だ。 ロドリゴ・タバタRodrigo Tabataはメルカードにいて、何らかの交渉に関係するだろう」と、クーカCuca監督はコメントした。

2006年に、ロドリゴ・タバタと契約するために、サントスは50%の権利に対して、250万レアル(=約1.7億円)をゴイアスGoiásに支払った。

今ロドリゴ・タバタを売るために、少しでも投資を回収しようとしている。

----------------------------
サントスは、今年のシーズンはよくない。
シーズン前の補強はほとんどなされなかった。
サンパウロ州選手権は、はじめ降格圏内に長らくとどまっていたが、当時のエーメルソン・レオン監督が若手を発掘して、何とか脱出できた。

リベルダドーレス杯も補強なしにしては頑張っていたが、敗退後のショックで、ブラジル選手権でも低迷している。
5月末に、エーメルソン・レオン監督が辞任し、クーカがボタフォゴの監督を辞めて、サントスの監督に就任したが、その後の成績も芳しくない。

ロドリゴ・タバタも、今年の11月で28歳。
いよいよ念願(?)の日本で、楽して稼ぐ道を選べるだろうか。

|

« ブラジル・サンパウロの「日本移民100周年」 その10 「移民百周年記念切手」発売。 | Main | ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その30。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2008 その24 サントスのロドリゴ・タバタは、移籍要員。:

« ブラジル・サンパウロの「日本移民100周年」 その10 「移民百周年記念切手」発売。 | Main | ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その30。 »