« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その135 「ニワトリ追い込みと頭上オムレツ」。 | Main | ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その37。 »

sexta-feira, 4 de julho de 2008

ブラジル・サンパウロの「コリンチャンス創設の地」。

ブラジルで、フラメンゴに次いで、2番目に多くのファンを持っているコリンチャンス。

サンパウロ州では、断トツの人気クラブである。

いまは、サンパウロ市東部のパルケ・サン・ジョルジに本部がある。
マルジナル・チエテ沿いにあるので、グァリューリョス国際空港に行くときには、その本部の脇を通ることになる。

だが、コリンチャンスの発祥の地は、このパルケ・サン・ジョルジではない。

サンパウロ市の歴史的中心部のセントロの北のボン・レチーロ地区が、創設の地である。

ルース公園の西側のジョセ・パウリーノ通りを中心としたあたりは、アパレルの小売り卸店が軒を並べる。
ブラス地区に次ぐ衣料品店の集積地である。
かつては、ユダヤ系の人たちがこの地区の支配者だったが、今は韓国系の人が圧倒している。
ブラス地区もそうだが、韓国系の人たちは、そのあたりに向いていたようだ。

韓国食品店や韓国系キリスト教会など、ハングル文字のある施設がそこかしこにある。

衣料品店の多くは、土曜日は昼頃までは営業しているが、日曜日は閉まっている。

その店が閉まって、人通りがほとんどない、ジョセ・パウリーノ通りを歩いた。
Sps20080629cg

ジョセ・パウリーノ通りとコーネゴ・マルチンス通りとの角に、黒くペンキで塗られたコンクリートの角柱が立っている。
Sps20080629ci

何も文字はない。
ただ黒く塗られているだけだ。
Sps20080629ch

これが、実は、コリンチャンスの発祥の碑なのである。
ほとんどの人は、知らないし、気づきもしないだろうが、とにかくそうなのである。

このコーネゴ・マルチンス通りは短い通りで、
100メートルほどもない。
鉄道にぶつかって終わりだ。
Sps20080629cj

その突き当たりに、"Corinthians"との落書きがある。
このあたりで、コリンチャンスとつながるものはそれしかない。
Sps20080629ck

この碑を、緑に塗り替える者はいないようだ。

|

« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その135 「ニワトリ追い込みと頭上オムレツ」。 | Main | ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その37。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「コリンチャンス創設の地」。:

« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その135 「ニワトリ追い込みと頭上オムレツ」。 | Main | ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その37。 »