« ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その43。 | Main | ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2008」 その48 パレード46。 »

sexta-feira, 11 de julho de 2008

サッカー・ブラジル選手権2008 その35 フラメンゴの選手が、「その手の女性」ともめた。

7月9日(水)にベロ・オリゾンチBelo Horizonteで、アツレチコ・ミネイロAtlético-MGと1対1で引き分けた後に、選手のMFマルシーニョMarcinho、GKブルーノBruno、FWヂエゴ・タルデリDiego Tardelli、パウロ・ヴィトールPaulo Victor(4番目のGK)は、リベイロン・ダス・ネヴェスRibeirão das Nevesにあるブルーノの農場で売春婦ともめた。

選手たちは、フェスタを企画し、8人の売春婦と契約した。
混乱は、マルシーニョが一人の女性と諍いを起こし、喧嘩をしたことで起きた。
二人の売春婦が、選手たちを訴え、法医学院IMLで検査を受けた。

FWヂエゴ・タルデリDiego Tardelliは混乱に加わったことを否定した。
Sps20080711fc

「説明するべきなのは、マルシーニョMarcinhoだ。 ブルーノBrunoの農場に行った後、祖父と叔父との夕食のためにいとまをした。 そこには45分しかいなかった。 自分には向いた環境ではないと感じたからだ。 というのは妻と子供がいる。 次の日もトレーニングをしなければならないのですぐに出た」と言った。

まだベロ・オリゾンチBelo Horizonteで、GKブルーノBrunoはこの問題で自分の婚姻は終わったと言った。
Sps20080711fa

FWヂエゴ・タルデリDiego Tardelliは妻が離婚を求めていると言った。
「マルシーニョMarcinhoとブルーノBrunoが自分の婚姻を救ってくれる」

「マルシーニョMarcinhoはとても暴力的だった。
彼はみんなとの関係を終わらせたがっていたかのようだった。
瓶を持って合意させようとした。 彼を止めるために3-4人が一緒になった。 彼は理性を失っていた」と、一人の女性が語った。

フラメンゴの一行は16時前にリオ・デ・ジャネイロに到着した。
マルシーニョの代理人のダニエウ・ペレイラDaniel PereiraはマルシーニョMarcinhoは一行の40分後に出発したと言った。 しかし広報は彼はまだベロ・オリゾンチBelo Horizonteにいると明言した。 フラメンゴFlamengoの評議会長で弁護士のミシェウ・アセフィMichel Assefがこの件を取り扱っている。 フラメンゴFlamengoの広報はクラブは公式に発表はしないと言った。

「女性警察Delegacia das Mulheresは事実を記録した。 彼女たちは法医学院で検査をし、今調書はリベイロン・ダス・ネヴェスRibeirão das Nevesに向かっている。 というのは、そこで起きたからだ。 捜査はそこの警察によって行われるだろう」と、リリアン・ダ・シウヴァLilian da Silva警部は言った。 

女性警部は、法医学検査は喧嘩があったかどうかを証明するだろうと明言した。 しかし、売春婦たちが腕のマークを見せたことについては語らなかった。 彼女たちの一人によると、マルシーニョMarcinhoは、避妊具無しで関係を持ちたいと望んで、それを断ったことで怒ったそうだ。

「ここで訴えられたことは、貞節への暴力的な挑戦だった。 未遂だった。 それには至らなかった。 彼女がかれとあったとしても、自分は話すことはできない。 法医学院が身体に怪我があったかどうかの報告書を出す」。

混乱の中で、マルシーニョが女性と喧嘩をしているのを見て、ブルーノBrunoは止めようとした。引っ張ろうとした。 パウロ・ヴィトールPaulo VictorはブルーノBrunoを守ろうとした。 フェスタはちょっと行われただけだった」

-------------------------------
先週、マルシーニョMarcinhoは、別の問題で警察にその名前が出てきていた。 友人に貸していたマルシーニョの車がリオ・デ・ジャネイロRio do Janeiroの南部のファヴェーラfavelaのロシーニャRocinhaでひき逃げをした容疑がある。
この件はまだ警察で捜査している。
Sps20080710fa

-------------------------------
フラメンゴのGKブルーノは、
現在のブラジルのGKとしてはトップクラス。
出身地が、このミナス・ジェライス州である。
お金ができたので、早速小さな農場を買ったのだろう。

そこを、ほかの選手に見せたかったのだろう。

それがこんな事件になってしまった。

この売春婦という素敵な職業をお持ちの女性たちも、テレビのニュースで顔出しで出てくる。
何しろ被害者だからだ。

それにしても、
問題は、妻帯者のブルーノとヂエゴ・タルデリの妻の怒りが解けるかどうかが、気になる。

暴力沙汰を起こしたマルシーニョはともかくとして、
別に、ほかの選手たちについて言うならば、社会的に糾弾されるような問題でもないし、
クラブが謹慎を申し渡すようなことでもない。
個人的な問題である。

|

« ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その43。 | Main | ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2008」 その48 パレード46。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2008 その35 フラメンゴの選手が、「その手の女性」ともめた。:

« ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その43。 | Main | ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2008」 その48 パレード46。 »