« ブラジル・サンパウロの小鳥 その355 拙宅に来る鳥319。 | Main | ブラジル・サンパウロは「春」2008 その3。 »

segunda-feira, 29 de setembro de 2008

サッカー・ブラジル選手権2008 その96 セリエB第26節 コリンチャンス対ポンチ・プレッタ戦 観戦2。

9月20日(土)16時から、
サンパウロ市のパカエンブー競技場で行われた、
サッカー・ブラジル選手権のセリエBの第26節コリンチャンス対ポンチ・プレッタ戦を観戦に行った。

続きである

試合は、コリンチャンスのキックオフで始まった。
Sps20080920fza

試合開始ともに、
ガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆さんの前から、花火が連続的に上がった。
Sps20080920fzc

ガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆さんが設置したのだろうが、グラウンドの脇である。
Sps20080920fzb

空中でも破裂し、白と黒のテープが出て、それがゆっくりと落下してくる。
Sps20080920fzd

MFモライス。
Sps20080920fze

FWデンチーニョ。
Sps20080920fzf

FWエヘイラ。
Sps20080920fzg

MFエリアス。
Sps20080920fzh

右SBカルロス・アルベルト。
Sps20080920fzi

DFシコーン。
Sps20080920fzj

DFウィリアン。
Sps20080920fzk

左SBアンドレ・サントス。
Sps20080920fzl

そこに現れたビン・ラディン調。
試合もそこそこに、またもや観客を勝手に盛り上げる。
Sps20080920fzm

DFシコーンがゴールを決めた。
Sps20080920fzn

試合を見るビン・ラディン調。
ビニール製の雨合羽を着ている。
Sps20080920fzo

インターバルに、AIDSのキャンペーンの一つが行われた。
Sps20080920fzp

後半になってはいることになったブルーノ・オタヴィオ。
膝の手術をして6ヶ月半ぶりに復帰した。
手を握っているのは、Globo局のレポーター。
Sps20080920fzq

MFブルーノ・オタヴィオ。
Sps20080920fzr

左SBアンドレ・サントス。
Sps20080920fzs

ガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆さんのお席に縦に筋ができた。
Sps20080920fzt

超大型の横断幕を一気に広げるために、人が走るための列だった。
Sps20080920fzu

横断幕の上に、黒い風船が。
Sps20080920fzv

コリンチャンス大好きおばあさんの第1号。
Sps20080920fzw

MFモライス。
Sps20080920fzx

ブルーノ・オタヴィオ。
試合勘が戻っておらず、存在感がなかった。
Sps20080920fzy

後半32分に、FWデンチーニョが下がり、
FWウェリントン・サシーが入った。
Sps20080920fzz

この試合の有料入場者数は21,909人。
天気が不順な割には入った。
Sps20080920fzza

後半43分に、MFモライスがゴール。
Sps20080920fzzb

そのモライスが、
後半45分に、FWカレッカと交代。
Sps20080920fzzc

さらに、
後半45分に、MFドウグラスがゴール。
Sps20080920fzzd

試合は3対0で、コリンチャンスが勝利。
Sps20080920fzze

誰に手を振っているのか、
コリンチャンス大好きおばあさんの第2号。
Sps20080920fzzf

終わり。

|

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その355 拙宅に来る鳥319。 | Main | ブラジル・サンパウロは「春」2008 その3。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/42630022

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2008 その96 セリエB第26節 コリンチャンス対ポンチ・プレッタ戦 観戦2。:

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その355 拙宅に来る鳥319。 | Main | ブラジル・サンパウロは「春」2008 その3。 »