« julho 2008 | Main | setembro 2008 »

domingo, 31 de agosto de 2008

ブラジル・サンパウロは「冬」2008 その5 体感気温は5度。

国立宇宙研究所Inpe (Instituto Nacional de Pesquisas Espaciais)の天気予報気象研究センターCptec (Centro de Previsão de Tempo e estudos Climáticos)により測定された気温は、
8月30日(土)の17時過ぎに、サンパウロSão Paulo市では、
12度だった。
凍り付くような風によって、天気予報気象研究所によると、体感気温は5度だった。

国立気象研究所Inmet (Instituto Nacional de Meteorologia)によると、冷たい雨は、31日(日)も降るに違いない。
30日(土)20時30分に出た予報では、しめった霧がでて、気温は最高19度で、最低気温は10度というものである。
空は終日雲に覆われているはずだ。

-------------------------------
8月31日(日)は、
確かに朝の空気は冷たかった。

でも、10時頃から15時頃までは、
晴れてきて、
ポカポカとしてきた。

それでも、
最高気温は19度までにはならなかっただろう。


それでも、夕方にかけて、また雲が増えてきて、
気温が急に下がってきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2008 その76 セリエA第23節終了。

サッカー・ブラジル選手権のセリエAの第23節が、
8月30日(土)および31日(日)に行われた。

結果は次の通り。


8月30日(土)          第23節第1日目
試合開始           試合結果               競技場
18h20  Botafogo      1 x 1  Náutico          Engenhão
18h20  Vitória       0 x 0  Ipatinga          Barradão
18h20  Goiás        2 x 0  Figueirense       Serra Dourado
「20080830encimadahora-BA23.wmv」をダウンロード
※ボタフォゴはナウチコこと引き分け、
 順位は4位と変わらず。
※イパチンガの最下位は不動。
※ゴイアスは順位を3つ上げ、10位へ。

8月31日(日)          第23節第2日目
試合開始           試合結果               競技場
16h   Grêmio       2 x 1  Vasco         Olímpico
16h   Atlético-PR    1 x 2  Palmeiras       Arena da Baixada
16h   Sport        1 x 0  Internacional     Ilha do Retiro
16h   São Paulo     0 x 0  Santos        Morumbi
18h10  Portuguesa    1 x 1  Atlético-MG     Canindé
18h10  Flamengo      2 x 2  Fluminense     Maracanã
18h10  Cruzeiro      1 x 1  Coritiba       Mineirão
※グレミオは首位を堅持。
※パルメイラスは2位を堅持。
※スポルチは順位を一つあげて、9位へ、
 インテルナシオナウは11位へ順位を下げた。
※サンパウロFCは、地元モルンビ-競技場で引き分け。
 サントスは降格圏の19位を動かず。
※ポルツゲーザは地元のカニンデで引き分け。
※フラメンゴとフルミネンセの試合前に、乱闘発生。
 ”クラシコ”は引き分け。


次節の第24節の日程は次の通り。

9月3日(水)          第24節第1日目
試合開始           試合予定               競技場
19h30  Goiás        x  Atlético-PR      Serra Dourada
22h   Santos       x  Vitória          Vila Belmiro
22h   Figueirense    x  Flamengo        Orlando Scarpelli
22h   Atlético-MG    x  São Paulo        Mineirão
※サントスは、地元にヴィトリアを迎える。

9月4日(木)          第24節第2日目
試合開始           試合予定               競技場
20h30  Vasco        x  Cruzeiro        São Januário
20h30  Palmeiras      x  Sport          Parque Antarctica
※パルメイラスは地元パレストラ・イタリアにスポルチを迎える。

9月6日(土)          第24節第3日目
試合開始           試合予定               競技場
18h20  Fluminense    x  Grêmio         Maracanã
18h20  Internacional   x  Portuguesa      Beira-Rio
18h20  Coritiba      x  Botafogo        Couto Pereira
18h20  Náutico      x  Ipatinga         Aflitos


(第23節を終了した時点での順位)
Spf20080831a

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その326。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭にあるグァヴァの木になっていた実も3月も下旬になると、おおかた食べ尽くされてしまった。

食べ物があるから、拙宅にやってきた鳥たちも、それがなくなるとまた別のところへ行ってしまう。

インコもそうだ。
向かいの家あたりに出現していた。
Sps20080325avd

Sps20080325avh

Sps20080325avj

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その60 "MPB 4" 3。

8月7日(木)20時30分から、
サンパウロ市西部のメモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナのシモン・ボリヴァール公会堂で,
"MPB4"のコンサートがあった。

続きである

Sps20080807malk

メンバーそれぞれである。
Sps20080807malj

Sps20080807malh

Sps20080807malg

Sps20080807mali

「20080807MAL-MPB4d.WMA」をダウンロード

「20080807MAL-MPB4k.WMA」をダウンロード

このコンサートの最後である。
「20080807MAL-MPB4l.WMA」をダウンロード

コンサート終了後の楽屋。
Sps20080807malm

Sps20080807maln

Sps20080807malo

終わり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー:ロマリオの日々 その114 DVD発売2。

「美しい女性がいないのはだめだ」
これが、8月6日(火)20時30分からリオ・デ・ジャネイロの南部のラゴアLagoaにある「夜の店」で行われた、「ロマリオはゴール」"Romário é gol"のDVDの発表のための、ロマリオBaixinhoの唯一の要求だった。

友人達によると、主人は今年のフェスタにしたがっていた。
少なくとも面積の必要条件は満たしていた。

この夜のために女友達をよりよくもてなすために、ロマリオはロマリオの居酒屋Boteco do Romárioを建設させた。

アルコール飲料の飲むことはなかったがロマリオはより彼にあった環境だと思っていた。

DVDの紹介者(Romarinhoロマリーニョ, Eri Johnsonエリ・ジョンソン, Evandro Mesquitaエヴァンドロ・メスキッタ, Gabriel O Pensadorガブリエル・オ・ペンサドール、Bebetoベベット)以外に、ロマリオRomárioは800人を招待した。
この中に、録音に参加したナレーターのジョゼ・カルロス・アラウージョJosé Carlos Araújoとルイス・ペニードLuiz Penidoもいた。

DVDは、2時間半の録画時間で、ロマリオが所属したクラブ毎に分かれている。
(Vascoヴァスコ・ダ・ガマ, PSV, Barcelonaバルセロナ, Valênciaヴァレンシア, Flamengoフラメンゴ, Fluminenseフルミネンセ, Miamiマイアミ, Adelaideアデレイドseleção brasileiraブラジル代表で、Al-Saadアル・サアドは除く)
ロマリオが決めた1002ゴールの80%が入っている。
77ゴールは、ベースにいたときに決めたもので一般に知られていないものである。

10万枚が最初に発売され、DVDで8月7日水曜日には、バンカ(=新聞・雑誌売り場)に到着する。
当初の価格は、14.90レアル(=約1000円)。
しかし、9月に、店で販売されるときには、19.90レアルになる。

ロマリオのフェスタに来た人は、美しい女性に魅了されるだけではなく、そこでDVDを買うことが出来る。
一般よりも早く製品を知る特典があるのだ。

1年の交渉をし、20時間の討議をしたあとに、このDVDのディレクターノ「シヂネイ・ロウレイロSidnei Loureiroはサッカー好きに提案をした。

「父の日のよいプレゼントである。 ロマリオは今年の5月22日になくなった父親のエデヴァイールEdevairの追悼でこのDVDをはじめている。 主な司会者は息子のロマリーニョRomarinhoである」とこの計画の当事者は語った。

-------------------------------
実は、
DVDを手にした後で、
この件を紹介しようと思っていた。

でも、
何だが忙しかったことと、
肝心のDVDをまだ手に入れていないことで、
ずいぶんと遅れてしまった。

久しぶりに現れたロマリオは、心なしかふっくらとしていた。
Sps20080818ta

このDVDは、もしかしたら、リオ・デ・ジャネイロでしか販売されていないのかもしれない。
ロマリオは、結局一度も、サンパウロのクラブには、所属しなかったからである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジルの成長が、2040年に止まる。

ブラジルBrasilの成長が、予想よりも20年早く、2040年に止まるだろうと、ブラジル地理統計院IBGEは言った。

ブラジルの人口は、2040年に安定するに違いないという予想よりももっと早く成長が止まりつつある。
そのときには、ブラジルの人口は、約2.2億人に達するだろう。
Sps20080831te

この予想は、8月29日(金)に、ブラジル地理統計院IBGE (Instituto Brasileiro de Geografia e Estatística)による、今年のブラジルの都市の人口計画の報告の中で、発表された。

2004年のデータをベースにした、ブラジル地理統計院の最新の予想では、人口は2060年すぐに成長が止まるはずであった。
しかし、2008年の計画では、その成長率の低下はより加速していることが明らかになった。

今年の研究では、ブラジルBrasilは低下している率で年率1.2%増加している。
調査のコーディネーターの一人であるルイス・アントニオ・ピント・ヂ・オリヴェイラLuiz Antônio Pinto de Oliveiraによると、20年前は、年率2%であった。

「下がっている傾向にある。 ブラジルBrasilは、毎年、もしくな10年毎に、人口増加率が下がっている。 これはブラジル地理統計院IBGEの予想である。今世紀の40年に成長の限界に達する。 そのときには約2.2億人で安定するに違いない」と言った。
Sps20080831td

新たな予想の主な理由は、ブラジルの出生率fecundidadeが低下しているからである。 30年間に、それは一人の女性が5.6人の子供であったのが現在は2人になった。 2040年には、一人の女性について1.5人より少なくなる。

「我々は今年率成長率が1.2%の中にいる。 しかしこの30年間はブラジルの人口は成長するが、出生率が加速的に下がっている」

この金曜日に、ブラジル地理統計院IBGE (Instituto Brasileiro de Geografia e Estatística)によって、発表された計画によると、ブラジルBrasilには、2008年に5565都市に1億8千9百6十万人が住んでいる。

サンパウロSão Pauloは、引き続きブラジルでもっとも人口が多く、10,990,249人である。
次が、リオ・デ・ジャネイロで、6,161,047人。
バイア州のサルヴァドールSalvadorが3番目で、2,948,733人である。
Sps20080831tc

-------------------------------
ブラジルも先進国と同じ道を、より加速して、進むことになる。

すでに、高齢者の割合が急上昇している。
拙宅の付近では、特にそれが顕著である。

2040年のブラジルは、果たしてどんな国になっているのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その94。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080228svzzi

Sps20080228svzzm

Sps20080228svzzs

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sábado, 30 de agosto de 2008

サッカー・ブラジル選手権2008 その75 セリエB第22節終了。

サッカー・ブラジル選手権のセリエBの第22節が、
8月29日(金)と30日(土)に行われた。

結果は次の通り。

8月29日(金)        第22節第1日目
試合開始           試合結果               競技場
20h30  CRB        1 x 2  Vila Nova       Rei Pelé
20h30  São Caetano   0 x 0  Criciúma       Anacleto Campanella
20h30  América RN    3 x 4  Brasiliense      Machadão
20h30  Bahia        1 x 4  Santo André     Jóia da Princesa
※ヴィラ・ノーヴァは3位をキープ。
 CRBも最下位をキープ。
※クリシウマは降格圏内に転落。
※サント・アンドレはアウェーで大勝。

8月29日(金)        第22節第1日目
試合開始           試合結果               競技場
16h   Gama       2 x 0  Fortaleza      Mané Garrincha
16h   Corinthians    4 x 0  ABC         Pacaembu
16h   Juventude    2 x 3  Bragantino     Alfredo Jaconi
16h   Ceará       2 x 0  Ponte Preta    Castelão
16h   Paraná       1 x 0  Marília        Durival Brito
20h30  Avaí        3 x 0  Barueri       Ressacada
「20080830sporTVnews-BB22-Corinthians-ABC.wmv」をダウンロード
コリンチャンスは、地元パカエンブー競技場で大勝
※ジュヴェンチューヂは地元で破れ、9位に後退。
※パラナは降格圏を脱した。
※アヴァイは地元で勝利し、2位をキープ。


次節の第23節の予定は次の通り。

9月2日(火)        第23節第1日目
試合開始           試合予定               競技場
20h30  Bragantino       x  Paraná       Marcelo Stefani
20h30  ABC           x  Gama        Frasqueirão
20h30  Marília         x  Juventude     Bento de Abreu

9月5日(金)        第23節第2日目
試合開始           試合予定               競技場
20h30  Brasiliense      x  Ceará         Boca do Jacaré
20h30  Ponte Preta     x  América-RN     Moisés Lucarelli
20h30  Criciúma       x  CRB          Heriberto Hulse

9月6日(土)        第23節第3日目
試合開始           試合予定               競技場
16h    Barueri       x  Bahia         Arena Barueri
16h    Santo André    x  Avaí          Bruno José Daniel
16h    Fortaleza      x  Corinthians     Castelão
20h30  Vila Nova      x  São Caetano     Serra Dourada
※コリンチャンスは、アウェーで14位につけているフォルタレーザと対戦。


(第22節を終了した時点での順位)
Spf20080830a

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その226 Os gêmeos 84。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ。

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、その地域にマッチしている作品を描き続けている作家は、何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
バンドフォ兄弟は、多作である。
今も、描き続けている。
なかった所に、新作を発見することも多い。
ただし、消されてしまったものもある。

彼らの多くの作品は、
かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシCambuci、リベルダーヂLiberdade、ベラ・ヴィスタVela Bistaのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

撮影には、かなり手間暇がかかったところもある。
作品を発見しても、その時は撮影不可能と判断して、
最適な撮影場所やタイミングを求めて、何度も通ったところもある。

描いた彼らはもっと大変だっただろうか。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロから南東に隣接するカンブシCambuci地区の低地地域が、パンドルフォ兄弟の地元である。
彼らのグラフィッチがいとも簡単に多く発見される。

行政的にはリベルダーヂ地区になるのだが、
カンブシ地区の低地地区と同様の雰囲気を持っているリベルダーヂの低地地区。

ある日本企業のお抱え運転手は、平日の昼間でも、このあたりを経由することを避けるそうだ。
このあたりを通らなければならないような取引先もないだろうから、この判断は賢明である。

カンブシ地区からリベルダーヂ地区に向かうには通ることになるのが、バロン・ヂ・イグアッペ通りの一番終わりのあたり。

ここにも、パンドルフォ兄弟によるグラフィッチがある。
Sps20080316czzk

道路に面した家の壁の全面を使用している。
Spd20071121cj

歩いている人と比べるとわかるが、巨大な作品である。
Spd20071121ck

発見したときは、
まだ描かれたばかりだったようだ。
※クリックすると拡大する。
Spd20071121cl_2

しかし、しばらくすると、白い壁はそのままにはなっていなかった。
Sps20080316czzl

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その325 拙宅に来る鳥295。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

サビア・ラランジャである。
Sps20080315avk

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2008 その74 セリエB第22節コリンチャンス対ABC戦。

8月30日(土)16時から、
サッカー・ブラジル選手権のセリエBの第22節の、
コリンチャンス対ABC戦が、
サンパウロのパカエンブー競技場で行われる。

チケットは、
27日(水)に、
パカエンブー競技場の窓口で購入した。

早く買った方が窓口が混まないので、
出来るだけ早く手に入れるようにしている。

28日(木)15時半頃の窓口。
Sps20080828co

14時なのだが、
競技場周辺はなぜか割と静かだ。

今週になって、
サンパウロ市が、
車を使った食品の移動販売を禁止するということを発表した。
そのせいかもしれない。
すでに、火曜日の第21節の対ガマの試合でも、
競技場周辺でそういったことをしていた業者は現れていなかった。

時折霧雨がちらつくことはあるが、強くは降らないようだ。
ただ、寒いので、着込んでいこうと思う。

この頃、週末の試合の場合は、競技場がこむので、
観客の動きを、
拙宅の窓から確かめた上で、
早めの15時すぐにでも出かけようと思う。

14時15分を過ぎて、
少し動きが出てきた。
コリンチャンスのファンを狙った市会議員の選挙カーも走り回っている。

-------------------------------
試合は、
前半に2点、後半にも2点を入れたコリンチャンスの勝利。
コリンチャンスは、4連勝。
もちろん、首位は継続だ。

「20080830encimadahora-BB22Corinthians-ABC.wmv」をダウンロード

約2万人の観客は、大満足で、静かに、競技場を後にしている。

寒い寒い観戦であった。

この2試合、
どういう訳か、ビン・ラディン調が競技場にやってきていない。

コリンチャンス大好きおばあさんは、
いつものように満艦飾で現れて、舞っていた。

試合後のサンパウロ市の気温は12度台である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロは「冬」2008 その4 最高気温34度から、最低気温11度。

この土曜日(8月30日)のサンパウロSão Paulo市はずっと曇りである。
国立気象研究所Inmet (Instituto Nacional de Meteorologia)の情報は、雨の可能性もあり、終日雲に覆われている天気というものである。
最高気温は18度で、最低気温は11度。

ブラジル南東部Sudesteは、天気予報気象研究センターCptec (Centro de Previsão de Tempo e Estudos Climáticos)の予想では今日は安定しない。
サンパウロSão Paulo州では、雨は州の北部と中部に降る。
ミナス・ジェライスMinas Gerais州南部と三角ミナスTriângulo Mineiroも雨がちの天気である。
リオ・デ・ジャネイロの南部も同様に雨が降るだろう。

にわか雨の原因は、寒冷前線がリオ・デ・ジャネイロRio de Janeiro州の海岸部itoralに到達しているからである。

-------------------------------
サンパウロ市は、8月29日(金)の午後から雲が出てきて、
15時過ぎから急に風が強くなり、気温が下がり始めた。

28日(木)には、
パカエンブー競技場のまえのシャルレス・ミラー広場付近にある温度計は、15時過ぎには34度を示していた。
Sps20080828cl

そのちょっと後でも、33度。
快晴であった。
Sps20080828cn

この市内各所にある温度計は、確かに誤差は大きい。
100メートル離れたところで、2-3度違うこともざらだ。
34度は、誤差にしてもちょっと大きすぎる。
直射日光で、センサー部が熱されているのだろう。
Sps20080828cm

本当の気温は、せいぜい28度くらいだったはずだ。
快晴の冬の日のサンパウロの気温は、真夏並に上がる。
湿度は20%台になり非常に乾燥した。

しかし一転雲に覆われると、最高気温は20度にも行かない。

半袖から、
一転、セーターが必要になった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その59 "MPB 4" 2。

8月7日(木)20時30分から、
サンパウロ市西部のメモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナのシモン・ボリヴァール公会堂で,
"MPB4"のコンサートがあった。

Sps20080807malb

「20080807MAL-MPB4b.WMA」をダウンロード

Sps20080807male

「20080807MAL-MPB4c.WMA」をダウンロード

Sps20080807mald

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ニウマールの行方 その41 ブラジル代表に追加招集される。

打撲傷により、FWラファエル・ソビスRafael SobisはワールドカップCopa do Mundoの南米予選として行われる対チリChile戦と対ボリビアBolívia戦のブラジル代表seleção brasileiraから外された。

ラファエル・ソビスの交代として、ドゥンガDunga代表監督はインテルナシオナウInternacionalのFWニウマールNilmarを招集した。
Sps20080901fa

ブラジルBrasilは、9月7日(日)22時にチリChileと対戦する。
その3日後、ブラジルは、リオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroのジョアン・アベランジェ・オリンピック競技場Estádio Olímpico João Havelange(エンジェニョンEngenhão)でボリビアBolíviaを迎える。

