« ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その106。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その338 拙宅に来る鳥302。 »

sexta-feira, 12 de setembro de 2008

ブラジル・サンパウロの「サンパウロ州伝統文化フェスティバル2008」 その1

待ちに待ったイベントが、今年もまた始まった。
サンパウロ市で行われるいろいろなイベントの中で、もっとも興味を持っているのが、
9月12日(金)から21日(日)まで、
サンパウロ市西部のアグア・ブランカ公園(通称)で始まった。

サンパウロ州伝統文化フェスティバル2008」である。
Sps20080912arevelandspcartaz_capita

待ちきれずに、
つい先日、
会場設営の様子を確認しに行ったくらいだ。

(このあたりは、食べ物やが並ぶ。)
Sps20080909cza

(民芸品はこのあたり)
Sps20080909czc

Sps20080909czd

(馬場)
Sps20080909cze

(メインステージには今年はちょっとした屋根が付いた。)
Sps20080909czf

今年も、
基本的な企画には変わりはないようだ。

メインステージでは、毎日いろいろな音楽や舞踏のグループが次々に登場する。
いろいろな食べ物の店も、昼頃から、22時頃まで営業する。
そして、工芸品や民芸品の店も、珍しいものを見せてくれる。

サンパウロ州に、
19世紀になって、イタリアをはじめとする欧州から新たな移民の波がやってくる前の、
イベリア的なものと、奴隷のアフリカ的なものと、そしてインヂオ的なものが、混ざったようなものが多い。

少なくとも、ここには、焼きそばとテンプラ(*サンパウロ的なテンプラ)は全くない。

そのせいか、
例年、日系人ですら、ほとんど見かけない。

もともと、この公園の周辺地区は、日本人はもとより日系人もとても少ないところだ。

これから1週間、
このイベントに通い詰めるつもりである。

-------------------------------
ブラジルなんかに、それほど興味がない人は
無理して行くこともないだろう。

でも、「日本祭」よりは、格段に面白いのだが。

|

« ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その106。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その338 拙宅に来る鳥302。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「サンパウロ州伝統文化フェスティバル2008」 その1:

« ブラジル・サンパウロの「夏の海」 その106。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その338 拙宅に来る鳥302。 »