« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その216 Os gêmeos 73 Cambuci編25。 | Main | 第28回サンパウロ・ビエンナル その1 招待作家リストの発表。 »

terça-feira, 29 de julho de 2008

ブラジル・サンパウロは「冬」2008 その3 湿度19%。

サンパウロSão Pauloは、7月29日(火)に、最低湿度が危険な状態になった。

国立気象研究所Inmet (Instituto Nacional de Meteorologia)によると、サンパウロ市北部のサンタナMirante de Santana観測所での測定で、15時に湿度は19%になった。

これより前は、7月8日に、同じ地点で、最低湿度が21%になっていた。

14時過ぎに、サンパウロ市役所Prefeitura de São Pauloの危機管理センターCGE (Centro de Gerenciamento de Emergências)によると、サンパウロ市のカンポ・ド・マルチCampo de Marteで湿度21%を記録した。

当分雨の予報はなく、危機管理センターCGEによると、過去14年でもっとも乾いた7月になる。

30日(水)は、危機管理センターCGEの予想では、晴れで気温は上がり28度に達する。
湿度は引き続き低く、26%。

危機管理センターCGEによると、少なくとも31日(木)までは、雨の見通しはない。
新たな寒冷前線frente friaが現れる3日(日)から、雨が降り、気温が下がるかもしれない。

世界保健機構OMS (Organização Mundial da Saúde)は、湿度が30%を下がると注意状態としており、12%から20%を警戒、12%以下を最高警戒状態としている。


低湿度の影響は主に、のどと目を乾燥させ、呼吸の問題を起こす。

低湿度の時は、乾燥に加えて大気汚染の両方の理由で、屋外での11時から15時までの運動をやめることを勧める。

-------------------------------
サンパウロ市は、7月の雨量は0mm。
先週木曜日に、わずかに朝および夕刻におしめりがあったが、すぐに蒸発した。

肌はかさかさ、のどはカラカラ。

冬なのに、14時頃は、28度にまで気温は上がる。
もっとも、夕方にはなると、気温は急降下し、明け方には、10度前後にまで下がる。

|

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その216 Os gêmeos 73 Cambuci編25。 | Main | 第28回サンパウロ・ビエンナル その1 招待作家リストの発表。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロは「冬」2008 その3 湿度19%。:

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その216 Os gêmeos 73 Cambuci編25。 | Main | 第28回サンパウロ・ビエンナル その1 招待作家リストの発表。 »