ブラジル代表は、火曜日に、これらの試合の準備を始めるために、グランジャ・コマリーGranja Comaryに集合する。

北京Pequimオリンピックで銅メダルを獲ったオリンピック代表だったラファエル・ソビスRafael Sobisは、ベチスBétisからアラブ首長国連邦Emirados Árabesのアル・ジャジーラAl-Jaziraに移籍が近い。
ニウマールNilmarは、スペインEspanhaのサラゴーサZaragozaから関心を持たれている。

-------------------------------
ついに、ニウマールが正代表に招集された。

2005年9月にブラジルに戻ってきて
コリンチャンスでプレイし、
その年のブラジル選手権で優勝に貢献した。

しかし、
2006年そして2007年と、つづけて膝の靱帯の手術をして、1年半ほどプレイしていなかった。

2007年に、
インテルナシオナウに移籍し、徐々に調子を戻していた。
2008年になり、
リオ・グランヂ・ド・スル州選手権ではまだ十分に活躍したとはいえなかった
でも、
現在行われているブラジル選手権セリエAでは、
19試合に出場し11ゴールで好調である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その93。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080228svzzh

Sps20080228svzzl

Sps20080228svzzq

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sexta-feira, 29 de agosto de 2008

サッカー・ブラジル選手権2008 その73 セリエB第16節コリンチャンス対ジュヴェンチューヂ戦 観戦2。

8月5日(火)20時30分から、
サンパウロのパカエンブー競技場で、
サッカー・ブラジル選手権のセリエBの第16節
コリンチャンス対ジュヴェンチューヂ戦を観戦した。

続きである

試合はコリンチャンスのキックオフで始まった。
Sps20080805fv

ボランチのアンドレ・サントス。
Sps20080805fw

DFのファビオ・フェヘイラ。
前の試合で左目を負傷していて、まだ腫れている。
Sps20080805fx

ボランチのファビーニョ。
Sps20080805fy

GKフェリッペ。
Sps20080805fz

ガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆さん。
Sps20080805fza

コリンチャンスは創立から97年。
Sps20080805fzb

MFエリアス。
Sps20080805fzc

この日のパカエンブー競技場。
※クリックすると拡大する。
Sps20080805fzd

前半終了の少し前に、
ジュヴェンチューヂのゼッチ監督が退場を宣告された。
集まってきたマスコミ相手に、話を始めた。
Sps20080805fze

そこで、
主審は、
強制的に退場させるために、
警官を呼んだ。
Sps20080805fzf

やっと、ゼッチ監督がグラウンドを後にし始めた。
グラウンドから消える前に、
コリンチャンスのファビーニョがゴールを決めた。
Sps20080805fzg

ガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆さんに、ゴールの報告をすることは大事なことだ。
Sps20080805fzh

試合には全く興味のないお嬢様方。
走り回っている。
Sps20080805fzi

インターバルの間に、
いつもは分かれて応援しているファン組織がくっついた。
この席は、組織の人だけを隔離している席である。
隣の緑の席にいる仲間を入れるように要求していた。
しかし、その願いは聞き入られなかった。
Sps20080805fzj

また、それぞれもとのところに戻っていった。
Sps20080805fzk

後半は、ジュヴェンチューヂのキックオフで始まった。
Sps20080805fzn

コリンチャンス大好きおばあさんは、時々移動してネット際に行く。
それを撮影するカメラマン。
試合中は、試合に真剣に集中しているので、ポーズをとってくれない。
Sps20080805fzo

DFファビオ・フェヘイラ。
Sps20080805fzp

エドゥアルド・ラモス。
Sps20080805fzq

MFドウグラスが下がり、
ヂオゴ・リンコンが入った。
Sps20080805fzr

そして、エドゥアルド・ラモスが下がり、ウェリントン・サシーが入った。
Sps20080805fzs

デンチーニョに代わり入ったFWカレッカ。
Sps20080805fzt

ウェリントン・サシー。
Sps20080805fzu

ヂオゴ・リンコン。
Sps20080805fzv

この試合の有料入場者数は16,198人。
Sps20080805fzw

後半45分に、エヘイラがゴールを決めた。
Sps20080805fzx

試合は、2対0でコリンチャンスが勝利。
Sps20080805fzy

終わり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その324 拙宅に来る鳥294。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

パルダである。
Sps20080315avzq

Sps20080317avzy

パルダ(=スズメ)は、欧州からの外来種である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのコンサート2008 その58 "MPB 4" 1。

ブラジル・サンパウロで開催されたコンサートを紹介していたが、
しばらく間が開いてしまった

コンサートに行っていないわけではなくて、
むしろあちこちに行き過ぎていて、
整理する暇がないのが実情である。

それでなくても、サッカー観戦もあるので、
資金的な面でも、支出を抑制したいとも考えているのだが、
安いコンサートが毎日どこかで開催されているので、
ついつい行きたくなってしまうのである。

順不同になるだろうが、
ブラジルのポピュラー音楽を中心に、
またいくつかのコンサートを紹介しておきたい。

音質をかなり向上させたので、
今後は、
日本でも知られていて、
CDが販売されているようなアーチストについては、
コンサートのかなりの部分をアップするのはやめることにする。

気に入りそうであれば、
CDを購入して、聞いてもらいたい。

-------------------------------
8月7日(木)20時30分から、
サンパウロ市西部のメモリアル・ダ・アメリカ・ラチーナのシモン・ボリヴァール公会堂で,
"MPB4"のコンサートがあった。
Sps20080806cc

入場料は10レアル(=約650円)。
Sps20080806b

MPB4も、もうデビューして40年になるそうだ。

美しいハーモニーを聞かせる男性4人のグループである。
Sps20080807mala

「20080807MAL-MPB4a.WMA」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「写真好き」。

なんだか急に、ブラジル人は写真好きになった。

「写真好き」と言えば、
世界的に首からカメラを提げた日本人と決まっていた。

でも、
今日的ブラジル人もそれに劣らないようだ。

かつては、
街中でカメラを出して、写真を撮るなどということは、
危険きわまりない行為となっていた。
カメラ自体も高価でそれを奪われるということだけではなく、
カメラを持っている人自体が金持ちとして狙われるのである。

だから、
写真撮影は、
室内や、限られた人しかいない場所でしか、まず出来なかった。

このブログの2004年や2005年頃も、
まだそういった雰囲気の中で、
周囲を警戒して、
すばやく撮影していた。

いまでも、
怪しい雰囲気のところでなくても、
カメラをずっと手に持って歩き回ることはしていないが、
普通の撮影するに際して、
カメラを取り出すことをものすごく警戒することは無くなった。

携帯電話に、カメラ機能がついているので、
それを使う人も多いし、
デジタルカメラを取り出して
スナップ撮影している人を実際よく見かけるのである。
Sps20080510fo

Sps20080420ch

Spd20080203czc

さすがに、
若い女性が全員デジタル一眼レフを持って、サンパウロの歴史的中心部のセントロで、
一斉に撮影をし始めたのには驚いた。
写真学校の生徒なのだろうが、
女性だけで、男性はいなかったのだ。
Sps20080418ca

ブラジルでは、
カメラの価格は、
まず日本の2倍はする。
デジタル一眼レフを買えるということは、相当な富裕層の子女と考えられるのである。

このところのブラジル・サンパウロの日常の変貌は大きい。
もう、写真に関しては、それほど周囲に気をつけることは必要なくなりつつあるようだ。
だからといって、油断は出来ないが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その225 Os gêmeos 83。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ。

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、その地域にマッチしている作品を描き続けている作家は、何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
バンドフォ兄弟は、多作である。
今も、描き続けている。
なかった所に、新作を発見することも多い。
ただし、消されてしまったものもある。

彼らの多くの作品は、
かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシCambuci、リベルダーヂLiberdade、ベラ・ヴィスタVela Bistaのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

撮影には、かなり手間暇がかかったところもある。
作品を発見しても、その時は撮影不可能と判断して、
最適な撮影場所やタイミングを求めて、何度も通ったところもある。

描いた彼らはもっと大変だっただろうか。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロから南東に隣接するカンブシCambuci地区の低地地域が、パンドルフォ兄弟の地元である。
彼らのグラフィッチがいとも簡単に多く発見される。

行政的にはリベルダーヂ地区になるのだが、
カンブシ地区の低地地区と同様の雰囲気を持っているリベルダーヂの低地地区。

ある日本企業のお抱え運転手は、平日の昼間でも、このあたりを経由することを避けるそうだ。
このあたりを通らなければならないような取引先もないだろうから、この判断は賢明である。

カンブシ地区からリベルダーヂ地区に向かうには通ることになるのが、バロン・ヂ・イグアッペ通りの一番終わりのあたり。

ここにも、パンドルフォ兄弟によるグラフィッチがある。
鉄製の門扉に描かれている。
Spd20071121ch

Spd20071121ci

この作品は、
Pen誌において取り上げられていた。
Sps20080314r

バロン・ヂ・イグアッペ通りでも、リベルダーヂ大通りからグロリア通りまでは、車で通過する人も多いだろうが、
ここで紹介した作品は、ずっと下の方になる。
登り方向への一方通行になっているので、あっさりといけるところではない。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その92。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080228svzzg

Sps20080228svzzk

Sps20080228svzzp

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

quinta-feira, 28 de agosto de 2008

ブラジル・サンパウロの小鳥 その323 拙宅に来る鳥293。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

パルダである。
Sps20080315avzp

Sps20080317avzx

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの選挙2008 その1 市長と市議会選挙。

2008年は、
ブラジル中で、
市長選挙と市議会選挙が行われる。

10月下旬の日曜日が投票日のはずだ。

この選挙運動が、3週間ほど前から、活発に行われるようになった。

投票権を持っているわけではないので、直接には何も関係ないのだが、熱心に運動をしている人がいるので、一応気にはしている。

ブラジルの市長選挙は、正副候補がペアで立候補する。
※※州知事や連邦大統領も同様な仕組みである。

任期中に、辞任したり死亡したときなどは、副候補が昇格することになる。

とは言っても、
あくまでも、正候補が運動のメインである。

ブラジル最大の都市のサンパウロ市長選挙は、国政に与える影響が大きな選挙である。
立候補予定者は、少なくとも11人もいる。

ブラジルは、小党が分立しているので、
どうしても連立を組まざるをえない。

候補者の右側に並んでいるのは、推薦している政党名である。
Pで始まる政党名が多いのは、
PがPartidoという単語で、「党」という意味だからである。

同様に、
Bはブラジルとという場合が多い。
DはDemocraciaなどで民主主義、
TはTrabalhadoresなどで労働者、
CはComunistaなどで共産主義者、
SはSocialistaなどで社会主義者などという意味の場合が多い。

現市長のジルベルト・カサビ自身は、弱小政党DEMに属している。
前市長のジョゼ・セッハが、サンパウロ州知事選に立候補するために市長をわずか1年半で辞職したので、
繰り上がったのである。
Sps20080628tf

そのジョゼ・セッハとサンパウロ州知事を2006年に争って破れた元サンパウロ市長のマルタ・スプリシーも立候補する。
政権党の労働者党に所属している。
だが、名家のご令嬢である。
Sps20080628ti

2006年の大統領選挙に立候補して、現職のルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シウヴァに敗れた元サンパウロ州知事のジェラルド・アルケミンも立候補している。
Sps20080628te

さらに、元サンパウロ州知事で、元サンパウロ市長でもあったパルロ・マルフィも、またまたまた立候補している。
公金横領や資金洗浄や諸々の罪で、起訴されたり、収監されたりしているのだが、
そういったことはもろともせずに、またもや立候補である。
Sps20080628tj

そのほかの人たちは、
表現は悪いが泡沫と言ってもよい方々だ。
Sps20080628ta

Sps20080628tb

Sps20080628tc

Sps20080628td

Sps20080628tg

Sps20080628th

Sps20080628tk


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その224 Os gêmeos 82 Cambuci編34。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ。

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、その地域にマッチしている作品を描き続けている作家は、何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
バンドフォ兄弟は、多作である。
今も、描き続けている。
なかった所に、新作を発見することも多い。
ただし、消されてしまったものもある。

彼らの多くの作品は、
かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシCambuci、リベルダーヂLiberdade、ベラ・ヴィスタVela Bistaのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

撮影には、かなり手間暇がかかったところもある。
作品を発見しても、その時は撮影不可能と判断して、
最適な撮影場所やタイミングを求めて、何度も通ったところもある。

描いた彼らはもっと大変だっただろうか。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロから南東に隣接するカンブシCambuci地区の低地地域が、パンドルフォ兄弟の地元である。
彼らのグラフィッチがいとも簡単に多く発見される。

本来のカンブシ地区ではなく、タマンドゥアテイ川の対岸地区にあるグラフィッチである。

コンセリェイロ・ジョアン・アルフレッド通りとコロネル・ジョアン・デンチ通りの角にある家の壁に描かれている。
Spd20071209ck

最初に発見した日は、日差しが強く、作品上にちょうど電柱の影が来ていた。
Spd20071202czn

Spd20071202czk

Spd20071202czm

後日改めて、撮影し直した。

車体の左前輪部のボディーが欠けている車は、そのままであった。
Spd20071209cp

作品が描かれた後に、
壁にひびが入ったことは明白だが、
倒壊の危険性はないのだろうか。
Spd20071209cl

Spd20071209co

Spd20071209cn

Spd20071209cm

人がやっと住めるような状態の家で、
この家から先のコロネル・ジョアン・デンチ通りには入って、しばらくは雰囲気のよくないところである。
Spd20071202czo

だが、その先に行くと、かつてはよい住宅街だったであることを思わせるような住宅が並んでいる一角になる。
今は、状態はよくない。
Spd20071202czp

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「日本移民100周年」 その16 「はつこ」とい名の人形。

2008年は、
ブラジルに、
最初の日本人の集団移民者が到着して100周年である。

2008年は、これに関する種々の行事が行われることになっているが、
到着した6月に、皇太子殿下をお迎えして、記念式典が行われたあと、何となく終わったような感じになってきているのは否めない。

100周年を記念して、
書籍が出版されたり、そのほかにもいろいろな物品が発売されたりもしている。

その中に、
"Hatsuko"という名の人形がある。
Sps20080720cb

「移民百周年記念」と箱に印刷されている。

箱の中の人形の雰囲気は、いかにも日本人。
「着物」を来ている。

頭の両側に、招き猫がある。
招福とはいえ、どちらかと言えば商売繁盛という意味で、あまり子供向きではない。

「幸運」はよいが、「健」とは何だ。
「健康」の意味だろうとは推察できるが。
「たけし」とでも読みたくなる。

この人形は、7月に行われた「日本祭り」の会場で販売されていたのだが、
そのほかのところでは見たことがない。

いったい、サンパウロ市内のどこに行けば、この人形を見ることができるのだろうか。

そもそも何体製造されたのだろうか。

そして、なぜ"Hatsuko"という名前をつけたのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その91。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080228svzzc

Sps20080228svzzf

Sps20080228svzzj

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

quarta-feira, 27 de agosto de 2008

ブラジル・サンパウロの小鳥 その322 拙宅に来る鳥292。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

パルダである。
Sps20080315avzl

Sps20080315avzr

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2008 その72 セリエB第16節コリンチャンス対ジュヴェンチューヂ戦 観戦1。

8月5日(火)20時30分から、
サンパウロのパカエンブー競技場で、
サッカー・ブラジル選手権のセリエBの第16節
コリンチャンス対ジュヴェンチューヂ戦を観戦した。

いつものように、パカエンブー競技場の周辺は渋滞。
Sps20080805fa

もくもくとあがっている煙とともに、
肉を焼くよい匂いが漂ってくる。
この匂いは、拙宅でも匂う。
Sps20080805fb

競技場の東側の道路は、観客であふれかえる。
Sps20080805fc

パカエンブー競技場の正面ファサード。
Sps20080805fd

この日のシャルレス・ミラー広場。
※クリックすると拡大する。
Sps20080805fe

パカエンブー競技場の西側の歩道を、
一人で歩いている「コリンチャンス大好きおばあさん」を発見した。
この格好で、家からやってくるのだろうか。
Sps20080805ff

珍しく、コリンチャンスのユニフォームや旗を売っていた。
すべてレプリカのはずだ。
そもそもこの地区では、物販は禁止されている。
Sps20080805fg

競技場に入ったが、
平日の試合なので、観客はそれほど多くない。
Sps20080805fh

正面スタンドもまばらだ。
Sps20080805fi

コリンチャンス大好きおばあさんも、ちょっと遅れたが登場。
Sps20080805fj

ジュヴェンチューヂの選手達が入ってきた。
このクラブも、2007年にセリエAから降格した。
Sps20080805fk

コリンチャンスの選手達が入ってきた。
Sps20080805fl

コリンチャンスの控えの選手達。
Sps20080805fm

マノ・メネゼス監督。
プーチンのような冷たい表情。
Sps20080805fn

コリンチャンスの選手達は、グラウンドの真ん中で、観客に挨拶。
Sps20080805fo

そして、ジュヴェンチューヂのゼッチ監督。
ゼッチは、
サンパウロFCのGKだった。
今のロジェリオ・セニの前のGKである。
当然、競技場全体から激しい罵声が浴びせかけられる。
Sps20080805fp

コリンチャンスの選手達の記念撮影。
左にいる3人の少女達は、この頃毎試合競技場で見かける。
※クリックすると拡大する。
Sps20080805fq

マノ・メネゼス監督とゼッチの関係は悪くないようだ。
Sps20080805fr

試合前の審判と両チームのキャプテンの打ち合わせ。
Sps20080805fs

ゼッチが、マスコミに囲まれていた。
Sps20080805ft

コリンチャンスの選手達が円陣を組んだ。
Sps20080805fu

続く。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その224 Os gêmeos 81 Cambuci編33。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ。

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、その地域にマッチしている作品を描き続けている作家は、何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
バンドフォ兄弟は、多作である。
今も、描き続けている。
なかった所に、新作を発見することも多い。
ただし、消されてしまったものもある。

彼らの多くの作品は、
かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシCambuci、リベルダーヂLiberdade、ベラ・ヴィスタVela Bistaのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

撮影には、かなり手間暇がかかったところもある。
作品を発見しても、その時は撮影不可能と判断して、
最適な撮影場所やタイミングを求めて、何度も通ったところもある。

描いた彼らはもっと大変だっただろうか。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロから南東に隣接するカンブシCambuci地区の低地地域が、パンドルフォ兄弟の地元である。
彼らのグラフィッチがいとも簡単に多く発見される。

カンブシ地区とブラス地区を分けるモオカ通りにあったグラフィッチ。
タマンドゥアテイ川で、本来のカンブシ地区と隔てられているので、行政的にはカンブシ地区なのだが、モオカ地区と考えた方がよいところだ。

