« ブラジル・サンパウロの小鳥 その356 拙宅に来る鳥320。 | Main | ブラジルの経済2008 その10 ブラジル通貨レアル急落継続。 »

terça-feira, 30 de setembro de 2008

ブラジル・サンパウロの「サッカー博物館」の開館セレモニー。 

9月29日(月)に、
サンパウロの中心部に近く、
サンパウロ市でもっとも伝統と栄光に満ちたパカエンブー競技場に、
サッカー博物館が開館した。

セレモニー会場は、18時過ぎには何とか招待者の受け入れ準備ができたようだった

最初の企画展の看板も、間に合った。
Sps20080929mfe

白いテントのところが、受付である。
赤い服の人は、駐車場係で、車を回す人たちである。
Sps20080929mfd

メインステージの前には、約200脚の椅子が並べられた。
Sps20080929mfa

地上階にできた飲食コーナーの名前は"O TORCEDOR"(=ファンの意味)。
Sps20080929mfb

その隣にできたショップ。
Sps20080929mfc

このセレモニーに歩いてくるのは、
ごく近くに住んでいるものくらいで、ほぼ全員が車でやってくる。
この博物館は、サンパウロ州とサンパウロ市とGloboグループが作ったものであるが、そのほかにも多くの協賛企業があり、協力者もあった。
それに、この博物館は、サンパウロだけのものではなく、ブラジル全体のものである。
サッカーだけに、相当な人たちが現れると期待していた。
19時前から続々と名士が登場した。

受付。
Sps20080929mfy

どんな人でも、必ず受付とこのゲートは通らなくてはならなかった。
大臣も、州知事もだ。
Sps20080929mfz

Globoの副社長で、その創設者の名前をつけたロベルト・マリーニョ財団Fundação Roberto Marinhoの会長ジョゼ・ロベルト・マリーニョJosé Roberto Marinho。
創設者の息子。
Sps20080929mff

意外に小柄だった。
Sps20080929mfg

サンパウロ市役所のアンドレ・マタラーゾ。
現市長カサビは、選挙に立候補しているので、このようなセレモニーへの出席が選挙裁判所によって禁止される。
選挙運動と見なされるのである。
アンドレ・マタラーゾも、20世紀初頭に財をなしたマタラーゾ一族の末裔で、ご自宅はジャルジン・ヨーロッパというサンパウロ随一の高級住宅街にある。
Sps20080929mfi

サンパウロ州サッカー連盟Federação Paulista de Futebol会長マルコ・ポーロ・デル・ネットMarco Polo Del Nero。
2006年のワールドカップでは、ブラジル代表の団長だった。
Sps20080929mfj

連邦スポーツ大臣オルランド・シウヴァ・ヂ・ジェウス・ジュニオールOrlando Silva de Jesus Júnior37歳。
9月30日(火)朝には、ブラジリアで開催されているフットサルのブラジル対日本戦に先立つ開幕式に出席している。
Sps20080929mfk

Sps20080929mfl

Sps20080929mfm

サンパウロ州知事ジョゼ・セッハ。
Sps20080929mfn

1982年のワールドカップの決勝を主審として仕切ったアーノルド・セーザル・コエーリョArnaldo César Coelho。
今は、Globo局の解説者。
主に、審判の判定についてやルールについてコメントする。
21時から、ここで放送したsporTV局の生番組にも出演した。
Sps20080929mfp

とても偉大な名選手リベリーノ
コリンチャンスのファンの少年3人の求めに応じて気さくにユニフォームにサインをし、写真撮影に応じていた。
Sps20080929mfq

リベリーノは、よくいろいろなイベントで見かける
Sps20080929mft

1970年、1974年そして1978年のワールドカップに出場した。
Sps20080929mfu

サンパウロFCのサッカー担当役員のマルコ・アウレリオ・ダ・クーニャ。
市議会議員選挙に立候補している。
Sps20080929mfr

Sps20080929mfs

気がつくと、もうメインステージの方は入り込む隙間がないくらいに人がいっぱいになっていた。
Sps20080929mfv

20時ちょっと過ぎに、ブラジル国歌が演奏され、セレモニーが開始された。
メインステージ付近に近づくことができない人は、モニターを見るしかなかった。
司会は、Globo局のスポーツキャスターのクレーベル・マシャード氏。
Sps20080929mfx

関係者の挨拶のほか、ブラジルのサッカーの歴史的映像などが、モニターには映し出された。

ゲートに立っていたかわいいお姉さん。
Sps20080929mfza

セレモニーが終了した後、
招待客は、博物館を回ることになっていた。
サッカー博物館の入り口。
もうここから、展示物でいっぱいになっている。
Sps20080929mfw

早い人は、メインステージでセレモニーが行われていた20時半にはもう会場を去り始めた。

遅い人は、24時頃までも、いた。

パカエンブー競技場の正面。
向かって、左にブラジル国旗、右に作家博物館の旗がなびいていた。
そして、低いところには、クラブの旗が並んでいた。
Sps20080929mfzb

-------------------------------
セレモニーを伝えるGlobo局の番組。

9月29日(月) Jornal Nacional(20時のニュース)

9月29日(月) Jornal Globo(深夜の最終ニュース)

9月30日(火) GloboEsporte(昼のスポーツ・ニュース)

9月30日(火) Tá na Área(系列のスポーツ専門局sporTV局の朝のコメント番組)

-------------------------------
会場にきていたのに、
見ることができなかった主な人は次のような人たちだ。

ブラジルサッカー協会会長のリカルド・テイシェイラ。
ペレ。

現役の監督や選手はきていないようだったし、
引退した選手もあまりいないようだった。

ザガーロあたりも現れるかと思っていたのだが。

|

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その356 拙宅に来る鳥320。 | Main | ブラジルの経済2008 その10 ブラジル通貨レアル急落継続。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「サッカー博物館」の開館セレモニー。 :

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その356 拙宅に来る鳥320。 | Main | ブラジルの経済2008 その10 ブラジル通貨レアル急落継続。 »