« ブラジル・サンパウロの「ボサノバ50年」 その4 ジョアン・ジルベルトのコンサート 2 1000レアルをダフ屋に支払った日本人という報道。 | Main | ブラジル・サンパウロの「ボサノバ50年」 その6 ジョアン・ジルベルトのコンサート 4。 »

sexta-feira, 15 de agosto de 2008

ブラジル・サンパウロの「ボサノバ50年」 その5 ジョアン・ジルベルトのコンサート 3。

歌手で作曲家のジョアン・ジルベルトJoão Gilberto77歳は、その完璧主義と技術的な問題に不快に思うことで知られているが、サンパウロSão Pauloのイビラプエラ公会堂Auditório Ibirapueraでのショーの間、我慢し、ユーモアを見せた。

ジョアン・ジルベルトは、客席での携帯電話が鳴ったのにも、音響システムのミスにもクレームをすることがなく、愉快にしていた。

21時に始まることになっていたが、ショーは1時間半以上遅れて22時37分に始まった

"Aos Pés da Santa Cruz"で始まった。

ショーの間に、音響システムは観衆にウィンドウスWindowsのテーマを聞かせた。
ジョアン・ジルベルト箱のミスに少しも不満を示さなかった。

ショーは、0時7分に終了した。
ショーの終了前に、何人かが椅子を立ち上がって、公会堂を去った。
ジョアン・ジルベルトは、ボサノバのシンボル曲の一つの"Garota de Ipanema"(=邦訳名:イパネマの娘)でショーを終えた。

ジョアン・ジルベルトは、2回目のそして最後のサンパウロでのショーを、15日(金)にも行う。
それぞれのジョーの定員は、806São Paulo席である。

-------------------------------
サンパウロには、806人以上はいる会場はいくらでもある。
だが、
ジョアン・ジルベルトの要求に応えられるのが、
イビラプエラ公会堂だったということだ。

間違っても、
サッカー場で、
ショーを行うはずもない。

|

« ブラジル・サンパウロの「ボサノバ50年」 その4 ジョアン・ジルベルトのコンサート 2 1000レアルをダフ屋に支払った日本人という報道。 | Main | ブラジル・サンパウロの「ボサノバ50年」 その6 ジョアン・ジルベルトのコンサート 4。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「ボサノバ50年」 その5 ジョアン・ジルベルトのコンサート 3。:

« ブラジル・サンパウロの「ボサノバ50年」 その4 ジョアン・ジルベルトのコンサート 2 1000レアルをダフ屋に支払った日本人という報道。 | Main | ブラジル・サンパウロの「ボサノバ50年」 その6 ジョアン・ジルベルトのコンサート 4。 »