パンドルフォ兄弟の作品がたくさんあってもよさそうな雰囲気がある地区なのだが、わずかしか発見できなかった。

この作品は、モオカ通りから少しセットバックしてたてられた建物の全面にあるスペースの壁に描かれていた。
Spd20071202cz

Spd20071202cy

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2008 その71 セリエB第21節終了。

サッカー・ブラジル選手権のセリエBの第21節が、
8月26日(火)に行われた。

結果は次の通り。


8月26日(火)        第21節
試合開始          試合結果               競技場
19h30  Ceará        1 x 2  Vila Nova        Castelão
19h30  São Caetano   2 x 4  CRB           Anacleto Campanella
19h30  Paraná       3 x 1  Fortaleza       Durival Brito
19h30  Criciúma      0 x 1  Juventude       Heriberto Hulse
20h30  Corinthians    5 x 0  Gama          Pacaembu
20h30  Bahia        3 x 0  América-RN     Jóia da Princesa
21h45  Brasiliense     1 x 1  Santo André     Boca do Jacaré
21h45  Bragantino     2 x 0  Ponte Preta      Marcelo Stéfani
21h45  Barueri       1 x 0  Marília         Arena Barueri
21h45  ABC         1 x 1  Avaí           Frasqueirão
※アウェーで勝利したヴィラ・ノーヴァは3位に上昇。
※サン・カエターノは地元で、最下位のCRBに破れた。
コリンチャンスは地元パカエンブー競技場で大勝利
 首位を独走。
※アヴァイはアウェーで破れた。


次節の第22節の予定は次の通り。

8月29日(金)        第22節第1日目
試合開始          試合予定               競技場
20h30  CRB        x  Vila Nova          Rei Pelé
20h30  São Caetano   x  Criciúma          Anacleto Campanella
20h30  América RN    x  Brasiliense         Machadão
20h30  Bahia        x  Santo André        Jóia da Princesa
※最下位のCRBは地元でヴィラ・ノーヴァと対戦。
※サン・カエターノは地元にクリシウマを迎える。
※4位のサント・アンドレは、アウェーでバイアと対戦。


8月30日(土)        第22節第2日目
試合開始          試合予定               競技場
16h   Gama       x  Fortaleza            Mané Garrincha
16h   Corinthians   x  ABC               Pacaembu
16h   Juventude    x  Bragantino           Alfredo Jaconi
16h   Ceará       x  Ponte Preta          Castelão
16h   Paraná      x  Marília              Durival Brito
20h30  Avaí        x  Barueri              Ressacada
※コリンチャンスは地元パカエンブー競技場でABCと対戦。
※アヴァイは地元でバルエリと対戦。


(第21節を終了した時点での順位)
Spf20080826a

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その90。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080228svzza

Sps20080228svzzb

Sps20080228svzze

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

terça-feira, 26 de agosto de 2008

サッカー・ブラジル選手権2008 その70 セリエB第21節コリンチャンス対ガマ戦。

8月26日(火)20時30分から、
サッカー・ブラジル選手権のセリエBの第21節の、
コリンチャンス対ガマ戦が、
サンパウロのパカエンブー競技場で行われた。

結果は、
コリンチャンスが、
5対0で大勝利。

平日の試合で、
1万2千人あまりの観客だったが、
完全に満足して、家路についている。

コリンチャンス大好きおばあさんは、
舞を踊った後、
スキップをして帰って行った。

「20080826sporTVnews-BB21-Corinthians-Gama.wmv」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その321 拙宅に来る鳥291。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

ロリーニャである。
Sps20080325avb

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2008 その69 セリエB第15節コリンチャンス対クリシウマ戦 観戦2。

8月2日(土)16時10分から、
サンパウロのパカエンブー競技場でおこなわれた、
ブラジル選手権のセリエBの第15節の、
コリンチャンス対クリシウマ戦を観戦に行った。

続きである

試合は、コリンチャンスのキックオフで始まった。
Sps20080802fze

ガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆さんが、横断幕を広げた。
Sps20080802fzf

ボールを追うのは、MFドウグラス。
Sps20080802fzg

FWエヘイラ。
Sps20080802fzh

FWデンチーニョ。
Sps20080802fzi

FWデンチーニョ。
Sps20080802fzk

MFルリーニャ。
Sps20080802fzl

MFドウグラス。
Sps20080802fzm

MFドウグラス。
Sps20080802fzn

左SBアンドレ・サントス。
Sps20080802fzo

ボランチのエリアス。
Sps20080802fzp

GKフェリッペ。
Sps20080802fzq

賢くお洒落な球拾い。
Sps20080802fzr

ボランチのファビーニョ。
Sps20080802fzs

MFルリーニャ。
Sps20080802fzt

FWデンチーニョ。
Sps20080802fzu

エリアス。
Sps20080802fzv

この日のパカエンブー競技場。
※クリックすると拡大する。
Sps20080802fzw

ガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆さんのお席で何かあったようだ。
警官が真ん中に入ってきた。
Sps20080802fzx

ガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆さんは、いつも警官には目をつけられている。
今回は、大きな騒乱にはならなかった。
Sps20080802fzy

試合には全く興味がない少女達。
Sps20080802fzz

怪我をしたDFファビオ・フェヘイラ。
Sps20080802fzza

前半終了後のインターバルにインタビューされるクリシウマの監督。
Sps20080802fzzb

インターバルには、いつものアトラクションが行われた。
Sps20080802fzze

ボールを見事ゴールできた観客は、賞品を手にしている。
Sps20080802fzzf

後半はクリシウマのキックオフで始まった。
Sps20080802fzzg

アンドレ・サントス。
Sps20080802fzzh

ルリーニャ。
Sps20080802fzzi

エリアス。
Sps20080802fzzj

ルリーニャが下がり、FWアコスタが入った。
Sps20080802fzzk

有料入場者数は28,052人。
Sps20080802fzzl

試合は、0対0の引き分け。
Sps20080802fzzm

終わり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの路上に生きる子供達 その18 物売り。

ブラジル・サンパウロでは、
曜日によって、
昼食のメニューが変わる習慣が未だある。

月曜日は、ヴィラーダ・パウリスタ。
火曜日は、鶏肉料理。
水曜日と土曜日は、フェジョアーダ。
木曜日は、パスタ料理。
そして、金曜日は魚料理。

日替わり定食のようなものである。

だんだん、いつも出す店が増えてきて、こういう習慣は消えつつある。

最近来た駐在員はこういったことを知らないままで過ごしてしまうかもしれない。

店によって、美味しいところやそして安いところなどがあるので、ある程度、そういったものを食べたいときにわざわざ行く店がある。

金曜日の魚料理の場合は、セントロの南西部にあるマルチンス・フォンテス通りのある軽食店によく行く。

いつも同じものを注文するので、もう顔なじみである。
ブラジルは、メニューにないものでも、要求すれば作ってくれる場合が多いので、多少は変更をお願いすることもある。

店の中でも食事はできるのだが、
歩道側に出たテーブルを選ぶことが多い。
綺麗な女性が通るのを見るためだ。

そうやって食事をしていると、
子供が入ってきて、
お客に物売りを始める。
Sps20080725cc

つまらないものが多い。

テーブルを一つずつ回っていく。

店の人が出て行くように言うが、
ぐずぐずしてなかなか出て行かない。

店の人も、無理をしてまで追い出すようなことはない。

小さな子供であれば、物乞いをする。

子供の親は、それを物陰に隠れて見ているのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「風景」。

ブラジル・サンパウロは、
標高が約800メートルの高原に立地している。
海からは、約80キロほど離れている。

そういったところに人口約1100万人が住む大都市がある。

誰でもそうだと思うのだが、
ある場所を訪れると、高いところからそこを眺めてみたいはずだ。

飛行機の離発着の時に、そこの上空をうまく飛んでくれればよいが、早々うまくいかないし、あっという間に通り過ぎていく。
地理の苦手な人は、どこのなのか瞬時に把握することもできないだろう。

高いところからゆっくりみたいとすると、展望台ということになる。

神戸や函館のように、市街地のすぐ近くに、そそり立った山があればそこに展望台を設けることができるのだが、
東京のように平野の真ん中に都市があるとそういったわけにはいかない。
東京の場合は、東京タワーや高層ビルの最上階から眺めるしかない。

サンパウロの場合も、すぐ近くにそそり立った山があるわけではない。

市街地の北側に、標高差訳300メートルの山脈が東西に走っている。
そこには、1カ所だけ展望台がある。
ペドラ・グランヂと言うところである。
ただし、そこまで車でずっと行けるわけではない。
カンタレイラ州立公園内にあり、どこの入り口から入るかによって異なるが、40-70分ほど歩かなくてはならない。

そこからのサンパウロ市街地である。
サンパウロの歴史的中心地セントロから真北に13キロほど離れている。
Sps20080720cf
※クリックすると拡大する。

もう一つ、そのセントロから西北に17キロほど離れているところにも、市内を展望できるところがある。
ジャラグア州立公園内のピコ・ド・ジャラグアということころで、ここは約500メートルの標高差がある。
ほとんど車で、頂上付近まで行ける。
だが、最後にきつい階段を上らなくてはならない。

そこから見た東から南にかけての光景である。
Sps20080817cm
※クリックすると拡大する。

どちらも、すでに紹介したところだが、最近また行く機会があったので、改めて紹介してみた。
冬は快晴の日が続き、こういうところからの景色を楽しむにはよい時期である。
夏場は、割と雲が出やすいのである。

どちらも、日本人も日系人もまず見かけることはない。

こういったところから見たサンパウロは、ビルが続くばかりで、どこが中心なのか判別できない。

歴史的中心部のセントロは、ピコ・ド・ジャラグアからは、このように見える。
Sps20080817cl

このようなところまで行っても、たいした景色ではないので、
時間がない人には、わざわざ行くことはお勧めしない。
それに、どちらも公園内なので、夕刻には閉鎖され、夜景は見ることができない。

では、市街地から見る光景と言えば、
セントロにあるアランテス・ビル展望台からみるのが、観光としては一般的である。

今回は、
日本人の駐在員が集中して住んでいるパライゾ地区のあるアパートの高層階からの風景を紹介する。
サンパウロ市の中心部のやや南側になる。

曇りの日では、ただただビルが延々と続くだけ。
Sps20080406ca
※クリックすると拡大する。

晴れた日でも、同様である。
住人は、景色がよいだろうと同意を求めてくるのだが、どうだろうか。
Sps20080608b
※クリックすると拡大する。

Sps20080608c
※クリックすると拡大する。

茫洋とした大都市である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その223 Os gêmeos 80 Cambuci編32。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ。

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、その地域にマッチしている作品を描き続けている作家は、何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
バンドフォ兄弟は、多作である。
今も、描き続けている。
なかった所に、新作を発見することも多い。
ただし、消されてしまったものもある。

彼らの多くの作品は、
かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシCambuci、リベルダーヂLiberdade、ベラ・ヴィスタVela Bistaのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

撮影には、かなり手間暇がかかったところもある。
作品を発見しても、その時は撮影不可能と判断して、
最適な撮影場所やタイミングを求めて、何度も通ったところもある。

描いた彼らはもっと大変だっただろうか。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロから南東に隣接するカンブシCambuci地区の低地地域が、パンドルフォ兄弟の地元である。
彼らのグラフィッチがいとも簡単に多く発見される。

リベルダーヂ地区とカンブシ地区を結ぶラヴァペス通りにある作品。
Sps20080717czj

Spd20080203cg

彼らがプロドゥソンと呼ぶ大きな作品である。
Spd20080203cf

その作品の中に、彼らが描くいつものキャラクターを発見できる。
Spd20080203ce

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その89。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080228svzt

Sps20080228svzy

Sps20080228svzz

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

segunda-feira, 25 de agosto de 2008

サッカー・ブラジル選手権2008 その68 セリエB第15節コリンチャンス対クリシウマ戦 観戦1。

8月2日(土)16時10分から、
サンパウロのパカエンブー競技場でおこなわれた、
ブラジル選手権のセリエBの第15節の、
コリンチャンス対クリシウマ戦を観戦に行った。

いつものように、
競技場の周辺道路は渋滞し、
入場を待つ観客の列が競技場の塀に沿ってできた。
Sps20080802fa

Sps20080802fb

競技場の東側の道路は、本来は3車線はあるのだが、
観客があふれて、
1車線がやっと徐行して通れるくらいになる。
Sps20080802fc

競技場の北側のシャルレス・ミラー広場におかれた袋の中には、
入場前に飲んだビールの空き缶でいっぱいになる。
リサイクルを生業とする人たちがおいたものだ。
Sps20080802fh

Sps20080802fd

シャルレス・ミラー広場側の正面入り口。
Sps20080802fe

パカエンブー競技場の正面ファサード。
Sps20080802ff

一家して観戦に来たようだが、
息子にはちょっと距離を置いている。
Sps20080802fg

この日のシャルレス・ミラー広場。
※クリックすると拡大する。
Sps20080802fi

競技場の西側にはまだ入場券を求める列ができていた。
Sps20080802fj

競技場に入ると、
すでにコリンチャンス大好きおばあさんとビン・ラディン調が並んでいた。
Sps20080802fk

ビン・ラディン調は、写真に撮られるのが大好きだ。
Sps20080802fl

コリンチャンスの正副GKが、ウォーミングアップをしていた。
Sps20080802fm

コリンチャンス大好きおばあさん。
Sps20080802fn

クリシウマの選手達が入場してきて、
アウェー席のファンだけに挨拶をした。
クリシウマはブラジル南部のサンタ・カタリーナ州のクラブである。
Sps20080802fo

クリシウマの監督。
Sps20080802fp

クリシウマの選手達の記念撮影。
※クリックすると拡大する。
Sps20080802fq

コリンチャンスの選手達が入ってきた。
Sps20080802fr

コリンチャンスの控えの選手達。
Sps20080802fs

マノ・メネゼス監督。
Sps20080802ft

グラウンドの真ん中で、観客に挨拶。
Sps20080802fu

ファン組織の一つのESTOPIMの幕が広がった。
Sps20080802fv

コリンチャンスの選手達の記念撮影。
※クリックすると拡大する。
Sps20080802fw

スポーツ専門TV局のSporTV局が、
アンドレ・サントスにインタビュー。
Sps20080802fx

キャプテンのDFウィリアン。
Sps20080802fy

両GKが交差した。
Sps20080802fz

コリンチャンスの選手達が円陣を組んだ。
Sps20080802fza

右SBのカルロス・アルベルト。
年齢を5歳も過小に誤魔化していたあのカルロス・アルベルトである。
Sps20080802fzb

DFファビオ・フェヘイラ。
Sps20080802fzc

ファビアーノとドウグラス。
Sps20080802fzd

続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その320 拙宅に来る鳥290。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

ロリーニャである。
Sps20080325ava

Sps20080325avc

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「ボサノバ50年」 その7 CD全集1。

2008年は、
ボサノバが誕生して、
50年ということは、
ブラジルでも、
認められていることのようだ。

といっても、
ブラジルでは、
完全に、死んでいるジャンルの音楽である。

もちろん、
MPBなどに強い影響を与えたことは間違いないが、
1964年の軍政の開始までには、
ほとんど終わっていたムーブメントだったような気がする。
むしろその開始を、1958年以前に持って行ってもよいのではないかとも思う。

1958年に、
エリゼッチ・カルドーゾが録音した"Chega de Saudade"を含むアルバムが、
ボサノバの最初のアルバムと、一応認められている。

2008年になって、
ボサノバ50年を記念して、
特に、
当時のアルバムなどを再発売するような動きもなく、
店頭では、
当時のアルバムをCD化したものが、
一部の担い手は別として、
ほとんどの当時のアーチストの作品を簡単に見つけることはできない。

これは、
中古ショップに行っても同様である。
サンパウロ市内の大きな中古ショップとは懇意にしているオーナーのいるところもあるが、
ボサノバの出物は、みんな日本に行っていると言って、
苦笑していた。
実際、日本で探す方が、簡単に見つかるし、価格も安いかもしれない。
ブラジルでは、中古でも決して安くない。
それは、LPでも同様だ。

それが、やっと最近になって、
旧盤に「ボサノバ50年記念」などと書いたシールが貼られているのを見かけるようになった。
多少は再発もされているように思える。

そういった中で、
サンパウロ市で販売されている最大の発行部数のFolha de Sao Paulo紙が、
ボサノバ50年を記念して、
CD全集を発売始めた。
「20080802JN-CM-Folha-BossaNova.wmv」をダウンロード

8月8日(金)から、
毎週1枚ずつの発売である。
Sps20080804ta

Sps20080804tb

Sps20080804tc

Sps20080804td

Sps20080804te

これは、12月まで続く。


全20巻で、すでに4巻目までが発売されている。

1  10/ago    Antonio Carlos Jobim
2  10/ago    Dick Farney
3  17/ago    Vinicius de Moraes
4  24/ago    Baden Powell
5  31/ago    Carlos Lyra
6  7/set     Nara Leão
7  14/set    João Donato
8  21/set    Johnny Alf
9  28/set    Lucio Alves
10  5/out    Miúcha
11  12/out   Roberto Menescal
12  19/out   Marcos Valle
13  26/out   Leny Andrade
14  2/nov    Pery Ribeiro
15  9/nov    Sylvia Telles
16  16/nov   Maysa
17  23/nov   Wilson Simonal
18  30/nov   Os Cariocas
19  7/dez    Joyce
20  14/dez   Milton Banana Trio

シルヴィア・テリスが含まれているのには感激だ。
ウィルソン・シモナルがボサノバに入るのもちょっと奇異である。
なによりも、ジョアン・ジルベルトはいない。

アーチスト別に、それぞれ一枚、わずか約12レアル(=約800円)と安い。
書籍形式で、貴重な写真も豊富である。
もちろん、ポルトガル語で記述されているので、
文章については、残念ながら読解できない人には意味がない。
「20080811JN-CM-Folha-BossaNova50anos.wmv」をダウンロード

新聞読者で、揃いで予約すると、市内の新聞・雑誌売り場で買うよりも、若干割引がある。
さらに、9月に一括して送付されてくることになっているので、
市中で求めるよりも、早くそして安く手に入れることができる。

日本からも、つてを求めて、予約殺到のようだ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その222 Os gêmeos 79 Cambuci編31。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ。

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、その地域にマッチしている作品を描き続けている作家は、何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
バンドフォ兄弟は、多作である。
今も、描き続けている。
なかった所に、新作を発見することも多い。
ただし、消されてしまったものもある。

彼らの多くの作品は、
かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシCambuci、リベルダーヂLiberdade、ベラ・ヴィスタVela Bistaのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

撮影には、かなり手間暇がかかったところもある。
作品を発見しても、その時は撮影不可能と判断して、
最適な撮影場所やタイミングを求めて、何度も通ったところもある。

描いた彼らはもっと大変だっただろうか。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロから南東に隣接するカンブシCambuci地区の低地地域が、パンドルフォ兄弟の地元である。
彼らのグラフィッチがいとも簡単に多く発見される。

シルヴェイラ・ダ・モッタ通りとバロン・ヂ・ジャグアラ通りの交差点にある家の、シルヴェイラ・ダ・モッタ通り側の壁に描かれている作品である。
Sps20080729co

背景が真っ赤でかなり派手である。
パンドルフォ兄弟の一人の妻であるニナ・パンドルフォなどの作品も描かれている。
Sps20080728ch

ニナ・パンドルフォの作品。
6月から7月にかけて、ある画廊で彼女の初めての個展が開催されていたのだが、行きそびれてしまった。
Sps20080729cp

Sps20080729cq

パンドルフォ兄弟の盟友の作品。
パンドルフォ兄弟の作品に隣り合って発見することも多い。
Sps20080729cr

この文字絵も、実はパンドルフォ兄弟の作品である。
文字絵作品の方が、人物画よりも、作品数としては遙かに多いようだ。
パンドルフォ兄弟による文字絵は、いまだに市内各所で発見することができる。
ただ、文字が解読できない。
Sps20080729cs

