« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その189 Os gêmeos 46。 | Main | ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その29。 »

quinta-feira, 26 de junho de 2008

ブラジル・サンパウロの「日本移民100周年」 その9 「移民百周年記念式祭典」は終了したが。

6月18日(木)が、ブラジルに日本人移民が笠戸丸でサントス港に到着して100年にあたる日で、
6月21日(日)に、サンパウロ市のアニャンビーにあるサンボードモで、皇太子殿下のご臨席のもとで、「移民100周年記念式」が開催されたあと、24日(火)までは皇太子殿下の動静が伝えられるなどして、まだこの100周年関連の報道もあったが、それ以降はなくなった。

25日(水)に、皇太子殿下はブラジルを離れられたわけだが、それについてはテレビ・ニュースの映像がない。

前大統領のフェルナンド・エンリケのロッチ夫人が亡くなられたので、サンパウロのローカルニュースも、全国ニュースも、この件に多くの時間をとったこともあっただろう。

ただ、移民100周年の記念行事は、
ビッグなものはこの6月に集中していたといっても、
まだ2008年中は各地で行われる。

実際恐ろしい数のイベントが、この1年に行われるのである。
Sps20080626h

このブログでは、そういった行事については、ほとんど取り上げてきてはいないし、今後も力を入れて伝えることはないと思う。

とはいえ、まったく無視するわけでもない。

多少はとりあげていく。

皇太子殿下は、20日(金)には、サンパウロ市のリベルダーヂ地区にあるブラジル日本文化協会の建物にある「日本人移民史料館」を訪れられ、そのあとガルヴォン・ブエノ通りを車で通過されている。
そういうことで、ガルヴォン・ブエノ通りの一部の街路灯は、日本とブラジルの国旗に飾られていた。
Sps20080622ca

リベルダーヂ広場から、バロン・ジ・イグアッペ通りとの交差点あたりまでだった。
Sps20080627ca

日曜日にリベルダーヂ広場で開催される「東洋市」も、いつも以上に混んでいた。
Sps20080622cb

|

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その189 Os gêmeos 46。 | Main | ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その29。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「日本移民100周年」 その9 「移民百周年記念式祭典」は終了したが。:

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その189 Os gêmeos 46。 | Main | ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その29。 »