そして、その文字絵の隅に、人物がいる。
背景と色が似ているので、発見しにくい。
Sps20080729ct

まごう事なき、パンドルフォ兄弟によるグラフィッチである。
Sps20080729cu

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その88。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080228svzs

Sps20080228svzw

Sps20080228svzx

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

domingo, 24 de agosto de 2008

サッカー・ブラジル選手権2008 その67 セリエA第22節終了。

サッカー・ブラジル選手権のセリエAの第22節が、
8月23日(土)および24日(日)に行われた。

結果は次の通り。


8月23日(土)         第22節第1日目
試合開始           試合結果                 競技場
18h20  Fluminense  1 x 1  Sport              Maracanã
18h20  Figueirense  1 x 2  Vitória              Orlando Scarpelli
「20080823GN22-BA22.wmv」をダウンロード
※フルミネンセは引き分けだったがさらに順位を上げて、15位となった。

8月24日(日)         第22節第2日目
試合開始           試合結果                 競技場
16h    Internacional   1 x 1  Flamengo         Beira-Rio
16h    Coritiba      2 x 2  São Paulo         Couto Pereira
16h    Ipatinga      1 x 0  Goiás            Ipatingão
16h    Palmeiras     4 x 2  Portuguesa         Pacaembu
16h    Santos       2 x 0  Cruzeiro          Vila Belmiro
18h10  Atlético-MG   4 x 0  Atlético-PR         Mineirão
18h10  Náutico      1 x 1  Grêmio            Aflitos
18h10  Vasco       1 x 1  Botafogo           Maracanã
「20080824GN22-BA22a.wmv」をダウンロード
「20080824GN22-BA22b.wmv」をダウンロード
※インテルナシオナウは、FWニウマールがフラメンゴのGKブルーノのミスを突いて、
 ゴールを決めたが、引き分け。
※パルメイラスは、2位へ上昇。
 パカエンブー競技場の観客は少なく、静かだった。
※サントスは地元で勝利。
 だが、19位と降格圏内。
※グレミオは引き分けだが、まだ首位。


次節の第23節の予定は次の通り。

8月30日(土)         第23節第1日目
試合開始           試合予定                 競技場
18h20 Botafogo     x  Náutico              Engenhão
18h20 Vitória      x  Ipatinga              Barradão
18h20 Goiás       x  Figueirense            Serra Dourada

8月31日(日)         第23節第2日目
試合開始           試合予定                 競技場
16h   Grêmio     x  Vasco               Olímpico
16h   Atlético-PR  x  Palmeiras             Arena da Baixada
16h   Sport       x  Internacional           Ilha do retiro
16h   São Paulo    x  Santos               Morumbi
18h10  Portuguesa   x  Atlético-MG           Canindé
18h10  Flamengo    x  Fluminense            Maracanã
18h10  Cruzeiro     x  Coritiba               Mineirão

(第22節を終了した時点での順位)
Spf20080824a_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その319 拙宅に来る鳥289。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

ロリーニャである。
Sps20080315avzo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2008 その66 セリエB第20節終了。

サッカー・ブラジル選手権のセリエBの第20節が、
8月19日(火)、22日(金)および23日(土)に行われた。

結果は次の通り。

8月19日(火)       第20節第1日目
試合開始         試合結果                競技場
20h30  Gama       0 x 2  Barueri         Mané Garrincha
20h30  Marília      0 x 2  Brasiliense       Bento de Abreu
20h30  Santo André   1 x 0  Bragantino       Bruno José Daniel
※サント・アンドレは暫定で2位に上昇。
 最終的には3位。

8月22日(金)       第20節第2日目
試合開始         試合結果                競技場
20h30  Ponte Preta    1 x 1  São Caetano   Moisés Lucarelli
20h30  Vila Nova-GO    3 x 1  ABC        Serra Dourada
20h30  Avaí          3 x 1  Paraná       Ressacada
「20080822JG-BB20.wmv」をダウンロード
※ヴィラ・ノヴァは4位に上昇。
※アヴァイは2位を守る。

8月23日(土)       第20節第3日目
試合開始         試合結果                競技場
16h    CRB           1 x 2  Corinthians   Rei Pelé
16h    Fortaleza        5 x 1  Bahia       Castelão
16h    Juventude       0 x 0  Ceará       Alfredo Jaconi
20h30  América-RN      1 x 0  Criciúma     Machadão
「20080823JN-BB20.wmv」をダウンロード
※コリンチャンスはアウェーで勝利。
 引き続き首位。
(CRBの先発)
Sps20080823fa
(コリンチャンスの先発)
Sps20080823fb


次節の第21節の予定は次の通り。

8月26日(火)       第21節
試合開始         試合予定                競技場
19h30  Ceará        x  Vila Nova       Castelão
19h30  São Caetano   x  CRB          Anacleto Campanella
19h30  Paraná       x  Fortaleza        Durival Brito
19h30  Criciúma      x  Juventude       Heriberto Hulse
20h30  Corinthians    x  Gama          Pacaembu
20h30  Bahia        x  América-RN     Jóia da Princesa
21h45  Brasiliense     x  Santo André      Boca do Jacaré
21h45  Bragantino     x  Ponte Preta      Marcelo Stéfani
21h45  Barueri       x  Marília         Arena Barueri
21h45  ABC         x  Avaí           Frasqueirão
※コリンチャンスは地元パカエンブー競技場にガマを迎える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その87。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080228svzr

Sps20080228svzu

Sps20080228svzv

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sábado, 23 de agosto de 2008

ブラジル・サンパウロの小鳥 その318 拙宅に来る鳥288。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

ロリーニャである。
Sps20080315avzn

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その86。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080228svzf

Sps20080228svzg

Sps20080228svzq

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sexta-feira, 22 de agosto de 2008

サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その33 対チリ・ボリビア戦、招集メンバー発表。

ブラジルサッカー協会CBFは、8月22日(金)に、
2010年のワールドカップの南米予選として行われる対チリChile戦と対ボリビアBolívia戦に、
ドゥンガDunga代表監督によって招集される22戦のリストを公式サイトで発表した。

ドゥンガ代表監督は、オリンピック代表をベースにした。
驚きは、フラメンゴFlamengoのSBジュアンJuanで初めて招集される。

北京オリンピックで戦った18人の選手のうち、9人は正代表として招集された。
レナンRenan, ラフィーニャRafinha, アレックス・シウヴァAlex Silva, ルーカスLucas, ヂエゴDiego, アンデルソンAnderson, ロナウヂーニョRonaldinho, ジョーJôそしてラファエル・ソビスRafael Sobisである。

このところの試合ではドゥンガDunga監督により外されていたパトPatoは代表には関係していない。

まだ左膝の腱の治療中であるカカKakáは招集されていない。
また、筋肉の問題でインテル・ミランInter de Milãoから1ヶ月離脱するであろうアドリアーノAdrianoも同様に招集されていない。

チリChile戦は9月7日(日)にサンチアゴSantiagoで行われる予定である。
ボリビアBolívia戦は、9月10日(水)にリオ・デ・ジャネイロRio de JaneiroのエンジェニョEngenhãoン競技場で行われる。

招集選手は次の通り。

GK:
ジュリオ・セーザルJúlio César (Inter de Milão)
レナンRenan (Internacional)

SB:
マイコンMaicon (Inter de Milão)
クレーベルKleber (Santos)
フアンJuan (Flamengo)
ラフィーニャRafinha (Schalke)

DF:
フアンJuan (Roma)
ルーシオLúcio (Bayern de Munique)
ルイゾンLuisão (Benfica)
アレックス・シウヴァAlex Silva (São Paulo)

MF:(含むボランチ)
ジウベルト・シウヴァGilberto Silva (Panathinaikos)
ルーカスLucas (Liverpool)
エラーノElano (Manchester City)
アンデルソンAnderson (Manchester United)
ジョズエJosué (Wolfsburg)
ヂエゴDiego (Werder Bremen)
ジュリオ・バチスタJulio Baptista (Roma)

FW:
ロビーニョRobinho (Real Madrid)
ロナウヂーニョ・ガウーショRonaldinho Gaúcho (Milan)
ジョーJô (Manchester City)
ルイス・ファビアーノLuis Fabiano (Sevilla)
ラファエル・ソビスRafael Sobis (Bétis)

「20080822GN22-Selecao-Eliminatoria-Convocacao.wmv」をダウンロード

-------------------------------
現在のところ、
予選で5位になっているブラジル。
9月の2つの試合では連勝したいところだ。

ロナウヂーニョ・ガウーショが、FWになっているところが、
どうなのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル・オリンピック代表 その11 3位。

北京オリンピックのサッカーの3位決定戦の、
ベルギー対ブラジル戦が、
8月22日(金)8時(*ブラジリア時間)から行われた。


ブラジルは、
ヂエゴ
そしてジョーの2ゴールで、
3対0と勝利し、
銅メダルを手にした。
(ブラジル国歌演奏)
「20080822Futebol-SelecaoOlimpica-Belgica-Hino.wmv」をダウンロード

(ベルギーの先発と控え)
Sps20080822fa
Sps20080822fb
(ブラジルの先発と控え)
Sps20080822fc
Sps20080822fd
(ベルギーの監督)
Sps20080822fe
(ブラジルのドゥンガ代表監督)
Sps20080822ff

「20080822GN22-SelecaoOlimpica-Belgica.wmv」をダウンロード

-------------------------------
サッカーの試合は8時から、
そして、男子バレーボールの準決勝のブラジル対イタリア戦が9時から、
さらに、陸上女子走り幅跳びがそれに加わり、
次々と映像が切り替わったので、
サッカーの試合そのものはなんだかよくわからなかった。

中継録画の再放送でも見ないと、
試合における選手の動きなど語ることができない。

男子バレーボールは、イタリアを破り、
決勝に進出を決めた。
女子バレーとともに、
決勝の相手は米国である。

女子走り幅跳びは、
ブラジル人のマウヘン・マージが優勝し、
ブラジルに今大会2個目の金メダルをもたらした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その317 拙宅に来る鳥287。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

ロリーニャである。
Sps20080315avzm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2008 その65 セリエA第21節終了。

サッカー・ブラジル選手権のセリエAの第21節が、
8月20日(水)および21日(木)に行われた。

結果は次の通り。


8月20日(水)          第21節第1日目
試合開始          試合結果                競技場
19h30  Coritiba        3 x 0  Figueirense     Couto Pereira
19h30  Vitória         0 x 0  Sport         Barradão
20h30  São Paulo       3 x 1  Atlético-PR     Morumbi
20h30  Botafogo        1 x 0  Cruzeiro      Engenhão
22h   Internacional     4 x 1  Palmeiras      Beira-Rio
22h   Náutico         1 x 3  Fluminense     Aflitos
22h   Ipatinga         1 x 1  Santos        Ipatingão
「20080820encimadahora-BA21.wmv」をダウンロード
※サンパウロFCは地元で勝利。
※ボタフォゴは3位に上昇。
※フルミネンセは順位を2つ上げて、ついに降格圏を脱した。
※イパチンガとサントスの最下位争いは引き分け。

8月21日(木)          第21節第2日目
試合開始          試合結果                競技場
20h30  Portuguesa     0 x 1  Vasco      Antônio Guimarães
20h30  Flamengo      2 x 1  Grêmio      Maracanã
20h30  Atlético-MG    1 x 1  Goiás       Mineirão
※ポルツゲーザは降格圏内に転落。
※グレミオは敗れるも首位。
※アツレチコ・ミネイロもゴイアスもともに順位を下げる。


次節の第22節の予定は次の通り。

8月23日(土)          第22節第1日目
試合開始          試合予定                競技場
18h20  Fluminense     x  Sport          Maracanã
18h20  Figueirense     x  Vitória         Orlando Scarpelli

8月24日(日)          第22節第2日目
試合開始          試合予定                競技場
16h   Internacional   x  Flamengo       Beira-Rio
16h   Coritiba      x  São Paulo       Couto Pereira
16h   Ipatinga      x  Goiás          Ipatingão
16h   Palmeiras     x  Portuguesa      Pacaembu
16h   Santos      x  Cruzeiro        Vila Belmiro
18h10  Atlético-MG   x  Atlético-PR      Mineirão
18h10  Náutico      x  Grêmio         Aflitos
18h10  Vasco       x  Botafogo        Maracanã
※ともにサンパウロ市のクラブであるパルメイラス対ポルツゲーザは、
 パカエンブー競技場で行われる。
 たぶんこの試合には行かないと思う。

(第21節を終了した時点での順位)
Spf20080821a_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その85。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080228svze

Sps20080228svzl

Sps20080228svzp

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

quinta-feira, 21 de agosto de 2008

ブラジル・サンパウロの小鳥 その316 拙宅に来る鳥286。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

サニョット・シンゼントである。
Sps20080317avzzg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その84。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080228svzd

Sps20080228svzk

Sps20080228svzo

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

quarta-feira, 20 de agosto de 2008

ブラジル・サンパウロの路上に生きる子供達 その17 スーパーに入ることができない子供。

拙宅から、
北に、
車で10分ほどのところに、
ウォールマートのパカエンブー店がある。

ある日の午後、
曇って、雨も降っていた日だった。

レジが何十台も並ぶいわゆるハイパーマーケットである。

入ってすぐ右側には、生鮮食品売り場があって、人も多いのだが、奥に行くにつれて、人が少ない売り場がある。

雑貨や園芸用品などの売り場があるところだ。
そこに、二人の子供がいた。

しばらくして、
その二人の子供が、
警備員に連れ出されていった。

もう同じことを何度も、何日も繰り返しているのだろう。
おとなしく警備員の後を歩いていった。
Sps20080807ca

こういった子供達にも、そしてその家庭にも、スーパーでものを買うようなお金はない。
子供達は、スーパーに行っても、何も買わないし、買えない。

ほしいものを見つけると、
それを手にして、
レジに並んでいる客に、
それの支払いを請うのである。

牛乳であったり、卵であったりという場合が多い。

多くの人は断るが、
そう裕福でもなくむしろ貧しい人が、その願いを聞き入れることが多い。

このような子供が、商品を店内で飲んだり、食べたりすることもある。

時には、なめ回したり、なで回したり。

もしかしたら、盗みもするのかもしれない。

店としては、
やはり迷惑なので、退去してもらうしかないのである。

雨の中、
退去させられた子供達は、
きっとまた舞い戻ってきたはずだ。

そうしないと、
親が納得しないし、
一家が生きていけないことは何よりも子供が知っている。
Sps20080807cb

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「ビン・ラディン」に会った。

このブログをいつも見ていただいている方には、もうおなじみの人物にあった。

今や、
サンパウロどころか、ブラジルの中でも、かなり顔が売れている人物だ。

あの「ビン・ラディン調」である。

いつもは、
パカエンブー競技場で見かける。
ある時は、
「黒人覚醒の日」のパレードで先頭を歩いているのを見かけた。

rede TV!局のpanico na TVにも出演していた。
サブリナ・サトウのコーナーにも罰のために現れた

サンパウロのイビラプエラ公園で開催されているサンパウロ・ファッション・ウィークにも姿を見せたこともある。

ゲイパレードにも、いたようだ。

いろいろなイベントに、どういう訳か現れる。

いつもパカエンブー競技場では、
お互いに見かける顔なので、
軽く話をするくらいの関係の一人である。
試合観戦の時に、
いつも取り上げる人物達とは、その程度のつきあいはしている。

さて、
7月19日(土)に、
パカエンブー競技場で、
コリンチャンス対バイア戦が行われて、
コリンチャンスがセリエBで初めて敗れた試合の日のことだ。

試合が終わったのは18時頃で、
それから約2時間たった20時頃に、
リベルダーヂに所用があったので、
拙宅を出て、
バスでリベルダーヂに向かうことにした。

ブラジルは、6月末から、
飲酒運転が厳しく取り締まられるようになったので、
自分の車を使うことは、ちょっと難しくなった。

一戸建て住宅専用地区にある拙宅の近くにはバスの路線はない。
15分も歩かないと、リベルダーヂに向かうバスの停留所はない。

土曜日の夜で、
運転間隔がかなり開いていて、
しばらく待った。

やっと来たバスに乗ったら、
あのビン・ラディン調がいた。
一人で乗っていた。

何人も乗客がいないので、
すぐに目が合ってしまった。

このバスは、競技場の前のシャルレス・ミラー広場を通るバスなので、彼は試合後にそのあたりで飲んでいたようだ。

かなり酩酊していた。

聞いていみると家に帰るところだという。
家は、サンパウロ東部のタツアペだと行っていた。
この試合の前2試合は、競技場に姿を見せていなかったので、どうしていたんだと聞いたら、テレビのロケだったと言っていた。

その後は、
この日の試合のことなどをあれこれと話をした。
こういった人たちのポルトガル語も、
かなり聞き取れるようになってきた。

彼は、乗り換えのために、ジョアン・メンデス広場でバスを降りた。
リベルダーヂ大通りの始まるところでもある。

自分は、その次の停留所でバスを降りた。

ビン・ラディン調と話をしていたのは、15分くらいだっただろうか。
降りがけに、写真を撮ってあげた。
Sps20080719czzi

内側に着込んだコリンチャンスのユニフォームを誇らしげに見せた。
Sps20080719czzj

もっと話したいことや知りたいことがいっぱいあったのだが、
また次の機会があるだろう。

バスのほかの乗客や料金徴収係は、
どういう知り合いなんだという顔をしていた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その315 拙宅に来る鳥285。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

サニョット・シンゼントである。
Sps20080317avzzf

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その83。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080228svzc

Sps20080228svzj

Sps20080228svzn
※※クリックすると拡大する。

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

terça-feira, 19 de agosto de 2008

サッカー・ブラジル・オリンピック代表 その10 準決勝アルゼンチン戦。

8月19日(火)10時(*ブラジリア時間)から、
北京オリンピックのサッカー準決勝戦の
アルゼンチン対ブラジル戦が行われた。

(ブラジル国歌演奏)
「20080819Futebol-SelecaoOlimpica-Argentina-Hino.wmv」をダウンロード

(アルゼンチンの先発と控え)
Sps20080819fa
Sps20080819fb
※クリックすると拡大する。
(ブラジルの先発と控え)
Sps20080819fc
Sps20080819fd
※クリックすると拡大する。

(アルゼンチンの監督)
Sps20080819fe
(ブラジルのドゥンガ監督)
Sps20080819fg

前半はともかくも、
後半に入って、立て続けにあんなことになって、
そのままもうリズムを作ることはなかった。

この試合の結果、
ブラジルは、
またもやオリンピックのサッカーで、
金メダルを獲るという目標を達成することができなくなった。
「20080819JN-SelecaoOlimpica-Argentina.wmv」をダウンロード

まだ、3位決定戦がある。

-----------------------
準々決勝の対カメルーン戦で、
延長戦でやっと勝った試合で、
もう金メダルはないと思えた。

試合が行われているからといって、
特にその時間帯の市内の交通量が減った様子もなかった。

事務所や店舗も営業していたし、
テレビの前に群衆が集まったほどのこともなかった。

もちろん、
こういう結果になった試合の後には、
どういった形にせよ、このことに一切触れないのが、
ブラジルの大人の態度である。
それを知らない新参の駐在員が、
ぺらぺらと論評でもしようものなら、
商売は絶対にうまくいかないだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その314 拙宅に来る鳥284。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

サニョット・シンゼントである。
Sps20080317avzze

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「日本移民100周年」 その15 早慶戦。

ブラジルへの日本移民100周年のイベントの一つとして企画された「大学野球の早稲田と慶応を招いての試合」が、サンパウロでは8月17日(日)に行われた。

いろいろな意味で、本当は全く関心も無かったのだが、
ひょんなことで招待の入場券を手にしてしまった

それに、どうしても行きたいが、
どうも一人では行けないし、行き方もわからないし、手段もないという人がいたので、
つきあうことにした。

17日(日)の16時頃までは、時間が空いていたからだ。

サンパウロの市営ボン・レチーロ球場で行われたこの日の予定は、
ブラジル・野球・ソフトボール連盟のサイトで確認してみたのだが、
8時30分から開会式で、
9時30分から、早稲田対慶応の試合、
さらに13時30分から早稲田対ブラジル選抜の試合となっていた。
※ブラジル・野球・ソフトボール連盟のサイトには日本語はない。

野球もソフトボールも、
ブラジルでは、ほぼ日本人と日系人しかやらないスポーツである。
ほとんどの非日系人はルールも全く知らない。

逆に言うと、
日本人と日系人は、野球にはものすごい思い入れを持っているはずだ。
かつて、日本にはスポーツと言えば野球しかなかった頃に
移民をしてきたわけで、
これは当然である。

熱心な日本人や日系人はこういうときにはものすごく早くから来ているのが通例なので
8時頃には、
球場に行った方がよいのではないかと思ったのだが、
行きたい人が9時頃でいいと言った。
拙宅から逆方向になるのだが、
パライゾまで行って、
8時30分に、
人を二人拾って、
球場へ向かった。

ボン・レチーロ球場は、
あのガヴィオンエス・ダ・フィエウの本部のすぐ先にあるのだが、
8時45分頃にはもう入り口付近は車が渋滞していて、
中には駐車場所がなかった。
仕方がないので、
その辺りに路上駐車して、球場に向かった。

球場のスタンドはもうすでに席が埋まっていた。
思った通りだった。

開会のセレモニーが行われていた。
今年2008年10月に、
選挙が行われることもあり、
立候補予定者がそれらしい挨拶をして、聞いているだけで疲れた。
ブラジルの演説は短くないのだ。
Sps20080817ca

長い話の後に、
すぐに試合かと思っていたら、
両チームがそれぞれ15分程度練習をした。
Sps20080817cb

早稲田の背番号1は、あの斉藤選手ということを知った。
Sps20080817cc

結局試合が始まったのは、
10時を過ぎていた。
Sps20080817cd

早稲田の応援の一団。
早稲田のOBもブラジルにはいっぱいいるはずだ。
Sps20080817ce

野球に思い入れのいっぱいありそうな熟年の方々。
Sps20080817cf

何しろ日本人と日系人ばかりで、
なにか居心地が悪かった。
非日系人もいないわけではなかったが、
配偶者が日系とかの人ばかりのようだった。
Sps20080817cg

このところサンパウロは快晴が続いていて、
日中は気温が異常に高い。
30度近くまで最高気温が上がる。
冬なのだが、強い直射日光で、真夏と変わらない。
Sps20080817ch

Sps20080817ci

それで、
試合は3回までしか見なくて、
球場を後にした。
Sps20080817cj

Sps20080817ck

その後、12時45分頃に、球場の脇を通ったのだが、
まだ、早稲田対慶応の試合は続いていた。

ご苦労さんなことだ。

ブラジル・野球・ソフトボール連盟のサイトで見ると、
この試合は、早稲田が7対3で慶応を破っている

早稲田は、ブラジル選抜も2対1で破っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その82。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080228svzb

Sps20080228svzi

Sps20080228svzm

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

segunda-feira, 18 de agosto de 2008

ブラジル・サンパウロの小鳥 その313 拙宅に来る鳥283。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

サニョット・シンゼントである。
Sps20080317avzzd

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その81。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080228svv

Sps20080228svza

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

domingo, 17 de agosto de 2008

サッカー・ブラジル選手権2008 その64 セリエA第20節終了。

サッカー・ブラジル選手権のセリエAの第20節が、
8月16日(土)および17日(日)に行われた。

結果は次の通り。


8月16日(土)             第20節第1日目
試合開始            試合結果              競技場
18h20  Figueirense    2 x 1  Portuguesa     Orlando Scarpelli
18h20  Atlético-PR   5 x 0  Ipatinga        Arena da Baixada
18h20  Cruzeiro     2 x 1  Vitória        Mineirão
「20080816encimadahora-BA20.wmv」をダウンロード
※ポルツゲーザは降格圏に大接近。
※新日鐵がスポンサーのイパチンガは最下位定着。

8月17日(日)             第20節第2日目
試合開始            試合結果              競技場
16h   Vasco       4 x 0  Internacional    São Januário
16h   Santos      2 x 2  Flamengo      Vila Belmiro
16h   Grêmio      1 x 0  São Paulo      Olímpico
16h   Goiás       3 x 0  Náutico       Serra Dourada
18h10  Fluminense   1 x 0  Atlético-MG    Maracanã
18h10  Palmeiras    1 x 0  Coritiba       Parque Antarctica
18h10  Sport       0 x 1  Botafogo      Ilha do Retiro
「20080817GN22-BA20.wmv」をダウンロード
※ヴァスコ・ダ・ガマは降格圏を脱した。
※サントスはまだまだ降格圏を出ることはできない。
※グレミオは首位を堅持。
※ゴイアスは順位急上昇中。
※パルメイラスは地元で勝利。


次節の第21節の予定は次の通り。

8月20日(水)             第21節第1日目
試合開始            試合予定              競技場
19h30  Coritiba      x  Figueirense       Couto Pereira
19h30  Vitória       x  Sport           Barradão
20h30  São Paulo     x  Atlético-PR       Morumbi
20h30  Botafogo     x  Cruzeiro         Engenhão
22h   Internacional   x  Palmeiras         Beira-Rio
22h   Náutico      x  Fluminense        Aflitos
22h   Ipatinga      x  Santos           Ipatingão

8月21日(木)             第21節第2日目
試合開始            試合予定              競技場
20h30  Portuguesa    x  Vasco      Antônio Guimarães
20h30  Flamengo     x  Grêmio      Maracanã
20h30  Atlético-MG   x  Goiás       Mineirão


(第20節を終了した時点での順位)
Spf20080817a

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その312 拙宅に来る鳥282。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

サニョット・シンゼントである。
Sps20080317avzzc

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2008 その63 セリエB第19節終了。

サッカー・ブラジル選手権のセリエBの第19節が、
8月15日(金)および16日(土)に行われた。


第19節を終了したことで、半分の日程を消化したことになる。


結果は次の通り。

8月15日(金)       第19節第1日目
試合開始         試合結果                  競技場
20h30  Paraná       0 x 1  Santo André      Durival Brito
20h30  São Caetano   3 x 3  Avaí           Anacleto Campanella
20h30  Ceará       3 x 2  Marília         Castelão
20h30  Bahia        2 x 2  Gama          Jóia da Princesa
※サント・アンドレはいつの間にか3位に躍進。
※アヴァイは引き分けで、首位の可能性を失った。

8月16日(土)       第19節第2日目
試合開始         試合結果                  競技場
16h    Criciúma      0 x 3  Ponte Preta      Heriberto Hulse
16h    Brasiliense     0 x 0  Fortaleza        Boca do Jacaré
16h    Corinthians     2 x 0  América-RN      Pacaembu
16h    ABC         1 x 0  CRB           Frasqueirão
16h    Barueri        4 x 0  Juventude       Arena Barueri
20h30  Bragantino      2 x 1  Vila Nova       Marcelo Stéfani
「20080816encimadahora-BBB19-Corinthians-America.wmv」をダウンロード
※アウェーで勝利のポンチ・プレッタは4位に。
※コリンチャンスは地元パカエンブー競技場で勝利。
 ずっと首位をキープ。


次節の第20節の予定は次の通り。

8月19日(火)       第20節第1日目
試合開始         試合予定                  競技場
20h30  Gama           x  Barueri        Mané Garrincha
20h30  Marília          x  Brasiliense      Bento de Abreu
20h30  Santo André       x  Bragantino      Bruno José Daniel

8月22日(金)       第20節第2日目
試合開始         試合予定                  競技場
20h30  Ponte Preta      x  São Caetano      Moisés Lucarelli
20h30  Vila Nova-GO     x  ABC           Serra Dourada
20h30  Avaí           x  Paraná          Ressacada

8月23日(土)       第20節第3日目
試合開始         試合予定                  競技場
16h    CRB          x  Corinthians       Rei Pelé
16h    Fortaleza       x  Bahia           Castelão
16h    Juventude      x  Ceará           Alfredo Jaconi
20h30  América-RN     x  Criciúma         Machadão
※コリンチャンスは最下位のCRBと対戦。


(第19節を終了した時点での順位)
Spf20080816a

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その80。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080228svu

Sps20080228svz

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sábado, 16 de agosto de 2008

ブラジル・サンパウロの小鳥 その311 拙宅に来る鳥281。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

サニョット・シンゼントである。
Sps20080317avzzb

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2008 その62 セリエB第19節コリンチャンス対アメリカ戦。

8月16日(土)16時から、サンパウロのパカエンブー競技場で、ブラジル選手権のセリエBの第19節のコリンチャンス対アメリカ戦が行われる。

この試合が、ブラジル選手権のセリエBの前半の最終戦となる。
2位につけていたアヴァイが、
15日に行われた試合で引き分けたので、
コリンチャンスが首位で折り返すことは確定している。

まだ、冬なのに、
とてもあつくなったサンパウロ。
パカエンブー競技場の前のシャルレス・ミラー広場近くの温度計は、なんと34度を、14時20分頃に表示していた。
誤差の多い温度計なので、当てにはならないが、29-30度にはなっているはずだ。

観客の出が遅いと思っていたが、
14時過ぎから、
続々と集まってきた。

拙宅の周辺も、いつものように騒がしくなってきた。

そろそろ、出かけなくてはならない。

-------------------------------
試合は、
後半に2点を入れて、
コリンチャンスが2対0で勝利した。

これで、前半をずっと首位で通した。

約2万人の観客も、大満足で家路についた。

試合が終わった18時過ぎでも、今日はまだ暑かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その79。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080228svt

Sps20080228svy

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sexta-feira, 15 de agosto de 2008

ブラジル・サンパウロの小鳥 その310 拙宅に来る鳥280。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

サニョット・シンゼントである。
Sps20080317avzza

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「ボサノバ50年」 その6 ジョアン・ジルベルトのコンサート 4。

バイア州人のジョアン・ジルベルトJoão Gilberto77歳は、サンパウロSão Pauloのイビラプエラ公会堂Auditório Ibirapueraでの、8月14日(木)の夜に行う、ブラジルで5年ぶりのショーで、マスコミを制限した。

広報によると、ジョアン・ジルベルトは主催者にマスコミと放送車の、1社だけに招待状を出すように制限した。
このイベントとの社交欄のレポーターもショーを見ることができない。
彼らは、公会堂のロビーにいる観客にインタビューをすることだけを許可した。

Globo局は、ショーを記録するために多くのテレビカメラを運び込もうと主張したが、ジョアン・ジルベルトJoão Gilbertoはその場にはテレビ・カメラマン一人だけの存在を許可した。

ジョアン・ジルベルトは、また写真家の存在も許可していない。
ただ、ショーの主催者の写真家一人がショーを記録することを認められた。
イベントの広報によると、その写真は後でマスコミに配布される。

今朝(8月14日)に、リオ・デ・ジャネイロで8月24日に行われるジョアン・ジルベルトの次のコンサートの入場券の販売が混乱した。

-------------------------------
このショーの、写真は確かに少ない。

ショーの前に、携帯電話のカメラで撮影された、ロビーや会場の様子くらいしかない。
Spf20080814b08227264

Spf20080814c08227265

そして、Globo局がただ一台のカメラで撮影したショーの映像が、
最終ニュースで流された。

そのさわりである。
確かに、角度は固定されている。
「20080814JG-JoaoGilbento-a.wmv」をダウンロード

この最終ニュースの時間は、オリンピックの生中継が頻繁に差し込まれるので、ジョアン・ジルベルトの扱いも残念ながらそれほど大きくない。
「20080814JG-JoanGilberto-B.wmv」をダウンロード

※さらにみたい方は、メイルなりコメントなどで連絡をしてもらいたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「ボサノバ50年」 その5 ジョアン・ジルベルトのコンサート 3。

歌手で作曲家のジョアン・ジルベルトJoão Gilberto77歳は、その完璧主義と技術的な問題に不快に思うことで知られているが、サンパウロSão Pauloのイビラプエラ公会堂Auditório Ibirapueraでのショーの間、我慢し、ユーモアを見せた。

ジョアン・ジルベルトは、客席での携帯電話が鳴ったのにも、音響システムのミスにもクレームをすることがなく、愉快にしていた。

21時に始まることになっていたが、ショーは1時間半以上遅れて22時37分に始まった

"Aos Pés da Santa Cruz"で始まった。

ショーの間に、音響システムは観衆にウィンドウスWindowsのテーマを聞かせた。
ジョアン・ジルベルト箱のミスに少しも不満を示さなかった。

ショーは、0時7分に終了した。
ショーの終了前に、何人かが椅子を立ち上がって、公会堂を去った。
ジョアン・ジルベルトは、ボサノバのシンボル曲の一つの"Garota de Ipanema"(=邦訳名:イパネマの娘)でショーを終えた。

ジョアン・ジルベルトは、2回目のそして最後のサンパウロでのショーを、15日(金)にも行う。
それぞれのジョーの定員は、806São Paulo席である。

-------------------------------
サンパウロには、806人以上はいる会場はいくらでもある。
だが、
ジョアン・ジルベルトの要求に応えられるのが、
イビラプエラ公会堂だったということだ。

間違っても、
サッカー場で、
ショーを行うはずもない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「ボサノバ50年」 その4 ジョアン・ジルベルトのコンサート 2 1000レアルをダフ屋に支払った日本人という報道。

サンパウロSão Pauloのイビラプエラ公会堂Auditório Ibirapueraでのジョアン・ジルベルトJoão Gilbertoのコンサートの入場券を果ては1000レアルまででダフ屋は売った。

この金額は、日本人の”Keni Ichi”(健一?) と ”Massaii Ximamura”(島村某?)がそれぞれの入場券に対して支払った金額だ。
正式な金額は360アレルであった。

イビラプエラ公会堂Auditório Ibirapueraの前で、日本人は1000レアルで入場券を買うというカードを掲げていた。
すぐに、ダフ屋が現れて、それぞれ1000レアルで2枚の入場券を売った。
ダフ屋は記者には何も話したがらずに立ち去った。

”Ichi”はすでにブラジルBrasilに6回も訪問している。
少し、ブラジル語を話す。

彼は東京Tóquioのバー”o Aparecida”で、ブラジル人の友達から言葉を習った。

ダフ屋達は、売ろうとするものから入場券を手に入れようともしていた。
学生エヴェルトン・エンリキスEverton Henriques22歳は、700レアルで入場券を売らないかというオファーを受けたという。
彼は、電話で15レアル(学生で半額)で手に入れた。

「ボサノバなら何でも」とエンリケスは言った。
彼は2日間のショーの入場券を得た。
しかし、1日はやめた。
彼はボサノバが大好きで、ファンであるジョアン・ジルベルトJoão Gilbertoのほとんどのディスクを持っている。

-------------------------------
この二人の日本人の行為は、ブラジルではちょっと見られないものだ。
もちろん、ブラジルでもダフ屋行為は、本当は取り締まられる。

ここに住んでいるものとしては、こういったことで日本人がこのように報じられるのはあまりありがたくない。

もう一つ、このエヴェルトン・エンリキ22歳は怪しい。
2日間のショーをどちらもでに入れるなど、奇跡に近いことだ。
なにか、特別なルートがあったのに違いない。
だいたい2-3割は、最低でもそういうことはいつもある。
まして、ジョアン・ジルベルトのコンサートのように、滅多にないものは、誰だって1000レアル以上支払っても行きたい人はいくらでもいる。
それでも、手に入らないのである。

でも、ダフ屋から1000レアルで手に入ったとの事実があったのだから、
明日15日にもう一度あるショーでも、
1000レアルで手に入る可能性があるということだろうか。

1000レアルを持って、イビラプエラ公会堂の前に行こうかな。

1000レアルは約7万円。
とても高い。
ただ、
360レアルのものが、
1000レアルなので、倍率としては決して高くない。
普通のサッカーの試合でも、
ダフ屋は2倍くらいの金額を提示してくる。

1000レアルも、
F1に比べると、安いともいえる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その78。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080228svs

Sps20080228svx

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

quinta-feira, 14 de agosto de 2008

ブラジル・サンパウロの「ボサノバ50年」 その2 ジョアン・ジルベルトのコンサート 1.

1時間37分遅れて、歌手で作曲家のジョアン・ジルベルトJoão Gilberto77歳はサンパウロSão Pauloのイビラプエラ公会堂Auditório Ibirapueraでのショーを始めた。
オープニングの曲は、"Aos Pés da Santa Cruz"だった。

このショーは、ブラジルの「ボサノバ」の一つの国で5年ぶりとなるものであった。

ジョアン・ジルベルトはイビラプエラ公会堂Auditório Ibirapueraに22時11分に到着し、ステージに現れたのは22時37分だった。
ショーは、21時に始まる予定ことになっていた。

ジョアン・ジルベルトは黒の車で到着した。
入り口の一つで、記者やカメラマンとで混乱した。

ジョアン・ジルベルトJoão Gilbertoが遅れた説明の一つは、イビラプエラ公園への道が混んでいたというものであった。

ジョアン・ジルベルトJoão Gilbertoのコンサートはボサノバ50年を祝うものとして開かれた。

-------------------------------
中止にはならなかった。

何しろ、滅多にないジョアン・ジルベルトのコンサートなので、
あらゆることがニュースになる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その309 拙宅に来る鳥279。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

サニョット・シンゼントである。
Sps20080317avzz_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その77。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080228svr

Sps20080228svw

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

quarta-feira, 13 de agosto de 2008

ブラジル・サンパウロの小鳥 その308 拙宅に来る鳥278。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

サニョット・シンゼントである。
Sps20080317avzu

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2008 その61 セリエB第18節終了。

サッカー・ブラジル選手権のセリエBの第18節が、
8月12日(火)に行われた。

結果は次の通り。


8月12日(火)        第18節
試合開始           試合結果               競技場 
19h30  Juventude      3 x 4  São Caetano     Alfredo Jaconi
19h30  Gama         1 x 0  Ceará         Mané Garrincha
19h30  América-RN     3 x 1  Barueri        Machadão
19h30  Fortaleza       1 x 2  Bragantino      Castelão
20h30  Marília        3 x 1  Bahia          Bento de Abreu
20h30  Avaí          1 x 1  Corinthians      Ressacada
21h45  Vila Nova-GO    2 x 0  Brasiliense      Serra Dourada
21h45  Santo André     1 x 0  Criciúma       Bruno José Daniel
21h45  Ponte Preta     1 x 2  ABC          Moisés Lucarelli
21h45  CRB          3 x 0  Paraná         Rei Pelé
※ジュヴェンチューヂとサン・カエターノ戦ゴールが入り乱れる試合だった。
 ジュヴェンチューヂは6位に落ちた。
※アメリカはついに降格圏を脱出。
※ホームで負けたフォルタレーザは再び降格圏入り。
※コリンチャンスは先制ゴールを決めたが、試合終了直前に同点に追いつかれた。
Sps20080812fe
「20080812JG-BB18-Avai-Corinthians.wmv」をダウンロード
 コリンチャンスは引き続き首位。
(国歌演奏)
「20080812Futebol-BB18-Avai-Corinthians-Hino.wmv」をダウンロード
(アヴァイの先発と控え)
Sps20080812fa
Sps20080812fb
(コリンチャンスの先発と控え)
Sps20080812fc
Sps20080812fd
※ヴィラ・ノーヴァは3位に上昇。
※サント・アンドレは4位に上昇。


次節の第19節の予定は次の通り。

8月15日(金)        第19節第1日目
試合開始           試合予定                 競技場
20h30  Paraná       x  Santo André        Durival Brito
20h30  São Caetano    x  Avaí             Anacleto Campanella
20h30  Ceará        x  Marília           Castelão
20h30  Bahia         x  Gama            Jóia da Princesa

8月16日(土)        第19節第2日目
試合開始           試合予定                 競技場
16h    Criciúma     x  Ponte Preta        Heriberto Hulse
16h    Brasiliense    x  Fortaleza         Boca do Jacaré
16h    Corinthians   x  América-RN        Pacaembu
16h    ABC       x  CRB             Frasqueirão
16h    Barueri      x  Juventude         Arena Barueri
20h30  Bragantino    x  Vila Nova         Marcelo Stéfani
※コリンチャンスは地元パカエンブー競技場でアメリカと対戦。

(第18節を終了した時点での順位)
Spf20080812a

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その76。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080228svq

Sps20080228svp

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

terça-feira, 12 de agosto de 2008

ブラジル・サンパウロの小鳥 その307 拙宅に来る鳥277。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

サビア・ラランジャである。
Sps20080317avzt

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その75。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080228svk

Sps20080228svo

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

segunda-feira, 11 de agosto de 2008

ブラジル・サンパウロの小鳥 その306 拙宅に来る鳥276。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

サビア・ラランジャである。
Sps20080317avzs

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2008」 その78 パレード76。

世界最大級のブラジル・サンパウロの「ゲイパレード」が、
5月25日(日)に行われた。

そのパレードの模様を紹介していく。
家に戻る途中に、コンソラソン通りを渡る。
再びパレードにぶつかることになる。

例年のことだが、パウリスタ大通りを過ぎると、
人はぐっと減る。

それだけに、観客との距離は縮まる。

どこまでも男の尻である。
Sps20080525gzzzzg

Sps20080525gzzzzh

あらゆる人たちの差を認めていこうとするこの「ゲイ・パレード」は好きだ。
ブラジルはいろいろな出自の、いろいろな肌の色を持った人たちの国だ。
違いは外見だけではない。
その違いを認めて、社会を作っていこうとする国はきっとよい国になるに違いない。

来年のゲイ・パレードも楽しみにしている。

終わり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その74。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080228svi

Sps20080228svn

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

domingo, 10 de agosto de 2008

サッカー・ブラジル選手権2008 その51 セリエA第19節終了。

サッカー・ブラジル選手権のセリエAの第19節が、
8月9日(土)および10日(日)に行われた。


8月9日(土)         第19節第1日目
試合開始         試合結果                  競技場
18h20  Flamengo      1 x 0  Atlético-PR          Maracanã
18h20  Atlético-MG    0 x 4  Grêmio             Mineirão
18h20  São Paulo     2 x 1  Goiás              Morumbi
※フラメンゴは久々の勝ち。
※グレミオはアウェーで大勝利。
 首位を守る。
※サンパウロFCは地元で勝利。

8月9日(土)         第19節第1日目
試合開始         試合結果                  競技場
16h   Coritiba        3 x 0  Sport             Couto Pereira
16h   Botafogo       1 x 0  Palmeiras           Engenhão
16h   Vitória        5 x 0  Vasco             Barradão
16h   Portuguesa     2 x 1  Cruzeiro            Canindé
18h10 Ipatinga        2 x 1  Fluminense          Ipatingão
18h10 Náutico        1 x 0  Santos             Aflitos
18h10 Internacional    1 x 1  Figueirense          Beira-Rio
※ヴァスコ・ダ・ガマは降格圏内に転落。
※監督が替わったサントスは、敗戦。


次節の第20節の予定は次の通り。

8月16日(土)         第20節第1日目
試合開始         試合予定                  競技場
18h20  Figueirense       x  Portuguesa        Orlando Scarpelli
18h20  Atlético-PR       x  Ipatinga          Arena da Baixada
18h20  Cruzeiro         x  Vitória           Mineirão

8月17日(日)         第20節第2日目
試合開始         試合予定                  競技場
16h   Vasco         x  Internacional        São Januário
16h   Santos         x  Flamengo          Vila Belmiro
16h   Grêmio         x  São Paulo         Olímpico
16h   Goiás          x  Náutico           Serra Dourada
18h10 Fluminense      x  Atlético-MG        Maracanã
18h10 Palmeiras       x  Coritiba           Parque Antarctica
18h10 Sport         x  Botafogo          Ilha do Retiro


(第19節を終了した時点での順位)
Spf20080810a

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2008」 その77 パレード75。

世界最大級のブラジル・サンパウロの「ゲイパレード」が、
5月25日(日)に行われた。

そのパレードの模様を紹介していく。
家に戻る途中に、コンソラソン通りを渡る。
再びパレードにぶつかることになる。

例年のことだが、パウリスタ大通りを過ぎると、
人はぐっと減る。

それだけに、観客との距離は縮まる。

あくまでも、男の尻である。
Sps20080525gzzzze

Sps20080525gzzzzf

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2008 その60 セリエB第17節終了。

サッカー・ブラジル選手権のセリエBの第17節が、
8月8日(金)および9日(土)に行われた。

結果は次の通り。

8月8日(金)    第17節第1日目
試合開始      試合結果                   競技場
20h30  América-RN     1 x 1  São Caetano   Machadão
20h30  Juventude      2 x 0  Brasiliense    Alfredo Jaconi
20h30  Gama         2 x 0  Criciúma      Mané Garrincha
20h30  Santo André     3 x 2  Ceará       Bruno José Daniel
※ジュヴェンチューヂが地元で勝利。

8月9日(土)    第17節第2日目
試合開始      試合結果                   競技場
16h10  Vila Nova-GO    2 x 1  Corinthians    Serra Dourada
16h10  Ponte Preta     3 x 1  Paraná       Moisés Lucarelli
16h10  Fortaleza       2 x 1  Barueri       Castelão
16h10  Avaí          3 x 1  Bragantino     Ressacada
16h10  CRB          1 x 2  Bahia         Rei Pelé
20h30  Marília         2 x 1  ABC         Bento de Abreu
「20080809JN-BB17.wmv」をダウンロード
※コリンチャンスが敗れる。
 ヴィラ・ノーヴァは4位へ上昇。
(ヴィラ・ノーヴァの先発)
Sps20080809fa
(コリンチャンスの先発)
Sps20080809fb
※ポンチ・プレッタは3位へ上昇。
※フォルタレーザは降格圏を脱出。
 バルエリは7位へ転落。
※アヴァイは地元で勝利し、首位のコリンチャンスへ2点差と肉薄。


次節の第18節の予定は次の通り。

8月12日(火)    第18節
試合開始      試合結果                   競技場
19h30  Juventude        x  São Caetano     Alfredo Jaconi
19h30  Gama           x  Ceará          Mané Garrincha
19h30  América-RN      x  Barueri         Machadão
19h30  Fortaleza        x  Bragantino       Castelão
20h30  Marília          x  Bahia          Bento de Abreu
20h30  Avaí            x  Corinthians      Ressacada
21h45  Vila Nova-GO      x  Brasiliense       Serra Dourada
21h45  Santo André       x  Criciúma        Bruno José Daniel
21h45  Ponte Preta       x  ABC           Moisés Lucarelli
21h45  CRB            x  Paraná         Rei Pelé
※コリンチャンスは、首位をかけてアヴァイと決戦。


(第17節を終了した時点での順位)
Spf20080809a

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その305 拙宅に来る鳥275。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

サビア・ラランジャである。
Sps20080317avzr

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その73。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080228svh

Sps20080228svm

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sábado, 9 de agosto de 2008

ブラジル・サンパウロの美人の線審 その27 テストにまた合格できず。

またもう一度、副審のアナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラAna Paula Oliveiraは、ブラジルサッカー協会CBFの行った審判のためのテストに合格することができなかった。
引き続き、ブラジル選手権には登場しない。

女性の試合では審判をすることができることになっているアナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラは、この木曜日(8月7日)にサン・カエターノ・ド・スルSão Caetano do Sul市のサン・ジョゼ・レクレーション・クラブClube Recreativo São Joséでおこなわれた、男子の試合の審判をするための体力テストに合格しなかった。

2つのテストのうちで、アナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラは40メートルと6回とも6秒20で走ることはできた。
しかし、持久力のテストで落ちた。
150メートルと20回35秒で走るというものである。
一回ごとに30秒間休むことができるとはいえ、アナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラは4回で断念した。

アナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラAna Paula Oliveiraのほかに、カチウジーアKatiúscia Mendonça・メンドンサとマリア・エリーザ・バルボーザMaria Elisa Barbosaもまた不合格だった。
いずれも、40日以内に行われることが予定されている別のテストでまたチャンスがある。

-------------------------------
アナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラの復帰は、茨の道だ。

試験に合格しないのは、年齢的な問題なのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2008」 その76 パレード74。

世界最大級のブラジル・サンパウロの「ゲイパレード」が、
5月25日(日)に行われた。

そのパレードの模様を紹介していく。
家に戻る途中に、コンソラソン通りを渡る。
再びパレードにぶつかることになる。

例年のことだが、パウリスタ大通りを過ぎると、
人はぐっと減る。

それだけに、観客との距離は縮まる。

パレードもちょっとばらけるので、写真も撮りやすい。
Sps20080525gzzzzb

Sps20080525gzzzzc

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その72。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080228svg

Sps20080228svl_2

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その304 拙宅に来る鳥274。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

サビア・ラランジャである。
Sps20080317avzq

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sexta-feira, 8 de agosto de 2008

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その221 Os gêmeos 78 Cambuci編30。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ。

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、その地域にマッチしている作品を描き続けている作家は、何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
バンドフォ兄弟は、多作である。
今も、描き続けている。
なかった所に、新作を発見することも多い。
ただし、消されてしまったものもある。

彼らの多くの作品は、
かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシCambuci、リベルダーヂLiberdade、ベラ・ヴィスタVela Bistaのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

撮影には、かなり手間暇がかかったところもある。
作品を発見しても、その時は撮影不可能と判断して、
最適な撮影場所やタイミングを求めて、何度も通ったところもある。

描いた彼らはもっと大変だっただろうか。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロから南東に隣接するカンブシCambuci地区の低地地域が、パンドルフォ兄弟の地元である。
彼らのグラフィッチがいとも簡単に多く発見される。

シルヴェイラ・ダ・モッタ通りとアルペス通りの交差点にあるたぶん使われていない建物の壁にも、パンドルフォ兄弟による作品がある。
Sps20080729cn

アルペス通り側の壁に描かれているもので、パンドルフォ兄弟がプロドゥソンと呼ぶ大きな作品である。
Sps20080729cm
※クリックすると拡大する。

Sps20080729cf

全体的にかなり色あせつつあるのだが、かなりカラフルな作品である。
Sps20080729cg

Sps20080729ci

船などの具象化されたいくつかのものに、パンドルフォ兄弟の他の作品との共通点を見いだすことができる。
Sps20080729ch

Sps20080729cj

彼らの作品であることの決め手になる人物はないのかと、探していたら、角地に一つだけあった。
Sps20080729ck

まさしく彼らの作品であることを確信せしめる意匠である。
Sps20080729cl

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2008」 その75 パレード73。

世界最大級のブラジル・サンパウロの「ゲイパレード」が、
5月25日(日)に行われた。

そのパレードの模様を紹介していく。

家に戻る途中に、コンソラソン通りを渡る。
再びパレードにぶつかることになる。

例年のことだが、パウリスタ大通りを過ぎると、
人はぐっと減る。

それだけに、観客との距離は縮まる。

男の尻だ。
Sps20080525gzzzza

Sps20080525gzzzzd

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル・オリンピック代表 その9 初戦勝利。

サッカー・ブラジル・オリンピック代表の、北京オリンピックにおける初戦の対ベルギー戦が、瀋陽で、8月7日6時から(*ブラジリア時間)から行われ、ブラジル・オリンピック代表は、エルナーネスの後半33分のゴールで、1対0で勝利した。

(ブラジル国歌演奏)
「20080807Futebol-SelecaoOlimpica-Belgica-Hino.wmv」をダウンロード

(ブラジルの先発と控え)
Sps20080807fa
Sps20080807fb

(ベルギーの先発と控え)
Sps20080807fc
Sps20080807fd

(ブラジルのゴール)
「20080807Futebol-SelecaoOlimpica-Belgica-Gol.wmv」をダウンロード

「20080807encimadahora-SelecaoOlimpica-Belgica.wmv」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その303 拙宅に来る鳥273。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

サビア・ラランジャである。
Sps20080317avzp

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その71。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080228sve

Sps20080228svf

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

quinta-feira, 7 de agosto de 2008

サッカー・ブラジル選手権2008 その58 セリエA第18節終了。

サッカー・ブラジル選手権のセリエAの第18節が、
8月6日(水)および7日(木)に行われた。

結果は次の通り。

8月6日(水)         第18節第1日目
試合開始          試合結果                 競技場
19h30  Grêmio         1 x 0  Ipatinga       Olímpico
19h30  Vasco          0 x 2  Coritiba      São Januário
20h30  Atlético-PR      2 x 0  Náutico       Arena da Baixada
20h30  Sport          2 x 0  Portuguesa    Ilha do Retiro
21h50  Santos         2 x 3  Atlético-MG    Vila Belmiro
21h50  Goiás          2 x 1  Flamengo      Serra Dourada
21h50  Fluminense       3 x 1  São Paulo     Maracanã
※グレミオは首位を守る。
※ヴァスコ・ダ・ガマは、地元のサン・ジャヌアリオで敗戦。
  試合後にアントニオ・ロペス監督が解任される。
※サントスは地元ヴィラ・ベルミロで逆転負け。
 試合後にクーカ監督が辞任。
※4日の練習中にファンが爆弾をグラウンドで破裂させて、練習が終了したフラメンゴは、
 またも敗戦。
※ファンが十字架と棺桶を競技場に運んできたフルミネンセは、  
 サンパウロFCを破る。

8月7日(木)         第18節第2日目
試合開始          試合結果                 競技場
20h30  Figueirense      1 x 2  Botafogo       Orlando Scarpelli
20h30  Palmeiras       3 x 0  Vitória        Parque Antarctica
20h30  Cruzeiro        2 x 0  Internacional    Mineirão
「20080807encimadahora-BA18.wmv」をダウンロード
※パルメイラスは地元パレストラ・イタリア競技場で勝利。


次節の第19節の予定は次の通り。

8月9日(土)         第19節第1日目
試合開始          試合予定                 競技場
18h20  Flamengo       x  Atlético-PR        Maracanã
18h20  Atlético-MG     x  Grêmio           Mineirão
18h20  São Paulo      x  Goiás             Morumbi
※サンパウロFCは地元にゴイアスを迎える。

8月10日(日)         第19節第2日目
試合開始          試合予定                 競技場
16h    Coritiba       x  Sport            Couto Pereira
16h    Botafogo      x  Palmeiras          Engenhão
16h    Vitória        x  Vasco            Barradão
16h    Portuguesa     x  Cruzeiro          Canindé
18h10  Ipatinga       x  Fluminense        Ipatingão
18h10  Náutico       x  Santos           Aflitos
18h10  Internacional    x  Figueirense        Beira-Rio
※パルメイラスはアウェーでボタフォゴと対戦。
※ポルツゲーザは地元にクルゼイロを迎える。


(第18節を終了した時点での順位)
Spf20080807a

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その220 Os gêmeos 77 Cambuci編29。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ。

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、その地域にマッチしている作品を描き続けている作家は、何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
バンドフォ兄弟は、多作である。
今も、描き続けている。
なかった所に、新作を発見することも多い。
ただし、消されてしまったものもある。

彼らの多くの作品は、
かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシCambuci、リベルダーヂLiberdade、ベラ・ヴィスタVela Bistaのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

撮影には、かなり手間暇がかかったところもある。
作品を発見しても、その時は撮影不可能と判断して、
最適な撮影場所やタイミングを求めて、何度も通ったところもある。

描いた彼らはもっと大変だっただろうか。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロから南東に隣接するカンブシCambuci地区の低地地域が、パンドルフォ兄弟の地元である。
彼らのグラフィッチがいとも簡単に多く発見される。


プロフェッソール・オスカール・サン・ヂ・サ・ペレイラという小道にあった作品。
Sps20080728cu

この道は、あまりに細く、そして道の反対側が見通せないので、立ち入ることを逡巡していたのだが、勇気を出して入ってみた。
Sps20080728cl

パンドルフォ兄弟の作品が、一つあることだけは、大通りから視認していた。
Sps20080728ct

Sps20080728cs

まだ、ほかにもあるかもしれないと思わせる雰囲気のところだったので、どうしても現場で確かめたかった。
Sps20080728cr

この小道は、変な道で、道のどちらの出口からも、車が出てくる方向の一方通行の標識になっていた。
それで、車を使うことなく、歩いて入ることにした。
約250メートルほどの道であるが、真ん中付近をカンブシ地区の幹線道路のラバペス通りが抜けている。

焼け焦げた壁があるが、これはここで煮炊きをしているような人がいたことを示している。
Sps20080728cm

この建物の壁の上の方に、彼らの手によるグラフィッチがあるのだ。
Sps20080728cn

かなり前に書かれていて、一部が崩落している。
しかし、何とも楽しい絵である。
Sps20080728co

こういったキャラクターはほかでは見たことがない。
Sps20080728cp

このカンブシ地区も、再開発が進み、どんどんと高層のアパートが建ち上がってきている。
そう遠くない将来に、この建物も消え去るかもしれない。
Sps20080728cq

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2008」 その74 パレード72。

世界最大級のブラジル・サンパウロの「ゲイパレード」が、
5月25日(日)に行われた。

そのパレードの模様を紹介していく。

パウリスタ大通りはパレードが行われていて、まともには歩けないので、裏を抜けて、拙宅に戻ることにした。
アウグスタ大通りも、一部が閉鎖されていた。
Sps20080525gzzzz

ブラジル人女性は、白昼でも、切羽詰まると、路肩で、中腰で、用を足すということを見て知ってしまった。
夜間の、屋外コンサートなどでは、よく見かけるのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その302 拙宅に来る鳥272。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

サビア・ラランジャである。
Sps20080317avzo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの路上に生きる子供達 その16 空き缶。

ブラジル・サンパウロの中心部に近いパカエンブー競技場のサッカーの試合の時には、
観客は入り口でボディーチェックを受ける。

固いものは持ち込み禁止である。

スポーツ新聞などの紙類もだめだ。
燃やすからかもしれない。

傘もだめだ。
ビニール製の雨合羽を使うしかない。

カメラやビデオやラジオは問題ない。
そんな高価なものを投げるわけはない。
それにそういうものを持っている人は、良識と理性が働く人だ。

缶や瓶も当然だめだ。
水の入ったペットボトルもだめだ。

競技場内で売っている、250ミリリットル程度のコップ入りの高い高い水を買うしかない。

少なくない観客が試合のずっと前に競技場の周辺に集まって、
友人達と、
いっぱいやって気勢をあげる。

そういった人たちに、飲料を売りに来る行商人が競技場周辺にいっぱい集まってくる。

観客達は、
飲んだ後の空き缶は、ゴミ箱に入れるようなことはしない。
そのあたりに投げ捨ててゆく。

だが、試合が終わるまでには、そういった空き缶はもうすっかり無くなっている。

廃品回収を生業とする人たちが、
空き缶を発見次第拾っていくからだ。
そういう人たちも、たくさん集まってきて、観客の手から空き缶が離れるのを待っている。

そんな中に空き缶を集める子供がいた。
いつの日か、観客になることができるだろうか。
Sps20080719cf

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その70。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080228svc

Sps20080228svd

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

quarta-feira, 6 de agosto de 2008

ブラジル・サンパウロの「日本移民100周年」 その14 早慶戦のチケット。

「日本移民100周年記念事業」の一つとして野球の早慶戦が、ブラジルで行われることを前に書いた

最初の試合は、8月9日にサンパウロ州の奥地のプレジデンチ・プルーデンチでおこなわれることになっているので、もう選手さん達はそろそろブラジルに到着されているのだろう。
なにしろ、ブラジル・サンパウロで発行されている日本語の新聞を読まないので、そういった日系社会のことについては本当にうとい。

8月10日は、パラナ州内陸部のマリンガ。
プレジデンチ・プルーデンチからは、数百キロは離れているはずだが。

8月14日は、またサンパウロ州の奥地のリンス。

8月16日は、サンパウロ市の西50キロほどのイビウナ。
ここにはヤクルトの球場がある。

そして、
8月17日(日)には、サンパウロ市の、ボン・レチーロ球場で最終戦を行うことになっている。

野球にはそれほど関心はないし、
早稲田や慶応にも肩入れするような縁もない。

日系のイベントにもさして興味もない。
だから、別に入場券も求めてもいなかった。

ある人は、もう売り切れたと言っていた。

でも、入場券を手にしてしまった。
17日の分を2枚。
それも無料で。
"CORTESIA"と書いてあるので、いわゆる招待券である。
Sps20080806a

さて、行った方がよいだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その219 Os gêmeos 76 Cambuci編28。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ。

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、その地域にマッチしている作品を描き続けている作家は、何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
バンドフォ兄弟は、多作である。
今も、描き続けている。
なかった所に、新作を発見することも多い。
ただし、消されてしまったものもある。

彼らの多くの作品は、
かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシCambuci、リベルダーヂLiberdade、ベラ・ヴィスタVela Bistaのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

撮影には、かなり手間暇がかかったところもある。
作品を発見しても、その時は撮影不可能と判断して、
最適な撮影場所やタイミングを求めて、何度も通ったところもある。

描いた彼らはもっと大変だっただろうか。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロから南東に隣接するカンブシCambuci地区の低地地域が、パンドルフォ兄弟の地元である。
彼らのグラフィッチがいとも簡単に多く発見される。

カンブシ地区を東から西に向ける幹線道路のクリマッコ・バルボーザ通りにあった作品。
Sps20080316czj

廃工場のような建物のクリマッコ・バルボーザ通り沿いの壁一面に描かれていた巨大な作品。
Spd20080106cx

Spd20080106cs

パンドルフォ兄弟が、プロドゥソンとよぶ壁画だ。
Spd20080106cr

Spd20080106cw

作品に描かれている人物が、ちょっと暗い感じである。
Spd20080106cu

Spd20080106ct

Spd20080106cv

この作品は、残念ながら今は見ることができない。
作品があった壁は、いつの間にかピンク一色に塗りつぶされてしまった。
Sps20080728cc

Sps20080728czv

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その301 拙宅に来る鳥271。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

サビア・ラランジャである。
Sps20080317avzn

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2008」 その73 パレード71。

世界最大級のブラジル・サンパウロの「ゲイパレード」が、
5月25日(日)に行われた。

そのパレードの模様を紹介していく。

光があれば、陰もある。
パウリスタ大通りの大喧騒に疲れて、横道に入った。
Sps20080525gzzzw

Sps20080525gzzzy

Sps20080525gzzzv

Sps20080525gzzzx

マコーニャ(=マリファナ)の匂いに満ちた一画だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2008 その59 セリエB第16節終了。

サッカー・ブラジル選手権のセリエBの第16節が、
8月5日(火)に行われた。

結果は次の通り。

8月5日(火)        第16節
試合開始          試合結果                競技場
19h30  Bragantino     1 x 0  América-RN       Marcelo Stéfani
19h30  São Caetano   3 x 1  Fortaleza         Anacleto Campanella
19h30  ABC         1 x 3  Santo André       Frasqueirão
19h30  Criciúma      3 x 2  Marília           Heriberto Hulse
20h30  Corinthians    2 x 0  Juventude        Pacaembu
20h30  Bahia        2 x 1  Ponte Preta      Jóia da Princesa
21h45  Barueri       0 x 1  Vila Nova-GO      Arena Barueri
21h45  Brasiliense     0 x 1  Avaí            Boca do Jacaré
21h45  Ceará        1 x 0  CRB            Castelão
21h45  Paraná       1 x 2  Gama           Durival Brito
「20080806GloboEsporte-BB16.wmv」をダウンロード
※フォルタレーザは降格圏に転落。
※サント・アンドレはアウェーで大勝。
コリンチャンスはホームのパカエンブー競技場で勝利
 引き続き首位を守る。
※バルエリは地元で敗戦。
 ヴィラ・ノーヴァは6位に上昇。
※アヴァイはアウェーで勝利。
※ガマはアウェーで勝利し、降格権を脱した。


次節の第18節の予定は次の通り。

8月8日(金)        第17節第1日目
試合開始          試合予定                競技場
20h30  América-RN     x  São Caetano       Machadão
20h30  Juventude       x  Brasiliense        Alfredo Jaconi
20h30  Gama          x  Criciúma         Mané Garrincha
20h30  Santo André     x  Ceará           Bruno José Daniel

8月9日(土)        第17節第2日目
試合開始          試合予定                競技場
16h10  Vila Nova-GO    x  Corinthians       Serra Dourada
16h10  Ponte Preta     x  Paraná          Moisés Lucarelli
16h10  Fortaleza       x  Barueri          Castelão
16h10  Avaí          x  Bragantino        Ressacada
16h10  CRB          x  Bahia           Rei Pelé
20h30  Marília         x  ABC            Bento de Abreu
※コリンチャンスはアウェーでヴィラ・ノーヴァと対戦。


(第16節を終了した時点での順位)
Spf20080805a

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジルの経済2008 その4 「中流が50%を超えた」という調査結果。

中流Classe médiaがすでに、経済活動人口の50%以上になったと、ジェッツリオ・ヴァルガス財団FGVは言った。

ジェッツリオ・ヴァルガス財団FGV (Fundação Getúlio Vargas)が、8月5日(火)に発表した調査結果によると、近年ブラジルBrasilでは中流階級classe médiaが増加し、経済活動人口PEA (população economicamente ativa)の半分以上になった。

「新中流階級」"A Nova Classe Média"と名付けられた調査結果は、エコノミストのマルセロ・ネリMarcelo Neriによって発表され、このカテゴリーの家族の数は2004年から2008年の間に、42.26%から51.89%に上昇した。

労働収入を元にした財団の基準では、15歳から60歳の活動人口が考えられている。

ジェッツリオ・ヴァルガス財団FGVによると、月々の収入が1064レアルから4591レアルまでの時に家族は中流classe média (classe C)と考えられる。

エリート層(classes A と B)は4591レアル以上で、classe Dは768レアルから1068レアル。
classe Eは、財団によると、768レアル以下の収入の家族である。
※1レアルは約65円。

調査によると、2004年から2008年の間に、「classes A と B」の家族は11.61%から15.52%に増加した。
classe Dは、46.13%から32.49%になった。

このデータを決めるために、ジェッツリオ・ヴァルガス財団FGVは労働省Ministério do Trabalhoとブラジル地理統計院IBGE(Instituto Brasileiro de Geografia e Estatística)の情報を分析した。

財団によると、6大都市圏regiões metropolitanas(São Paulo, Rio de Janeiro, Belo Horizonte, Porto Alegre, Recife e Salvador)における2002年から2008年の間に貧困層は、減少し、13.5%になっていた。

マルセロ・ネリMarcelo Neriによると、貧困層の減少と中流層classe médiaの増加は、正式雇用者emprego com carteira assinadaの増加を直接に反映している。

雇用非雇用一般統計Caged (Cadastro Geral de Empregados e Desempregados)のデータによると、今年の最初の6ヶ月だけで、136.1万人の新たな雇用があった。
2007年の最初の6ヶ月よりも24.3%増加しで、この期間のレコードとなった。
今年は2百万になると見られる。

今日(8月5日)にブラジリアBrasíliaで発表された応用経済調査研究所Ipea (Instituto de Pesquisa Econômica Aplicada)による別の調査によると、貧困層の家族の割合は、2003年から2008年の間の6大都市圏における人口で35%から24.1%に低下した。
これは、約3分の1の貧困層が減少したことになる。
つまり約400万人になる。

ブラジル地理統計院のデータを基礎にすると、一人あたりの月収が最低給与の半分(207.5レアル)までの家族の貧困と考えられる。

収入103.75レアルまでの極貧indigentesの割合は同期間に半分の13.7%から6.6%に下落した。
この状況にある人たちは約3百万人減った。
今日、貧困層の27.4%の人たちが極貧と考えられる。
2002年には38.6%だった。

応用経済調査研究所Ipeaの調査では、2003年から2008年までに、経済成長はまたもっとも裕福な層(40歳低給与もしくは16.6千レアルを超える月収のある家族)に利益を与えた。

比率では、富裕層は2003年の0.8%から2008年には1%になった。
絶対人数では、36.2万人から47.65万になった。

-------------------------------
世界一格差が大きいと言われたブラジルだが、
経済成長に伴い、貧困層が減りつつあると言うことだが、
これはとてもよいことだ。

治安が確実によくなっているのも、こういうことを反映しているのだろう。

教育熱が高まって、高等教育以上を終了した人が増えていることも、中流層を増やしているようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その69。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080228sva

Sps20080228svb

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

terça-feira, 5 de agosto de 2008

ブラジル・サンパウロの「ボサノバ50年」 その1 ジョアン・ジルベルトのコンサートのチケットは90分で売り切れ。 

2008年は、ボサノバ(=ボッサ・ノーヴァBossa Nova)が誕生して50年ということになっている。
何を以て50年なのかは、諸説があるだろうが、ともかく50年ということでは一致しているようだ。

2008年は、「ブラジルへの日本人移民100周年」だったわけだが、そんなことは日本人移民と日系人とサンパウロ州など移民が多く入植した州あたりでは、それなりの出来事かもしれないが、ブラジル全体でいえばそれほどのことでもないはずだ。

ほかにも、
2008年は、ブラジルが初めてワールドカップで優勝してから50年でもあった。
これも、6月の出来事で、その時期にはニュースで伝えられたが、終わった試合のことをつべこべ言う気風にはないのがブラジルである。
事実として、当時の映像が流されただけである。

さて、ボサノバはどうかというと、これももうブラジルではとっくに死んでいる。
1964年までには死んでいる。
少なくとも、新しい流れとしては死んだと思う。

もちろん、その後のブラジル音楽に与えた影響は大きいし、当時の名曲の数々を耳にしないわけではない。
実際、よく聞くことはできる。

でも、2008年になって、「ボサノバ誕生50年」ということで、何か行われるかと思っていたのだが、少なくともサンパウロではつい最近までたいした動きはなかった。

CDがたくさん再発されるわけでもない。
本が出版されるわけでもない。

特別なコンサートが、開催されるわけではない。

ボサノバの時代の音楽家で、鬼籍に入った人も多い。
ニュートン・メンドーサにはじまり、シルヴィア・テリスなどもう60年代前半にはこの世を去っている。
ヴィニシウス・モラエスとアントニオ・カルロス・トン・ジョビンというボサノバの巨匠もいない。
でも、まだまだ現役の人たちもいる。
ここで紹介したオス・カリオカスミューシャクァルテット・エン・シーなどもそうだ。
ロベルト・メネスカルもまだ活動している。
6月に彼が出演したコンサートに行ったので、いずれ紹介したい。

一応、そのコンサートでは50年とはいうが、だからといって特別なものではない。
みんな、50年前の思い出話をして、観客を喜ばせるだけだ。
それ以降の話は、ほとんどしない。

ところが、
7月になってから、
やっと「ボサノバ誕生50年」に関して、いろいろな動きが出てきた。

サンパウロ市のイビラプエラ公園では、OCAとビエンナル館の2カ所で、展示会が開催されている。
いずれ紹介したい。

サンパウロの一流紙のFolha de Sao Paulo紙は、8月から12月まで、ボサノバのCDを毎週有料で頒布する。
どこの原盤を使用するのかわからないが、それぞれ小冊子がつく。
これは、購入必至のものである。
これについても、追って紹介していきたい。

-------------------------------
そして、
8月5日(火)10時から、
ジョアン・ジルベルトのコンサートの入場券の発売が行われたのだ。

コンサートは、8月14日と15日の2日間、
サンパウロ市のイビラプエラ公園内にある
イビラプエラ公会堂で行われる予定である。

このコンサートが行われることは、
5月頃に決まっていた。
入場券の発売については、
3週間ほど前に、
発売日と方法がやっとわかった。

会場の公会堂のチケット販売窓口では発売されず、
インターネットと電話の2つの方法だけであった。

販売窓口があるならば、
窓口前に並ぶという手もあるのだが、
電話とインターネットでは、そういったことはできない。

--------------------------------
ジョアン・ジルベルトJoão Gilbertoの1612枚の入場券は、90分以内に売り切れた。

今日の朝チケット・マスターTicketmasterのサイトが止まるという故障の後、サンパウロSão Pauloでのジョアン・ジルベルトJoão Gilbertoの2回のコンサートの1612枚すべての入場券は、すでにインターネットでは売り切れた。

発売は、この火曜日の10時に始まった。

11時55分、サイトではすでに、ジョアン・ジルベルトの収容人数06人のイビラプエラ公会堂Auditório do Ibirapueraでの2回のコンサートのチケットは売り切れと、出てきた。

2日間の購入のオプションを選ぶと、チケット・マスターTicketmasterのサイトでは、まだ購入の可能性については、別の手段で尋ねることができると出てきた。

インターネット以外に、ジョアン・ジルベルトJoão GilbertoのコンサートのチケットはチケットマスターTicketmasterの電話0/xx/11/6846-6000もしくは 0300 789 6846でも販売された。
入場料金は、15レアルから360レアルだった。。

Folha Onlineは、電話の半分を使って、入場券の入手可能性を確かめるために電話をしようとした。
しかし、いつも話し中だった。

このサンパウロSão Pauloでのジョアン・ジルベルトJoão Gilbertoのコンサートには、年齢制限はない。
しかし12歳以下は、両親もしくは正式な責任者に同伴される必要がある。

約1ヶ月前にニューヨークNova Yorkのカーネギー・ホールCarnegie Hallで行われたジョアン・ジルベルトのコンサートでは、最も高い入場券は100ドルだった。

-------------------------------
ジョアン・ジルベルトのコンサートのサンパウロのコンサートの価格は、2万をを超える。
ニューヨークの2倍。

それでも、手に入らなかった。

9時台から、インターネットと電話を駆使したのだが。

電話がつながったのは、12時過ぎで、売り切れを確認したにとどまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2008 その58 セリエB第16節コリンチャンス対ジュヴェンチューヂ戦。

8月5日(火)20時30分から、
サンパウロのパカエンブー競技場で、
サッカー・ブラジル選手権のセリエBの第16節の
コリンチャンス対ジュヴェンチューヂ戦が行われる。

サンパウロは、
今日午後、
2回にわたり、
季節外れの雷雨が降った。

雨の後、
気温が下がっている。

平日でもあるし、
ここ2回ホームの試合で1敗1分けのコリンチャンスなので、
あまり観客は入らないと思う。

でも、もう19時50分になったので、
出かけようと思う。

-------------------------------
試合は、コリンチャンスが2対0で勝った。

前半に1点、そして後半終了前にFWエヘイラが追加点を挙げた。
「20080806GloboEsporte-BB16-Corinthians-Juventude.wmv」をダウンロード

約1万7千人の観客は、上機嫌である。

22時33分には家に着いた。
これでも、観戦した席から数百メートルは歩いているのである。
観客のうちで一番最初に家に帰り着いているのではないかと思える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その300 拙宅に来る鳥270。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

サビア・ラランジャである。
Sps20080317avzm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2008」 その72 パレード70。

世界最大級のブラジル・サンパウロの「ゲイパレード」が、
5月25日(日)に行われた。

そのパレードの模様を紹介していく。
Sps20080525gzzzt

Sps20080525gzzzs

美乳の下側に、大きな手術跡があったのは見逃さなかった。
Sps20080525gzzzu

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その68。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080225svzzzy

Sps20080225svzzzz

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

segunda-feira, 4 de agosto de 2008

ブラジル・サンパウロの小鳥 その299 拙宅に来る鳥269。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

サビア・ラランジャである。
Sps20080317avzl

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2008」 その71 パレード69。

世界最大級のブラジル・サンパウロの「ゲイパレード」が、
5月25日(日)に行われた。

そのパレードの模様を紹介していく。
Sps20080525gzzzp

Sps20080525gzzzq

この美乳も、シリコンのなせる技なのか。
Sps20080525gzzzr

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その67。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080225svzzzw

Sps20080225svzzzx
※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

domingo, 3 de agosto de 2008

サッカー・ブラジル選手権2008 その57 セリエA第17節終了。

サッカー・ブラジル選手権のセリエAの第17節が、
8月2日(土)および3日(日)に行われた。

結果は次の通り。

8月2日(土)      第17節第1日目
試合開始      試合結果                  競技場
18h20  Fluminense   1 x 2  Internacional       Maracanã
18h20  Goiás       4 x 0  Portuguesa        Serra Dourada
18h20  Náutico      1 x 2  Figueirense        Aflitos
「20080802encimadahora-BA17.wmv」をダウンロード
※インテルナシオナウは、ニウマールの2ゴールで勝利。
※ゴイアスは地元で勝利し、順位を一気に5位も上げて、降格圏脱出。

8月3日(日)      第17節第2日目
試合開始      試合結果                  競技場
16h   Flamengo      1 x 2  Cruzeiro        Maracanã
16h   Ipatinga       1 x 2  Palmeiras        Ipatingão
16h   São Paulo     4 x 0  Vasco          Morumbi
16h   Grêmio       2 x 0  Vitória         Olímpico
18h10  Atlético-PR    0 x 3  Botafogo        Arena da Baixada
18h10  Santos       1 x 3  Coritiba         Vila Belmiro
18h10  Atlético-MG    2 x 1  Sport          Mineirão
「20080803encimadahora0-BA17a.wmv」をダウンロード
「20080803encimadahora-BA17b.wmv」をダウンロード
※フラメンゴがますます低調で、6位に転落。
※パルメイラスはアウェーで勝利で3位に上昇。
※ヴァスコ・ダ・ガマは、アウェーでサンパウロFCに破れる。
※グレミオが首位を守る。
※アツレチコ・パラナエンセは降格圏に転落。
※サントスはホームで敗戦。


次節の第18節の予定は次の通り。

8月6日(水)      第18節第1日目
試合開始      試合予定                  競技場
19h30  Grêmio        x  Ipatinga          Olímpico
19h30  Vasco         x  Coritiba         São Januário
20h30  Atlético-PR     x  Náutico          Arena da Baixada
20h30  Sport         x  Portuguesa        Ilha do Retiro
21h45  Santos        x  Atlético-MG       Vila Belmiro
21h45  Goiás         x  Flamengo         Serra Dourada
21h45  Fluminense     x  São Paulo        Maracanã
※ポルツゲーザはアウェーでスポルチと対戦。
※サンパウロFCはアウェーでフルミネンセと対戦。

8月7日(木)      第18節第2日目
試合開始      試合予定                  競技場
20h30  Figueirense     x  Botafogo       Orlando Scarpelli
20h30  Palmeiras      x  Vitória         Parque Antarctica
20h30  Cruzeiro      x  Internacional     Mineirão
※パルメイラスは地元にヴィトリアを迎える。


(第17節を終了した時点での順位)
Spf20080803a

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その298 拙宅に来る鳥268。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

サビア・ラランジャである。
Sps20080317avzk

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2008」 その70 パレード68。

世界最大級のブラジル・サンパウロの「ゲイパレード」が、
5月25日(日)に行われた。

そのパレードの模様を紹介していく。
Sps20080525gzzzm

美しく着飾った人はたくさんいた。
あんまり多いので、少々のことでは目立たない。
Sps20080525gzzzn


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その66。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080225svzzzu

Sps20080225svzzzv

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sábado, 2 de agosto de 2008

サッカー・ブラジル選手権2008 その56 セリエB第15節終了。

サッカー・ブラジル選手権のセリエBの第15節が、
7月29日(火)、8月1日(金)および2日(土)に行われた。

結果は次の通り。


7月29日(火)      第15節第1日目
試合開始        試合結果              競技場
20h30  Bragantino   1 x 1  Ceará         Marcelo Stéfani
20h30  Fortaleza    2 x 0  Santo André     Castelão
20h30  Barueri      3 x 2  ABC          Arena Barueri
※フォルタレーザは降格圏を脱した。
※バルエリが2位に上昇。

8月1日(金)       第15節第2日目
試合開始        試合結果              競技場
20h30  Juventude    1 x 1  Ponte Preta    Alfredo Jaconi
20h30  América-RN   2 x 0  Gama        Machadão
20h30  Vila Nova-GO   4 x 0  Marília       Serra Dourada
※ガマは降格圏へ転落。

8月2日(土)       第15節第3日目
試合開始        試合結果              競技場
16h10  Brasiliense    2 x 3   Bahia      Boca do Jacaré
16h10  São Caetano   3 x 1   Paraná     Anacleto Campanella
16h10  Corinthians    0 x 0   Criciúma    Pacaembu
20h30  Avaí        5 x 1   CRB      Ressacada
「20080802encimadahora-BB15.wmv」をダウンロード
コリンチャンスは地元パカエンブー競技場で引き分け
 引き続き2位に勝ち点5点差で首位。
※アヴァイは3位へ上昇。


次節の第16節の予定は次の通り。

8月5日(火)      第16節
試合開始        試合予定              競技場
19h30  Bragantino      x  América-RN     Marcelo Stéfani
19h30  São Caetano    x  Fortaleza       Anacleto Campanella
19h30  ABC          x  Santo André     Frasqueirão
19h30  Criciúma       x  Marília         Heriberto Hulse
20h30  Corinthians     x  Juventude      Pacaembu
20h30  Bahia         x  Ponte Preta     Jóia da Princesa
21h45  Barueri        x  Vila Nova-GO    Arena Barueri
21h45  Brasiliense      x  Avaí          Boca do Jacaré
21h45  Ceará         x  CRB          Castelão
21h45  Paraná         x  Gama         Durival Brito
※コリンチャンスは、地元パカエンブー競技場にジュヴェンチューヂを迎える。


(第15節を終了した時点での順位)
Spf20080802a

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2008 その55 セリエB第15節コリンチャンス対クリシウマ戦。

8月2日(土)16時10分から、サンパウロ市のパカエンブー競技場で、サッカー・ブラジル選手権のセリエBの第15節のコリンチャンス対クリシウマ戦が行われた。

拙宅の周辺は、14時半にはもうかなり騒がしくなって、押しかける観客でいっぱいだった。

家を出たのは、15時前。

ゆっくりと回って競技場に入って、いつもの席に着いたのは、15時10分過ぎだった。

すでに、
コリンチャンス大好きおばあさんは舞っていた。
ビン・ラディン調もいつもの服で登場した。

(コリンチャンスの先発と控え)
Sps20080802tc
Sps20080802td
(クリシウマの先発と控え)
Sps20080802ta
Sps20080802tb

試合は、
0対0の引き分けだった。
「20080802sporTVnews-BB15-Corinthians-Curiciuma.wmv」をダウンロード

約3万人の観客は、欲求不満で、帰路についたはずだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その218 Os gêmeos 75 Cambuci編27。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

ブラジルでは、あの壁絵の類をグラフィッチGrafittiと呼ぶ。

サンパウロの数あるグラフィッチの中でも、もっとも絵画的に鮮やかで、
かつ、その地域にマッチしている作品を描き続けている作家は、何と言っても、
有名なパンドルフォ兄弟である。

二人は、双子のなので、
Os gêmeos(=双子の意味)と名乗り、作品のそばに署名を残している。

-----------------------------
このOs gêmeosについては、
雑誌Pen誌で、
すでに2005年にとり上げられている。

-----------------------------
バンドフォ兄弟は、多作である。
今も、描き続けている。
なかった所に、新作を発見することも多い。
ただし、消されてしまったものもある。

彼らの多くの作品は、
かなり治安的に問題があるところにある。
サンパウロ市の中心部周辺のカンブシCambuci、リベルダーヂLiberdade、ベラ・ヴィスタVela Bistaのそれも低地地区にほぼ集中している。
カンブシは彼らの出身地区で、各ブロックごとに、作品があるといえるくらいだった。

撮影には、かなり手間暇がかかったところもある。
作品を発見しても、その時は撮影不可能と判断して、
最適な撮影場所やタイミングを求めて、何度も通ったところもある。

描いた彼らはもっと大変だっただろうか。

------------------------------
サンパウロ市の歴史的中心部セントロから南東に隣接するカンブシCambuci地区の低地地域が、パンドルフォ兄弟の地元である。
彼らのグラフィッチがいとも簡単に多く発見される。

バロン・ヂ・ジャグアラ通りに、この作品はある。
Spd20071120cz

ジェロニモ・ヂ・アルブクエルキ通りとの交差点付近である。
Spd20071120cx

建物の壁に描かれた3体。
Spd20071120cv

Spd20071120cr

Spd20071120cs

そして、その向かいの家の壁にもさらに1体の作品がある。
Spd20071120cu

Spd20071120ct

このあたりが、いかにも庶民的なカンブシ地区を象徴しているようなところだ。
Spd20071120cw

※2008年7月末には、まだ存在している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル・オリンピック代表 その8 代表、中国へ。

サッカー・ブラジル・オリンピック代表は、この土曜日(8月2日)の朝にハノイHanóiを後にする。

起床は6時(*ブラジリアBrasília時間:金曜日20時)で、8時35分にノイ・バイ国際空港Aeroporto Internacional Noi Baiを出発する便で中国Chinaの広州Guangzuへ向かう。


広州Guangzuから、一行は、8月7日にペルギーBélgicaと戦う北京オリンピックOlimpíadas de Pequimでの初戦の舞台となる瀋陽Shenyangへ向かう。

瀋陽Shenyang到着は16時40分(*ブラジリアBrasília時間:5時40分)を予定している。
19時に瀋陽Shenyangで夕食をする。

8月3日から8月11日までの日程は次の通り。
※クリックすると拡大する。
Sps20080801fe

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その297 拙宅に来る鳥267。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

サビア・ラランジャである。
Sps20080317avzj

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2008」 その69 パレード67。

世界最大級のブラジル・サンパウロの「ゲイパレード」が、
5月25日(日)に行われた。

そのパレードの模様を紹介していく。
Sps20080525gzzzi

華麗な舞を見せてくれていた二人。
Sps20080525gzzzk

Sps20080525gzzzl

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その65。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080225svzzzs

Sps20080225svzzzt

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sexta-feira, 1 de agosto de 2008

サッカー・ブラジル・オリンピック代表 その7 ベトナム代表に勝利。

トレーニングのリズムで、ブラジル・オリンピック代表seleção olímpica brasileiraは8月1日(金)ハノイHanóiで行われた対ベトナムVietnã代表戦に2対0で勝利した。

(ベトナム代表の先発)
Sps20080801fa
(ブラジル代表の先発)
Sps20080801fb
※クリックすると拡大する。

ブラジルのゴールは、ロナウヂーニョ・ガウーショからボールを受けたアレシャンドレ・パトAlexandre Patoとチアゴ・ネヴェスThiago Nevesが決めた。
これは、北京Pequimオリンピックのためにチームが出発する前の最後のテストであった。

ドゥンガDunga代表監督に率いられたチームは、土曜日の朝(*ベトナムVietnã時間)に中国Chinaの瀋陽Shenyangに向かって出発し、そこで引き続きオリンピックの準備を続ける。
チームの初戦は、8月7日(木)の対ベルギーBélgica戦である。

ベトナムと対戦する前に、ブラジルは月曜日に親善試合で、シンガーポールに3対0で勝利していた。
ロナウヂーニョ・ガウーショが、ブラジル代表で7ヶ月ぶりにゴールした。

シンガポールとの試合で、DFアレックス・シウヴァAlex Silvaが退場になり、このベトナムとの試合には出場できなかった。
ブレーノBrenoが代わりだった。

ブラジル代表と止めるという試みは難しかった。
ベトナムは、ベトナムに帰化したブラジル人GKのファビオ・ドス・サントスFábio dos Santosによって守ろうとした。
Sps20080801fc

ベトナムに到着したときに熱狂的な歓迎を受けたブラジルチームはグラウンドに入り、試合のはじめに敵に大勝するというシグナルを見せた。

最初のゴールは、前半6分のアレシャンドレ・パトによるものだった。
アレシャンドレ・パトAlexandre Patoは、ロナウヂーニョからのよいパスを受けて、GKが出てくるところを決めた。

試合を支配したにもかかわらず、ドゥンガDunga代表監督の指示はリズムを保持することができず、攻撃の危険なプレイをすることなくパスを繰り返した。

前半の半分に、ドゥンガは交代を背せざるを得なかった。
チアゴ・シウヴァThiago Silvaが怪我でグラウンドを離れ、ドゥンガDunga代表監督はMFラミレスRamirezを入れた。
この交代で、ルーカスLucasはDFとしてプレイした。

インターバルに、厳しいマークを受けていたロナウヂーニョRonaldinhoはチームのできをほめ、ブラジルチームは馴染んできたと言った。

「毎日、馴染んできている。 はじめに目的だったゴールをした。 ここの暑さはものすごい。 ずっとリズムを維持することはできない」と、言った。

後半のはじめに、ベトナムVietnãはブラジルBrasilを脅かせた。
もう少しで引き分けにするところだったが、GKレナンRenanがよい守備で、ゴールを阻止した。
21分に、ベトナムのもう一度のチャンスで、ボールはポールに当たった。

ドゥンガDunga代表監督はまたチームを変えた。
ジョーJôとチアゴ・ネヴェスThiago Nevesが、アレシャンドレ・パトPatoとヂエゴDiegoの代わりに入った。
そのあと、イルシーニョIlsinhoが、マルセロMarceloに代わった。

ブラジルは、新たに選手を入れて元気になった。
36分に、チアゴ・ネヴェスThiago Nevesが2ゴール目となるよいシュートをした。
最後に、ラファエル・ソビスRafael SóbisがエルナーネスHernanesに代わって入り、チームはさらに攻撃的になった。
「20080801JN-SelecaoOlimpica-Amistoso-Vietnam.wmv」をダウンロード

Sps20080801fd

-------------------------------
試合は、ブラジルが支配していたのは事実だった。
でも、それほど熱の入った試合ではなかった。

ベトナムも、時折中盤からチャンスを得て、ブラジルゴール近くまで進み、シュートをすることが何度もあった。

この親善試合の目的は、ブラジル・チームの選手達の間の意思の疎通をよくするためというのはわかるが、パスをいたずらに回している時間が多かったように思う。

ベトナムからの生中継は、何度も映像が途切れた。
撮影スタッフも、サッカーの試合になれているようではなく、あまり上手とは言えなかった。

それにしても、ブラジル代表がベトナムに到着したときにすでに報じられていたのだが、ベトナムにもブラジル人が帰化しているとは。
どこにでもいるブラジル人である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2008 その54 セリエB第15節コリンチャンス対クリシウマ戦は、21千枚も売れた。

8月2日(土)16時10分から、ブラジル選手権Campeonato BrasileiroのセリエBSérie Bの第15節のコリンチャンスCorinthians対クリシウマCriciúma戦を観戦する人で、パカエンブーPacaembu競技場はいっぱいになるだろう。

金曜日の午後までに、21千枚はすでに販売された。

それにすでに、火曜日(8月5日)20時30分に同じくパカエンブー競技場で行われるジュヴェンチューヂJuventude戦もすでに6千枚が売れた。

すでに、緑の観客席と21番の観客席のチケットはない。
土曜日は、13時半に閉まるイピランガIpirangaのピッタ・スポーツPitta Sportsをのぞいたすべての公式販売窓口で販売が試合の時間まで、続けられる。

パカエンブーPacaembu競技場では、土曜日には、ジュヴェンチューヂ戦のチケットは販売されない。

販売場所:

- Parque São Jorge
- Morumbi
- Pacaembu
- Canindé
- Estádio Bruno José Daniel (sábado das 10h às 16h)
- Ginásio do Ibirapuera - Rua Manoel da Nóbrega, s/n
- Pitta Sports - Rua Silva Bueno, 1.156 - Ipiranga (sábado das 9h às 13h30)
- Ginásio de Esportes José Corrêa - Avenida Guilherme P. Guglielmo, 1000 - Barueri

-------------------------------
クリシウマ戦のチケットは、すでに手に入れている。、

しかし、ジュヴェンチューヂ戦のチケットもすでに販売されていたとは知らなかった。
月曜日には手に入れるようにしよう。

-------------------------------
すでに21千枚が売れていると言うことなので、
おそらく当日は3万人は入るだろう。
拙宅を出る時間は、早くしたほうがよいだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの小鳥 その296 拙宅に来る鳥266。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅の付近は、都心にしては緑に溢れている。 大木も多い。 花の咲く木や実のなる木など、街路樹やそしてそれぞれの家に植えられた庭木には、実に多くの小鳥たちが集まっている。

拙宅にもやってくるそういった小鳥達を淡々と紹介している。
小鳥たちの中には、一年中見ることができるのもいれば、
ある季節にしか見ることができないものもいる

-----------------------------
拙宅の庭に、グァヴァの木がある。

2月になって、実がたわわになってきた。

その実を狙って、小鳥たちがやってくる。
この実を食べるのは、インコとサビア・ラランジャとサンニョット・シンゼント。
パルダ(=スズメ)とロリーニャは食べない。

インコである。
Sps20080317avzw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード2008」 その68 パレード66。

世界最大級のブラジル・サンパウロの「ゲイパレード」が、
5月25日(日)に行われた。

そのパレードの模様を紹介していく。
Sps20080525gzzzf

Sps20080525gzzzh

たぶん人生が楽しくてしょうがない二人。
Sps20080525gzzzj

| | Comments (2) | TrackBack (0)

サッカー・ブラジル選手権2008 その53 セリエA第16節終了。

サッカー・ブラジル選手権のセリエAの第16節が、
7月30日(水)および31日(木)に行われた。


結果は次の通り。


7月30日(水)        第16節第1日目
試合開始       試合結果                競技場
19h30  Vitória       2 x 1  Atlético-PR    Barradão
19h30  Cruzeiro     4 x 2  Náutico       Mineirão
20h30  Portuguesa    3 x 1  Fluminense    Canindé
20h30  Botafogo     2 x 0  Goiás        Engenhão
21h50  Internacional   0 x 1  Santos       Beira-Rio
21h50  Figueirense    1 x 1  São Paulo     Orlando Scarpelli
21h50  Palmeiras     1 x 0  Flamengo     Parque Antarctica
「20080730encimadahora-BA16.wmv」をダウンロード
※クルゼイロは、暫定で1位になったのだが、最終的には2位。
※ポルツゲーザは地元で勝利。
※サントスはアウェーで初勝利し、暫定で降格圏を脱した。
 最終的には降格圏に戻った。
※パルメイラスは地元で勝利。
 フラメンゴが急速に調子を落としている。

7月31日(木)        第16節第2日目
試合開始       試合結果                競技場
20h30  Coritiba     0 x 1  Grêmio        Couto Pereira
20h30  Vasco      6 x 1  Atlético-MG     São Januário
20h30  Sport       3 x 1  Ipatinga        Ilha do Retiro
「20080731JG-BA16.wmv」をダウンロード
※ヴァスコ・ダ・ガマが地元サン・ジャヌアリオで大勝利。


次節の第17節の予定は次の通り。

8月2日(土)        第17節第1日目
試合開始       試合予定                競技場
18h20  Fluminense   x  Internacional      Maracanã
18h20  Goiás       x  Portuguesa        Serra Dourada
18h20  Náutico      x  Figueirense       Aflitos

8月3日(日)        第17節第2日目
試合開始       試合予定                競技場
16h   Flamengo      x  Cruzeiro        Maracanã
16h   Ipatinga       x  Palmeiras       Ipatingão
16h   São Paulo     x  Vasco         Morumbi
16h   Grêmio       x  Vitória         Olímpico
18h10  Atlético-PR    x  Botafogo        Arena da Baixada
18h10  Santos       x  Coritiba         Vila Belmiro
18h10  Atlético-MG   x  Sport          Mineirão
※パルメイラスはアウェーでイパチンガと対戦。
※サンパウロFCは、地元モルンビ-にヴァスコ・ダ・ガマを迎える。


(第16節を終了した時点での順位)
Spf20080731a

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その64。

サンパウロ市には、海がない。
最も近い海までは80キロほど、
しばらく、サンパウロのありのままの海岸を紹介している

このあたりの海岸がにぎわうのは、10月中旬から4月上旬の天気がよい日だ。
4月下旬から9月までは、裸になるには寒い。
それでも天気がよければ、気温もそれなりに上がるので、海には入らなくても、水着になる人がいないわけではない。

もちろん大西洋である。

季節は、夏になった。
ブラジルの季節では、夏は12月21日から3月20日までである。
つまり、日本で冬至から春分の時期となる。
Sps20080225svzzzp

Sps20080225svzzzq

※尚、人権に配慮して、一層写真の質を落とすことがあることにご理解をお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« julho 2008 | Main | setembro 2008 »